Raku*iku日記

「叱らない、怒鳴らない、笑顔の子育て」を目指して
Raku*ikuでは、一つでも多くの家庭に笑顔を増やすために、育児本を読むだけではわからない子育ての悩みの解決に向けた具体的な取り組みを行っています。
ここではRaku*ikuの日頃の取り組みを紹介します。

はじめましての皆さんへ




Raku*iku日記にようこそ


Raku*ikuは、秋田県秋田市に今年4月に立ち上げたばかりの団体です。

子育てに関する親のための学びの場を月1回のペースで開催しています。

会員自身が考え、学び、各家庭で実践し、子育てをより良いものにしていくことを目指しています。

会員は現在17名。(内、パパ2名)

上は中学生のお子さんのいるママ~下は0歳児まで。

働いているワークママも半数近く登録しています。




そして今年度、メインの活動として子どもの自立と絆を育む子育て法「ママカフェ」を取り入れています。


子育て中のママの皆さん

お子さんに、イライラ・ガミガミ、してしまう事、ありませんか?




それが、 怒らずに、なるべく穏やかに子どもと仲良く過ごせるとしたら…?

その方法、知りたいと思いませんか?



「ママカフェ」では、

「怒ったり・叱ったりしなくても、子どもの自立を育める」

そんな笑顔の子育て法を学べます。



この子育て法は『選択理論心理学』という、心理学に基づいています。

「人間が何に動機づけられているのか」

「どうして行動するのか」




そんな人間の行動原理を読み解く事により、子どもの不可解な行動や、自分のイライラの理由がわかります。



ぜひRaku*ikuで一緒に学んでみませんか?

「ママカフェ」については、子育てのHowto~ではなく、考え方を学びます。

そのことにきっと驚くはず。


まずはゆっくりブログをのぞいてみてくださいね。


ママカフェの詳しい情報はこちら

http://mama-cafe.jimdo.com/


※講師の木村さんのミニ講演の動画みれます。


テーマ:

皆さん、こんにちはニコちゃんはぁと
お待たせしましたビックリマーク
今回は8月27日(土)、キム兄こと選択理論心理士の木村宣貴さんを講師に招いて開催した、ママカフェリピーターズの報告です。
 
ここで初めてこのブログをご覧の方のために、少しだけママカフェと講師であるキム兄についてご紹介しますね。


?ママカフェって?
選択理論心理学の考えをベースとした「子どもの自立と子どもとのを育む子育て法」について考える、パパやママの集いです。
叱ったり怒鳴ったりしないと行動出来ない子どもではなく、自分で考えて行動出来る、子供たちの「本当の自立」を目指しています。
 

?キム兄こと木村宣貴さんって?

ママカフェの講師であるキム兄は、「ひとりでも多くの人の幸せをサポートしたい!」という熱い想いから、このママカフェを立ち上げ活動していらっしゃいます。
選択理論心理学をベースに『大切な人とのより良い関係の築き方』を伝授してくださる、我らが「燃えるお兄さん」ですかおきらきら
特に夫婦関係と子育ての講演に力を入れていて、年間講演数は200会を超えているとのこと!!
すごい方なんですよ目
因みに、プライベートでは5歳・2歳の二児のパパでもあり、私たち子育て中のママの気持ちにいつも優しく寄り添ってくれますラブラブ

ママカフェキム兄についてもっと知りたい!!という方は、以下のリンクをご覧くださいね↓↓きらきら


flower1ママカフェWebページ

flower1キム兄ブログ「キムの子育てサポート日記」

flower1キム兄のFacebook


それでは、今回のママカフェリピーターズの気になる中身についてご紹介していきましょうニコニコ




双葉シャボン玉シャボン玉双葉シャボン玉シャボン玉双葉シャボン玉シャボン玉




ベル序章・ママカフェで大事にしていることの確認ベル
 
子どもを愛していない親はいない。
それなのに、受け手側の子どもが、愛情不足を感じているケースが実はとても多い。


なぜなのだろう。


それは、子どもへの愛情の届け方を見直す必要がある、ということを意味している。
 
子どもの心に届くように、愛情を伝えるにはどうしたら良いのか。
 
「大丈夫?」と声をかけるのが良いのか。
話を聞くのが良いのか。
そっとそばで寄り添うのが良いのか。
  
その子の性格、その時々によって子どもが本当に求めているものが何かは異なる。
子どもの困った行動を、その場で丸くおさめる方法ばかりを探して、肝心なことを見失ってはいないだろうか。


