1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-02-28 16:22:28

お酒が唯一のストレス発散法となっていないか?

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

働く多くの社会人にとって、お酒はストレス発散に利用されている。

それはいいことだo(^▽^)o

しかし、それが唯一のストレス発散法となってはいないだろうか?


よくお酒を飲むと酔っ払って、人格が変わったり、暴力的や乱暴になったりする人がいる。

これは、酒によって大脳の新皮質(常識的判断をつかさどる部分)が麻痺して、

大脳辺縁系という脳の中枢を解放された状態だ。

いわば、普段おさえつけていた緊張が一気に解き放たれた状態。

そう、その人の地がでるのです。ストレスを溜め込んでいる

我慢して抑えつけられている人ほど、アルコールが入って爆発する人が多い。

酒を飲んで脳が開放された時こそ、その人の本当の姿ともいえるか。


しかしながら、酒は大脳の部分的機能を弱めるともいわれていおり

ストレス発散を酒だけに頼るのは?だし、深酒によるからだ(内臓)への負担もある。


いろんなストレス発散法を知り、実際にやってみて

楽しく適度に適量のお酒と付き合うのがよかろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-28 07:58:46

危険なダイエットとは

テーマ:● ダイエット耳より情報

ドクロ危険なダイエットとは

その時だけ体重が減って、あとは体がどうなってもいい(その後、体調崩そうが、知らん!)

という短絡的思考によるダイエットだ。


今、ちまたであふれるさまざまなダイエット法。

そのほとんどが、ただその時だけ体重を減らすことしか考えずに、その後の体のことなどは考えてない。


私が考えるベル本当に正しいダイエットビックリマークとは

体重や体脂肪を減らしてその人の体格にとって一番適切な値とする

ことで、その人の体が正しく機能する(内臓機能も活発に働き機能し)

その本人も一番動きやすい活動しやすい、すなわち免疫も正しく働き健康な状態

をさすのだろう。

また正しいダイエットはその時だけ体重を減らすのではなく、

中長期的にみても、適性体重・体脂肪を維持できる体にすることである


走る人正しいダイエット法 参照

http://homepage2.nifty.com/rakuun22/sakusaku/6_2.htm


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-27 14:44:46

若い女性のいきすぎた痩身願望を危惧

テーマ:● ダイエット耳より情報

若い女性の痩身願望は今に始まったことではない。

これは日本だけの話ではなく、海外でも大きな社会問題になっている。

先日の新聞にものっていたが、イタリアでは痩せすぎ対策としてモデルに

健康診断書を提出するよう求め、スペインでも痩せすぎたモデルの出演が禁止

という処置がとられたとのこと。


BMIという、体重÷身長÷身長で求められる体格をあらわす指数がある。

身長からしてどれくらいの体重が適性かを簡単に判断するもの。

今どきの体脂肪計でBMIはすぐに計測できる。

BMIは平均22といわれる(詳細の年代考慮なし)。

これより、大幅に数字が大きければ肥満となるし極端に低ければやせすぎとなる。


やせすぎの人が、らくーんに「更にダイエットをしたい!」と申し込みにくるのだが

お断りすることがある。やせすぎは、健康上よくないことが起こるからだ

(営業上は受けた方が望ましいのだが、その人の本当の健康を考えると明らかに

体に悪いものはすすめられない)


やせすぎは、抵抗力が低い(免疫が発動しにくい)と推定され

感染症やガンでなくなる率も高くなっている

またBMIが低い人は骨密度が低いというデータもあるので

将来、骨粗しょう症など骨折して寝たきりの可能性も高いらしい。


もちろん、逆に太りすぎは生活習慣病・メタボリックという死の4重奏を招くというハナシは

前にしました。極端に太りすぎもやせすぎもよくない。


米国の400万人以上のデータから死亡率の低い理想的なBMIを試算したところ

30歳だと21とでた。やはり、まんなかくらいが一番病気にかかるリスクが低く

健康維持に適しているといえるのではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-26 19:12:40

心と体はつながっている~心と体を整えるヨガはまさに一石二鳥だと思う

テーマ: ☆ メンタル

心と体はつながっています

その証拠に、身体に疲れが溜まった状態だとイライラしたり緊張したり悩んだりする。

一方で、身体がゆるんで休息をとりくつろいでいる時は心はリラックスして落ち着いている。


心と体は密接に結びついているのだ。

心が病むと体に症状があらわれ、体が病むと心も病んでくる。


心と体はお互いに影響しあっている。

無茶苦茶簡単に言うと、心と体を同時に整える一石二鳥な方法が、ヨガ

ヨガには色んな型があるのでまずは体験してみて自分にあうやつを続ければいい。

単に、筋肉や体を柔軟にするだけでなく、ゆっくりした呼吸により

神経の沈静化、すなわち心の安定にも大きく寄与しているのだ。


心と体の安定に、このヨガを利用しない手はないだろう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-02-25 19:14:29

私の周りでも故障者が続出してきています

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

●私の周りでは、故障者が続出しています。雷

やれ肩が突然上がらなくなった、やれぎっくり腰で動けなくなった、頭痛ではきけがする、

足がいたいなど・・・毎日のように報告が入ります><


●体は非常に正直です!走る人


ビックリマーク慢性的な病気や生活習慣病などは、日常の体のメンテの差がもろに出ます

故障や習慣病の病気は、あきらかに自分の体のメンテ不足を証明しています。

またその他の病気の元を作るのは、食習慣を含めた生活習慣全般が大いに関係しているのは事実です。


痛みや症状がでるということは体からの警告なので、

これをよい機会に自分の体を見直してメンテDASH!をしっかり行ってくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-25 17:03:30

