固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:
慈雨慈雨
柚月 裕子

集英社 2016-10-26
売り上げランキング : 12395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

定年退職した元刑事の神場は、妻と共にお遍路の旅に出た。

警官人生で手掛けた事件の被害者への供養と共に、ある事件で抱えた悔恨の想いを抱いて。

だがその旅の途中で神場は幼女殺害事件の発生を知り、動揺する。それは16年前に起き、犯人逮捕に至った事件と酷似していたためであった。

神場は娘の交際相手でもある刑事に事件の情報をその後も知らせるよう依頼するのだが。

 

 

 

定年退職した元刑事が妻と共に四国八十八ヶ所巡礼の旅へ。

 

長年抱えてきた悔恨の想いと手掛けてきた事件の被害者の供養の為にお遍路の旅を続ける神場には、警察官としての使命感や忠誠心と人が人であるための倫理観は重くのしかかっています。

 

その重みを若い刑事に託す事にするその姿は、切なくも苦しくもあるけれど、それだけに清々しいものすら感じさせ、その重さに向き合う姿に思わず涙。

 

著者の「孤狼の血」のような濃厚さではないかも知れないけれど、主人公を通して人が生来持っている慈しむ想い。

しれに「孤狼の血」と同じように、その想いを受け継いでいく者がいる事に胸を打たれました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。