2016-12-30 07:00:00

『猫と鼠の物語』 (トムとジェリーじゃないよ!)

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

マッサージ指圧師の癒し王ふじです

今日は、1つの物語をご紹介しますネ。

・・・・・・・・・・・・・・

猫と鼠の物語

 

ある家に

猫と鼠が住んでいました。

 

その家は、餌(食料)が豊富で

大変恵まれた環境でした。

 

猫と鼠は、性格が正反対でした。

猫は心配性で悲観主義、鼠はプラス思考で楽観主義。

 

しかし、性格の違いなど全く関係なしに

猫と鼠は仲良しで

 

いつも餌を半分ずつ分け合い

同じ家に楽しく暮らしていました。

 

ある日、その家に激震が走りました。

環境が激変したのです。

 

環境の激変は、家にある餌を奪いました。

餌がある日、突然なくなってしまったのです。

 

さあ大変、未曾有の出来事に

猫と鼠は慌てて困り果てました。

 

心配性の猫は、外へ新たな餌を求めて

出かけていきました。

 

一方で、鼠は、家の中をすみずみ調べ

他に餌がないか、あちこち探しまわりました。

 

猫は大きな餌を見つけて帰ってきました。

それを自慢しました。

 

一方で、鼠は、小さい餌しか

見つけることができず落ち込んでいました。

 

最初は、手に入れた餌を

わけあっていた猫と鼠でしたが

 

いつも猫の方が鼠よりも

たくさんの餌をとってきました。

 

そのうち、猫は

鼠をだんだん攻めるようになりました。

 

大きな餌を見つけてこれないのは

あなたの努力が足りないからだ!と。

 

さらに、悪いことに

あなたは本当はもっと餌を持っているのに

 

隠しているのでは?

と疑うようにもなりました。

 

ある日、ついに言ってしまったのです。

あなたは嘘をついている!と。

 

鼠に向かって

”口撃”をし始めました。

 

鼠は、日々一所懸命鼠なりに頑張って

小さい体を小さいなりに必死に動いていました。

 

鼠は、正直に

ありのままを報告していたのですが

 

嘘をついた!と責められて

かなりのショックを受けていました。

 

鼠はとる餌が少ないけれども

猫の目えないところでも陰に頑張っていたのです。

 

さらに状況は悪化してゆきます。

日に日に、攻撃はエスカレート

してゆきました。

 

事実と違うことも、

鼠が言っていないことまで

 

あなたは言った!と

虚言を言われるようになりました。

 

鼠はだんだん精神的に追い詰められて

ゆきました。

 

もうこの家には一緒には暮らせない・・・

鼠はある日決断をします。

 

 

鼠は、今までずっと

猫にたてついたことは一度として

ありませんでした。

 

鼠は、いつも一生懸命で

餌をとってきてくれる猫のことを

 

心の中で尊敬していたのです。

また、鼠は小心者で言い返せない性格でもありました。

 

しかし、サンドバッグ状態が続いた鼠は

もう我慢ならないところまで来てしまい

 

ついに、事実と違う!ということだけは

誤解をしている猫に信じてもらおうと

 

言葉少なく、本当の事実を語ります。

猫は今まで自分の思い通りに振舞ってきましたが

 

はじめて、言葉を受けることになります。

「窮鼠猫を噛む」という言いますが、

 

噛むまでは全然いってません。

猫はその言葉をどの程度信じたかも

定かではありません。

 

もしかしたら、

全然信じてないかも知れません。

 

そして、鼠は真実を述べた後

その家を出てゆきました。

 

それから鼠と猫はもう会うことは

ありませんでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

この物語が教えてくれることは

たくさんあります。

皆さんはどう感じたでしょうか?

 

僕は、もったいないな~と感じました。

もともとはうまくいっていたんだから

相性が合わない訳ではない。

 

ちょっとすれ違いや勘違いなんですね。

 

もし、

猫が、鼠のことを信じていれば・・・

長期的視野で全体を俯瞰していたなら・・・

他の選択肢を選択していたなら・・・

 

その後の展開は変わったのでは?

