再開してました

テーマ:

夫と、不妊治療を昨年の3月より始めておりました。


12月に「自然ではムリです、体外を視野に入れてください」と言われた上で、AIHを行いました。


期待はできませんと言われていた中での妊娠。


夫婦でとっても喜んでいたのですが、やはり頭の中にあった不安は的中。


心拍が止まり、流産しました。


3度目の妊娠、3度目の流産。


どれも心拍確認後の稽留流産です。


そして2度目の流産手術をしてきました。(1度目は双子で一人が生きていたため手術していません)


育ち方の遅さ、卵黄嚢が見えないことからある程度の覚悟はしてきたつもりでしたが、やっぱりショックでした。


しばらく会社はおやすみさせていただくこととして、心身の回復に努めたいと思います。



AD

D2 決断です

テーマ:

リセットしまして。


昨日病院へ行ってきました。


自分のなかで、こうしたいな・・・というのがあって、先生の判断を仰ごうと思ってて。


ちょうど、一番親身になってくれて、的確な判断を下してくれる、副院長の診察でした。


で。


今回、カウフマン療法にすることにしました。


つまり、お休みです。


実はカウフマンをするの、今までで初めてなんです。


とにかく突っ走りたくて、早く妊娠したくて、


誘発剤って3ヶ月後ぐらいに一番効果がでるそうで、せっかく頑張ってきていた以前の周期の効果を無駄にしたくないというのもあって。


ただ、どうせ今年度の出産がムリになった時点で、ちょっと休んでもいいかなーって思ってたの。


それに、7月の周期は3月末出産に賭けたくて、先生にカウフマンを勧められたけど、1週間卵巣を休めることだけにして、誘発していく道を選んだのだけど、


7月の周期もタマゴは育たず、


8月の周期は4週間HMGを打ち続けたにもかかわらず育たず。


1人目も、この間も11月の周期に妊娠していることもあって、9月~10月はお休みをして、11月に備えようかなって気持ちが強くなっていっていました。


先生にもそれをそのまま伝えました。


するとカルテを見ながら、


「確かに、7月から調子全然よくないね。うん、休んだほうがいいと思う。休もうか。せっかく休もうかなーって思ってるんだしね。


卵巣を休めて、次の周期にリバウンドで効果が出ることを期待しましょう」


ってことになりました。


今日から3週間、プレマリンを飲みます。


最後の1週間はノアルテンも飲みます。


で、多分リセット予定日は10月17~18日。


その後D3に病院へいって、HMG開始です。


本当は11月からHMGになるように、もう1週間ノアルテンを飲もうか?とかも思ったけど、HMGをどれだけの日数打って排卵にいく大きさに育つかも予想できないので、ちょっと早目がちょうどいいか、ってことにしました。



お会計は2,170円。


注射に毎日走らなくていいので、ちょっと気持ちに余裕を持ちつつ仕事をしたり、


週末は大阪に行ったり、


会社のおともだちやパートさんと仕事のあとゴハンやお茶をしたりしようとおもいます。



先生にはハーブは続けてみてね♪っていわれたので、妊娠用ハーブと排卵促進ハーブは今周期のむことにしました。


あとは、夜寝る前のサンマット、再開しました。





AD

高温期1日目

テーマ:

身体も早く高温期にはいりたかったんでしょうね。


昨日の昼からノアルテンとプレマリンを飲み始めましたが、今日すでに36.9℃と一気に高温へ入りました。


まぁ、卵胞期が30日以上なんて、普通じゃないしね。


さて、8月下旬からダイエットを始めていた私ですが、


今回妊娠はないので、ガッツリダイエットをしていこうと思います。


高温期って、一般的にやせない時期っていいますよね。


体が妊娠にむけて準備をするから・・ってことみたいだけど。


それを理由にして、高温期はだらけていたことが多々あるんですが、


今回の私は違います。


今日、精度がイマイチになってきてると感じていた体脂肪計とサヨナラして、


新しい体脂肪計買ってきましたー。


オムロンのカラダスキャンですよぉ。


今まで使ってたヤツは、洗面所にでも置いておきます。


おおよそででも分かればいい~ってときもあるし。



まだ今日使っただけなんでなんとも・・だけど、体年齢が44歳と出てしまいショックを受けている私です。


AMHでも30代後半って出たし。


ちょっとAMHを若返らせることはできないかもしれないけど、せめて体年齢だけでも実年齢にしようと思います。


頑張ります!

