固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:
戦始末戦始末
矢野 隆

講談社 2017-01-25
売り上げランキング : 290323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

負け戦で殿軍をつとめる事になった武将たちの姿を描く短編集です。

 

時間軸に沿って秀吉を軸に描かれるのは、死と向き合う時のそれぞれの心情。

 

生きて先を見据えようとする者もいれば、死そのものを望むかのような者。

 

その姿はやはり死というよりはどう生きてきたかといった、戦国武将としての生き様を見せてくれているようです。

 

秀吉のコミカルな姿を見せる「禿鼠の股座」から、熱すぎる戦いを見せる高橋紹運の「孤軍」、それに関ヶ原での島津義弘の家康の陣中突破を描く「丸に十文字」など、どれも読み応えありました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。