本日小惑星が地球に接近するも、

衝突には至らないようなので、心配無用か。

 

世界情勢は末期的なので、

記事も悲観的なトーンになりがちだ。

 

それでもちょっぴり期待できそうな情報を過去から掘り出してみた。

 

2012年1月18日記事

「中東大戦に宇宙人は介入するか?」を再掲


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、本日の話題は、
「中東大戦に宇宙人は介入するか?」

まずこの画像を見て頂きたい。
ゲルな夢日記-2011012801
ユーチューブより拝借。

ゲルな夢日記-2011012802
昨年1月28日にイスラエル、エルサレムの岩のドーム上空に出現した光体画像。
真偽の議論はあるものの、
以前当方が得た宇宙情報によると本物である。

 

この光体の出現はますます緊迫の度を増している中東の未来と密接に関わっている。


 

イランを応援するアラブ勢力とそれに加担するロシア・中国勢VSイスラエル・米国・欧州勢という図式ができあがり、

 

これらすべてを裏で操っている闇の権力があるという。
(これ以上の陰謀論は別のサイトを検索して頂きたい)

 

 

少し先走るが「ゲルな夢日記」としては、今後の世界的経済変動によって誘発される戦争のうち、
限定核戦争も予想される中東大戦争に

果たして地球外生命体が介入してくるかどうかが最大の関心事である。

 

 1980年代の宇宙情報によると、地球に来ている進化した宇宙人は

地球各所に「次元転換機」を設置しており、

全面核戦争を阻止する体勢を確立しているとのことだった。

 

まったく裏付けの取れない話しではあるものの、
最悪でも人類滅亡は防げるのかと安心していた。

さて、以前から当サイトに関心をお持ちで、宇宙人とコンタクトしている人と親しいIさんから時々別ルートの宇宙人情報を提供して頂いているのだが、
一昨日はこの問題に関して意見交換してみた。

 

以下Iさんのお話し。

 

「Aさんの話としてですがAさんは多種類の惑星の人達にお会いになったそうです。
色々な役割を担っているグループが沢山あるそうです。

宇宙人達も全て知っているわけではないようです。

他の星の役割には口出しをしてはいけないようになっているようです。

 

彼等は地球に降り注ぐエネルギーや危険な太陽フレアなども銀河系首脳部と連絡を取りながらコントロールしているそうですが、
今回はギリギリまで色々な手段を使って地球人だけで解決させる方法を今回はとっているそうです。

今回はあの手この手であるレベルまで事を起こしながらの様です。

 

先日も話をしたときに貨幣を終わらせる為に色々と形を変えて来ると言っていましたが、
個人的には貨幣で言えば貨幣経済のシンボルである自由の女神がリメイク工事に入った時点と終了した時期に何かサイン的な物が在るとは思いますが、
中東の戦いは星の戦いの最終カルマだとBさんは言っていました。」


Aさん、Bさん共にヒューマノイドタイプ宇宙人とのコンタクティーということらしいが、現在の宇宙人動向を伝える貴重な情報源である。

限定的といえども、ひとたび核爆弾が使用されたら、世界中が震撼して大混乱に陥るだろうが、


その時にはヒューマノイドタイプ宇宙人もお手上げの状態になるものと予想している。
 
 代わって登場するのが「ゲル」族宇宙人で、

事態を収拾するのに多大な力を発揮することだろう。


但し、それを人類が認識できるかどうかは別問題である。

〜〜〜〜〜〜再掲終了

 

 中東大戦をアジア大戦と読み替えても、結果は同じことだろう。

 

緊迫する東アジアには、すでに介入しているということか。




おまけ画像

北米を領空侵犯しそうな核搭載ロシア爆撃機

TY-95

米空軍戦闘機F-22にインターセプトされて、シベリア基地へ戻った。

 

 


クリック頂き有り難う御座います。

ゲルな夢日記-FC2ランク

 

 

AD