QLOOKアクセス解析
最近作った代表作


ももクロの制作物の一覧はこちらへ

過去動画制作裏話はこちらへ

<オススメカテゴリー>
ももクロ関連記事はコチラ
ももクロに関する考察、ウンチクを語った記事はコチラ
ももクロのCD、DVD、書籍など関連商品のレビューはコチラ
ももクロのライブ、LV、イベントに参加した時の感想はコチラ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-26 01:41:52

ももいろフォーク村2周年

テーマ:ももいろクローバーz
連続台風以来、体調がイマイチな日が続きブログ滞りぎみであります汗

動画とかもちょっとはネタあるんですけど全く手が動かず困った



さて昨日は「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」の2周年記念で、

ももクロちゃんたちがハガキを読む生放送がありました。


坂崎幸之助のももいろフォーク村2周年!
視聴者からのおハガキみんなで読みます!完全版

いつものフォーク村は曲数が凄くてかなりバタバタしていますが、

この日は殆どハガキとトークなので、とてもゆる~く進行してももクロらしい番組だった気がしますね~。

少しだけ生演奏もあって楽しかった~ニコニコ

ピンマイクのまま歌ったのはビックリしましたが、それがまたフォークっぽくて良いグッド!

特に夏菜子は女優モード継続中だからか、桃神祭といい歌に情感こもって本当に素晴らしかったです。

また仏桑花の所のプロポーズの話が良すぎて、ガチで泣いてしまいました感動

最近はモノノフさん同士で結婚する話とか良く聞きますが、

人と人とをつなぐ役目を果たしている事を、

ももクロちゃん達が心から喜んでいるのを見ると、こちらもほっこりしますね得意げ



あと高城さんのハニカミがやたら可愛い回でしたラブラブ



それから最近のフォーク村見ていて常々思っていたのですが、

採用されたハガキの皆さんの文章が本当によく考えられいて素晴らしいですね。

ももクロや坂崎さんを始めとした出演者、そして曲への愛情がぎっちりこもっているし、

それぞれ語られるエピソードがどれも取ってつけたような物じゃなくて素敵キラキラ

チビノフちゃんたちのハガキも多くなって、がんばって書いた絵や文がどれも良かったです合格

初期の頃は一発ネタのようなハガキが紹介されることも多かったですが、

現状では余程面白いアイディアか、濃い内容のハガキじゃないと難しくなっている気がしますね~。



そういえば最近、モノノフのオフ会で常連のハガキ職人さんとお話する機会があったのですが、

皆さんハガキを書いている量が凄まじくてビックリしましたビックリマーク

それを数撃ちゃ当たるではなく、番組で紹介されるようきちっとした文書で投稿してるのですから、

やはり続けて読まれるには並大抵の熱量じゃ難しいんだなと感心しました。

推し事は迷うよりも、まずは手を動かし続けるのが大切なんだなと改めて思ったのでした。

オイラも動画作りがんばらねばDASH!


とりあえずは今日の枠に収まらなかった分が1時間29分もあるそうなので、

9月18日に放送される完全版を楽しみにしたいと思います




<おまけ>
圧がやばいwww


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-20 23:49:13

幕張メッセの奇跡

テーマ:ももいろクローバーz
一昨日なのですがTwitterでこんな呟きがありました。


大まかな流れはWikipediaを観ていただけばわかります。

オズフェスというのは3年前の5月に開催されたヘヴィメタルとハードロックの祭典なのですが、

ジャンル違いな日本のバンドが出演することにメタルファンから批判が高まり、

さらにはももいろクローバーZなどというアイドルが参戦と発表され、当時物凄く荒れていました。

会場ではペンライトの使用も禁止。モノノフの間では過去最大級のアウェイライブと語られています。

しかしこの超アウェイライブを、ももクロの5人は神現場に変えてしまいました。

以前Twitterでは、このオズフェスでモノノフになったという人の話も見たことがあります。

彼は最初、ステージにペットボトルでも投げてやろうかと思っていたのに、

夏菜子の「見てから決めろー!」という叫びで一気に心をわしづかみにされたとか。

こういう人が現れるからこそ、アウェイに打って出る意義がありますね。

アウェイに強いももクロと良くいわれますが、このオズフェスこそがその真骨頂と言って良いでしょう。



さてこのライブ、実はある場所にダイジェストですが映像として残っています。

それがその当時に配信されたももクロChanDX#134です。

地上波版でも少しだけ映像は流れていたのですが、

有料配信DX版では「黒い週末」がフルで見られるなど、ライブシーンが大増量なので必見ビックリマーク


ももクロChan〜Momoiro Clover Z Channel〜#134(2013/5/28放送DX)

