真実の結晶

真実の体験をお伝えします!気づいて下さい!
あなたはもともとパーフェクトだと言うことを♪


テーマ:

テレビで、ボクシングの三階級制覇の某世界チャンピオンが素敵な話をしてくれました。それは「10㎝の勇気」という話です。彼は、デビューから攻撃的な試合をしてきて1回もダウンがなくチャンピオンになりました。その後、あるボクサーとの試合で初めてのダウンをします。それから、(他にも理由はありますが)ダウンされないような守りの試合をしていたそうです。あと10㎝踏み込めば相手にパンチを入れることが出来るが(ダウンしたくない怖さから)踏み込むことが出来なかったと言っていました。

 

これを真実の話に例えると、ここに悟りたいと思っている人がいて、見性し悟るところまでのプロセスのうちで、見性という「覚醒の気づき」まで来ると(気を抜くかプライドなどで)ここで満足してしまうことがあります。普通の人間が見性に至るには、かなりエゴが落ちないと気がつけないほど大変素晴らしい気づきなのですが、悟る為には見性はまだスタートに立ったにすぎません。普通、見性から悟りまでは気が遠くなるほど時間がかかると言われています。それは、全てのエゴを完全に落とさないと悟りの境地まで行かないからです。

 

どうも、見性したことで喜びと安心があり(すべてを知った感覚になり)、ボクシングと同様で守りに入ってしまうようです。しかし、見性してからが本当の修行がはじまるのです。見性後、(見性当初はわかりませんが)色々な体験をすることで慢心が出てきて魔境になる方も少なくありません。ですから、見性後は自分独りではなく、あなたが信頼するグルに見てもらえれば(去ってしまえばわかりませんが)魔境に入ることなく悟りまで行くことは出来ると思われます。

 

あなたは、見性後10㎝の勇気を持てますか?悟りに関しても十人十色です。エゴを落とされながら信頼するグルと二人三脚で(10㎝の勇気をもって)最終の悟りに気がついてくださいね♪

 

●那須個人リトリートが開始しました!ご興味がある方は↓

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page10
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11551812241.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11567279086.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-12168508007.html

 

★★2017年のサットサン開催日のお知らせ★★

毎月、東京と大阪でサットサンを行っています!
縁を感じる皆さんのご参加お待ちしています♪

 

サットサン開催日がご覧になりたい方は↓のところにアクセスしてください♪

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page4

 

7/20現在

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Oshoが「イニシエーション」について素敵な内容(明け渡し)の説法がありました。少し長い文章ですが、シェアしますのでぜひ読んでみて下さい

 

 

Osho:「イニシエーション」とは、あなたが覚醒している人に自分を明け渡したということだ。あなたは言う。「私は理解していません。私には理解できません。私は狂い、眠りこけている世界の一部です。私はいつも夢を見ています。私の理由づけは当てになりません。行為するとき、私はいつも不合理なマインドの部分から行為するからです。私はいつも無意識に行為して、後から理由をつけます。誰かと恋に落ちると、やがてなぜどういうわけで恋したのかと理由をつけ始めます。この現象はこのようにして起こります。まずあるものを好きになり始め、次に、なぜそれが好きになったのかその理由を見いだします。まず好みが先にあり、後から理由をつけ加えます。 ところが、好みというのは理屈をつけられるようなものではありません!」

 

この感覚は夢うつつの人でさえ感じることがある。眠りは、ときおりひじょうに深くなったり、ごく浅くなったりしながら、揺れ動いている。眠りの深さは決して一定していない。眠りは変化する。ふつうの眠りでさえ変動する。眠りは一晩中同じわけではない。ときおりあなたの眠りが深すぎて、後から何も思い出せないことがある。ひじょうに深く眠った翌朝、あなたは「ひとつも夢を見なかった」と言う。本当は夢を見ていたのだが、眠りがあまりに深かったので、あなたは何も思い出せない。

 

あなたが夢を見ていたことを示すことのできる科学装置があるが、夢の記憶が一切ないので、あなたはそれを否定するだろう。あなたの眠りがひじょうに深く、顕在意識からあまりに遠く離れていたために、マインドが夢から何も拾い上げることができなかったのだ。またあなたの眠りがひじょうに浅くて、目覚めとの境界ぎりぎりにあるときもある。そのときには夢を思い出すことができる。ふつう私たちは、朝、眠りから覚める直前に見た夢しか憶えていない。そのときは眠りがとても浅く、顕在意識と潜在意識のギャップがひじょうに小さいからだ。ふつうの眠りは、様々なレベルや水準を行き来している。ときおりあなたは覚醒と眠りのはざまで揺れ動いている。境界のぎりぎりで揺れ動いているときには、夢の外で起きている物音を聞くことができる。あなたは眠りに落ちる。何かが聞こえてくる。誰かが何かを喋っている。その一部は理解され一部は失われるが、とにかくあなたはそれを聞くことができる。またあるときには、あなたはぐっすり眠り込み、熟睡している。誰かが喋っていても、あなたにはそれが聞こえない。解釈のしようがないし、意味のとりようもない。あなたにはまったく聞こえない。

 