などと考えます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-05 14:34:07

1つの灯火が・・・

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

うちには13歳の猫ちゃんにゃー

(ギャーちゃん)がいます。

ちょうど震災の前の日(3.10)あたりから

具合が悪くなり、

元気なくなり食欲もなくなった。


病院で血液検査をしたところ

GOT(124)とGPT(99)の両方高い。

肝細胞が破壊され、機能悪化か。

一番多いウイルス性慢性肝炎か・・・


あとの数値(グルコース、血中尿素、コレステロール、

クレアチニン、プロテイン、アルブミン、ALPは正常値)


GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)

肝臓の細胞以外にも心臓の筋肉や手足の筋肉、血液の赤血球内あり


GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)

肝臓の細胞にだけあり



薬投与と注射をしてきましたが

食欲がさがっています。

動けないくらいに体力も低下。


今朝、猫ちゃんに”気”をあてて

ナデナデしてきましたが

万が一の事態を覚悟しました。


クローバー


今夜は、らくーん22ヨガ があります。

どうぞらくーん までお越しください♪

ふじまで、コメント、メッセ、メール

何でもOKです♪


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-03-27 07:00:08

● タイへ恩返しがしたい

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

タイのスラム街でも

日本の今回の地震への募金を

かき集めて90万ためたそうです。


泣けてきた汗


クロントゥーイ・・・

歩いたことあるので

僕は現場知っています。


自分達の生活も

大変かもしれないのに

わざわざ海外の日本へ募金を・・・

タイの人はどこまで優しいんだよ、


ほんと泣けてきたよ汗


クローバー

タイはほんとうに優しいんですよね、

僕もいままで16回いったけど


現地で優しいタイ人に助けられ、

何度も恩をうけたことがある。


その都度恩返しは

しているつもりではあるが・・・



今回のタイの募金についても、

改めてタイに何か恩返ししようと思った。


恩は忘れちゃならないね。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-05-24 08:00:37

タイは今後一体どうなるのか・・・心配><

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

タイはあんなに平和な国だったのに・・・

一体どうしてこんなことに


争いの多い国になってしまったのか。

残念でなりません。。。


年に1回はタイに行っていたのですが

今年は無理かも知れません。


詳しい現地の状況はわからないですが

政治は、やっぱり権力争いなんでしょうか。


武力は私個人的には反対です。


一日も早く平和が訪れますように。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-03-11 18:00:32

人生の師 逝く

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

私の人生の師が先日亡くなられました。

大学の時のゼミの先生です。


メガネ

先生から今までいただいた年賀状や手紙を

引っ張り出しました。


今、手元に11枚のハガキを見つけました。

先生直筆の言葉の数々を読み返し

少しジ~ンと来ました汗


本

先生が私に直筆で書いてくださった手紙には

こんなことが書いてありました。


★大学卒業時

「天性の明るさと誠実さを大事に

 最後のキャンパス生活を送って下さい」


★新卒で就職した時

「何事も朝が来ない夜はないのですから

 頑張って下さい」


★監査の仕事に就いた時

「監査という大事な任務に就かれたと由

 抜擢人事かと思います。先ず自らの姿勢を正して

 信頼を得ることが先決と思います」


★社会人3年目

「頑張っていますね。朝の来ない夜はないのですから

 少々の試練は乗り越えていく逞しさを持って下さい」


★社会人4年目

「頑張っていますね。PL法対策で成果を挙げられた由

 嬉しく思います」


★らくーん22開業後

「サロンの経営は順調ですか?頑張って下さい」

「らくーん5年だそうで頑張ってますね」


その他のハガキにも

朝の来ない夜はない」という言葉が

いくつか書かれています。


・・・


そう


先生の口癖は

次の3つの言葉に集約されます。


 出会いを大切

  (ゼミに入る際に一番最初に言われた言葉)


 情熱を失うときに青春はしぼむ

  (先生は情熱に満ち溢れ若々しかったです)


 朝の来ない夜はない

  (これは忍耐を表す言葉)



素晴らしい尊敬できる人生の師に

若くして出会えたこと

本当に嬉しく感謝します。


彼は、私の人格形成に

影響を与えた恩師です。



先生が私にくれた

励ましの言葉、メッセージを

大切に今までも守って

生きてきたつもりの私ですが

これからも、

それらの言葉を胸に秘め


明るさと誠実さを失わずに

決してへこたれず

情熱を燃やし続け

生きてゆきたいと思います。



合掌



p.s. 直筆って後に残りますね

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-10-03 08:09:37

・・・男の涙・・・

テーマ: ☆ ちょっと泣 ><

葬式に出席しました。


親族をなくされた方はご存知かと思いますが


納棺の前に(旅たつ前に)御身体(手と足)をふきます。



私は足を拭いたのですが


その拭いている時、いろんな思いが込み上げてきて


思わず涙してしまいました・・・(涙ポロリ汗



というのは、


もう10年以上前になりますが・・・


私がリフレクソロジストとして駆け出しの頃


その方の足でよく練習をしていたのです。



見慣れた、そして触り慣れた足なのです。


足を拭きながら、ふと元気だった頃の足の感触も


込み上げてきました汗



癒し王ふじ 、涙することもあります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。