ただいま絶賛
身体の不調と向き合い中ダルです(゜゜;)


さて、3か月前の出来事ですが、放置されていたものです(^_^;)


【 自宅療養中~24日目・11月20日(日) 】

頭痛がきっかけで、家に引っ込んでからは娘の毎日の弁当作りも私がするようになっていました。

土曜日も講習やらで、日曜の朝はゆっくり出来るのですが、このところ出歩く事目白押しで、いささか疲れが抜けずというところもあったようで、昨日に引き続きぐったりでした。

さて、今回久々の歯医者さんでした。

歯医者さんはいろんなところへ行きました。

歯医者さん選びは結構大変(笑)ワタシダケ?

4年前に左上の歯を抜歯した時の歯医者での麻酔がトラウマ状態になり、治療を放置していたのですが…
今回の頭痛が左側頭部に病変が出たのに原因が分からなかったので、眼科行ったり耳鼻科に行ったりしていましたが、治療途中だった左上の部位が痛みだしたのもあり、かなり緊張しましたが通うことにしました。

かなりネットで検索しました(笑)
調べてみたら、歯周病は脳卒中や脳硬塞の原因にもなるようなので、行くべくして行ったのだと思います。
こんな原因もあるようです。


以前、結構通っていて歯科医で歯磨き指導もしてもらっていたのですが、今回こちらの歯医者さんでの歯磨き指導はなかなか合点のいく指導でした。

前回の歯医者さんでは、歯ブラシとフロスや歯間ブラシ等をつかっての歯磨き方法を教えた後、手っ取り早く機械で磨きあげておしまいでした。今回の歯医者さんでは、1本の歯ブラシで

『前歯にはこう、裏はこう、奥歯はこう磨いてください。』

『じゃ、やってみてください。』

その後は、その歯ブラシで全部の歯を磨いてその感触を味わわせてくださる指導でした。何か『あーこれ1本でここまでなるんだー』って言うのが分かって、すごく良かったです。



この約20年の間に何度か急激な体重変化があり、歯肉が下がってました。

そして、私の歯磨きはかなりの癖がついていて、磨き残りがあり、そこから治療後の歯の根本が新たに虫歯になったり、虫歯が進行してたりしていたのも、歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎になっていたからでした。

反省、反省(^o^;)

今通いだして3ヵ月ですが、部位部位がギリギリセーフな感じで治療されてます。


そして、30年前に入れた4本のさし歯。

入れた頃からずっと違和感があったのですが、その箇所の相談をしたら、さし歯の奥の方は曲がっていたり、さし歯を入れた時から根の治療が終わっていなかったのか、奥は炎症状態。

状況を見ながら、さし歯4本を外して治療するか、口腔手術での治療になります。

今でも麻酔をされると90%の確立で、次の日は使いものになりません…つい最近は治療中にめまいがきていましたが、かなり、丁寧な診察を受けていると感じます。

自分に合った、良い歯医者に巡り合ったなぁと感じます。


と言うことで『歯周病』について少し
ググって調べてみました。

歯周病予防の為には、歯医者さんでの定期的なチェック以外にできることは?

重要なのは、歯垢(プラーク)を定期的に除去すること。

なので、1日2回のブラッシングを推奨している。

*こう書かれていましたが、こちらの歯医者さんで指導してくれたブラッシングを1日2回するのは、なかなか大変だと思い、聞いてみました。

そうしたら
『指導したブラッシング方法は1日1回でいいですよ。(^^)』
と仰っていただき、ホッとしました(笑)

定期的な歯磨きは、虫歯を防ぐだけでなく、非常に重い歯ぐきの問題につながる炎症リスクも低下させます。

*はい、私の歯茎は炎症を起こして結構腫れていたので、ブラッシングでかなりな引き締まりを感じました。


歯ブラシは、歯科医が推奨しているように3ヶ月に1度交換しましょう。

毛先が開いた歯ブラシは、十分な歯垢除去効果がありません。

*歯ブラシの固さは普通。毛先は揃っていて、そんなに大きくない歯ブラシを勧められました。

歯ブラシ交換は1ヵ月目安と言われましたが、理由は同じようです。
他に書かれていたのは

フロスを使用すれば歯ブラシで届かない場所の歯垢(プラーク)も除去できるのでお勧めです。

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)です。

歯の表面や歯ぐきのキワに蓄積した歯垢(プラーク)を定期的に除去しないと、歯ぐきが炎症を起こし、大きなダメージをもたらします。

歯周病を予防する為には、お口全体のケアが大切です。

抗菌作用や歯石の形成を抑える成分が入ったフッ素配合歯磨き粉や、高品質の歯ブラシを使用しましょう。

また、かかりつけの歯医者さんに、ブラウンオーラルBのどの電動歯ブラシがあなたのお口のニーズに合うか、相談してみましょう。

高品質歯ブラシと正しいブラッシングは、歯垢(プラーク)の蓄積を減らしてくれます。

*とも書かれていましたが、フロスもフッ素も高品質歯ブラシ・電動歯ブラシも自分が必要ならやってみる。位な感じでいる方がいいような気がします。

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。

昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。

日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。

そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです!(歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」とも呼ばれています!)
*サイレントキラー、やはり自分の身体の声を聞く、というのはとても大事なことですね。


あれ?っと思ったら調べて頂くと良いかもです。


dal
AD