日本の中の奇妙な伝統

テーマ:








私ごときが記事にするようなテーマでは無いかも知れない、


と思いながらも真実を追究するという観点からこのブログで初めて取り上げる。






「割
礼」
について、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




WIKIPEDIAより




http://ja.wikipedia.org/wiki/




「日本語では、聖書に記述される, circumcisionの訳語として「割
礼」が採用された。


英語circumcision男性のXXXXを切除することで、
宗教的ニュアンスはあるものの、本来は宗教上の行為かどうかは問わず、医療行為も含まれる。


・・・・・・


旧約聖書』に記述があることから、聖書を教典とするユダヤ教キリスト教イスラム教が信仰されている地域、アフリカオセアニアの諸民族などでは割
礼の風習が根付いている。


ユダヤ教では 、

礼はブリット (ברית/Brit) と呼ばれヘブライ語で「契約」を意味する語である。ユダヤ教徒の家庭に生まれた乳児および改宗者(=ユダヤ人[1])は、割
礼を行わなくてはならない。



創世記
17:9-14には、アブラハムと神の永遠の契約として、男子が生まれてから8日目に割
礼を行うべきことが説かれている。(ヘブライ語
Britは契約を意味するが、割
礼の意味でもあるという)。
ユダヤ教では、この伝統を引き継ぐ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 数年前、複数の情報源から、
皇族男性


を受けていらっしゃる
と教えて頂いた。



 高貴なる方々の割
礼痕を直接拝見したことはないので100%絶対とはここで断言できないにしても、

ユダヤ(教)との繋がりを示す決定的な伝統といえそうである。



 天皇皇后両陛下のご健康とご安寧を望むのはもちろんのこと、

皇太子殿下、秋篠宮殿下、

そして未来の天皇であられる悠仁親王殿下が、

つつがなく皇室の伝統と祭祀を受け継がれることを願ってやまない。



一般庶民が気づかないにしても、

皇族の方々による祭祀は、

日本の存続にとって最重要な行事となっているようだ。



(本日のオリジナル記事を一部改変して、再掲)


クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク


AD

コメント(4)