こういうの見返す時にLoGiRL Pregoは便利

ちなみに調べた感じ、ももクロChanDVDド深夜番長シリーズに未収録っぽいので、

もしかしたら大人の事情でソフト化は無いのかもしれませんね~。



で、この映像を久々に見てしまったのですが、本当に凄い子達だなと改めて思う。

モノノフさんが潜入してるとはいえ超アウェイな会場で、

メタルフェスらしい格好もせずに"いつものももクロ"として乗り込み、

得意のマイクパフォーマンスで否定派すらも引き込む豪胆さ。

そして言葉通りアイドルとしての姿勢を失わぬまま、全力でロックなパフォーマンスを魅せつける。

凄まじい運動量のダンスと腹から振り絞る歌、滝のように流れる汗と輝く笑顔、

私はあんま使わないようにしてる言葉なんですけど、本当にエモすぎて痺れます雷


そりゃぁワジーさんも魅了されますわ

いつものももクロ現場とは違う客層も巻き込み、異常な盛り上がりを見せてるのも凄いですね。

最近はももクロやベビメタの影響を受けてロックっぽいコンセプトのアイドルも増えてますが、

この日の彼女達くらい突き抜けてこそロックと言えるのかなと感じたのでした。


格好だけ真似てもダメなんだZ!


あとおそらくカメラは、ももクロChanのハンディ2台だけで撮影してると思うのですが、

手ブレしまくっているがゆえに、余計に自分が客席にいるような臨場感があって良い。

終わった後にお客さんみんながZポーズをしてるのを抑えてるところもポイント高いです。

ライブ映像作品としてはいまいちなのかもしれませんが、

こういった絵が撮れるのも、長年チームとして一緒にやってきたももクロChanならではでしょうねキラキラ



さてこのオズフェス2013が開催されたのは、幕張メッセ国際展示場9~11をぶちぬいたもの。

詳しくは発表されていませんが、おそらく今年のももクリ2016はここで行われると思われます。

オルスタで1万を超える観客でのライブ後、ゆでダコのようになってるももクロちゃん達の映像を見れば、

「真冬のサンサンサマータイム」というサブタイトルはあながち冗談ではないのかもしれませんね。

超アウェイのオーディエンスを魅了した奇跡のライブ、

それをも超える真冬の熱すぎるクリスマスを期待したいと思いますメラメラ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-18 04:43:50

「桃神祭2016 鬼ヶ島」友人の感想

テーマ:ももクロイベントレポート
さて前回の続きで、「桃神祭2016 鬼ヶ島」day2を見た友人の感想を書きたいと思います。



「桃神祭2016 鬼ヶ島」感想

↑前回記事


ちなみに友人には去年の桃神祭2015のBlu-rayと、3rd&4thアルバムを貸して予習して貰っていましたが、

ももクロに関する知識は一般人に毛が生えた程度と考えて良いと思います。

飲みながら聞いたので正確には覚えてませんが、順不同で思い出した物を箇条書きします。


 
・見やすい席で座って見られたので、落ち着いてまったり楽しめた。

・バンドが上手すぎてこれ聴いてるだけでも十分楽しい。

・コールでかすぎて時々音が全く聞こえない。
 (2Fスタンド真下の為、後ろの壁に声が反響してたからと思われ)

・借りたアルバムは正直今ひとつピンと来なかったけど、ライブで聴くと良かった。

・Blu-ray見た時点から紫が可愛いと思った。

・音響トラブルはこの規模とマイクが水被ってちゃしようがない気がする。

・このステージ演出と内容なら1万円切るんじゃ全然安い。ステージ最前なら5万円でも妥当。

・前回の桃神祭にあったJAEさんのアトラクションみたいなのが個人的には見たかった。

・ペンラの色切り替えがアナログなのに凄い。
 特にメンバーのいる場所がイメージカラーに別れるのがめちゃ綺麗だった。

・松崎しげるの生歌が上手すぎて感動するレベル。てか何故全員歌えるんだよとw

・MC関連はファンには良いだろうけどグダグダ長い。
 (ただしももたかぎのぶっこみ系MCはだいたいウケてた印象)

