東北からでーす

初の長距離移動、ハンナがぐずらないかドキドキでしたが、JRの中でお外見てるうちにねんね。
空港まで寝てました(*'o'*)
飛行機に搭乗してから離陸までぐずったけど、離陸と同時にねんね。着陸まで寝てくれました~。
その後のレンタカー内でも最初ぐずぐずしてたけど、気付いたらすやすや。山形市内でやっと起きたくらい。びっくりするほどいい子~。
ただ、いつもとサイクルが違って、お風呂も遅いし、朝は早くから義母の声や掃除の音がうるさくて、あんまり寝てないのでどうなることやら…

今晩はフランス料理をみんなで食べに行くそうです〓ボジョレーの解禁日ですから〓
添い乳じゃないと寝ないから私は一口かな??
AD

NSTをつけてから、一気にどんどん痛みが増しました。

もう何も食べられない状態。

大ちゃんも来てないし、おかーさんまでLDRにいる状態。

これは結構いかんです。

なんせ親だし、出産経験者。

いう事もわかるんだけど、一言一言がムカつくんです。


「ホントの陣痛なんてそんなもんじゃないって~」


みたいな言葉。

大ちゃんは1時間ほどで来たけれど、そんときはもう暴れたいぐらいに痛い!

でも、あまりの痛さに寝返りすら打てない!

もう、壁を殴りたいしけりたいし、ひたすらナースコールを押したいぐらい。

逃げたくて仕方ないほどの痛み。


あまりの痛さに、

「私ってば、大金払って治療して、なんでこんな痛い思いしてるの??」

「妊娠なんてするもんじゃない!」

「おかーさん、なんで3回も子供産んだんだろ?こんな痛いのに。バカじゃないのー?」


とか、そんなことばっかり考えてました。(そのくらい、痛かったんです・・・)


波が来るたびに、

「もうおなか切って!帝王切開にして!」

「無痛にはできないの?」

「大ちゃん、看護婦さん呼んできて!痛い!助けて!」


って叫びまくってました。


おかーさんは大ちゃんに


「でもね~これ、朝までは続くから。こんなもんじゃないからね~」

とか

「みんな痛いの。あんただけじゃないの」

とかいうわけ。


親だから途中まではガマンしてたんだけど、とうとう私もそんなこと気にしてられないぐらいの痛さに


「うるさいなっっ!」


と怒鳴ったくらい。


そんときちょうど助産師さんがきて、

「あらら、そんな痛い?もう一度診て見ようか。お母さんとご主人、ちょっと外出ててね」


と。

よかった・・・内診までおかーさんに見られるかとヒヤヒヤしたわよ。


で、内診。

看護婦さん、驚いてる様子。

そこへK先生登場。


助産師: 「先生、全開ですけど・・・」


K先生: 「えぇ?もう? ・・・・・・ ほんとだ・・・下がってきてはないけど、子宮口全開だね。○○さーん、隣の分娩室に移ろうね。もうちょっとでうまれるよ~」


入院でーすの言葉からここまで2時間。

痛み出してからは1時間半ぐらい?

立つのもやっと、足がくがく、痛みに耐えながら、LDRから直接分娩室に入れるドアを開けて、出産体勢に入りました。


AD

緊急報告

午後から5分から10分の間隔で張りがあったのだけど、英会話終わるまで普通に過ごせたので、レッスン終了後念のため病院に電話して、行きました。

そしたら…ナースステーションに行くエレベーター内で破水!!

入院になりました。破水したからか陣痛が強くて…

どれだけかかるかわからないけど、頑張って産んで来ます!

紀子様、部分前置胎盤ってニュース、昨日どの局でもやってましたね。

帝王切開ってもう決まり?

胎盤って、着床した位置によって・・ってお医者さんがテレビでは言ってたけど、それならなんで胎盤の位置は後期まで移動するんだろう?って思ってしまった。


私は切迫早産になったとき、前置胎盤かどうかを調べました。

先生がそのとき言ったのは、「定義的にいえば、ギリギリ前置胎盤じゃない」ってことだった。

子宮口には胎盤がひっかかってなかった、ということみたい。

とはいえ、子宮口から2センチ程度しか胎盤との距離が無い、「低位胎盤」といわれました。

後期に向かって多少は上に移動することもある、ってことだったけど、1ヶ月入院して、退院前に行ったMRIでは3センチ程度しか離れてないってことだった。

1センチしかあがらなかったわけ。


昨日、色々調べてみたけれど、前置胎盤も低位胎盤も、やっぱり胎盤がはがれたあとに出血がとまらない可能性があるそう。

これは子宮口付近は産後の収縮が起こらないからなんだって。

で、子宮全摘出もありうる(出血が止まらない場合)って書いてあった。


私の先生、ちゃんと全部説明してくれてたんだなぁ・・・。


前置胎盤は子宮口に引っかかってる分、自然分娩がなかなか進まないとか、難しいと書いてあったのね。

私は低位だから大丈夫ですよ、とは言われてるけど、やっぱり途中で帝王切開に切り替わる可能性がゼロじゃないし、うまく生まれても、出血が多くて輸血が必要、とか、付加手術が必要となれば・・・。


