工房 らくと の龍笛製作日記

龍笛の製作工程などをアップしていきたいと思います


テーマ:

勝負管の篳篥が仕上がったので

画像に残そうと ついでに自作の管も

もうすぐ篳篥の評価が

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回 紹介した6本の篳篥

友人のお子さんが篳篥を始めたいと言うので

知人に評価してもらい3~4番目に

良いとされた笛を仕上げました

友人は吹けないので ある方に

鑑定してもらった処

その方が欲しいと言いましたが

友人は良いものと分かり

持っていかれました

好く判りませんが 

試奏された方は

1番低い音のメリがでると

言ってました

私にはそれがどの位良いものか

当たり前の事か分かりません

今回の作品の特徴は

猫掻きに力を入れ

とことん 掘り込みました

けっこう怖いんですよ

1~2番目の管は私に製作を

依頼された方にガチの評価を

頂こうと思っています










AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

製作中の本節(三節) 美 乙の竹が無くなり一時断念する事に

製作前は八本ぐらい用意していましたが

タメしの時点でみごと撃沈 本来この竹での製作はかなり 無理がある為

最後のタメしまで持ちません おそらくこんな竹で笙を作ろうとは 思わないと思います

白竹の10倍は手間と工夫がいります

と 言う訳で 秘蔵の本煤を使い乱節の製作をはじめました

こちらの竹は笙の作りやすい竹で めったに入手出来る物では有りませんので

人工煤などで完品が出来るようになったら 笙製作の集大成として キッチリ作ろうと

思ってましたが 我慢できず作り出してしまいました

龍笛製作も いきなり煤竹から初めて 何十本と無駄にしましたが

貴重な分 真剣になれたと思います

笙も 1作目どんな物か素竹を使いましたが もう素竹で作ろうとは思いません

竹はある程度収縮するのに 30年かかると言います

せめて人工煤でないと作る気にはなれません


昨年 自分の笙製作がまちがっていなか 漆の技法などの間違いながないか

ダメな処を指摘頂ければと思い 笙製作をされている方に勇気を出してアポを取り お伺いしました

先生は気さくな方で笑顔で色々とお教え下さいました

本来 制作は厳しい修行修練の末 会得したもの まさか色々お教え願えるかとは

思ってもいませんでした 感激です

先日関西に用事が有り 先生に会う事が出来ました

画像の段階で確認して頂きました 根付けを付けるさい 何本か漆で太くして付けたのが有り

漆ではなく竹を使い作るように言われ根付けに使う竹を調達し やり直します

今回 吹口は画像のようなやり方で作りました

金太郎飴のように10個分ぐらいが簡単に作れます

鏡部 水牛の裏側は心木がハマるように削り込みました このやり方は先生も感心してました

水牛の変形を抑えるのは工夫が必要です

ここまでは 一気に出来ますがこれからが本番

いつ完成するのか

















AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。