random randoku

単なる本好きが、読んだ本の感想を書き散らしてます


テーマ:
J.K. Rowling
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)

ハリー・ポッターの第六巻が出た。といっても原著なので、翻訳版はまだ。

にもかかわらず、日本のAmazon.co.jpがフライイングで一日早く発送したなどというニュースがあったくらいなので、待ちきれない人は原語で読むのだろう。


私、はといえば。

一月の盛り上がってる時期だったら買ったと思うのだけど、今は他に読みたい本がいっぱいあるので、翻訳を待とうかなという気分。ただしこの手の本は、言葉遊びが面白いので原語でも読みたい。五巻までも原著を購入しており、いずれは読みたいのだけど。


世間が盛り上がってると、ちょっと冷めてしまう悪い癖ですが。落ち着いたころ、読みたいと思います。

これって全七巻だっけ?

あともう一回、こんな騒ぎがあるんですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
角田 光代
空中庭園

中吊りでこの本が文庫化されたことを知った。

直木賞を取った角田光代 だが、こういう場合、その作品はなかなか文庫化されないような気がする。話題になってる時に単行本を売ってしまおうということか。

それでちょっと意外だったのだ。

けど実は私の勘違い。直木賞を取ったのは対岸の彼女 でした。


角田光代は、実は長編は読んだことがなく、短編とかエッセイしか知らない。それで気にはなっていたのだけど、あまり文庫化されてないこともあって、読む機会がなかった。


いわゆる「負け犬小説」と言われているジャンル(そんなのあるのか?)の書き手だよね。

まあこの「負け犬」って言葉、本来の作品から一人歩きして別の意味になってるのが個人的に気に入らないし、ようやく下火になってきて、よかったと思うのだけど。いま他に適当な言葉を思いつかないので、とりあえず使っちゃいます。


文庫化されたのは映画化 とも関係あるのかな。

しかし、こういう作品(読んでないし粗筋さえ知らないのに「こういう」も「そういう」もないのだけど)、なんだかいつも小泉今日子 主演というイメージがある。上の言葉を借りるなら「負け犬ヒロイン担当女優」というか。


とりあえず、文庫読んでみよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エド・マクベイン, 井上 一夫
警官嫌い

エド・マクベインが亡くなったそうだ。78歳だそう。

「まだ生きてたの?」という反応もあるくらい、87分署シリーズは息の長いシリーズ。

という私も割と最近新刊に気づいてびっくりしたクチなんだけど。


そんなにたくさん読んだわけでもなく、特に最近は全く読んでないが、NYの警察のイメージはこのシリーズで出来上がっていると言っていい。

久し振りに読み返してみようかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

スター・ウォーズ エピソード3 の先行オールナイトを見に行った。

エピソード1,2もそうだったけど、夜中なのにどっからこんだけ人が湧いてくるんだ、って盛況ぶり。まあ、自分もそんなミーハーな一員なんだけど。

外人のおっちゃんが、途中で姿勢を変えるので頭が飛び出し、下の方(つまり字幕)が見えんかった。

ったく……。


さて、エピソード3を見ると、エピソード4(つまり一番最初のスター・ウォーズ)を見たくなります。

先日地上波でも放送してたみたいだけど、DVDで鑑賞。

当たり前だけど。エピソード3を見た後だと、技術の差が顕著。

物語の中では、エピソード3の20年くらい後のはずだけど、当然のように映画が公開された時間の分だけ文明が退化しております。

例えばライトセーバーでの戦いも、今見るとエピソード4だと、ただのチャンバラごっこなのね。

でも、それがいいとか悪いではなく、そういうものなので、特にだからといって面白さが削がれるってわけではないです。むしろ、エピソード1~3って、戦闘シーンが面白く見せられることに制作者が酔ってるきらいあり。長すぎ、多すぎって思うときもあるわけで。まあ実際迫力あって面白いけど。


ところで、このDVD化されたエピソード4~6。ダース・ベイダーがヘイデン・クリステンセンに変わっているという話を聞いた。まあ素顔が出るのはエピソード6(ジェダイの復讐)だけなんで、そこだけちょっと見てみた。

……不自然だ。しかも若い時の姿だから、だったらオビ=ワン・ケノービだって、ユアン・マクレガーに差し替えた方が統一とれるし。

まあどうでもいいけど、このアナキン役のおっさん(セバスチャン・ショウというらしい)にとっては一世一代の大役なのでは!? それを奪っちゃっていいのか?

20年後に20年前の話を作れば、多少おかしなことになるのは当たり前(予想以上に世の中が進んじゃったかもしれんが)。しかもヒットするかどうかわからなかったから、俳優も決して一流ではなかった(ハリソン・フォードだけは有名になったけど)。でも、それを承知の上で矛盾も含めても楽しめるから、こんだけヒットしてるんだと思う。だったら、こんな取って付けたような差し替えはしなくていいと思うんだけど。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。