カメラ散歩

旅の思い出や食べ歩きなど、写真を中心に、思いつくままに。。。


テーマ:
ゴールデン・ウィークになると思い出す旅行がある。
1996年の4月27日から5月4日までの8日間、ウルムチ・天池への旅だ。
成田から北京へ、ここから列車で西安へ。車外に緑と桃色の桐の花が続き
みごとなコントラストをみせていたのが印象にのこる。
西安から空路、天山山脈のふところ・ウルムチへ。さらに
標高2000mの天池へと足を伸ばした。

標高1910mの天池。まだ湖面は氷結していた。
私たちはウルムチから車で登ったが、前にNHKで見た司馬遼太郎さんの
旅では、この長細い湖の反対側に天山山脈経由で訪れていた。

少し戻って、西安から訪れたウルムチ空港から。
urumuti1

市の中心部にある紅山公園(砂岩でできた山を整備したもの)から
ウルムチ市街を眺める。


以下、ウルムチ市街の写真。


ウルムチを含む新疆ウイグル自治区はウイグル族、漢族、カザフ族など40を超える
種族が住み、まさに種族の坩堝だ。これも西域の民族の興亡がもたらしたものだろう。

シシカバブーを焼く香ばしい匂いがただよう。

ウルムチ市内から東に、天山山脈東部の最高峰ボゴダ峰(海抜5445m)がある。
この中腹に天池があり、西域の旅では異質なアルプスのような風景が
広がる。ウルムチから車で約110㌔の行程だ。


車がウルムチ郊外を抜けると砂漠とわずかに草が広がる地帯が
まだら模様に続く。そこにラクダもいた。

また羊の群れ、羊飼いもところどころで見かけた。

車は天山北路の一部も通り、天池公路に入って行く。
しだいにボゴダ峰を登って行く。
山麓にはパオが点在し、浅瀬を流れる水は整列だ。


途中、ガイドさん案内で一つのパオを訪ね、お茶をいただいた。
娘さんの部屋まで見せてくれたが、狭いながらよく整理され
思いのほか明るかった。
下はその気さくなお母さん。

周辺の写真も撮ったのだが、古い事でパソコンには入っていなかった。


いよいよ天池だが、夏でも雪をいただく天山山脈第二の高峰、ボゴダ峰の山中に水を
たたえている。天池とは天鏡とか神池という意味だという。
蒼い湖の正面には万年雪に覆われたボゴダ峰が輝き、湖の周囲を雲杉が囲む。
清浄な空気に包まれた大パノラマの別世界だ。
山を降りれば付近一帯は熱砂の砂漠、天池は砂漠の中のオアシスなのだ。
あのチンギス・ハーンもかつて立ち寄ったという。
時間があれば緑の山中に広がるカザフ族のパオも訪ねられる。


白く輝くボゴダ峰。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。