高橋五郎先生著「デジタル食品の恐怖」。

その成分や構造を知るものは皆無。

消費者は中身を知らずに食べていることに警鐘を鳴らす。

消費者庁お墨付きの魚ソーセージよく食べているが、大丈夫かなあ?

AD

岡崎城から西へ八丁行くと、八丁味噌の故郷となります。八丁味噌の名前の由来はここからきています。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

八丁味噌は現在、 「カクキュー」(合資会社八丁味噌)と「まるや八丁味噌」の2軒でのみ製造されています。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

 

ここは、NHK連続テレビ小説のドラマ「純情きらり」の舞台となったところです。写真はカクキューの事務所です。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

本社事務所と味噌蔵は、国の登録有形文化財に登録されています。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

「カクキュー」(合資会社八丁味噌)の広い工場です。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)


桶は、以前、自前の職人が作っていたそうです。


その上には、石が置かれていますが、これまで大きな地震でも崩れたことはありません。

恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

木製の巨大な桶が並んでいますが、このお値段は、車1台が買えるほどの値段です。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

八丁味噌の原料は、良質の大豆と食塩、水。辛口と思われますが、塩味はひかえめです。

恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

植物性不飽和脂肪酸も多く含まれ、また大豆蛋白質もよく、生命活動にとって必須のアミノ酸に分解されており、消化吸収の良い栄養食品と言われています。



恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)


いかに桶が大きいかは、人間の高さと比べてお分かりだと思います。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)


八丁味噌の串カツを食べました。1本250円です。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)

工場への出入り口です。


かなりの健康おたく徳川家康が好んだ八丁味噌。


味噌は風味の良さと長期保存ができ携行に便利なため、三河武士の兵糧としても愛されたようですが、八丁味噌は、アミノ酸の効果である疲労回復、筋力増強、脳内の神経細胞、それにダイエットにもよいと言われています。


家康は、長生きしました。


その上、11人の男の子と5人の女の子を儲け、5女は家康が66歳の時に産み、正室のほか、18人の側室がいて、こちらのほうでもご活躍しました。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-1

写真の左は、メープルシロップ、カナダ産。


サトウカエデなどの樹液を濃縮した甘味料です。


通信販売で共同購入しました。


毎朝、食パンにつけて、食べています。


健康にいいですよ。


写真の右は、レッドパプア、インドネシア産。


パプアニューギニアの先住民族が食べています。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-dani


こちらも健康にいいですよ。


ラーメンの中に入れてみましたが、ラーメンのうまみがなくなってしまいました。


インドネシアで製造されているものです。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-papa4

西イリアンの原住民たちは、ブアメラと呼ばれる、この地でしか生息しない独特の果実を料理して食べます。

担いでいる赤い大きなニンジンみたいなものが、ブアメラです。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-papa3