肝心なこと…それは、子どもが発するサインに気づくこと。
子どもが「今、本当に求めているものは何なのか」を、立ち止まって考えること。


仕事、家事、育児…。
やるべきことに追われながら、私たち親は、どれだけ子どもと「本気で、関わって遊ぶ」時間を取れているだろう。
しかし、やるべきことをこなしていくだけの毎日で、果たして子どもに親の愛情は届くのだろうか。


子どもが、パパやママと一緒にいて「ものすごく楽しかった!!」と感じるような日々を重ねていくこと。
それが、ママカフェが考える、子どもに親の愛情を届ける最善の方法。
 
長い時間じゃなくて良い。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。
その積み重ねが、子どもの愛情メーターを満たしていく。


愛情メーターが満たされる→子どもは安心して落ち着いてくる→親自身も楽になる→子育てが楽しくなる


この循環を子どもと一緒に作っていく。


 
子どもが小さいうちから、愛情の届け方のトライ&エラーの繰り返しをしていくことで、我が子に最適な愛情表現が分かっていく。
すると、思春期を迎えたとき「何を考えているか分からない我が子」と初めて気づくよりも、ずっと楽になれる。


こうした日々の丁寧な関わりが、子どもとの「絆」を育む。
子どもとの「絆」なくして、子どもの「自立」は有り得ない。

ママカフェ「自立」とともに「絆」を合言葉にする理由がここにある。


 


ベルテーマ1:捉え方の調整ベル


●人の行動原理


例えば、以下のような状況。
  
例)今現在、家事や育児を私に任せっきりの夫に対して、「もっと夫が協力してほしい」と思っているとする。
夫に対して「もっと手伝ってよ!」、「なんで私ばっかり頑張らなきゃいけないの?」と言ったり、怒りを表したりect…
どんなに訴えても、怒りを態度に表しても、変わらない夫。
イライラがさらに募り、悪くなる一方の夫婦関係。


上記のような場合、人の行動原理に基づいて分析するとどうなるのか。


キム兄のお話は、こういった具体的に想像しやすい例を用いて噛み砕いて説明してくれるので、とても分かりやすいんですひらめき電球


状況を改善するために、自分ではどういったアプローチが出来るかについてもみんなで考えましたニコニコ


●脳の仕組み


例えば、夫婦で一緒に同じ映画を見ても、それぞれ覚えているシーンが違うなんてことありますよねはてなマーク

どうしてこうした現象が起こるのか、それを脳の仕組みに基づいて学びました。


 
【ここで一本の資料VTRを閲覧しました。

注視していても、事実としてある物が脳のフィルターでふるい落とされていることを実感せざるを得ない資料で、会場は騒然にひひ!!


子どもに直して欲しいことをガミガミ言ったところで、うまく伝わらないワケがとてもよく理解できましたよえっ 




ベルテーマ2:何でそういう行動をするの?そんな場面での関わり方ベル
 
●よくある場面を分析するワーク
 
※以下の設定で、テーマ1で学んだ人の行動原理に基づいて細かく分析するワークを、参加者全員で行いました。
 


・小学1年生のAくん
・2歳半のBくん
 
二人はお隣同士でよく一緒に遊ぶ。
プラレールで遊びたいAくんは、まだ小さいBくんのためにレールを作ってあげた。
完成すると、二人は仲良く遊ぶ。


くん:自分のペースで遊びたいので、Aくんの邪魔をするようになった。


くん:仕方なく、レールのないところで遊び始める。


くん:「にぃにはこっち!!」とレールで一緒に遊ぶように指示する。


くん:無視してレールのないところで遊び続ける。


Aくんのママ:「Bくんと一緒に遊んであげなさい」とAくんに言う。


くん:「嫌だ!」と言って、レールには戻らない。


くん:Aくんが作ったレールを壊した。
くん:「何するんだよ!」と激怒。


Aくんのママ:「水を飲みに行きましょう」とAくんを別の場所に連れて行き、「どうしてそういうことするの?Bくんはまだ小さいのよ?」と怒る。


くん:「僕はBくんのせいで怒ってるんだよ!!」と言って別の部屋で泣き出してしまった。




参加者が実際に行った分析内容は、残念ながらご紹介することはできないのですが、


あなただったらこんな時、どう対応しますか…?



