random randoku

単なる本好きが、読んだ本の感想を書き散らしてます


テーマ:
吉田 秋生
BANANA FISH 全19巻

先日福井晴敏作品は、少女漫画と相性よさ気ってなことを書いたけど、そうだ!「BANANA FISH」だよ、と思い出した。

後先を考えずに船に戻った仙石さんと、走り高跳びでアッシュを助けに行った(多分。うろ覚え)英二(こんな字だっけ?)が重なる。結局精神的な助けにはなったけど、実際には助けられてるとこも。


まあ、誰でもそう思うだろうな。この二作品でぐぐると、結構アッシュ=行なんてことを書いてる人がいるようです。


ローレライとガンダムってのも作者本人をはじめ、いろんな人が書いてるし、やっぱり福井さんや福井さんを好んで読む人達ってのは、文学(?)的背景が一緒なんでしょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
霜月 かよ子, 福井 晴敏
C-blossom (1)
亡国のイージス のスピンオフストーリー。本編のちょっと前のよう。
福井晴敏の作品は映像が浮かぶ、と前に書いたけれど、漫画とかアニメ的でもある。ほとんど同世代なので、まあ、普通はその辺の影響を受けるだろう、とは思うので、ある意味納得。ただし、影響を受けたからといって、誰でもそれを文章で表現できるわけではないのだけれど。

漫画の中でも、少女漫画とは相性よさそう。と思っていたのだけど、この漫画の後書きを見ると、ローレライの監督にそう言われていたらしい。本人も納得だそうな。

とはいえ、全く勝手に作られた「如月行萌え~」な作品だったら食指が動かないけれど、これは原作が福井晴敏本人ということで、読んでみた。

うーむ。一巻だけなので、正直ちょっとよくわからない。

完結すれば印象も変わるかも。

というわけで、続きを楽しみにしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
森 博嗣
τになるまで待って

赤柳初朗。あかやぎういろうではない。あかやなぎはつろうだそうだ。

どっから見ても偽名(てかそもそもフィクションだし、他の登場人物の大半も偽名くさいんだが)で、職業「探偵」とくれば、怪しさ1800%。

わざわざ怪しまれる設定にしてるってことは、きっと過去のどこかで出てきているのだろう。

いろんなことを考え合わせるとれんちゃんが近いんだけど、キャラ的に違うし、れんちゃんだと犀川先生が知ってるはずだし。女性じゃないかという気もする。うーーーん。


Gシリーズに追いついたのはいいけど、リアルタイムで読むと続編が出るまでにイライラするんですよね。いくらペースの速い森氏でも、今年中の続編出版 はなさそう。


森博嗣作品は、もう一作ごとの魅力は薄れてきてしまっているのだけど、シリーズ全体の謎で引っ張ってるのはさすが。もういい加減、真賀田四季はいいだろうと思いつつ、読んでしまうのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
藤沢 周平
蝉しぐれ

時代小説は、避けているわけではないけれど、あまり読んだことがない。

なんとなく封建的なんじゃないかという先入観があるのか、昔読んだのがイメージ悪かったのか、今となっては思い出せないけど。


これは、昨年NHKの金曜時代劇 でやってたのをたまたま見て、面白そうだったので読んだのだ。

舞台が江戸時代ってだけで、まさしくさわやかな青春小説。

時代物を敬遠(無意識だけど)してたのを後悔してしまった。


これで主人公の牧文四郎役だった内野聖陽 、ちょっと年くってるけど雰囲気があってていいなと思っていたら、割とすぐ後(というか滅多にドラマを見ない私が次に見た)、エースをねらえ! で宗方コーチ役だったのだ。これはこれで何故かはまってたのだけど、蜘蛛の巣柄の浴衣で出てたときには、ちょっと、あまりのギャップに倒れそうになってしまったよ。


もうすぐ映画 が公開されるらしいです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
岡嶋 二人
99%の誘拐

ちょっと前だが、書店に平積みされていたこの本。

何でいまさら? と思ったらこの文庫がすごい!2005年版 、というこのミステリーがすごい! の姉妹詩の「文庫オブ・ザ・イヤー2005」という企画でミステリー&エンターテインメント編の一位になっていた。


ただこれ、再発なんだよね。初版は1988年で文庫になったのは1990年で徳間文庫から。岡嶋二人作品を集めている?らしい講談社文庫にも一回入ってたと思ったのだけど、それは勘違いかも。この文庫は、2004年の6月に出ているので、2005年版のオブ・ザ・イヤーの対象になったらしい。


それもどうなんだ?

