ベトナム会議出席②

テーマ:

前回からの続きです。

 

新たに会議に参加したフィリピンについて。

フィリピンはきわめて元気で、不動産鑑定評価ビジネスも急速に成長している。
ビジネスチャンスには恵まれているのを直感 した。

 

マニラでVPC会議を主宰したいと提案があったが、次回は中国になりそうである。


ほかのASEAN諸国は、

先進国のシンガポール、資源国のマレーシアを除けば、経済は順調に成長 している。

タイは日本と同じような高齢化が進展 しているが、

周辺国の安い労動力が流入しており、アジアの製造業のハブの役割を果たしている。

インドネシアは人口が多く、ベトナムは賃金が安い優秀な労働力に恵まれている。

カンボジアは人口構成が若く、成長の余地は大きい。

 

ASEANへの投資は、日本に比べれば希望に満ちている。
日本は国内マーケットは縮小しており、ASEANへの投資に積極的に取り組むべきと思う。

中国は現在、海外投資を規制 しており、

欧米は保護貿易の風潮などから、日本は先行するチャンスと思う。


中国の台頭、華僑の活躍を見ると、中国語を勉強 しなくてはと思ったが、

残念ながら今からではとても無理だ。

東南アジアの英語に慣れることがまず大切である。

10 年以上付き合っているジョホールバルとシンガポールのメンバーの英語は、いまだに聞き取れない。

永遠の課題である。

 

読者登録してね

AD