「Team R」 Official Blog

「Team R」がみんなで色々更新して行きます!


テーマ:

こんばんは、YUKIです☆

やっとBlogを綴るきっかけができました。

 

 

「解散」からもう1ヶ月以上が経ったんですね。

04/07@EASTに始まり

癒し小屋、対バン、林間学校に鹿鳴館etc...

 

舞台から見た景色の数々。

 

皆と紡いだ

新たな、だけど紛れも無いRaphaelとしての思い出たち

まだ何もかも鮮明に覚えてます。

 

皆がくれた声援

見せてくれたRaphael史上最幸の盛り上がり

聴かせてくれた歌声

見せてくれた涙と笑顔

 

僕は一生忘れないと思います。

 

 

余韻冷めやらぬままに

がむしゃらな毎日が

今日もあっと言う間に過ぎ去って行きます。

 

12月の活動を目の前にして言うのもアレですが

2016年は自身の音楽人生の中でも最も目紛しく

そしてとても色鮮やかな星の瞬きのような時間でした。

 

正確には2015年11月01日の発表から1年、ですかね。

体感的には10代当時の「3年半」の活動期間に

勝るとも劣らない、怒濤の1年間でした。

 

 

 

 

昨晩ね、実は

解散後まず1つ目の”精算”が終熄しまして。

なので思いの丈の一部に過ぎませんが

Blogを綴る事にしました。

 

これに伴い

メンバー・スタッフチーム総勢20名ほどで組んで

丸一年ずっとコミュニケーションの中心に在った

Raphaelの”グループLINE”を解体したんです。

 

文字通りRaphaelの為のグループLINEだったので

解散と共に機能も意義も失う事くらい

最初から理解・承知していましたが

 

いざ解体となると 1年間慣れ親しんで

毎日 誰かが何かをやり取りしていた機関が無くなったり

今生の別れではないにせよ

事実上 接点の無くなるキャストも居たりと

なんとも切ない思いでした。

 

自身の経験上の話に過ぎませんが

お金に限った話ではなく

”精算”は勝手を間違えると

あっという間に人間関係も

思い出も無惨に壊れてしまう事があります。

 

言葉を丁寧に紡ぐこと

時間を掛け過ぎないこと

振り回されないこと

痛みは自分だけに留めること

自分を信じること

人を信じること

 

いくら努力しても実らない精算もあるし

報われない精算もある。

 

陣頭指揮を執るという事は

誰かor何かを失う覚悟のもとで

精算を最後まで執り行う事なんだとも思うんです。

 

それでも

大切な思い出が知らず知らず壊れてしまわないように

一つ一つ丁寧に紡いで

在るべき場所に還して尚、護り育んでいく事こそが

僕の精算、”お役目”なんだと考えています。

 

そんな精算の内のたった1つが、

やーーーっと終わった段階に過ぎないんですけどね。

でも、お陰でこうしてBlogで思いを綴れて嬉しいです。

 

- - - - - - -

 

”僕の声は聴こえているかい?

今、僕に何ができるだろう

悪戯に暮れてゆく空を

仰げば華弦の月────”

 

- - - - - - -

 

出会い、触れ合う人の数だけ

捉え方も思いも考えも溢れて

是も非も生きる気迫に満ちた言葉をお互いに交わし合えた

Raphael最後の活動でした。

 

何が本当の「正解」だったのかは

きっとこの活動の時間を共にしてくれたそれぞれが

心に据える”これからを生きる時間”の中で

次第にハッキリと見えて来るのかなぁって、

そうだったらとても素敵だなぁって、

淡くぼんやりと期待が膨らむ日々です。

 

皆の、たくさんの心が

Raphaelの活動を支えてくれた1年間でした。

 

僕にとって解散

長く絡まっていた悲しみの糸が優しくけて

スポットライトに照らされた涙が

輝き舞いる、そんな感触でした。

そう思うと、この字の組み合わせも

悪いもんじゃないなぁと思えました。

 

まるという文字の示す通り

過去に触れる事さえ難儀だった2012年までの

「活動休」に対して、「解散」のメリットは

”笑って振り返る”事ができる部分だと今は思えています。

これはもちろん自分が「解散」を経験してみるまで

見付けられなかった感覚なんですけどね。

 

その証拠に、以前

ビルボード・ジャパンさんに取材していただいた

時の発言から少し心境に変化が現れてるんです。

 

件の取材では

”今回のステージが終わったら僕は、応援してくれているファンの方々やチームの大切な仲間たちを信じて、以後一切「Raphael」を口にしないと思う”

 

こう話していたのですが

今思えば”今回のステージ”ではなくて

言いたかったのは精算ですよね。

 

音源の補完にはじまり

Raphael史上”最幸のLIVE”を更新することetc...