AD

最終ジャッジ

テーマ:

土曜日は診察の日でした。


私は先週の水曜だか木曜の段階でもうこれは強制リセットだろうと思ってたけど、


先生がもう少し様子見させてっていうのでここまで延ばしました。


でもやっぱり育ってませんでした。


私が思うに、今回のタマゴ、10日目ぐらいから殆ど大きさが変わってないんです。


2,3ミリの増減はあったけど、そのぐらいの誤差はそのときそのときで出そうな気がするし。


成長が止まっちゃってたんじゃないかなーって思ってます。


そんなタマゴをモニター越しに何度も見てたので、もう先週の段階ですっぱり諦めていて、ショックとかはなかったです。


土曜日のお昼から、ノアルテンとプレマリンの服用となりました。


12日間服用して、仕切りなおしする、というものです。


2週間ほど延ばしたので、1周期休もうかな~と思ってたけれど、なんか中途半端で。


とりあえず生理がきたら病院にいくので、そのときに先生と話し合う予定です。


今まで、ちゃんと妊娠したのは11月だけなので、なんとなくですが、今年も11月以外は望みはないんじゃないかって思ってるからなのです。


でも生理きたときにもう1周期やって、だめなら早めに仕切りなおしにして休むのもいいよなーなんて思ったりもするんで、ま、生理くるまでは深く考えないようにします。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今日のお会計:2,190円

今周期の合計:62,425円

今年の合計:306,590円

今までの治療額

テーマ:

不妊治療、とにかくお金がかかる。


病院と仕事の両立は大変。


でもその一方お金がかかるから仕事しないわけにもいかない。


葛藤する女性は実際多いです。


私の場合、1人目治療中はその前に身体を壊して、会社の健康管理部から勤務時間制限をされてたので、問題なく通うことが出来ていました。


今2人目治療中だけれど、出産後から治療を見越して、育児の時間短縮勤務を利用しています。


育児の為というより(1歳から2歳ぐらいまでの間は育児の為でしたが)、通院のための時間を作る為、になってます。



今年は妊娠→流産→再度治療、という流れでここまできていますが、


1月から8月末までに私が費やした治療費は・・・


299,370円です。


この中には保険適用外の薬だったり、治療(AIHや、一つきに1定回数以上のエコーなど)も含まれていますが、私の治療は誘発とAIHなのでほぼ保険適用です。




フェリング周期 D15

テーマ:

フェリングに戻して、2週間ほどになります。


明日は診察。


さて、育ってるかしらん?


ハーブはもちろん続けています。


先生にも続けるように言われているし。


どうか育っていてほしい~。


そしたら、土曜日にAIHの予定なんですが☆


アタシも今月には33歳になっちゃうし、そろそろ前進したいなあ。



D10 ゴタゴタと決断と

テーマ:

今日は卵巣の腫れが引いてるかどうかのエコーでした。


卵胞とかの計測がなくてがっかりしたけれど、腫れは綺麗にひいた模様。


で、注射誘発となりまして、自己注射にしたほうが・・ってことだったので、相談室でナースから説明と、練習受けてねっていわれて、診察室をあとにしました。


ここから相当待たされたんだけど(数十分)、呼ばれて入って、最初に見せられた紙にビックリ。


私の目がその紙を突き抜けるんじゃないか?ってくらい、驚きました。


薬剤として使うといわれてたのは、ゴナール75単位。


で・・


見せられた料金表。


ゴナールエフペン (900IU) 52,500円 !!!!


