今回もアクセスアップに関することです。

前回、キーワードを意識するとアクセスが増えると書きましたが、
具体的にどういうことかというと・・・


このブログで考えてみると、

・アフィリエイト

・アクセスアップ

・稼ぐ

・副業


といったキーワードが考えられます。




これらのキーワードを、なるべく多く記事の中に織り込んでいきます。

1記事だけじゃなく、全体的に「アフィリエイト」「アクセスアップ」「稼ぐ」「副業」のキーワードを入れていきます。


この際、キーワードは略さないで書くことが重要です。

例えば、「このことについて」 ではなく 「アフィリエイトで稼ぐことについて」
と書きます。




一般的な日記ブログでは、こういったキーワードを見つけにくいものですが、その場合は旬な話題を取り入れていくと良いでしょう。

どういったキーワードがアクセスを集めやすいのか、探りながら記事を更新するのも楽しみになります。



ちなみに、私が書いている日記ブログ(ニュース、ゲーム系)があるのですが、特にアクセスを集めたりしてないので、普段は数十アクセスしかありません。

ところが、ワールドカップ開催中にワールドカップの記事ばかり書いていたら、一気に1日2000アクセスを超えました。



このように、旬な話題だけでも結構アクセスは集まります。

雑誌やテレビ、季節や流行など、旬な話題に敏感になれば、特に意識しなくてもアクセスを集めることが出来るかも知れませんよ。


そこに上手く広告を載せてクリックしてもらえたら、それだけで結構稼げたりもします。

その後でキーワードを意識しながら更にアクセスアップを図るのも、ひとつの手ですね。



慣れてきたら、単語としてのキーワードだけじゃなく、複数のキーワードを関連して考えるようにしましょう。

複数キーワードについては、また後日お話ししようと思います。


AD
その2というタイトルが付いてますが、今回はテクニック云々ではありません。



前回のアクセスアップのテクニックでは、

「1ページあたりのテキストの量を500文字以上、

できれば700文字以上にする」

と書きました。

前回のアクセスアップのテクニックの記事はこちら




今回のアクセスアップの内容は、
「記事の更新頻度」 と 「サイトの運営歴」 についてです。


GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、それぞれ特徴があり、
一概にこれが良いという方法は無いのですが、それでも共通して
言えることがあります。

それは、サイトの更新頻度と運営歴です。



検索エンジンは、なるべく新しい情報 (新しく書いたものという意味ではありません) で、信頼できる情報を上位に出そうとします。

それには、他には無い独自のコンテンツであったり、ある程度の更新頻度であったり、被リンク数であったり、様々な要素が絡んできます。



検索エンジンの評価内容については、企業秘密で公開されていませんが、
アフィリエイトで稼いでいる人なら何かしらの対策をしていると思います。

言ってしまえば、検索エンジンに好まれる傾向を知っているということです。


ただ、初心者の場合は、そんなことは判るはずも無く、
いったいどうすれば良いのか悩む人もいると思います。




アフィリエイトは、検索エンジンに好かれることが目的ではありませんが、
嫌われるよりは好かれたいですよね!




結局は、「継続すること」 これに尽きます。

テクニックでも何でもないですね^^;




ある程度の文章量で、なるべく更新頻度を保って、長く続ける。

その上で、テーマに合ったキーワードを意識していくと、
更にアクセスが増えます。


長く続ける事によって文章力もアップし、収入もアップしていくことでしょう。




アクセスアップに関するレポートも探すと結構あって、王道と言われる手法を書いているレポートもありますが、そうでないものも中にはあります。

小手先の小細工よりもコンテンツを充実させることをおすすめします。
.

AD
アフィリエイトをするには、当然の事ですがアフィリエイトのリンクを貼らないといけません。


サイトやブログ、メルマガでもアフィリエイトのリンクを貼らないことには、
収入につながらないし、趣味のブログ、メルマガになってしまいます。



アフィリエイトをする人も多く、リンクを貼ってるサイトやブログも
たくさん見ます。


ASPから取得したリンクをそのまま貼ってる人がほとんどのようですが
恐らくあまりクリックしてもらえていないのではないでしょうか?



最近は、リンクを見てアフィリエイトリンクだと思われたら、
なかなかクリックすらされなくなってきています。

まずはクリックされないことには、商品が売れないですよね。



アフィリエイトリンクと思われないようには、短縮URLを利用するという
手があります。

無料で行っているサービスもあります。


TinyURL.com


探せば結構ありますが、アフィリエイトリンクはNGというところもあるようです。


ただし、無料サービスのサイトは、いつ閉鎖されるかわかりません。

利用する際には、その点を考慮しておきましょう。




サーバーを使用(レンタルでも可)している場合は、そのサーバーに
短縮URLを作成するアプリケーションを設置することができます。

単に短縮URLを作成するだけではなく、 解析機能が付いている
アプリケーションが便利です。


携帯対応、クリック解析、一括作成、究極の短縮URL CASURL

(ちなみに、このリンクは短縮URLではありません)



上記のツールの紹介ページでも書いてあるように、Refresh を使って
簡単なHTMLを作って転送することもできます。

http://info.zaccaz.net/casurl.html


尚、Refreshは、一部のASPでは規約違反になる可能性があるので
注意が必要です。




アフィリエイトのリンクをクリックしてもらうためには、見た目を変えただけでは
ダメです。

読者に興味を持ってもらうような記事の内容、リンクを挿入するタイミング、
リンクの数・・・などを上手く組み合わせることが大切です。


書いた記事を客観的に見る練習をしましょう。



AD