あなたがもし、Aくんのママだったら…?
あなたがもし、Bくんのママだったら…?

もしくは、童心に返って(?)あなたがAくん、Bくんだったらどんな気持ちかを考えてみるのも、子どもの気持ちを理解する上で役立ちそうですよね



講師のキム兄は、言います。

学んで知識を得ると、ものすごくレベルアップした気がする。
どんな場面も上手に対応出来る気がする。
でも、実際の場面に直面すると、案外どうすれば良いか分からなくなる。
それは、知識について知っているだけで、身についていないから
 
身につける。

それには、どうしたら良いのか。
 
実践する。やってみる。失敗する。失敗について考えてみる。もう一度挑戦する…。
 
それを地道に繰り返した人だけが、身につけることができる。
時間はかかるけど、結果を焦っても求めているものは手に入らない。
子どもも大人も同じ。
自分の力で見つけ出した答えは、必ず自分の能力として身につけることができる。
 
だから、一歩一歩いきましょう、と…。


今回も、学びと気づきが溢れるほどあり、忘れたくない内容ばかり!!

ブログに残すことで、参加者の皆さんの備忘録として、また、これから一緒に学びたい方にとっての扉となればこれほど嬉しいことはありませんにこハート


きっとまた、悩んだり、迷ったりするでしょう。
それで良いのだとかお
悩んだり、もがいたりしながら、…でも、きっと何も知らないでいた時の自分とは違う。
こんな考え方もあったはず、子どもとのあんな関わり方もあったはず…。
そんな風にトライ&エラーを繰り返しながら、親として”子供と一緒に”育っていけたら良いですねラブラブ

 
キム兄、今回も本当にありがとうございます上げ上げきらきら





この日記を読んで、以前に秋田で開催したママカフェについてもっと知りたい!!とお思いになった方、コチラをご覧下さい。↓きらきら


はっぱRaku*iku日記「対人関係をより良いものにしよう!H28.1.30ママカフェ(1)」

はっぱRaku*iku日記「思い通りにならない時こそ”子どもが学ぶ…H28.1.30ママカフェ(2)」

はっぱRaku*iku日記「相手を認める。それがはじめの一歩…H28.1.30ママカフェ振返り会」




選択理論心理学についてもっと知りたい!!とお思いになった方、コチラをご覧下さい。↓きらきら


はっぱ選択理論.jpよりよい人間関係を築くための心理学 左矢印選択理論心理学会のWebページですflower1 

はっぱRaku*iku日記「選択理論ワンデーセミナー終了報告」

はっぱRaku*iku日記「常識にこだわるな!子どもとの絆…ワンデーセミナー振返り会」  




Raku*ikuの活動についてもっと知りたい!!とお思いになった方、コチラをご覧下さい。↓きらきら


はっぱRaku*iku日記トップ「はじめましての皆さんへ」

はっぱRaku*iku日記「ごくじょうラジオらじぱるに生中継で出演!」

はっぱRaku*iku日記「ドリームマップのワークショップを開催」

はっぱRaku*iku日記「クルール秋田で紹介されました!」

はっぱRaku*iku日記「H28年度Raku*iku説明会」

はっぱRaku*iku日記「祝!少子化対策応援ファンド採択!!」

はっぱRaku*iku日記(前回の日記)「家族交流会終了報告」




さらに、コチラの記事もオススメです↓きらきら


あひるRaku*iku日記「ママカフェ体験談(1)」

あひるRaku*iku日記「ママカフェ体験談(2)」

あひるRaku*iku日記「5歳の息子が書いた勇気の手紙」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。