random randoku

単なる本好きが、読んだ本の感想を書き散らしてます


テーマ:


著者: C.S. Lewis, C.S.ルイス, 瀬田 貞二
タイトル: 「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

ちょっと前に、ナルニア国ものがたりをディズニーが映画化、というニュースが流れた。ハリー・ポッター以来のファンタジーブーム(!?)に便乗かという気もするけど、子供の頃から大好きだったこの物語が再び注目を集めるのはうれしい。

うれしいけど。
でもこれ、指輪物語とかに比べて、日本での知名度ってイマイチですよね?

ナルニア国ものがたりは、RPGの元にもなった「剣と魔法の世界」とはちょっと違って、キリスト教の世界観が色濃く反映されている。
なにせ、牧師である祖父からの誕生日プレゼント、というのがこの本との最初の出会いだったのだ。祖父は毎年「聖書物語」(もちろん子供向け)など、割とストレートなタイトルをくれてたので、最初はちょっとびっくりして。
そして納得した。

私自身は熱心なキリスト教徒ではないけど、そんな家庭環境だったので、まあ、何となくわかる。でも、普通の日本の家庭だと、わかりにくいんじゃないかなあ。例えば天地創造を彷彿させる描写とか、単純な勧善懲悪ではないアスランと魔女の関係とか(関係ないけど、第一巻ライオンと魔女で、二人が語り合ってる挿絵がすごく印象に残っている)……。。

それで、日本では、それほど知られていない(といっても比較対象が指輪物語なんで、普通の児童向けのお話に比べれば十分知られてるんだけど)のかなあ、なんて思ってたのですが。
私の勘違いかなあ。ほんとは、みんなすごくよく知ってるんでしょうか?
だとしたら、勝手なこと書いてすみません(←誰に謝ってるんだ?)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

randomrandokuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。