ジョージ・マーティンが亡くなったと、
3月9日に海外メディアが伝えた。

1926年1月3日イギリス・ロンドン生まれ
イギリス海軍へ入隊し、戦後ギルドホール音楽学校へ入学。
音楽の基礎からオーボエとピアノを専攻し、
1950年EMIに入社。

1955年にパーラフォンレーベルに移動して、主にコミック音楽を制作していた。
そして、1962年ビートルズと出会い、小さなレーベルのプロデューサーから
世界で最も知られたプロデューサーになった。

ビートルズ現役時代はほとんどの音楽作りに関与し、
素人だった、ビートルズの音楽をプロの高みの世界に持っていた功績は
計り知れないものだ。

1960年代初期のブリティッシュロックの音はあまり良くない。
しかし、ビートルズの音がデビューからとてもクリアだ。
時が過ぎても、急に良くなったり悪くなったりしない。
どの時代も、ランダムに聴いても違和感がない。

ローリング・ストーンズ、キンクス、ザ・フーなどの
初期の音質はビートルズに比べるとかなり雑な感じがする。
それが、プロデューサーの違いとわかったのは、
聴いているうちに、なんとなく気がついていた。


LOVE ME DOからアビーロードまで一体感があるように聴こえる。
それもビートルズマジックのようにも思える。
5人目のビートルズと言われるのも納得の仕事をしていた。


1967年発表の
『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』のセッションで
「最初のテイクとブラスの入ったテイクとを一緒にして」という
ジョンの無茶な要望にきちんと応え、
見事なレコードにしたのは、彼らの伝説のひとつだ。

Strawberry Fields Forever モノラルミックス


本当に60年代のロックが終わったような気がする。
いつか来るとはわかっていても、とても残念で大きな損失だ。



合掌
AD
 2月はBEATLESの歴史でも重大なことがあるけど、
1964年2月11日のワシントンD・Cでのライブは
いつ見ても、聴いても心躍る!

アメリカでライブをすることに
喜びを感じているような4人が楽しそうに演奏していて
こちらも楽しくなる。

数あるライブでも、かなり気合の入ったライブでしょう!
選曲も良い!!