ダイエットの原則15 代謝をあげるためのちょっとした工夫とは

テーマ:● ダイエット耳より情報

代謝をいかに高めるか?が、ダイエットをする上で重要であると何回も書いています。

※代謝とは、エネルギーを生み出す活動


代謝が低下すると、体にはいろいろな弊害があります。

まず、冷え性、冷えるからむくみが生じる、冷えて循環が悪いから肌も荒れる

その状態ではリンパの流れだけでなく血行も悪いので肩凝りなどの一因にもなる。

結果、肥満ということになる。


代謝をアップするには、前回書いたように

筋肉量を増やす、有酸素運動、栄養状態の改善などが基本。


らくーん22では、ツボを刺激することによる代謝upと

リンパと血液の流れを同時によくする施術が基本であるが

ダイエットコースにおいては、乗馬型トレーニングマシーンうり坊のロデオボーイも

自由にのれるうようにして、運動による代謝upをサポート

相乗効果がより発揮されるようにメニュー全体の流れも工夫しております。


代謝をあげてロケットエネルギーの消費量もupして

体に余分なものを燃やしてメラメラゆきましょう↑





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-24 00:42:23

病気になったらお医者さんに治してもらえばいい!?

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

病気になったらお医者さんに治してもらえばいいんじゃない!

病気になってしまったら、お医者さんにお世話になるのは当たり前ですが、

病気が発症するまで自分の体をむきあわず省みないのはどうか?

病気になったら治してもらえばいいんだ、というような健康に対する考え方は

古いし間違っているんじゃないかっ!?


自分の体は健康であると過信して無理をする人もいれば

自分の体の健康のことを全く無視して関心ない人もいる


いずれも無理を重ねてつぶれてしまう。

そうならないためには普段から予防意識をもって

自分の体とむきあう必要がある。


足裏あしには特に体の変化の前兆がでる。

毎日足裏をもんでよく観察してみるのもよい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-23 14:54:45

自然治癒力を高める一番てっとり早い方法とは?

テーマ: ☆ 免疫治癒力・予防

自然治癒力を高める方法はこの世にたくさんあります。

でも一番てっとり早くて簡単なのが、寝ることです!o(^▽^)o


風邪引きそうな時、それは免疫力が落ちている、すなわち

自然治癒力がおさえられて発揮されていない状態なのです。

そんな時こそ、まずは睡眠を。


しかしながら、睡眠だけで休息は十分でしょうか?

一旦落ち込んだ免疫や自然治癒力を上げるもっと効率いい方法があるのです。

それは、ツボ押し・マッサージ・ヨガ・瞑想といったものです。


これらは、人間が本来持っている生理機能・恒常性維持(ホメオスタシス)の働きを

高めてくれる、質の高い休息の方法で、エネルギーラインを活性化してくれる。


人間が一回の休息で回復できるエネルギーやパワーには限界がある。

だからこそ、質の高い休息を定期的に体に与え、高い自然治癒力を維持

しストレスに負けない心身を作る必要がある

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-02-22 11:22:00

ダイエットの原則14 代謝の質を高める↑

テーマ:● ダイエット耳より情報

効率よく脂肪を燃焼させるために、考えなくてはならない視点が

代謝の質!


では、効率よく脂肪を燃やすメラメラ(`∀´)には実際に何をすれば効果的か?

これは以前からいわれているように

水泳・ジョギング・エアロなどの有酸素運動だ。( ´(ェ)`)

最低20分は続けたい。


だから、

長時間ただひたすら運動すればいい!(´□`。)

とか

ムリして急に運動いままでやってない人が激しい運動を始める。(´д`lll)

とか

間違った方法で努力したとしてもそれは大変非効率であり

体を壊す原因となってします。


いつも言うように、

●ダイエットは正しい知識と方法で、ムリのない方法で

かつ継続できることが大事である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-21 13:59:11

ストレスをうけると体はどういうふうに反応していくのか?

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

大きく分けて3段階の過程を経る。


まずは、ストレッサー(外部からの有害な刺激)を受けると

己の体を守るために、アドレナリンやノルアドレナリンなどの副腎髄質ホルモンが増加。

体を守る準備段階でいわゆる警告期と呼んでいる。


次に、体はホルモンの分泌により刺激に対して順応性を増す。そして抵抗力も増える。

これはいわゆる抵抗期と呼ばれる。


しかし、ストレスが大きく継続したりすると、体は抵抗力を失う(耐えられなくなる)。

いわゆる疲はい期と呼ばれる。

この疲はい期までひっぱってしまうと生体がストレスに犯されるため

体は正常に機能をはたせなくなり、からだのあちこちに病理的症状が引き起こされる。


いつも言っているように、ストレスが継続し蓄積した状態にしているとよくないのだ。

ストレスは必ずしも自覚できる訳ではないからこそ、定期的にストレスバランスを調整する

(例えば、月1回必ずらくーん22に訪れる習慣にするなど。。笑)必要があるのだ。


定期的にストレスを調整する習慣がある人は、第三段階の【疲はい期】までいかないうちに

とりさられるため、ストレスに負けないのだ!


普段からストレスを上手に調整して、ストレスに負けない人が一人でも増えてくれることを祈る!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。