上位を見ると、他にも再発ものが多く、そもそもそれだけ面白い作品が一時期絶版になって買えない状態になってたことがおかしい気はする。


これだけ発行点数が多ければ仕方ないけれど……。


さて、この99%の誘拐 、文句なく面白いとは思う。私が元々岡嶋二人 好きなことを差し引いても。

ただ、万人にはお薦めできない。まあ何だってそうだけど、特にこれは。


というのは、88年当時のコンピュータ事情を知らないと、何がどうすごいかよくわからないと思うのだ。出た当初は、通信どころかコンピュータ自体を見たこともないって人の方が多かったろうから、何となく「ハイテクでスゲェー」な感じがしたと思う。ところが、わずか20年弱でこの分野は驚異的に発展しているため、この頃のことを知らず、いつの間にかパソコンやネットを日常的に使っていたって人には「そんなこともできないの?」「それってすごいことなの?」ということになりそうな気がするのだ。

例えば登場人物が持ち歩いているノートパソコンにしたって、今の軽量ノートパソコンを想像してしまうと、ちょっと違う。当時のノートパソコンといえば、重いしでかいしバッテリーはもたないし、そもそも高価だし、よほど気合いの入った人でないと持ち歩かなかったはずなのだ。


まあその辺はさすが岡嶋二人 。細かい背景を気にしなくても、というか舞台装置は無視してしまっても、物語として十分面白いとは思う。私同様、当時のコンピュータ事情をある程度知ってる人なら、「懐かしい」という感覚でも楽しめるだろう。


けど、やはり、普通の人にはちょっとお薦めしたくない。というより、このコンピュータの部分が引っ掛かって、好きな作家を不当に評価されたくないってことなのかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
福井 晴敏
亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2

今年三作が映画化された福井晴敏 。どれも分厚い(だって文庫で2冊とか4冊だし)す、軍事物の重そうなイメージがあって避けていた。が、終戦のローレライ でちょっとイメージが変わり……。


しかし、映画 は……。まあ、あんなものか。というか、あれだけの原作を2時間の映像にするのはそもそも無理があったと思う。

その後戦国自衛隊1549 映画 の悪評判を聞き、何で映画にするのだ? とも思っていた。


そして、最後に公開された亡国のイージス 。これは、映像化が難しいと言われていたし、その変わりに映像化のためのローレライが書き下ろされたという話もあるくらい。けれど、結局自衛隊 の協力が得られたことでこちらも映画になり、どうやらこれが一番評判がいいようだ。


とはいえ、いきなり映画を見る気にもなれず、まずは買ったまま未読だった原作を読んでみた。


そして思った。


これ、確かに映像化したくなる。文章なのに、映像として伝わってくるのだ。


結局福井晴敏 の作品を読んだのはこれが二作目だし、ローレライは元々映像化のために書かれたものだから、はっきり言い切れないけれど、この作者は、頭の中に映像があって、それを文章にしている気がする。それがきちんと伝わって、読み手にも映像が浮かぶ文章ってのは、本当に稀有な才能なんじゃなかろうか。しかも、アクションたっぷりなのに。


映像が見たくてたまらなくなったけれど、残念ながら、映画の公開は一部の映画館を除いて終わってしまってる模様。テレビかDVDに期待かな。

ところで、原作未読の場合、この映画のホームページ は見ない方がよいと思う。


さて、関連本を検索したら、なんと、オールアバウト・如月行 なるものが! 原作の行はアイドル風な外見にストイックな戦士なので、いかにも人気が出そう。それでこんな本まで!? とちとびっくりしたが、どうやらこれは映画で如月行を演じた勝地涼の写真集的なものらしい。


でも、ちょっと見てみたいかも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
森 博嗣
τになるまで待って

四季シリーズで勢いがつき、順調にGシリーズへ。

新刊が出たらすぐ買って読める幸せを感じています。


しかし、φ、θ、τとギリシア文字が入るからGシリーズなの、これ?

数学にこれらの記号が出てきて、一気に理系を挫折した私にとっては、ちと複雑なタイトルです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。