2012-01-02 15:14:36

紙ナプキンの弊害

テーマ:布ナプキン
ご妊娠中の方&出産後で生理の再開していない方には
あんまり必要がない方もみえると思いますが

普通に薬局やコンビニで買える
コマーシャルでよくみかける
生理用の紙ナプキンには

さまざまな薬品が使われており
身体に悪影響をもたらしていると言われています。

肌に優しいと言われるような
おりものシートや
尿もれ様の使い捨てのおむつもたいてい

漂白剤や
吸収ポリマー
梱包するときの消毒剤
など

表記してあるもの以外にも
作られる過程で使われる薬品は
消費者の私たちが分からないものが多数です。

陰部は温度や湿度の条件的に体の中でも
物質を吸収しやすい組織です。

同じ塗り薬などを体の違う場所に使ったときに
陰部は何十倍も吸収しやすく

子宮や卵巣、腸など
身体のなかでも重要な臓器に
蓄積されやすいのです。

皮膚から吸収された薬剤は
血液中に入らないので
肝臓で解毒されずらかったり

脂肪や皮下にとどまると
湿疹の原因になることも考えられます。

まだまだ、出産年齢に達しない10代の小学生でも
卵巣や、将来生まれてくるその赤ちゃんの卵子のもとは
すでに体内にいるので
体外に排泄されづらいうえに
環境ホルモンのような遺伝子に影響を与えている可能性があります。

お肌の弱い方で
普段から自然素材の化粧品を使ったり
ステロイドの入ったものは極力使わないようにされているような方でも

生理の度に、おしものかゆみやかぶれで
婦人科で治療を受けにみえる方がいて

年々、悪化するようで
結局ステロイドの入った軟膏を使わなければならなくなった方も
みえました。

そういう方などは
使っているナプキンに含まれる薬剤に問題が
あるのかもしれません。

‘多い日でも安心☆瞬間吸収!’
みたいな宣伝には
吸収ポリマーといって
発熱したときにおでこに張る「冷えピタ」と
同じものが使われています。

生理痛が痛くてお腹に何枚もカイロをあてていても
肝心な会陰をずっと冷やし続けていることになります。

出産後、一か月くらいは悪露が続くので
ナプキンをあてっぱなしになるのですが

会陰の傷の痛みがなかなかひかない方や
かぶれてしまう方も

紙ナプキンやおりものシートは注意した方がいいと思います。

会陰は冷えに弱いので
温めて循環をよくしてやると
傷の治りがよくなったり
痛みがやわらいだり
内臓の働きをよくするので産後の肥立ちを促します。

逆に紙ナプキンに含まれる薬剤によって
かぶれたりして傷の治癒を阻害していることも
考えられます。








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。