長々と綴っている「ピアノオフ会レポ」音符

なんだかんだでもう1ヶ月近く前になって
しまいました。

が、

まだあの時の幸せなドキドキ余韻は
継続中ですよぉきらきら


さてラストは私の想い出編。

とにかく聴いて聴いて聴きまくった
今回の選曲作業

耳を研ぎ澄ませ、イントロ集中型で…

「生ピアノ限定」と自分自身に縛りをかけながらも
めくるめくピアノな名曲の嵐に悩みつつ…汗

リストをなんとか作り上げプレイリストで
聴いていた時

「あなたにはこの曲がピッタリよ!」

そんな天の声をビビッきらきらと感じたのがこの曲でした

You're The One That I Want
/ John Travolta & Olivia Newton-John
「愛のデュエット」
(1978年6月 最高位1位)




軽快なピアノで始まる

78年の大ヒット映画「Grease」の中の1曲


高校3年の12月に観た大好きな映画ですラブラブ


ほらっ!ちゃ〜んと当時のチケットも

保存してありますよ↓



サントラ盤もすり切れるほどに聴きまくりました‼︎音譜



ここで繰り広げられる奔放で楽しすぎる

高校生活にウットリスキしてしまったワタシ




だって

現実を振り返れば
女子だらけ…
校則の厳しい高校生活。。。あせる

映画とはまるで別世界でしたからぁ〜汗



だから余計に憧れて憧れて…ドキドキ
少しでもあの夢のような世界を味わいたい…

…ということで同級生のお友達のマンションで
映画にも登場したパジャマパーティーを計画音符

気分はオリビア演じるサンディちゃんワンピース

友達4、5人で夜中まで女子トーク炸裂したドンッ
あの日を想い出す青春の1曲なのでしたクローバー

そんな想いをこの曲と共に紹介出来て
Very Very Happyラブラブ


当日用意していた候補曲はコチラです↓






17曲中、「愛のデュエット」を含め9曲の被り!

今回は3番をラッキーな事にゲット出来たので

「かぶっちゃやぁよ!」なドキドキドキドキ
体験出来なかったけど
数あるピアノイントロ曲の中から
これは相当な確率かも汗

やっぱりこの会は恐るべしっ‼︎あせる


さぁて!
秋冬の会はどう攻めて来るかなぁ

全身全霊で心待ちにしておりまぁす!音譜








AD
それでは真夏の銀座の夜を
熱く涼しく彩った

《ピアノで始まる70s&80s全米トップ40ヒット》

全曲リストを紹介します音譜

(1)Let It Be/ The Beatles
1970年 NO.1
(2)Isn't It Time/ The Babys
1977年 NO.13



 
(3)Count On Me/ Jefferson Starship
1978年 NO.8
(4)You're The One That I Want
/ John Travolta & Olivia Newton-John
1978年 NO.1 「愛のデュエット」
(5)I Love You/ Climax Blues Band
1981年 NO.12
(6)My Way/ Elvis Presley
1977年 NO.22
(7)After The Glitter Fades/ Stevie Nicks
1982年 NO.32
(8)The Way We Were/ Barbra Streisand
1974年NO.1 「追憶のテーマ」
(9)I Will Survive/ Gloria Gaynor
1979年 NO.1 「恋のサバイバル」




 (10)Music Box Dancer/ Frank Mills
1979年 NO.3 「愛のオルゴール」
 (11)Saturday In The Park/ Chicago
1972年 NO.3
 (12)Out Here On My Own/ Irene Cara
1980年 NO.19 「あなたを求めて」
 (13)Wake Up Everybody (Pt. 1)
/ Harold Melvin & The Blue Notes
1976年 NO.12
 (14)Video Killed The Radio Star/ Buggles
1979年 NO.40 「ラジオスターの悲劇」



 (15)Lonely Boy/ Andrew Gold
1977年 NO.7
 (16)The Winner Takes It All/ ABBA
1981年 NO.8 「ザ・ウィナー」
 (17)Tubular Bells/ Mike Oldfield
1974年 NO.7
(18)Overnight Sensation (Hit Record)
/ Raspberries
1974年 NO.18
(19)Don't Worry Baby/ B.J. Thomas
1977年NO.17
(20)The Way It Is
/ Bruce Hornsby & The Range
1986年 NO.1
(21)Come Sail Away/ Styx
1978年 NO.8 「永遠への航海」
(22)Wait For Me/ Daryl Hall & John Oates
1980年 NO.18
(23)The Captain Of Her Heart/ Double
1986年 NO.16
 (24)They Just Can't Stop It (The Games People Play)
/ Spinners
1975年 NO.5
(25)Bridge Over Troubled Water/ Simon & Garfunkel
1970年 NO.1 「明日に架ける橋」
(26)Thin Line Between Love & Hate
/ The Persuaders
1971年 NO.15
(27)Don't You Worry 'Bout A Thing/ Stevie Wonder
1974年 NO.16 「くよくよするなよ」
 (28)Rhinestone Cowboy/ Glen Campbell
1975年 NO.1



