<宣伝>2018/1/27(土)は東京ラーメン進年会。参加者大募集中!

-------------------------------
1.「ばんちゃんラーメン」が神楽坂に移転。12/15開店twitter

 赤坂見附にあって「しお梅ラーメン」が人気だった「ばんちゃんラーメン」。6月に休業していましたが、神楽坂に新店舗が開店するとの事です。アイドルの嵐が番組で絶賛したこともあって、嵐ファンにとって「聖地」となっているそうです。

2.「らーめん五ノ神製作所@大久保」年内で閉店twitter

 「いつ樹@青梅市」のネクストブランド店として2013年に大久保駅前に開店しましたが、12月中旬から12/29までの間に閉店し、2018年からは「五ノ神水産@神田」に統合されるとの事です。

3.「金山家@名駅」閉店twitter

 うずらの味玉が乗り、メニューに塩ラーメンもある、近年増加中のスタイルの方の家系ラーメン店。12/10で閉店したとの事です。

AD

「海鮮あんかけWING 2017」(950円)

※12/24まで

 

 頻繁に限定メニューを繰り出すあけどや。12月はこの限定が定番になっているらしく、前後のお客さんも結構頼んでいる。

 

 ホタテ、海老、イカに野菜もたっぷり入り、鶏と魚介のスープはとろとろしたあんかけになっている。そして、幅広で切り込みが入った京都「麺屋棣鄂」のウイング麺があんかけをしっかり拾う。痺れも感じるラー油による辛味や、スープに染みて徐々に変わるおこげの食感も嬉しい( ´ ▽ ` )ノ

AD

「塩ラーメン」(900円)

 

 2004年に創業した、肉料理が看板のフレンチレストランが、2017年11月からランチにラーメンの提供を開始、塩ラーメンが基本で、魚醤を使った醤油味のラーメン、そして日替わりの限定ラーメンを提供。

 

 初訪にオススメという塩ラーメンは、具が先に別皿で提供。肉は日によって部位などが変わるが、この日は燻製の香りが爽やかなローストポーク。オリーブオイルで和えた野菜の付け合わせに、味玉は味が漬かって5日目で、これくらい漬かってるのが美味しいんですよ、と語るご主人が楽しそう。

 

 チキンコンソメの香りをさせたスープに、三河屋製麺の細麺がやや硬めのマッチング。麺を啜り終えたら、別売りのライスをスープの中に入れる事を推奨している。フレンチというとどうしても身構えてしまうが、ご主人の明るい接客もあって、どこか馴染みやすいお店でした。

 

 麻布十番、六本木一丁目、神谷町、六本木。どの駅からも遠いですが、近くに行く機会があれば違うメニューも食べてみたい。

AD