やっぱ大学病院かなぁ。

親も大ちゃんも大学病院寄りな考えになってきたよ。ニュース見ちゃってから・・・。


今日は産院の母親学級に行ってきた。

シャワールーム(共同の)はすごくキレイだった。

共同ってことが全く気にならないほど。

部屋もきれいだったけど、廊下まで入院してる部屋から子供(新生児じゃなくて)の大声が・・・。

個室でも、やっぱりうるさいものはうるさいんだなぁと思ったら、大学病院でもいいような気がしてきたよ。

子供は好きだけど、無駄に大声あげたり、奇声を発したりするのがすごく嫌いなの、私。

(自分の弟たちもそういうことしなかったしね)

大学病院の大部屋ではそれがすごくイヤだったから、やっぱり個室!って思ってたけど、産院の個室でも声が響き渡るなら・・・って思えちゃった。


どちらにしても検診だけは産院に通うつもりだし、ちょっと今は7割がた、大学病院にしようと思ってます。

状況は複雑…

お腹の張りも、茶色のオリモノもすっかりなくなり、二度目の外泊…ではなく、退院が見えてきました!
が、今日の健診でもエコーで見る限り胎盤は低め…
赤ちゃんも全体的に小さめみたい…体重は入院してから2キロ減ってたのに、1キロ戻っちゃったから、てっきり成長してると思ってたのに…
前置胎盤ではないけど、低位胎盤てことで、自然分娩したときに胎盤が先に出ちゃう可能性や大量出血の恐れもあるかもしれないとのことで、胎盤の位置をはっきりさせるために金曜にMRI受けます。
後は結果によって大学病院と産院で話し合って、どちらでの出産がベターか、自然分娩か帝王切開かが決まるみたい。
私にしてみると結構大事…
明日は血液検査です。
産院で出産できますように…

また病院です

昨晩病院に戻りました。着替えてすぐNSTがあったけど張りは一度もなく安定。ベビも元気いっぱいでした。良かった~
実は昨日の昼に出掛ける時、玄関出たとこの階段を踏み外して転んだのよね…手のひらと左膝で着地したとはいえ、出血しないか、お腹張らないか少し心配でした。
空調管理された病院で二週間食う寝る生活してたので、少し動いただけで疲れるし、暑さにやられるして、NSTやりながらうとうと寝てました(・ω・;)
終わってからはなかなか寝れず…でしたが。
水曜あたりの健診で次の外泊予定を言ってもらえるかも??早く退院できるように今はゆっくりします!

病院に行く前に、お母さんと大ちゃんには電話で茶色いオリモノが出たこと、胎動が感じられないこと、今からすぐ病院に来るように言われたことを伝えてありました。

大ちゃんは「うん、わかった」だけ。

仕事が忙しいから仕方ないよね・・・、ま、あとでどうだったかまた連絡すればいいやというかんじ。

お母さんもちょうど仕事についたところで、なんかあったらまた電話してーってかんじだった。

万が一入院とかになったら電話すればいいかーと思って、とりあえず急いで病院へ。


NSTと内診、診察のあと、すぐ帰ってきた私。

正味1時間ぐらいだったのかな?

そしたら、ちょうどついたところでお母さんから電話。

母:「今、どこにおるの?」

私:「は?今ちょうど家についたところ。とりあえず切迫早産とかじゃなかったから。」

母:「えー!ノブ(弟)が今病院行っててさぁ、姉ちゃんがいないって電話掛けてきたんだよー」

私:「はぁ?なんでノブが病院行ってるわけ?」

母:「大ちゃんから病院に行ってくれって電話かかってきたらしいよー。ノブにおうちにいるって電話しといてね~」


なんで大ちゃんは実家に電話なんてかけてるんだろ???

私、自分で車運転してってるしさー、後で弟が来たって仕方ないじゃん?

入院してたとしても、ただ来ただけじゃなにも入院グッズとか持ってきてるわけじゃないしさ。


それから30分ほどして、弟がお昼に食べな~ってお皿に焼きそばとおにぎりを乗せて持ってきた。

で、リビングでお茶しながら聞くことに。


私:「なんで病院行けって電話してきたんだろうね~」

弟:「知らん。ていうかさ、ナンバーディスプレイに出た番号が携帯じゃんね。今時携帯から家電話に掛けてくるなんて誰かと思ったら、大ちゃんだもん。びびったわー」

私:「なんて言ってたん?」

弟:「 『ゆきが茶色いオリモノでたって言うんですけど、知ってます?』だって。知るわけねーじゃんねぇ(笑)」

私:「・・・・・(そんなオリモノのことまで弟に言うなよ~!恥ずかしい)」

弟:「で、病院に行ってくれっていうから、どこですか?って聞いたらさぁ、駅前!駅前!としか言わないんだよね~。でもうちの駅前の病院って、姉ちゃん1回で行くのやめたとこって言ってたしさぁ。どこの駅前だよ~って思って。結局ネットで探したって~」


