「ネッシー」のDNAを探査へ

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランド・オタゴ大学ニール・ジェメル教授が、

英国ネス湖の恐竜(?)調査に乗り出すという。

 

教授は法遺伝学の手法を使用する予定で、

湖水サンプルを採取して生物から剥脱した細胞を分離、

そのDNAを分析する。

 

海洋生物の生物学的多様性をモニターするためのDNA研究手法を応用するもので、数リットルの水から数千種の生物DNAを検出可能という。

 

 ネス湖で採取した水からDNAサンプルを抽出し、

そのシークエンス(塩基配列)を明らかにすれば、

遺伝子データベースにある既知の生物DNA情報と比較することが可能。

 

データベースと合致しないDNAシークエンスが見つかれば、未知の生物としての「ネッシー」のDNAである可能性もあるとういことだ。

 

(もちろん、既知の遺伝子・DNAしか見つからない可能性もあるが、その場合でも”ネッシー”の存在は否定できない)

 

 

続報に期待したい。

 

ソース: http://www.unknowncountry.com/news/new-dna-based-search-loch-ness-monster-being-launched#ixzz4ept6WLqL

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

AD