育児本を読んで幸せな子育てを~パパに任せて!子育てと家庭学習のススメ~

3児のイクメンがワークライフバランスの充実を目指すブログです。メインは育児や教育、お金、働き方の本を紹介しています。子供たちの人間力を向上と一緒に自分も成長したいと日々頑張っています!!


テーマ:

ママのためのサイト『ItMama』に記事が掲載されました!


今回は家族会議に関する記事です(^^)




皆さんの家庭では、家族のルールや家族の中での話し合いはありますか? 厳しいルールがある家族もあれば、何も決めごとがない家庭もあるかと思います。


できるならば、何でも親が決めるのではなく、子どもも一緒になってルールを決めることをオススメします。


なぜならば、家族で会議をすることは子どもにとってたくさんのメリットがあるからです。


筆者の経験や周りのパパママの事例も踏まえ、そのメリットとやり方についてご紹介します。



 

 

 

■幼稚園や保育園とは別に「子どもが考えて話す」機会を作る


家族での会議のメリットはいくつかありますが、大きなメリットは子どもが自分で考えて話をする機会があることです。


幼稚園や保育園、学校などでも同じような機会はありますが、その場で意見を言うのが苦手という子どももいます。


しかし、家族であれば子どもも話しやすいですし、何を話しても聞いてくれる環境にあるので、自分の意見を述べる練習の場にもなります。


また、他の人の考えや意見を聞く場にもなりますので、その話に賛成するか、反対するか、聞いた上で自分の意見を言う練習にもなります。


筆者の家でも、家族の決めごとや外食で行きたいところを決めるときに簡単な話し合いをしますが、幼児であっても自分の意見を言ってきますし、ちゃんと理由も説明しようとしますので、ぜひ家族の会議の場を作ってみてください。


 

■家族のルールがあると、子どもが自立する


また、家族のルールがあると、子どもがその中で自由に行動できるというメリットもあります。


いちいち細かいことを言わなくても、子どもは自分の考えで、ルール内で行動することができます。


筆者の知る限りでは、“やってほしくないこと”や“これだけは守ってほしいこと”を家族内で決めている家庭が多いようです。


ルールを決めるコツは、ルールを破ってしまうことがあれば理由をきちんと説明して、みんなが納得すればよいことにしておくことです。


例えば、21時までに寝るというルールがあったとして、寝なかったときは、なぜ寝れなかったかを説明できればよいということですね。


そうすれば、子どもも何かがあったときに自分の判断で考えて行動できるようになるので自立も早くなります。

 

 

続きはこちらのItMamaのサイトで

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママのためのサイト『ItMama』に記事が掲載されました!

 

叱るとき、ついついいっぱい言ってしまいがちですが、本当に子どもに響いてるのでしょうか?

 

きちんと子どもに響く叱り方をご紹介します。

 

 

 

子どもに対して注意をしたり、叱るときにどのように言っていますか? ありがちなのが、ダラダラと叱り続けてしまうこと。

 

ドラえもんののび太くんのママをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

 

子どもが悪いことをしたときに「ダメって言ってるでしょ!だいたいいつも○○君(ちゃん)はも出したものは片づけないし、ごはんを食べるときはボロボロこぼすし……」と言うようにいつのまにか普段のよくないところまで叱ったりしていませんか?

 

この叱り方は子どもに対してほとんど効果がないばかりか、悪影響があったりもします。

 

箕浦健治の著書『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!花まる学習式一人でできる子の育て方』を参考に、ダラダラ叱りの悪影響と対処法を筆者の経験を踏まえてご紹介します。

 

 

 

■ダラダラ叱りが子どもへもたらす悪影響

 

ダラダラ叱りは、なぜ効果がないのでしょうか? 

 

それは子どもの集中力が長くもたないからです。

 

子どもにダラダラと叱っても、だんだん子どもは話を聞かなくなってきます。

 

ママが叱っているときの子どもの頭の中は「早く終わらないかな?」と終わることを考えていたり、そもそも「なんで怒られてるんだっけ?」と叱られている原因を忘れている子もいます。

 

女の子の場合は叱っている理由を理解してくれることも多いですが、男の子の場合はだいたい忘れてしまっており、また同じことを繰り返して、同じように長く叱ってしまうことがおきます。

 

さらに子どもへのよくない影響としては、ママの機嫌をうかがうようになってしまうことです。

 

原因がわからないので、「よくわからないけどママの怒ることはしないでおこう」と子どもの創造性に溢れた自由な行動が制限されてしまう恐れがあります。

 

また、ママとしては本来叱って伝えたいことがあるのに、子どもが怒られないように行動するようになっては学ぶ機会も少なくなってしまいます。

 

 

続きはこちらのItMamaのサイトで

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママのためのサイト『ItMama』に記事が掲載されました!

 

PTAってめんどくさい、大変だというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

PTAの参画に関する心得を書いてみました。

 

 

 

先日、“Yahoo!”の意識調査に「PTA活動、どのくらい負担に感じる?」という質問がありました。

 

「非常に大変だった」「大変だった」の選択肢合計で約7割と、PTAに関しては負担に感じている方が多いという結果が出ていました。

 

PTAについては任意団体であり、加入の強制力はありませんが、誰も入ってこないと成り立たなくなるということで、半ば強制的に加入させるPTAもあるようです。

 

賛否わかれるかと思いますが、学校や幼稚園(保育園)と子どもの問題を先生と親の間で解決したり、話し合ったりするには重要な組織でもあります。

 

そんなPTAについてですが、どのように参加していけばよいか、PTA会長でもある筆者の経験も踏まえてご紹介します。

 

 

 

■先輩ママにPTAの様子を聞きこみ

 

まずPTAがどんな組織なのか、入ったことがなければわからないですよね。

 

地域やその学校や園によっても違ってくるので、ネットで検索して調べてみても実際には雰囲気や仕事が違うこともあります。

 

一番いいのは、地域の知っている先輩ママに聞いてみること。

 

どんな雰囲気だったのか、どういう形で入ればよいのか、知っている人に聞くのが一番早いです。

 

もし知り合いがいないようであれば、学校や園の説明会に出席したり、問い合わせしてみるというのも1つの手です。

 

PTAの雰囲気がよいところは学校や園もきちんと回答してくれるところが多いと思います。

 

では実際にやることになった場合、どのような工夫をすれば上手に対応できるのでしょうか?

 

 

続きはこちらのItMamaのサイトで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。