シーエー先生のつぶやき

             放課後のアート授業、ユニゾグラフ運動、日々の雑感

NEW !
テーマ:

8月24日(水)

放課後アートスクールの教室は、

土砂降りの雨音もかき消すような

それは楽しいカオスの宇宙でした。

 

午後13時45分、

年中さんから小2まで5名のちびっこアーティストが集合!

ca37放課後アートスクールの第一回お披露目無料授業を開講しました。

 

オープニングはいつもの挨拶をみんなで唱和。

 

きちんと立って、まっすぐ向き合い

「初めまして! 今日はよろしくお願いします!」

元気に全員言えました。

 

本日のお題は「音楽から現れるエイリアンの街」。。

なんのこっちゃ???

 

皆さん困惑しております!!

 

ということで、まど先生に合図を出して、音楽スタート!

 

古楽器バンド「タブラトゥーラ」のアルバム「蟹」の第1曲目

エスタンビーを再生。

<曲はこちらで聞けます>

http://wmg.jp/artist/tablatura/WPCS000016182.html

 

その音に合わせて、目を閉じ、無心にペンを走らせる様を見せました。

「これなんに見える?」と問うと、すぐさま

「魚ダーーー!」という答えがっっ!。

「だよねーー!先生も同感!」

ということで、目、尾ひれ、胸ビレを描いていくと

「わぁぁ! 魚だ魚ーーー!」

やって見せれば、すぐに理解するのが子供達。

 

「みんなも今からこれやるよーー!」

「えっ! 目を瞑るんでしょ。出来るかな」

「勝手に手が動くから大丈夫」

 

「さあ、紙の真ん中にペンを立てて、目を瞑ってぇぇ。

音が聞こえたら始めーーー!」

 

瞑想らくがきの始まり始まり。

シャイな子もやんちゃな子も、静かにペンが踊り出しました。

 

聞こえるのは古楽器のアンサンブルのみ。

なんだここは、禅寺か?

 

そして白い紙に摩訶不思議なアートが生まれました。

 

このまま額装して売りたい(笑)

 

さて、これらの無心アートに意味を授けます。

ここからが「創作発表クラス」の「発見」ステージになります。

 

「はい、さっきの先生の魚みたいに、自分の描いた絵をくるくる回して

何かを発見してください。魚?怪獣?幽霊?動物?何でもいいよーー。

発見したら、足りないパーツを書き足してみよう!」

 

次は画材をマジックペンから水彩に持ち替えて、

パレットの持ち方、絵の具の出し方、出す絵の具の種類、

筆を紙に置くまでの順番など、水彩のとっかかりから教えました。

 

「先生、これてんとう虫にするーー」

と言い出したのは、シャイでクールな雰囲気のさきなちゃん(6歳)

スイスイと背中のドットを鮮やかなピンクやオレンジで描いていきます。

「先生、ピンクって白と赤だよね!」

塗りたい色の混色クイズも始まりました。

 

「緑はぁぁ・・・」「青と黄色だよ」

弟のそうすけくんの問いに、お兄ちゃんの聖凪(せな)くんがすらすらと答えたり。

 

「黒はなんで使わないの?」というさきなちゃんの問いに、

またもや聖凪くんが、「先生、全部の色混ぜると黒になるんだよね!」と

ズバリ!

先生の出番ないよーー(笑)

 

「そう、黒塗るときは、チューブの黒を使わない。

なぜって黒は夜の色。

赤、青、緑、黄色。。。自然の中にある

すべての色が太陽が沈んで混ざってできた色だからね。

逆に混ぜても絶対作れないのが、白、赤、青、黄色。

だからパレットには、この色を出して、他のいろんな色を作るんだよ。」

 

やっと先生らしいこと云えた。(笑)

 

こんな感じで美術のキャッチボールをしながら、

ステージはまた次へ。

 

「発見」して描いたエイリアンたち、今度は紙から切り出して、

大きな模造紙に貼るよーーー!」

 

壁に貼り出していた模造紙の好きなところに

切り抜いた自分のエイリアンを貼り、その周りに関連する色々を

自由に描き足していきます。

 

 

聖凪くんは、自分の切り抜きの隣に緑の杉の木のようなものを描き、

はんなちゃん(5歳)は、当初「船」だと言っていた絵に、「家を描くの」と言って

広い面積の白に、雄弁なラインをオレンジで描いていきました。

 

みんなでおしゃべりしながら、楽しく描き描きオンステージ。

授業前はとてもシャイな子やはしゃぎ調子の子が、同じアートアクションに

取り組むと、たちまち共同作業になるのです。

 

大人はどうだろう。

 

これで「表現」ステージが終わり、いよいよ最終階梯の「発表タイム」。

 

1.自分の名前を大きな声で。

2.みんなに向かって、何を描いたか説明。

3.今度は見てるみんなが、描いた人に質問。

4.質問には必ず答えるよ。思いつきでok! 堂々と答えよう!

5.描いた絵が面白かったら、拍手で答えよう!

 

これが放課後アートスクールの発表タイムです。

 

結果はというと、だーれもモジモジしない。

どんな質問が来ても、

楽しそうに、自分の作ったストーリーをお話しできました。

 

こうした体験会を私は10年くらい、

日本国内外、いろんなところでやりましたが、

5歳から小学生低学年までは、大人(保護者)がびっくりするような

発表ができます。

 

なぜそれが思春期になると、息をひそめるのでしょうか?

原因はたった一つ、「自分次第=身についた習慣」だと確信しています。

 

2021年には、今までマークシートの知識競争だったセンター試験が廃止。

「エッセイ」「自己表現」「面接プレゼン」の比重を高めた新たな選抜制度が

スタートします。

 

その準備はいつからすれば良いのか。

前例がないだけに、本当に困惑されると思いますが、

例えば「言葉」は生まれてから長い時間かけて、

周りの大人が子に話しかけてやっと「発音」に至ります。

 

箸だって持たせてすぐ使えるようにはならないし、

「おはよう」「ありがとう」の挨拶も

一朝一夕のしつけでは身につきません。

 

今回のお披露目授業では、

おそらく人生最初の岐路となる中学入学を見据え、

身につけておきたい「発見力」「表現力」「発表力」の流れを、

アートを教材に体験してもらいました。

 

ちなみに美術や音楽のプロは「発見」「表現」「発表」のアスリートでも

あります。

 

次回はまた内容を変えて、違ったお題でお披露目授業やってみたいと思います。

 

日程・テーマはまたこのブログで。

 

お披露目授業のお問い合わせは、公式サイトのお申込みフォームから

お送りくださいませ。

 

<各種お問い合わせ・お申込みフォーム>

http://www.unissoschool.com/application.html

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。