本日は症例検討

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

X歳男性。

受診時、発熱と意識障害を呈し、血液検査にて腎障害と肝障害、白血球減少および血小板減少を認めた。

 

家族によると、草刈り後に全身倦怠感と関節痛が始まり、

体調不良となった。

 

ダニ媒介感染症を疑い、抗生剤(ミノマイシンとセフェム系)投与開始。

 

血小板減少に対して血小板輸血を実施した。

 

抗サイトカイン血症にはガンマグロブリン製剤を投与した。

 

 詳細な血液検査により、

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスが陽性と判明。

 

 上記治療により意識障害は改善し、数日後には解熱した。

 

発病後16日に退院できた。

 

 この症例は、早期より SFTSを疑って総合的な治療を行ったために、速やかに症状が改善した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 川崎市での幼稚園児連続死亡事例は、

現在血液検査が実施されており、

何らかのウイルス感染の兆候が発見されるかもしれない。

 

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

AD