通常の眠りのなかで起こるのと同じことが、私が話している形而上的な眠りのなかでも起こる。ときおりあなたは、まさに境界線上にいて、覚者(ブッダ)にひじょうに近づいている。そのときには、あなたは覚者が語っていること、覚者が言っていることを少しは理解することができる。あなたは何かを理解することができる。もちろん、決して語られたことを正確に理解するわけではないが、あなたは少なくとも何かを聞いた。少なくともあなたは真理を垣間見たことになる。

 

だから、形而上的な眠りの境界線上にいる者は、イニシエーションを受けたいと望む。彼は何かを聞くことができる。何かを理解することができる。何かを見る。すべては霧に包まれているかのようだ。だが、それでも彼は何かを感じることができる。今や彼は覚醒している人物に近づき、自分を明け渡すことができる。夢うつつの者にもこれだけのことはできる。彼は明け渡すことができるのだ。この明け渡しが意味するのは、彼が自分の眠りとはまったく異なる何かが起こっていることを理解しているということだ。彼はどこかでそれを感じている。それを正しくつかんでいるわけではないが、感じている。

 

仏陀のような人が通り過ぎると、眠りの境界線上にいる者たちは、その人には何かが起こったことに必ず気づく。行動が違い、話し方が違い、生き方が違い、歩き方が違う。何かが彼には起こった。境界線上にいる者たちは、それを感じることができる。だが、彼らは眠っている。そして、この境界線上の覚醒は永続するものではない。彼らはいつ何どき眠りに舞い戻るかもしれない。あるいは、たった一言で眠りから引き出されるかもしれない。彼らは、より深い無意識におちいる前に、覚醒している人に明け渡すことができる。

 

これが、イニシエーションを受ける側から見たイニシエーションだ。彼は言う。「私は独りでは何もできません。私は無力です。私にはわかります。この瞬間に明け渡さなかったら、 私はおそらく再び深い眠りに入ってゆくことでしょう。そうなったら、明け渡すことは不可能になってしまいます」だから、逃してはならない瞬間がある。こういった瞬間を逃す者は、何世紀にも、何生にもわたって、その機会を得られないかもしれない。なぜなら、再びその境界線に達する時というのは自分では決められないからだ。それはあなたの意のままにならない様々な理由から起こる。あなたには眠りを左右することはできない。

Osho - I Am The Gate

 

どうだったでしょうか!あなたは、今生悟りますか?それとも逃しますか?

 

 

●那須個人リトリートが開始しました!ご興味がある方は↓

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page10
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11551812241.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11567279086.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-12168508007.html

 

★★2017年のサットサン開催日のお知らせ★★

毎月、東京と大阪でサットサンを行っています!
縁を感じる皆さんのご参加お待ちしています♪

 

サットサン開催日がご覧になりたい方は↓のところにアクセスしてください♪

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page4

 

7/16現在

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この二元の世界は我慢している人は多く、それが沢山のストレスになっているようです。では、その人は「なぜ我慢と思う状態」になるのでしょうか?それは、自分がしたいことと反対の意見を言われ、(自分がしたくないと思っているのに)自分の意見が通らない時に起こる現象です。これでお解りのように、自分を守る利己的なジャッジがその背景に存在します。

 

また、会社と個人とは多少違いがありますが、会社の場合、もう仕事量が一杯なのに上司などに言われて(上の人にも周りの人にも良く見られたく)我慢してしまう場合は、プライドもプラスになります。個人の場合、特に身内(ご夫婦・家族)関係だと自分の意見が通らないと「じゃあ、私が我慢すればいいのね!」と言う捨てゼリフが出てきます。この心の背景は、心理学的にも上から目線で自己中心的な考え方の強い人が多く使う言葉だそうです。

 

では、真実に当てはめてみるとどうでしょうか?

 

もし、当てはめてみれば、真実の二大法則「全てはプログラム通り」「あなたはパーフェクト」であることを全面否定していることになります。それは、その人の好き嫌いのジャッジによることだからです。仮に、ここに掃除嫌いな人と掃除好きな人がいて、掃除嫌いな人は苦痛を伴い掃除行い、掃除好きな人は掃除自体が楽しくて行っています。これでお解りのように「我慢」という単語は二元的に嫌なことを無理やりやらされたとジャッジした時に出る単語なのです。

 

さあ、真実を知りたいあなたは「我慢」せずに真我のプログラムに全託してください!そうすれば、我慢はなくなりますよ♪

 

◎お知らせ!

色々な方のご意見により、今後は水の転写に限り1L 1000円となります。それと全ての転写行為は、個人セッションかリトリートの時のみになりますのでご了承ください。

 

●那須個人リトリートが開始しました!ご興味がある方は↓

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page10
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11551812241.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-11567279086.html
http://ameblo.jp/raphaelworks/entry-12168508007.html

 

★★2017年のサットサン開催日のお知らせ★★

毎月、東京と大阪でサットサンを行っています!
縁を感じる皆さんのご参加お待ちしています♪

 

サットサン開催日がご覧になりたい方は↓のところにアクセスしてください♪

http://www3.hp-ez.com/hp/raphaelworks/page4

 

7/12現在

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。