ワシントンD・Cライブ映像




AD

ASK ME WHY : アスク・ミーホワイ


WRITTEN BY LENNON - McCARTNEY


リマスター盤発売記念アンケート人気投票


好きな楽曲ベスト213 97


4曲入り33回転EP盤 A面の2曲目に収録


1962年11月26日の夜のセッションで録音された、キャバーン時代から

演奏されていたロッカ・バラード。


セカンド・シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」のB面として発表。


曲は主にジョンが作った。


とてもきれいなメロディとジョンの影のあるヴォーカルのマッチングが良い。

ポールとジョージのバックコーラスがメロディの美しさをもっと引き出している。

リンゴのドラムスはリム・ショットを上手く使ってただのバラードにしていない。


リズムギターのどこかボサノバ調なところが、60年代のポップチューンの匂いをさせている。


とにかく、美しい。ジョンのメロディ・メーカーぶりに脱帽といえる初期の傑作。

普通ならシングルのA面でも通用するであろう曲。

バサ、バサとためらいも無く発表していくところにビートルズの才能を感じさせるのだ。


かなりのビートルズフリークの竹内まりあもカバーしている。


ビートルズにこだわりを持つほど、大事にしたくなるような個性を持っている曲。




BABY IT'S YOU : ベイビー・イッツ・ユー


WRITTEN BY DAVID-WILLIAMS-BACHARACH


リマスター盤発売記念アンケート人気投票


好きな楽曲ベスト213 144





ビートルズのファースト・アルバム「PLEASE PLEASE ME」

(1963年3月22日発売)B面3曲目に収録されている。

ロッカ・バラード。


日本では「ビートルズ!」 (上の写真)で初めて紹介される。


作曲家にバート・バカラックの名があるように、甘いメロディのナンバー


ガールズ・グループシュレルズが1962年にリリースしたものがオリジナル。

アルバム「PLEASE PLEASE ME」のA面、B面とも3曲目にジョン・レノンが歌う

切ないメロディのバラードが配置してある。


リスナーに「ただのポップグループでないよ。」という位置においてある気がする。


デビューした時のビートルズはジョン・レノンそのものだ。

22歳と4ヶ月のジョンのヴォーカルは上級なコーヒーのような

若さと上手さそして天性の声が絶妙にブレンドされている。


一番感じるのは、真っ直ぐなジョン・レノンだ。

スターへの階段を登っていく、高揚感を感じながら

自分達の音楽を楽しんでいるようだ。


ロッカーとしてのジョンレノンの裏側に何でもできる,

弾けたジョン・レノンがそこにいるのだ。


甘いだけのバラードになりがちなこのナンバーを

ビートルズの4人が、自分達のサウンドに仕上げ、

存在感溢れるジョンのヴォーカルが、永遠のスタンダート・ナンバーに格上げしたものにしている。


一見地味なポジションにある曲だが、BBCライブCDが発売された時は、

この曲のライブ・テイクがシングルカットされて、人気のあることを裏付けていた。


アナログ盤のステレオ・ミックスは現在のモノラル・ミックスよりフェイドアウトが長めで

ジョンの声で終わるところまで聴こえる。


http://www.youtube.com/watch?v=0VpES6ovVTY

リマスターMONO音源


http://www.youtube.com/watch?v=d3YcQN87vQ8
リマスターSTEREO音源



TWIST AND SHOUT : ツイスト・アンド・シャウト


WRITTEN BY MEDLEY - RUSSELL


リマスター盤発売記念アンケート人気投票


好きな楽曲ベスト213 52位



4曲入りEP盤。タイトルでもわかるように

すぐに人気曲になったのがわかる。


この曲の解説は難しい。

ビートルズが好きな人とか嫌いな人なんて小さな世界でなく

ロックが好き、嫌いとかも超越した、60年代ロック文化の夜明けをを飾る

ジョン・レノンの雄叫びなのだ!!


録音は1963年2月11日の最後の最後に録音、結局2テイクを録音したけど

最初のテイクがベスト・トラック。

第2テイクはジョンの声がガラガラで使い物にならなかったらしいが、

最初のテイクで一発で決め、それが歴史に残る演奏となったところに

ビートルズの奇跡があるのだ!!!


ジョンは後年

「死にそうだったよ。しばらく声が回復しなかった。もっと上手く歌えるのにって

恥ずかしく思えたけど、今はもう気にならない。俺が必死にベストを尽くそうとしている

姿が伝わってくるからね」といっている。


そりゃそうだ!誰でも認める奇跡のボーカル!!

これを超える演奏やボーカルを聴けるのなら、もっと節制して長生きしたくなる。


ライブでも多数演奏されているが、やはりこの2月11日のバージョンに止めをさす。

スタジオ・ライブ録音だったからだと思うけど、このノリはいった何物?

リンゴのドラムスもスネアの音なんて、何でこんなに良い音なの?

ジョージのリード・ギター、ポールのブンブンベースも良い音です。


ジョンのボーカルとポール&ジョージの追っかけコーラスも楽しい、

そして、ジョンの最後の息遣いまでがアートになっているようで、

聞き終わった後、ボーっとしていた記憶がある。


言葉にするより、とにかく聴いてみな。という名曲、名演奏!!

オリジナルだとかカバーだとかどうでもいい迫力!!!


ごちそうさま。




ヨーコの自伝

テーマ:

2010年1月にオノ・ヨーコが自伝を出版すると発表してから半年。

オノ・ヨーコ自伝出版の記事


ジョンを殺害したマーク・チャップマンの仮釈放するか、しないかのニュースも含めて

周辺が騒がしくなっています。


ヨーコが自伝を出版すると言うことは、そろそろ人生の総決算に入っているのでしょうか?

埼玉にあるジョン・レノン・ミュージアムも閉館するし、

ジョン・レノンをリアルに感じなっていく機会が少なくなってくるので

ヨーコの自伝出版は当事者だから言える事実が必要です。


ヨーコについての評判は多種多様。

良いことも悪いこともたくさんあります。


個人的にはジョン・レノン・ミュージアムで偶然ヨーコと電話で話しが出来て

そのときの興奮度は呼吸困難になりそうな感じでした。

「あなたの仕事は何?」「誰と、ミュージアムに来たの」などの

世間話でしたが、ビートルズ大好き人間としたらそりゃー天にも昇る感じでした。


でも、ヨーコの大きさはよく判りません。


ジョン・レノンという人間と唯一まともに付き合えた女性だから

天才で気難しいジョン・レノンに愛されるということはどのような事なのか?