これに伴い、僕の精算ミッションは

これから向こう数年続く訳だから、

 

正しくは、

活動歴に対する全ての精算が終わったら、ですよね。

 

「解散」するまでは、誰にも心配を掛けまいと

虚勢を張ってはいたものの

こんな単純な事にも気付けないほど

色んな重圧に思考が圧し潰されていたのかもしれません。

 

 

 

 

Raphael 解散インタビュー

 

解散する前後で心境が少し違うものの、

先の件(ステージ/精算)、

僕が言葉のチョイスを見誤った箇所以外は

全くもってブレの無い

素敵で確かな記事を書いていただいてます。

お時間ある時に是非読んでみてください。

 

応援してくれた皆にとって

思い出が音も無く過ぎ去ってしまわぬよう

僕の精算が全て終わるまでは

然るべきタイミングで折々

これからもRaphaelの歌を奏でていきたいと思っています。

 

04.07@蒼の邂逅

10.31 / 11.01@悠久の檜舞台

 

2016年に出会えた僕等の記念日。

他にも挙げたら切りがない、新たにできたいくつかの記念日。

 

1年後・2年後・3年後────。

こうした僕等の記念日を

あなたはどうやって過ごしますか?

 

バンドは解散したけれど、

YUKIはこれからも色んな歌を歌う事ができるのだから

どんな場所でも、どんな形でも良いから

笑って再会できたら素敵だと思うんです。

 

例えば「独唱」はいつかRaphaelの楽曲を

1人でも弾き語りで歌えるようになりたいと願い始めた企画だし、

Riceが変幻自在の編成と音楽性なのだって

ここに帰結できる部分もあるんです。

 

余談だけど、このBlogで僕が勝手に始めた

「楽曲解説」だってまだ全然終わってないし。笑

 

解散したから”ハイ終わり!!”じゃなくて

ありとあらゆる「精算」が全て片付いて

初めてコンプリート、ですよね。

 

Raphaelというカタチが好きだった人だって数多居るわけだから

YUKI単体の思想やRiceの活動etc...

全てのプロジェクトに賛同して欲しいという事ではないし、

好き嫌いがあって当然だと思うのです。

 

ただ この1年、アルバム制作やLIVEパフォーマンスで

提唱し続けてきた通り、

「選択肢」は無いよりあった方が良いと思うってだけの話なんです。

 

今が好きな人・昔が好きな人・どっちも好きな人・

カタチが好きな人・可能性が好きな人…

 

進展に対して賛否が両論あってこそ

過程の全ては初めて過去になり、

過去はより彩豊かで価値と意義があるものとして評価されるんだと思うんです。

 

踏まえて、

常に”ing”の渦中でRaphaelが評価されている未来があるとしたら、

それはバンドというカタチを失えど

この先の時代を生きる人々の心にRaphaelが生きている証になりませんか?

 

随分と長く時間が掛かってしまったけど

僕はやっとそんな風に思えるようになりました。

 

皆がもたらしてくれたこの奇跡の1年間を

この思いを僕はまた楽曲に昇華して歌い奏でていきたいと思います。

 

随分と長くなってしまいましたが

そんな風に思える勇気を与えてもらった2016年の活動でした。

 

改めまして掲題の通り

19年間 本当にありがとうございました。

 

そしてこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

次は「楽曲解説」で再会、ですかね( °д°)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(10)

テーマ:

こんにちは、YUKI です( °д°)

 

本日はプレミアム会員限定GIG

『夢より素敵な』@目黒鹿鳴館です( °д°)

 