 (29)Sometimes When We Touch/ Dan Hill
1978年 NO.3 「ふれあい」
(30)Say You Love Me/ Fleetwood Mac
1976年 NO.11
 (31)Before My Heart Finds Out/ Gene Cotton
1978年 NO.23 「心の扉を開く前に」

 (32)Wildfire/ Michael Murphey
1975年 NO.3
*湯川れい子先生のご紹介!

 (33)I Won't Last A Day Without You/ Carpenters
1974年 NO.11 「愛は夢の中に」
 (34)If We Hold On Together/ Diana Ross
1990年 全英NO.11
*あえて対象外曲紹介
 (35)On The Radio/ Donna Summer
1980年 NO.5
 (36)Second Avenue/ Art Garfunkel
1974年 NO.34
 (37)Stand Tall/ Burton Cummings
1977年 NO.10 「愛の絆」
 (38)Lean On Me/ Bill Withers
1972年 NO.1 「私を頼りに」
 (39)All Those Years Ago/ George Harrison
1981年 NO.2 「過ぎ去りし日々」
 (40)Laughter In The Rain/ Neil Sedaka
1975年 NO.1 「雨に微笑みを」
 (41)Just The Way You Are/ Billy Joel
1978年 NO.3 「素顔のままで」
 (42)I'd Really Love To See You Tonight
/ England Dan & John Ford Coley
1976年 NO.2 「秋風の恋」
 (43)Jennifer Tomkins/ Street People
1970年 NO.36
(44)New Kid In Town/ Eagles
1977年 NO.1
 (45)So Far Away/ Carole King
1971年 NO.14 「去り行く恋人」
 (46)Year Of The Cat/ Al Stewart
1977年 NO.8
 (47)You Don't Have To Be A Star (To Be In My Show)
/ Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.
1977年 NO.1 「星空の二人」



 
(48)With Or Without You/ U2
1987年 NO.1
 (49)Without You/ Nilsson
1972年 NO.1
 (50)Welcome Back/ John Sebastian
1976年 NO.1
 (51)Short People/ Randy Newman
1978年 NO.2
 (52)Making Love Out Of Nothing At All
/ Air Supply
1983年 NO.2 「渚の誓い」
 (53)Spring Rain/ Silvetti
1977年 NO.39
 (54)Run For The Roses/ Dan Fogelberg
1982年 NO.18 「バラに向かって走れ」



 
以上、合計54曲音符

年代別のうちわけは
70s 41曲
80s12曲
*番外 90s1曲

前回の「LOVEなタイトル」に引き続き
より一層の70s集中型な結果に!

これはピアノが奏でるメロディ重視の楽曲が
圧倒的に70sに多いという傾向を
反映しているからでしょうか。

そして54曲中、1位曲が16曲もあり
意外と王道傾向!王冠2きらきら

ちなみに2位〜10位曲 16曲
11位〜40位曲 21曲
メジャーヒットの中に適度なエッセンスも散りばめられた
メリハリのある曲の流れキラキラ☆

きっと洋楽の神様が演出してくださったのねぇ音譜

今回は今までのテーマと違い
「対象曲○○曲」というリストを抽出する事がとても難しくて…汗

そんな不安も多少あり
未知の部分を抱えながら
いつも以上に自分自身の好み寄りリストでの勝負!

そんなプレイヤー54名の方のそれぞれの思いと葛藤が
織り成された本戦で
新たな曲との出会いあり
「この曲もあったかぁ〜」ラブラブな意外性もありで
いつも以上に想像出来ないようなトキメキ度ドキドキ
高かったように思います。

過去に出会った楽曲が
選曲の段階で…
そして本戦で…
被っても被られても…

気がつくとその曲への愛が2倍3倍…ドキドキアップアップ

さらに大事な人生の1曲として
心に刻まれていくんですよねスキ

湯川れい子先生語録ドキドキ
たかがヒット曲。されどヒット曲

この言葉が胸に沁みますきらきら

次は私の選曲した「あの曲」への想い。
悩みに悩んだ候補曲を紹介します!