私が行ってる病院は隣の駅から徒歩10分ほどなんだけど、決して駅前ではない・・・。

駅から見えるわけでもありません(-_-;)

ちょっと大通りからほっそーい一方通行の道路に入ったところだからわかりづらいし。

弟も調べていったけどわからなくて、途中お母さんに携帯で色々きいて、迷いながらたどり着いたらしい。


悪かったねぇ・・弟よ・・・。

結局弟が私を安静にしておくため、夕方のリディジェニ散歩もしてくれて、夜まで話し相手になってくれてました。


で、大ちゃんが帰ってきてから、

「大ちゃん~、実家にそういう電話するならこっちにも教えてくれないと~、行き違いになったやん。第一、駅前!ばっかり連呼してたんだってー?駅前じゃないし・・・。」

そしたら、大ちゃんちょっぴりしょんぼり。

「ごめん~。だってさぁ、すっごく動転してたんだもん・・・」


あ、そうなんだー。

電話では「忙しいのにそんなことで電話するなよ~」みたいな口ぶりに聞こえたのになぁ。

大ちゃんも、残ったこの子だけでもなんとか守り通さなくちゃって思ったのかな?

なんとなく、大ちゃんもパパになってきているのね~って感じました。

ほっとしたからなのかしらないけど、寝てる間、サワサワおなかをなでてたのよねぇ・・(-ω-;)

それも人のパジャマめくって(笑) 本人は覚えてないみたいなんだけどさ。

あと6週は少なくともおなかのなかにいてね♪ベビちゃん。


昨日と打って変わって、今日はかなり私のおなかを足だか手だかで持ち上げてくれてます。

皮が伸びそう・・・・

きのう、とうとう渡しちゃいました。

「休みが欲しい日リスト」を・・・。

今いるグループのまとめ役してる人に。(40代・既婚・子供なしの女性)


実はここの部署になった初日はもう一つのグループで働いたのだけど、そのときそっちのグループのまとめやく(こちらも40代・既婚・子供はどうかな?の女性)にちょこーっとだけお話してたのだけど・・・


たった2ヶ月お世話になるのに、6月30日まで働かず、最後に10日間休暇を入れることで、6月22日までにしたい、などというずうずうしいお願いをした私・・。

でも、他にも欲しい休みはあって・・・。


言い訳がましく、この日は○○があるから・・とつけたしたメモを渡してみました。

どーしても欲しい日は日にちに●つけて。

一応、お世話になってるんだから、向こうの意向も聞かなくちゃって思って。


希望日は

5月17日 (午前中は市のマタニティ教室・夕方は産院の検診があるため)

5月24日 (午前中に市のマタニティ教室)

5月31日 or 6月1日 or 6月2日 (産院の検診予定。でも難しければこの休みは取れなくてもOK)

6月7日 (午後一番に産院の母親教室・入院説明があるため)

6月16日 (お昼から県のマタニティスクールに行くつもりのため←まだ予約はしていない)

6月23日~30日 (すでに承諾をもらってる10日間休暇 このまま産休へ入ります)


一年で取る休暇をこの2ヶ月で取りきろうとする私・・・。

でも、快くOKしてもらえました。

5月17日と6月7日は絶対はずせないけど、あとはちょっと向こうの意見を取り入れて・・と考えてます。

5月最後も、ムリなら土曜日に検診に行くかーと思ってるし。

あとはいつが忙しいのかわかんないの・・・。

普通の支店なら月末31日と、金曜日の2日だけど、今いる部署は「支店が忙しい日の次の日」が忙しかったりするから・・・。

案の定、31と1日は難しいけど、2日なら多分大丈夫よ~って言われました♪

あとはパートさんの人数が少なければ休暇取るのやめたり・・と考えてます。


やっぱみんなすっごく良くしてくれるからね・・・。

殆どが経産婦の部署だから、赤ちゃんのこといっぱい聞いてくれるし、自分のときや自分の孫の出産のときの話とかしてくれるし、とにかくおなかを気遣ってくれるんだ。

たった2ヶ月なんて寂しい~って思うぐらい、素敵な人たちとお仕事できているので、私がいて迷惑ではなく、仕事が進むのであれば、力になろうと思ってます。



今日から27週♪

来週には8ヶ月に入るんだー・・・といまさら気づく私・・。

アカホンのマタニティ教室のあとに、チャイルドシートもう一回見てこよう・・・。

未だにどこにするか決められてない私。

出産まであと13週。

ちょっと焦ります(; ̄ー ̄A アセアセ・・・