75IUで打つ場合、12日分ですが(でも実際、初回は空気抜きのため35IUを空打ちするんで、12日分はありませんが・・・)


ほかに


針33G(1本) 30円 (もちろん毎回取り替えます)


廃棄物専用容器(針入れて、いっぱいになったら病院へ引き渡すもの) 525円

一杯になるたびに購入要


指導料 3,150円



もうそこで、


「私、なら来院します。こんな金額出せません」って言ったよ。


だって、ラクチンだから、痛くないから、来院毎日しなくてよくなるから。


これしか聞いてないんだもん。


私の場合、タイミングかAIHなので保険適用で、負担は3割。


とはいえ、15000円ってことよね?ゴナールだけで。


この自己注射、最初は75IUからはじめないといけない決まりだそうですが、次の診察でやはり育たないとなれば150とか225とかに増えていくはず。


出せない・・・と思うのはごくごく自然では、と思うんですが。


で、一人のナース(私はこの人好きなんだけどね)が聞きに言ってくれて、話を聞いたけど、やっぱり今回だけで17000円ぐらいかかるそうで。


ゴナールを来院で打つよりは自己注射のほうが安いですって言われたけど。


フェリングで育ってるのに、ゴナールにしなくちゃいけない理由があるのか?


という疑問もあり、それを伝えると、


ナースが聞きにまたいってくれて、先生からの説明と話し合いになりました。


(最初に勧めてくれた先生とは別の人なんだけどね)


まあ勧めた経緯はわからないかんじだったけど、先生の見解としては、


「ゆきさんは脳からの指令が弱くてタマゴが育ちにくいけど、検査するとLHはちゃんと正常に出ています。


フェリングは閉経後の人の尿から作ってることもあって、LHもはいった製剤だから、LH過多になると、今回みたいに次の周期に卵巣の腫れが引きずってきたりすることがあって、それを防ぐためにっていうのもあるんじゃないかな?」って。


ゴナールは完全なFSH製剤だそうで、LHははいってないから、自分から出るLHとでちょうどいいのでは?っていうことでした。


ただLHが入ってないからなのか?わからないけど、強さだけでいくと、フェリングのほうが強い注射みたい。


副院長はハーブで卵が育つようになってるから、注射の量を減らせるかも?と前回言ってたので、それにかけてみようかな?という気持ちもあったし、


保険自己負担3割分が1ヶ月で2万を超えると、超過分は3ヶ月ほどあとに健保から給付されるのです、うちの会社。


だから最高だしても2万ですむ(そのときは立て替えないといけないけど)。


AIHと含めても4万。


なら試してみるか、と思うようになり、とりあえず1週間やってみることにしました。


途中でフェリングに戻すこともOKだそうなんで。


(やっぱり高すぎるから自己注射やめるってひと、多いそうです)



なのでゴタゴタしたあと、仕切りなおしてナース2人のもと、相談室で自己注射方法のレクチャーと、練習、実践、をやってきました。


最初はね、オナカにさすのが怖くて怖くて刺せなくて。


そしたらナースの人がいつもお尻に打ってる注射針をもってきてくれて


「こんなに太さ違うんだよ~!ペン型はほんと、痛くないって言う人が殆どだから!」


っていわれて、ようやく練習刺ししました。(一回ね。薬液注入はなしで。さすだけ)


全然痛くない・・・てか、さしたことも分からないほど。


そのあと、自分のキットを出して実践(今日の分の注射)


やっぱり痛くなかったです。



とりあえず明日からは一人でやらなくちゃ。


こちらが自己注射キット


矢印    矢印    矢印 



YUKI's diary★ ~このたび二人目妊娠→流産しました~


オレンジのケースが針を捨てる産業廃棄物ボックス


時計回りに消毒綿(注射器のゴム部分を拭く分と、オナカを拭く分)


