random randoku

単なる本好きが、読んだ本の感想を書き散らしてます


テーマ:
中村 うさぎ
さびしいまる、くるしいまる。

現在の無頼派とも言われる中村うさぎのエッセイ。

文春のコラムを割とよく読んでいたので、ホストクラブにはまっていたのは知っていた。ただ文春ではホストクラブから離れた詳しい顛末は書かれず、その後警察沙汰にまでなっていたのを、どこかまた別の雑誌のエッセイで見た。

というわけで、興味本位で読んだ。

で。中村うさぎ、もういいんじゃないかなあ。

彼女は文章力もあるし、面白く見せる構成力もあると思う。

無茶苦茶だけど、一本筋が通った考え方も好きだ。

最初のうちは身を削ったネタも笑えた。でも今は自分でも限度がわからなくなってるんじゃないでしょうか?

やり過ぎると(というかそれを書くと)読者も退くと思うんだよねえ。

いや、このエッセイくらいまでなら楽しく読める。

でも、あとがきが……。

事情が事情なんで、このあとがきの重要性はわかる。書かなければならなかっただろうし、それはいい。

けど、書き方ってもんがあるでしょう。

しかも、一方的だしね。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅田 望夫
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

Googe礼賛、シリコンバレー礼賛、70年生まれ礼賛、の書。

うーむ。

人間ってもっといろいろだし、日本人の国民性がアメリカと違うからって、それは別に悪いことじゃないと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アガサ・クリスティー, 高橋 豊
チムニーズ館の秘密

クリスティのノンシリーズ。

ポワロでもマープルでもないのは、あまり読んでないのだけれど、タイトルに惹かれて。

内容は、タイトルどおりです。

一歩間違うとハーレクインロマンス(ハーレクイン読んだことないけど)?

高貴な身分を隠しているかっこいい快男児とか、知恵も勇気もある美しい未亡人とか、変装の得意な人殺しをしないフランスの怪盗(ルパンではない)とか、出てきます。

ロマンスも散りばめられています。

そうそう、タイトルになっている由緒あるお屋敷も素敵です。政治家が集まって陰謀を企て(?)たりします。もちろん、抜け道もあります。

こう書くと軽く読めて楽しめるはずなんだけど、登場人物がやたら多くて名前がややこしいので、ちょっと大変。

一気に読んでしまうのがお薦めです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
井上 尚登
T.R.Y.

さっきテレビで織田裕二主演の映画やってた。

映画はアレだけど、原作は面白かった。


いわゆるコン・ゲーム。

コン・ゲームといえば、私はドナルド・E・ ウェストレイクの我輩はカモである 、小林 信彦の紳士同盟 です。

映画だとスティング が印象深い。


もちろん他にもあるでしょうが、これだけ面白い分野なのに作品が意外と少ない気がするのは、書くのも大変だからでしょうか?

複雑に伏線張ったり、様々な出来事を一気に大団円へ持ち込むなど、相当な技量が必要な気がします。

紳士同盟は絶版なのですね。

パブリ で電子版が購入できるけど。

角川書店/ポニーキャニオン
T・R・Y
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
チャールズ ディケンズ, Charles Dickens, 北川 悌二
オリバー・ツイスト〈上〉

そういえば、こちら も公開されてますね。

昨日書いた 、「プライドと偏見」といい、世界文学全集にでも入ってそうな作品。

なぜ今?

しかもこれディケンズですよ。

ちなみに、これは読んだことないと思います(子供の頃、世界文学全集系の作品は片っ端から読んでいて、ディケンズも結構読んでるので、よく覚えてない)。


と書いて思ったのですけど、たとえ読んでたとしても、記憶になければ意味ないですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジェイン オースティン, Jane Austen, 阿部 知二
高慢と偏見

映画プライドと偏見 が公開中ですが、子供の頃読んだのは「高慢と偏見」だったなあと。

原題が「PRIDE AND PREJUDICE」だから、確かに高慢だとちょっと違う気がします。当時は「プライド」という言葉に馴染みがなかったのでしょうか。

むしろ、自負と偏見 の方がしっくりきますな。


ところで、これの現代版がブリジット・ジョーンズの日記 だそう。

そうだっけ?

とりあえず、「高慢と偏見」は面白かった記憶がある。

「ブリジット~」の方はテレビで見たけれど、前評判の割りにはどうってことなかったような……。


暇があれば、読み返したい一冊です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北原 保雄
問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

よろしくないよ!

まだ何も言ってないうちから、よろしいかどうか確認されても。

「コーヒーの方、お持ちしました」

えっ? コーヒーと違う方って何? 何も頼んでないが?

「こちらにお名前様を書いてください」

丁寧にするとこが違うんじゃ?

てな経験も日常茶飯事ですが、それを解説してる本。

とはいえ、なくならない、というか定着する一方な気もしてますけど。

二冊目もあります。

北原 保雄
続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
C. S. Lewis, Pauline Baynes
The Chronicles of Narnia: The Magician's Nephew/the Lion, the Witch and the Wardrobe/the Horse and His Boy/Prince Caspian/the Voyage of the Dawn Treasure/The Silvair Chair/The Last Battle (7 volumes)

間もなくナルニア国物語 が公開されます。

前にも書いたけど 、日本で受け入れられるのかなあ、というのがちょっと疑問。

海外だと、例えばミステリを読んでいても「衣装ダンス(wardrobe)」というのが、何気ない冗談の中で使われていたりして、子供の時皆が読んでいるであろうことを思わせるのだけど。


ともかく、映画公開を前に書店などではコーナーが出来ていて、関連書籍が山積み。

私も、ずっと前に買っていた原書版を読むことにしました。

こういうファンタジーは、創作の世界なので独特の生き物や食べ物が出てくるのです。これ、上手く訳してあるとは思うけど、やはり原語ではどんなんだろうと、気になるものです。ハリー・ポッター しかり。

いいきっかけなので、読みました。


そしたらなんと。

ハリー・ポッター読んだ後 だと、すごく読みやすい。

古いから、素直な英語なのかなあ。

もう、ハリーに比べたら、日本語読んでみたいなわかりやすさです。

普通に英語教育受けた人で、これから読むなら、英語版、お薦めです。

英語ができる気になります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。