RHの合間など少し時間が取れそうなので

久々に楽曲解説を進めたいと思います( °д°)

 

今回は『人間不信』ですね( °д°)

言わずと知れたRaphaelナンバーの中でも1・2を争う

カオスなトラックです( °д°)

 

原型の誕生は初めて4人で実施した

河口湖・某ホテル&スタジオでの

「強化合宿」にて( °д°)

 

当時はサビのメロディが違いました( °д°)

譜面を起こしてみたので

ゼヒとも口ずさんでみてください( °д°)

*なんとプロトタイプの歌詞もまだ覚えてました!!笑

 

 

闇夜に囁く殺めの呪文

汚れなき僕の純粋を

 

元々の歌詞を漢字に直すとこうなります

( °д°)ヒィィ

 

原型では「殺めの呪文」だった言い回しが

周知のver.では「死ぬがいい」にブラッシュアップ?

された訳です( °д°)ヒィィ

 

学生当時に華月が体験した

疎外感や孤独感

信じていた級友に裏切られた記憶などなど

怒りにも似た悲しみを

歌詞に昇華させた作品だと

本人から解説を受けた記憶があります( °д°)

 

何故このプロトタイプの

メロディや歌詞が却下となったのか

経緯としては

 

#サビなのにメロディがスピード感に欠ける

#メロディが機械的すぎる

#もう少し”人間不信感”を歌詞で具体的に表現したい

#上手い事カッコいいサビのメロディが新たにハマった

 

ザックリと

こんなあたりです( °д°)

 

最終的なサビのメロディは

スタジオでプリプロ中に

華月がコードワークを決めて

YUKIがメロディを「ららら」で紡ぎました( °д°)

 

*この時代のRaphaelの作曲クレジットに関する

ルールは非常に曖昧でして( °д°)

「原案を持って来た人が作曲者」のルールの頃なので

これに則って作詞・作曲 共に「華月」のクレジットとなりました( °д°)

 

原曲ではオープニングがEmキー

その他はDmキーと自由奔放だったので

聴感的にスッキリさせる&より重厚感を演出する為に

今作では1音下げて全編Dmに統一しました( °д°)

 

*YUKITOのベース人生初のドロップチューニング作品です( °д°)

 

その他、10代の頃には出せなかった

デスボイスなど多重声音で更に

楽曲そのものが持つテーマの重さや

渾沌とした世界観を演出してみました( °д°)

 

破滅の秒読み1・2・3

 

 

何故1・2・3だけフランス語なのかは

未だ謎です( °д°)

 

LIVEでの盛り上がりは格別ですね( °д°)

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

テーマ:

あの日の僕に足りなかったのは

ほんの少しの勇気だった

自分の弱さを知るという事 

終わりを怖れずに生きる事

 

たくさん遠回りしたけれど

やっと自分に向き合えたんだ

胸で閊えてた たくさんの涙が

夏の雨と一緒に宙へ還る 

 

戸惑いながら 迷いながら

ある筈のない答えを探していた

苦しい時も悲しい時も

僕よりも僕を信じてくれたのはあなたでした

 

幸せとか 優しさとか

カタチの無い救いを求めて

がむしゃらな季節の中

心は”助けて”と叫んでた──────。

 

あの日の僕に足りなかったのは

ほんの少しの覚悟だった

人を信じるという事 

自分を信じるという事

 

戸惑いながら 迷いながら

ある筈のない答えを探していた

不器用で若過ぎた季節

僕の背中を押してくれたのはあなたでした

 

幸せとか 優しさとか

言葉よりも溢れる想いを

この歌をあなたに捧ぐよ 

”出会いの奇跡”の歌を──────。

 

蒼い宙に 華弦の月

笑って手を振ろう

いつかまた会える日まで

サヨナラ、ありがとう──────。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(7)

テーマ:

 

My soul never ends…

『僕の声は聴こえているかい?』

My heart does not disappear…

何度でも言うよ『涙は枯れない』

 

Even if I gone My music remains forever and ever

どれほど翼が傷付いてもいい

あなたを守りたい

 

雲が流れてゆく 明日を占うように

仰げば華弦の月 奇跡を、光を見せて

 

あなたの側で笑って居るよ

永遠に眠るその日まで

翼を広げて抱き締めるよ

My soul never ends…

Please Grant my last wish , Asterisk ...