ブアメラの料理は、鳥の骨や石器でブアメラの中味を取り出し外側の表皮を葉でくるみ、熱く焼けた石で蒸します。


軟らかくなったブアメラをほぐすと、次は水を入れて、こね回します。


これで完了。

恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-papa


この石器時代さながらの料理による赤い油ブアメラ(レッドパプア)は、日本人にはよく分からない味覚だが、陽気な原住民たちはこれをおいしく楽しみます。

恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-papa2

外国の方が、日本のお茶の味がよくわからないようなもんだろうか、とも思います。

実はこのブアメラは医者のいない原住民には、大変な健康食品になっています。

何度食べてても、うまみが分かりません。


参考までに。↓

http://enjo.exblog.jp/i13/




近頃、パソコンの打ちすぎなどで、右腕が疲れてしまっている。


てなわけで、疲れた体をほぐしてもらうにはマッサージ。


名古屋駅近くの柳橋にある昭和ビル2階の和屋(なごや)へ予約を取った。

恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-12


そのついでに腕時計の電池を交換しようと、ビル1階に立ち寄った。


入り口のそれらしきお店の店員にお願いしたら、ここはハンコや。


その女性店員も、店員ではなく、たまたまコピーを取りにきていたお客だった。


でも、その女性は、親切に「私が直して上げましょう」と、腕時計の裏を外してくれて、電池の品番を見て、エイデンで売っているから、取り替えてくれるという。


いまどき、街で道を尋ねても、避ける人もいるというのに、どこまで親切なことか、嬉しくなってしまった。


この女性は、昭和ビル2階のマージャン店の店員。


マッサージ店・和屋(なごや)の隣ではないか。


てなわけで、電池をエイデン本店で買って、マージャン店「エール」へ。


お礼に弁当屋「かまどや」で、ペットボトルのお茶を買って、ですよ。


ハイ、プレゼント。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-13


電池交換は簡単にいったが、最後の裏蓋がしまらない。


女性店員は、午後に時計店へ行くから、そこで閉めてもらうということで、翌日夕方、とりにいくことになった。


恋から愛へ(^ε^)-☆Chu!!(エンヨー芸能エンタメ・男と女)-11


そして翌日、夕方。


この雀荘の店長も、また親切。店長は美人店長として有名らしい。


ジュースでも、言ってくれた。


嬉しいことです。


お礼に僕自身が書いた本をプレゼントしました。


そうそう、マッサージのこと。


いやー。疲れが吹き飛んだ、です。


今度またマッサージ和屋(なごや)に行ったら、この雀荘に顔を出すことに成りました。

床屋で、円形脱毛症と言われた。


職場でも、上司から、はげているから、病院へ行くように命令が下った。


そこで、皮膚科へ。


話を聞いてくれただけで、処方箋はなし。


テレビで盛んに宣伝している育毛剤は、医学的効果は無い、と断言された。


専門医から薦めてくれた薬が、大正製薬の「リアップ」。


毎日、使っているが、周りからは、「はげていない」と言われている。

要注意ーー。


健康診断で、こういう結果が出た。


放っといた。


そして、次の年、また、要注意ーー。


また、放っといた。


そして、次の年ーー。


今度は、要検査ーー。


雨が多い梅雨のころ、わざわざ、財団法人○○健康、なんとやら、まで、精密検査をしにいった。


そして健康相談ーー。


霜降り牛肉は、食べて駄目。


○○は、駄目・・


魚、豆腐、野菜ジュースなどで、長年の習慣で偏った食事を変えることになった。


しかし、次年、またして、要検査ーー。


お袋がガンで倒れたこともあって、再検査せずに、今年の健康診断は、要注意でもなく、要検査でもなく、正常。


よかった。


なによりも、魚肉とタンパクを豆腐で補ったことがよかった。


振り返れば、ここ2年間、焼肉屋へは一度も行ったことが泣く、カルビ丼も、絶ったことが、よかったのかも。


飲み物も、毎日、野菜や果実100%の健康ジュースで過ごした。


今年も、この食事法で1年を送ろうと思っている。


マンゴージュースはうまい。

友達なら(2)

輸入代理店の社長と私は、共同経営しようということで、会社設立を計画。


ホームページは、私は運営しているネットショップ楽エン本舗。


実店舗は、社長の事務所をアンテナショップにする予定でいた。


ところが、事情により会社設立は断念。


にもかかわらず、私が出資する予定でいた100万円は、社長の会社名義の銀行口座に預けてあり、社長がその通帳を管理。


しかも社長の事務所には、その通帳の資金で購入した在庫商品がおいてある状況で、この社長は、他の人と組んで、新たにネットショップを開設した。


しかも、このネットショップにある文章と写真は、すべて私の楽エン本舗と同じではないか。


この社長が楽エン本舗のサイトをプリントアウトして、資料として渡していた可能性は高い。


そこで、社長に「どういうこと?」と尋ねたら、お詫びも謝罪もなく、「しょうがない」と開き直り。


おいおい著作権法を侵害しているぞー。


今でも、この社長の言葉は耳を離れない。


社長と話をしてもらちが明かず、やむなく私はネットショップ運営の会社に著作権上問題がある旨をメールして、回答をいただく旨を伝えた。


そうしたら、直後に輸入代理店の社長から電話があった。


私に「取引停止だ」とえらく興奮。


罵声を浴びせられた。


ネット運営会社から、怒鳴られたのだろう。当然といえば、当然だが・・


後日、落ち着いたときに、社長は「○ンヨーに著作権はない。○ンヨーはみんなもの」と分けの分からないことを言う。


お前が言う言葉ではないぞー。


泥棒が宝石を窃盗してきて、被害者から抗議を受けたら、「これはみんなもの」と自分勝手なことを言っているようなもの。


この社長は規範意識がまことに乏しい。


ことの正邪善悪の区別が付かない。


さらに問題なのが、パートナーシップが終っていないもにもかかわらず、私に黙って、他の人と組んでネットショップを開設したこと。


事前に相談して上でやるべきことだろう。


信義誠実に欠ける背信行為だという意識がまるでない。


毎夜12時頃までかかって、作り上げたオンラインショップ楽エン本舗も、閉鎖に追い込まれた。


関連作業を含めれば、半年から10ヶ月程度を費やした労力も、お金もすべて水の泡。


組んだ相手が悪かった。


この社長は面相は善人だが、心の中では、自分さえよければ他人はどうでもいいとしか思えない。


でなければ、パートナーシップ継続中に私に黙って、他の人と組んでネットショップを開設しない。


真の友達なら、間違いなくこうしたことはしない。


おいコラ社長!


3年後に愛知万博跡地に出店する計画は、前から伝えてあったのに、「○ンヨー卸しません」とは、どういうことなの。


ふざけるな!


これで、頭に血が上っていたのも、チト下がった。


3月9日記