単に「今、あかされるジョンとヨーコの人生」なんていう、簡単な事じゃないでしょう。


とにかく、5年以内に完成させると言う

オノ・ヨーコの自伝を楽しみに待ってみます。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 にほんブログ村



歴史的な日です。


1957年7月6日はジョン・レノンとポール・マッカートニーが

ウールトンのセント・ピーターズ教会で行なったクオリーメンのコンサートで

共通の友人(アイヴァン・ボーン)の紹介により出会う。

数日後、ポールはクオリーメンのメンバーになった。


ウイクペディアより




ロックならずとも文化も変えたTHE BEATLESの原点の日。

感慨深いです。


運命的な出会いから53年。


もう53年なのか?まだ53年なのか?


リバプールの出会いから世界に広がるとは当時の二人も思いもよらなかっただろうなぁ。


「神の見えざる手」というものはやはりあるんでしょうね・・・。不思議です。





ビートルズのCDや関連書籍等をまったりと販売している当店は

以前は独自のサイトを持っていましたが、現在はヤフオクやアマゾンで販売しています。

一人でやっているので、なるべく事故のない方法を考えていたら

ヤフオクとアマゾンになったわけです。


最近はブログもヤフオクもサボり気味でしたが、少しずつ再開しました。

ヤフオクで人気のある商品は、「濃い商品」

マニアックなもので、思わぬ高値で売れてしまうことがあります。


ブリティッシュ・ロック関係は日本ではコレクターさんが多いので

高値安定しているものも多いです。


その中で、いつも凄いなと思うのは

プログレッシブロックの王者のひとつPINK FLOYDのアイテムは

人気がありますね。


特に、日本版紙ジャケット仕様のCDは10,000円越えが多くびっくりです。

名作「狂気」「原子心母」「ザ・ウオール」などは特に人気ですが、

全作、定価より高くなっています。


一応、アマゾンで売っていますが、定価で買えることはありえません。

プライスをチェックしてみてくださいね。


原子心母/ピンク・フロイド
¥2,548
Amazon.co.jp


ザ・ウォール (紙ジャケット仕様)/ピンク・フロイド
¥3,670
Amazon.co.jp


高値の理由としては、紙ジャケット仕様の再発がないためだと思われます。

どこかのお店で見つけたら、持っていない方は定価より高いくらいなら

中古でも買いかもしれませんよ!!



ビートルズの成功の証として、色々な車を購入したそうです。

その中でも有名なのはジョン・レノンのサイケデリックなロールスロイスですが、

ジョンはフェラーリ、ミニも所有していましたね。


4人の中で一番の車好きは

ジョージハリスンでメンバーの中で車を最初に買ったらしいです。

最初は英国フォードのアングリアという2ドアセダン。


しかし、2年後には下の写真の

アストン・マーチン DB5を所有。


映画ファンには有名な007のボンドカーになった車です。

ロールスと並ぶ英国の超高級自動車メーカーの60年代を代表する車です。


ロックレアリティーズ~ビートルズの森~
(ジョージの所有車の写真ではありません)


ビートルズショップにレコードを探しに行ったとき、

「ちょっと面白いのがあるんだけど・・・」といって見せてもらったのが

ジョージのサインの入っていたDB5の車検証でした。


4人の中でジョージは一番丁寧なサインを書く人らしく

その車検証のサインも力強く丁寧なサインでした。


反対に、最もいい加なサインはもちろんジョン・レノン・・・。



ジョージのDB5は10年前に日本人オーナーが所有していたらしいのですが、

バブルの崩壊後、ドイツに渡ったそうです。

しかし、今はそこのあるかどうかわからなくなったそうです。


少し、車も絡んだビートルたちのライフスタイルも面白そうです。


世界中にビートルズのお宝が散在しているというお話でした。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 にほんブログ村