シリーズ終了

テーマ:

 

こんにちは


雨がザーザーな伊豆高原です。

昨日は冷房を館内でつけてましたが

今日は少し肌寒く‥(´・ω・`)

寒暖の差にやられぬよう、お気を付けください。


さて、昨日までのネーミングセンス話

ほんっと連れの指摘通り、まんっまの名前だなーと改めて思います。

解りやすい方が、いいだろ!なんて若干開き直りつつ回想も終了ですが

名前…


私自身の名前は兄がつけ

しかも私が産れる、産れないの瀬戸際?だかに海苔巻きを食べていたがために

「ねー、妹はのりまきがいい!」だなんて言っちゃうもんだから

母は母で考えていた名前もあったけど、

長男の意見を大事にしてやろうと思ったのかなんなのか

のりまきって名前は出来ないけど、女の子だもんね!

の、発想の元 のりこ と名付けられ

けど、自分で考えていた名前もあったんでしょう、漢字だけは凝りに凝って

パッと見ても目を凝らしても

考えぬいてものりことは読めない漢字をあてがい

(30年近く生きてますが、同じ漢字、同じ読み方の方には生涯合わない気がします)


新入生、クラス替え、転入生等の自己紹介の時は

必要以上にもじもじもじもじ名前を名乗ったものです(笑)


ある程度の年齢を重ねてからは

オンリーワンじゃない!

おれおれ詐欺の時の予防にいいじゃない!

聞いて!覚えて!!呼んでみて!!! 

と、自分の中で折り合いがついたんでしょうね

のりまきの下りも自己紹介に混ぜれるほど、逞しくなったのですが


いっまだに、公的機関や宅配便などの氏名確認の際

毎度毎度、間違えれれるため間違いを指摘するのもたまにさぼってしまいます(笑)


きっと次男として産れたら のりお と名付けられたんだろうなー

某バスケ漫画でいい味出している彼の人のような、存在感がある役柄も今では夢見ます。

AD