Raku*iku日記

「叱らない、怒鳴らない、笑顔の子育て」を目指して
Raku*ikuでは、一つでも多くの家庭に笑顔を増やすために、育児本を読むだけではわからない子育ての悩みの解決に向けた具体的な取り組みを行っています。
ここではRaku*ikuの日頃の取り組みを紹介します。

はじめましての皆さんへ




Raku*iku日記にようこそ


Raku*ikuは、秋田県秋田市に今年4月に立ち上げたばかりの団体です。

子育てに関する親のための学びの場を月1回のペースで開催しています。

会員自身が考え、学び、各家庭で実践し、子育てをより良いものにしていくことを目指しています。

会員は現在17名。(内、パパ2名)

上は中学生のお子さんのいるママ~下は0歳児まで。

働いているワークママも半数近く登録しています。




そして今年度、メインの活動として子どもの自立と絆を育む子育て法「ママカフェ」を取り入れています。


子育て中のママの皆さん

お子さんに、イライラ・ガミガミ、してしまう事、ありませんか?




それが、 怒らずに、なるべく穏やかに子どもと仲良く過ごせるとしたら…?

その方法、知りたいと思いませんか?



「ママカフェ」では、

「怒ったり・叱ったりしなくても、子どもの自立を育める」

そんな笑顔の子育て法を学べます。



この子育て法は『選択理論心理学』という、心理学に基づいています。

「人間が何に動機づけられているのか」

「どうして行動するのか」




そんな人間の行動原理を読み解く事により、子どもの不可解な行動や、自分のイライラの理由がわかります。



ぜひRaku*ikuで一緒に学んでみませんか?

「ママカフェ」については、子育てのHowto~ではなく、考え方を学びます。

そのことにきっと驚くはず。


まずはゆっくりブログをのぞいてみてくださいね。


ママカフェの詳しい情報はこちら

http://mama-cafe.jimdo.com/


※講師の木村さんのミニ講演の動画みれます。


テーマ:
皆さん。自分の常識って、どこまで他の人に当てはめられるか考えたことありますか?
特に子ども達に無理に当てはめようと頑張って無理して苦しんでいませんか?ガーン
Raku*ikuでは7月8日に今までの活動のシェア会・振り返り会を開催しました。
集まったのは8組13名。
今まで学んだことを各家庭で実践した内容や効果について話し合いましたニコニコ

合格楽しみながら実践してくれている体験談合格(効果)をちらっとミニコラム風にお届けしますのでご覧ください!

★ママ念願の園グッズのお片付けに成功!ドキドキ

5歳の年中の娘。
すでに入園してから1年半。
幼稚園から帰ってきた時に、リビングに園グッズをすべて置きっぱなしの状態。
年少の頃は、何も気にせずママが片づけてきた。
年中になったら自分でやって欲しいなぁと思い、リビングの隣の洋室に娘専用のスペースを設け、箱にしまってほしいと伝えた。でも言ってもダメ。プンプン
「おやつ食べてからやる。」
「これやってからやる。」と言い続け、結局やらない日が1年半続いた。
狭いリビングがおもちゃと園グッズでぐちゃぐちゃになるのでストレスを感じる毎日。
「このままでいいの?」と責め続け、「片づけなさい!」と怒り、口に出さない日があっても、怒りのオーラ満載で「一緒に片づけよう!」と言う始末。
アドバイスだったら良いのかな?と思い、「帰ってきたら一番初めに洋室に行ってみたら?」
と話してみても、「一番最初に手が洗いたいもん!」と言い返されてしまう。
このやり方では娘は変わらない。ショック!
ママカフェで学んだとおり、人は変えられない!ということを1年半かけて実感。
“気づく”ことができたのもママカフェのおかげ。
では次はどうするか?
自分自身は狭いリビングに物をちらかしてほしくない。でも置き場所はどこでもいいかも。
何も片づける場所は、洋室にこだわらなくてもいいよね。
それに気づいて、箱をリビングの、娘がいつも座る椅子の横に設置。
そして娘に「●ーちゃんは、帰ってきたら片づけたくないし、すぐに遊びたいのよね?じゃあすぐに遊べるようにリビングに箱置いておくね。」と話すと、それ以降、何も言わなくても、リビングの椅子に座ったら、脱ぎながら椅子の横の箱にしまうようになった。
子どもにどうやったら片づけてもらえるかということを考えるより、自分の考えを変えた方がよほど楽だった。目


★問題を解決するカギは、子どもとの関わり遊びで改善の兆し有り!

うちの息子は食べ物をわざとこぼしたり、投げたりする。
スーパーでものを投げる。
特にパパがいる時に、もっと関わって欲しいからなのか多く出る。
前にママカフェ講師のキム兄が息子の行動をみて、親の気を引きたいからだねと言っていた。そこで何か問題を起こすときには、何かを訴えているのだと思い、「どうしたいの?」と聞くことを始めた。
気を引きたくて問題行動を起こしているなら、細かい問題行動一つ一つに目を向けるのではなく、子どもとの絆を深めるため、関わって遊ぶ方を重視してみた。
ながら遊びをやめて真剣に遊ぶ時間を作った。
すると自然と悪いことをする回数が減ってきた
ご飯を作るときも、今までは足元にくっついてきていたが、ご飯を作る前におもいっきり遊ぶことをはじめたまとわりつかなくなってきた。

★自分の常識をはずしてみたら、親子ともに気持ちが楽になれるかも!


今まで子どもに対して、コントロールしないようにしよう!ということを意識していても、実は導いてしまっていたことに気付いた。
2歳2か月の息子はイヤイヤも激しく、パジャマを着替えるのも嫌がり、お風呂入る前に服を脱ぐのも着るのも嫌がる。
働いているので、今までは仕方なく無理やりやってきた。
でもママカフェで選択理論心理学を学び始めたおかげで、パジャマで外に出ちゃいけないというのも、お風呂は裸で入るもの。というのも自分の常識であって、もしかしたらそんなに気にしなくてもいいのかもと考えられるようになれた。
パジャマを脱ぐのを嫌がれば、そのままパジャマで保育園へ
保育園につくと、だいたいが車の中で恥ずかしいと言って自ら着替えるようになる。
お風呂も、ママは服を脱いで入るけど好きにしていい。と言うと、服を着たままお風呂へ
ずぶぬれになってある程度で満足したのか、自分から脱ぎたいというようになる。
自分の常識にこだわらない!
選択理論心理学の考え方に衝撃を覚えた。
何も自分の常識のために子どもを当てはめなくてもいいんだ!と考えたらお互いに気が楽になれた。

など、悟りをひらいたようなママ達が続出!
ママ達の頑張りに拍手喝采のシェア会でした。
ぜひぜひ、興味のある方のぞきに来てみませんか?
Raku*ikuとともに、子育てを楽しいものにしていきましょう!
ご連絡お待ちしております。
ご連絡は、
rakuikuhanna@gmail.com まで
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。