プーチン大統領の野望

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月刊「ムー」9月号記事

<聖母マリア 100年目の真実> 鬼塚五十一著より

 

記事中、著者は神秘家A氏が聖母マリアから受けたメッセージを紹介している。

 

>プーチン大統領こそ、ファティマ(第三次世界大戦)預言を体現する人物である。

 

>彼はフリーメーソンやイルミナティが、黙示録の預言どおりにこの世界を破壊し、自らの千年王国を築き上げようとしているのを知っている。(それを阻止しようとしている。)

 

>ロシアが保有する核ミサイルの数は2万2千発。アメリカの12年先の技術を先取りしている。

 

>恐るべき秘密兵器、生物化学兵器を開発している。

>20センチ四方の真っ黒な箱に、ウイルスが詰まっている。その箱1個でどんな国も一瞬のうちに汚染させ、滅ぼすことができる。

 

>A氏によると、その生物化学兵器がヨーロッパとウクライナ、トルコ、グルジア、ルーマニアに投下された光景を幻視している。

 

>一瞬のうちに街や人々が溶けるように消えてなくなった。

後には真っ黒いシミのようなものが、一面に広がっていた。

 

>プーチンは後に世界大戦へともっていこうとします。

 

>その時、世界で最も人気のある世界的指導者が、イスラム・テロによって暗殺されます。

 

>そこでヨーロッパの軍隊が立ち上がり、イスラム勢力に立ち向かう。こうして第三次世界大戦が始まる。

 

>天は、この10年が世界大戦が起こるかどうかの分かれ道になると、A氏に告げた。

 

>人類がとるべき二つのビジョンを見せられ、、、、

 ・ひとつは最悪の状態。ロシアが生物化学兵器を使用したときの人類と地球の惨事。

 ・もうひとつは、安定した地球。

 

どちらを選ぶかは、この10年のわれわれ人類のあり方で決まるという、、、、、。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ほどの地震の震源は千葉県北西部、深さ70kmでM4.9

 

当地はゆっくり揺れて、震度3くらいだった。

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

AD

コメント(6)