続く〜音譜




AD
さぁ!お待ちかねドキドキ

いよいよれい子先生のご登場ですきらきら




この会の主催者であり
毎回軽妙なテンポでツッコミ
会場を笑いの渦に巻き込みながら
私たちの緊張?をほぐしてくれる
「愛ある毒舌MC」
大高英慈氏とお二人でステージへ!

そうです!
私を含むかつての
「全米トップ40」リスナーにとっては
番組パーソナリティ 湯川さんと
アシスタントDJ 大学生の大高くん音譜

いやぁ〜やっぱり嬉しい2ショット♪

そしてお二人の師弟漫才風な掛け合いが
楽しいったらぐぅ~。




良く番組でもれい子先生に突っ込まれ
アタフタしていたなぁ〜笑ナンテことが
フラッシュバック★

さて!先生のおっしゃっていた「あの曲」
今まで紹介された31曲とは被っていない模様!!


6月に発売されたコンピCD
「湯川れい子〜音楽を愛して音楽に愛されて」洋楽編
この中にどうしても入れたかったというこの曲。
許諾関係や収録時間的な事もあり
泣く泣く断念されたそうです。汗

そんなれい子先生が
「生涯好きな曲Top5」にも入るほどの
とっておきなピアノイントロソングとは…きらきら





Wildfire / Michael Murphy


あぁぁ…やっぱり「あの曲」でしたドキドキ


実は私もまたこの曲には「想い入れ」いっぱい!


1975年 「全米トップ40」と出会った頃の1曲であり

90年代からちょっぴり居眠りおやすみしていた洋楽愛を呼び覚まし

洋楽繋がりのお友達の輪を広げ

人生キラキラになるキッカケを与えてくれた

2012年の記念すべきAT40イベント音符

「過ぎし日の想い出」


その4年前のブログ記事→過ぎし日の想い出


ここで30年ぶり・・・目の前でれい子先生による

生対訳を聴き涙してしまったのが

この曲 Wildfire音符でした


もちろん今回、私の候補曲にもエントリー

あぁ…れい子先生の「あの曲」と被って大感激ですラブラブ


こちらが湯川れい子先生選曲

「大好きなピアノイントロ10曲」です‼︎コチラ



なんと!第一回「洋楽オフ会2位の会」
私が選曲した記念すべきAll By Myself音譜
も入ってるぅ〜〜ラブラブ
他にも4、5曲候補曲被り〜ハート

それだけでひたすら幸せ感じちゃいますドキドキ

ピアノイントロとボーカルが優しく深く心に響く
Wildfire音符の世界感にウットリはーと
そしてれい子先生のオーラきらきらに癒されてスキ

会場内のみなさんの心が多少?落ち着いた所で

本戦は一時休憩パンダ

れい子先生CDサイン会のお時間となりました‼︎

ありゃ、これはまた違うテンション上がっちゃいそうアップ

案の定…「れい子先生しか見えない」状態・・・笑コチラ




こんな風に一人ずつ、おしゃべりしながら
とてもご丁寧に一言を添えてサインしていただいたり
ニコニコな2ショットまできらきら
幸せ過ぎる時間でしたドキドキ



きらきらHiroko-chane‼︎
We Love Music‼︎
いつまでも美しく幸せに〜
Loveきらきら




この日何十名の方々のサインに応じてくださったのですが
それぞれの一言メッセージが違うんですよ。

その方に贈るその方への言葉を心をこめて
記して下さった事に
あらためて感激感涙ですペコリハート


後にれい子先生がこの日の感想を
ツイッターでおっしゃっていたお言葉


今夜も楽しかったですね!
皆さん、無邪気な顔に戻って…。
幾つになっても青春に戻れる時間が貴重です。
私の大事な息子や娘たち。
みんな元気に生きて欲しいです。 

嬉しい…れい子先生…Wハート
ありがとうございます…うるうる

音楽を好きな人生で良かった
「全米トップ40」という番組に出会えて良かった

これからも音楽を愛し続け
人生キラキラきらきら楽しんで行きたい

小さな音楽ファンに過ぎない私だけど
れい子先生を偉大なる目標に
一生ミーハー宣言ドキドキ

いつまでも音楽が絶える事のないように
愛していきたい。

心から思います。


はぁ〜DASH!すっかり熱く語ったトコロで

お次は壮観!きらきら
みなさんの洋楽愛と優しさあふれだす
ピアノイントロ曲ドキドキ
54曲のソングリスト紹介します音譜


(続く)






AD