 

My soul never ends…

『僕の声は聴こえているかい?』

どれほど心が傷付いてもいい

あなたと生きたい

 

あなたの分まで笑って生きるよ

さぁ『終わり』を始めよう

『僕の声は聴こえているかい?』

My soul never ends…

Please Grant my last wish , Asterisk ...

 

Even my soul get hurt(どれほど心が傷付いても)

I don't  give up flapping(僕は羽ばたく事を諦めないよ)

I don't  give up singing(僕は歌う事を諦めないよ)

I swear it to the Asterisk 

in the blue sky(蒼い空に輝くAsteriskに誓うよ)

Songs never be gone(”音楽は死なない”)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

こんにちは、YUKIです。

 

日々のスケジュールに忙殺されて

すっかりご報告が遅くなってしまい申し訳ないです。

 

林間学校やインストアにお越しの方々には

幾度かご報告の機会があったのだけど、

この度Raphaelは掲題の通り

新曲を創作した事を改めてファンの皆様にご報告します。

 

想いをキチンと伝えたいので

できるだけ堅くならないように

分かり易い文章を目指して

努力して綴りますね。

 

少し長くなるかもしれませんが

どうか最後まで読んでやってください。

 

創作に至る経緯・背景として

イチバン大きかったのは

やはり『解散』を目前にして各々が自身に問うた

「本当にやり残した事は無いか?」という

心の葛藤でした。

 

これまでの作品は全て

作詞を華月が手掛けてきた事もあり

 

2001年の「新世紀〜」ツアーや

2012年の「再演」〜

そして今年の「癒し小屋」を周り切るまでは

自分達の言わば「創作願望」よりも

これまでのルールに則った

「範囲範疇の中でのベスト」を尽くす事を最優先とし

全力を捧げて来ました。

 

2016年、Raphael最終章。

 

念願だったLIVEをはじめ

全国ツアーやインストアイベント、

「林間学校」、そしてCDリリース。

 

チームやファンの皆と過ごす

夢の様な時間を経ていくたびに

これまで心の底に圧し潰すようにしまい込んでいた

「創作」に対する想いはどんどん強くなっていきました。

 

自分もメンバーの1人なので

ちょっと変な表現になりますが

この想いの一番根底は

 

《Raphaelにありがとうを贈りたい》、です。

 

これまで数多与えてくれた

想い出や経験 然り

メンバーやチームのみならず

出会ってくれたのファンの皆へ捧ぐ

《ありがとう》を創作したかったんです。

 

この創作課題に

初めて勇気を出して向き合ってみて

やっと本当の意味で

『解散』に向けてメンバー3人の足並みが揃ったように思います。

 

作詞・作曲・編曲etc...即ち『創作』は

やはりミュージシャンとして

最も生きている喜びを実感できる”業”のひとつ。

 

この”業”を持ってして

時間と機会の許す限り

舞台の上から皆に

ありったけの《ありがとう》を

奏でて贈り届けたいと思っています。

 

「林間学校」でもインストアでも

こうした想いから生まれた新曲達を

心から喜んでくれた皆の笑顔にとても救われています。

 

なんだかこれほど長く綴ってみても

上手く伝えられたか不安が過りますが…

 

詰まる所

結成から20年を迎えようかという

この長い長い年月の経ても尚

Raphaelを愛してくれる皆に

ただ喜んで貰いたかったんです。

 

もっと言うと、

喜んでくれる顔を観てから解散したかったんです。

 

新曲の歌詞を

後ほど別記事で掲載しておきます。

時間のある時に是非読んでやってください。

 

それぞれの楽曲に対する解説などなど

後日追って綴っていきますね。

 

我々メンバー・チームの一方的な想いとして留まらず

どうか応援してくれるファンの皆にとっても

喜ばしいニュースの一つになりますように。

 

あと1ヶ月ちょっと。

Raphaelは最後の最後まで加速し続けます。

 

1人は皆の為に、皆は1人の為に。

皆でRaphael最終章を完成させましょうね!!

 

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)