ゴナールエフペン 900IU


注射のあとに貼るブラッドテープ


注射針



診察代は


エコー

ゴナールエフペン

消毒綿、シール

指導料


入れて、21,620円。


ほかに保険適用外分として


廃棄ボックス 525円、でした。



注射は診察をやっている時間に打つようにいわれてるので、多分朝、会社に行くちょっと前に打つことになります。


ただ、会社ではやりたくないので、リビングで・・・になるでしょうけど。


ちょっと頑張ります。




D3 診察

テーマ:

今日は生理3日目=D3


待ちに待った(?)診察の日でした。


今日から注射だ~とか色々思ってたんだけど。


まず内診室にはいったら、先生(副院長)に


「えーゆきさん、生理きちゃったのー?妊娠するって思ってたのになぁぁ」と残念そう。


だって、AIHのとき痛くなかったんだもん。


(あのクリニックの中では)新米の先生がAIHしたんだもん。


この時点で私、ほぼ諦めてましたよ・・・。



でも、エコーのあとに、先生に言われてしまった。


「卵巣腫れてるね~。今月は休んで万全の体制で来月臨もうか」って。


ガーン ガーン ガーンガーン


だって、これが最後、ラストチャンスなんです。4歳差での妊娠になる・・・。


(これもぎりぎり4歳差になるか、5歳差になるか微妙なラインなんだけど)


「はい」って、言えなかったよ。


私がうーん・・・と考えてる、イヤだよオーラを感じたのか、副院長、


「1ヶ月も待てないですか?」って聞いてくれたので、


「待てないです・・・」って言いました。


そしたら、とりあえず今週はお休み、来週エコーして考えましょうってことになりました。



あともう一つ先生から提案があって。


今までIVFやICSI、つまりART組になると、自宅注射(自己注射)ができるんだけど、タイミング、AIHの一般不妊組は、筋肉注射だから?とかで自宅注射はできませんって言われてたの。


だから毎日注射に通っていたわけなんだけど。


「ゆきさんでも使える、自宅用のペン型の注射ができたんですよ~!それも保険利くんですよ。これにしたら、毎日注射だけに来る必要もないし、どうですか?」って言われました。


値段聞くの忘れたけど・・・。


多分それにすると思います。


ちゃんと注射の仕方は教えてくれるんだそう。


怖いけど、ペン型ならなんとかなるかな?


ただ、この自己注射、最初は75単位からっていう決まりがあるそうです。


なので来週、卵巣が落ち着いて、誘発を始められたとしても、75単位で1週間様子見になっちゃいます。


でその次の週にエコーして育たないようであれば、150単位に増やせるそうです。


ただ、先生はこの点をあまり悲観していないようで


「ハーブの力に期待しちゃいましょう~。あれがかなり効いてるみたいだから、注射の量を減らせばちょうどいい大きさに、いい具合の期間で育つと思いますよ~」って。


だからこの1週間は誘発はしないけど、排卵促進ハーブと妊娠用ハーブは飲んでね!って言われました。


プレマリンも飲みます。これは飲んでたほうがいいからっていわれました。


あとメトホルミンもなくなってたので処方してもらいました。


効いてるのか、最近タマゴがたくさんできることはなくなった気がします。



ということで、1週間、卵巣ちゃんが元にもどってくれるのを祈るのみです。



してません

テーマ:

フライング検査、今回いまんところ、してません。


だって、何にも兆候がでてないからか、期待感すら沸かなくて(笑)


期待感バリバリなときは指折り数えちゃ毎朝フライングしてたものだけど。


とりあえず、土曜日でデュファストン終わりなので、来週の木曜日の診察予約を入れておきました。


火曜か水曜にリセットの計算なので。


(金曜だと午前しか診察ないし、土曜は特別診察(先生から指示があった人のみ)だから、木曜しか行けないんです)



もうAIHして12日とかです。


結構経ちましたね。