2010年06月19日

キャラアイシングクッキーの作り方

テーマ:アイシングクッキー

おうちパティシエへの一本道


キャラアイシングクッキーは、どうやって作るのですかという問い合わせが多数アリ。。。


お待たせいたしました!キャラアイシングクッキーの作り方です。


以前作ったプリンセスクッキー や、ミキミニとかグーフィー・ドナルド も、

このやり方で作りました。


簡単にできます♪とは言えません・・・。ちょっと難しいです。

基本的に縁どりをせず作成するので、アイシングの固さというのが非常に重要になってきます。


柔らかすぎては、だれて広がっていってしまうし、小さな気泡も入りがちです。

かといって、固すぎては表面がデコボコしてしまうし、これまた気泡が入りがちです。


だれず、気泡も入らず、でもデコボコにならない固さ。

目安としては、アイシングをねった後、たら~っとたらして10秒くらいで後が消えるくらいです。

でもこれは、あくまでも目安なので・・・・。

自信がない場合は、多少見栄えは劣りますが、縁どりをしてもいいと思います。


ではまず、作りたいキャラの絵を準備し、その上に透明のシートを乗せ、

動かない用にテープで貼ります。



おうちパティシエへの一本道









同色の中に線を入れたい部分のみ、固めのアイシングで線をかいておきます。



おうちパティシエへの一本道









そして、各パーツにアイシングをしぼっていきます。



おうちパティシエへの一本道









より立体的に仕上げるためには、手前にくる部分ほど厚くこんもりと絞る事が重要です。

そのために、一番奥になる部分から絞っていくとやりやすいです。

ちなみに、隣りのパーツを絞る時は、ある程度乾いてからでないと境目がくっきりつきません。

このミミロルの場合は、左手が一番手前にくるので、左手を一番最後に他のどのパーツよりも

こんもりと厚く絞ります。


おうちパティシエへの一本道









キャラ部分の出来上がりです。

耳よりも顔、さらに左手と厚みを増すことによって、立体的に仕上がります。



おうちパティシエへの一本道









キャラ部分が完全にかわいたら、土台となるクッキーにアイシングを流します。

(これは柔らかめで)



おうちパティシエへの一本道









そして、すぐにキャラをシートからはがして乗せます。



おうちパティシエへの一本道









後は、乾いて出来上がりです。



おうちパティシエへの一本道


↑のポケモンくらいなら、そんなに時間はかかりませんが、

ディズニーキャラのような細かいものなどは、

かなりの時間・精神力・体力を消耗しますw


覚悟してやって下さいp(・∩・)q



以上、キャラアイシングの作り方でした~♪

setsuko♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。