・(私が横目で見た感じ)夏菜子の「JUMP!!!!!」出だしアカペラソロに感心してた。

「桃から生まれた桃太郎」とゴリパンの「ウホウホ」コールに爆笑。

・お祭り隊が捌ける時に、モノノフが拍手してるのが温かい。会場の雰囲気が素晴らしい。

・総合的にめちゃ楽しかった。



まだあった気もしますが、思いついたところでこんな感じです得意げ

感想を聴いていて面白かったのが、モノノフが時々にネガティブに論議したりする点である、

着席、バンド、ペンラの色替え、チケット代、アトラクション演出などについてポジティブに捉えてる事。

やはり一般層にとってはこういった要素は面白く感じられるようですね。

ファンの裾野を広げるという意味では、大箱ライブの役割はやはり大きいのかなと感じました。

ももクロ大箱ライブでの演出は必要か?
もはやお馴染み3年前の記事

チケット代については、彼の場合もっとお金のかかる様々な音楽やエンタメも知っている為、

全席一律が当たり前なアイドル現場とは、感覚が大分違うみたいですね~。
(この日のスタンド1Fで1万でも普通でしょとか言っていた。)



それから彼がCDで聴いた時にはピンとこなかったというアルバム曲なのですが、

何でそうなったのか2人で話し合いつつ導き出した仮説が3つ。

1つはももクロはライブで曲を育てるというのが大きいからという事。

アルバムのレコーディングから既に半年以上経過していて、

ドームトレックツアーなどで歌い込まれた結果、彼女たちの技術的レベルアップだけではなく、

曲への理解も深まり、CD音源よりもしっくり来るようになったのではないかと。

そしてもう1つは、彼女たちのパフォーマンスによる付加。

全力ダンスと輝く笑顔、そして客席との一体感は、やはり見る人を大きく魅了するのだと思います。

そして最後の1つはダウンタウンももクロバンドの存在。

アルバムのレコーディングには生音にはピエール中野さんやハマ・オカモトさんなど、

一流のミュージシャン達が参加して最高の音を提供してくれています。

しかしこれは全員で合わせてセッションするのではなく、別々に録音したのを重ねていくもの。

あくまで後から音を追加していく形なので、どうしても生演奏に比べてテンションの一体感が薄れます。

それが桃神祭などのビッグステージでは、一流のバンドが彼女たちと息を合わせてくれる。

しかも既に3年以上もの付き合いなので、チームとしての成熟度が普通のバンドよりも圧倒的に強い。

それがCD音源以上の一体感を生み、彼女たちのパフォーマンスを引き上げているのではないか。

これらの要素が重なりあった結果がそう感じさせるのかなと、我々は思ったのでした。



さて友人から聴いた桃神祭2016day2の感想と考察は以上です。

モノノフ以外の感想はなかなか直接聴けないので凄く面白かったですね~ニコニコ

それによって当たり前になっていたももクロの魅力を、改めて感じることが出来た気がします。

また機会があったら、ももクロ初心者をライブに連れて行きたいですねキラキラ




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-08-16 01:16:18

「桃神祭2016 鬼ヶ島」感想

テーマ:ももクロイベントレポート
14日に「桃神祭2016 鬼ヶ島」のDay2に参戦してきましたビックリマーク



ももクロ「桃神祭」11万5千人と繰り広げた“最高の夏祭り” - 音楽ナタリー


1日目はグッズ購入と知り合い挨拶を済ませ、

家帰って一眠りしてから新横浜に戻って飲み会参加という変則的なことやってました。

探せばチケットあったろうけど、はじクロ完全版とか買ったから2日間見る余裕無かったですしねあせる



そして2日目は地元の初ももクロの友人をつれて参戦しましたクラッカー

彼は合唱をやっていた頃の友人なので、歌については技術的にかなりうるさいですし、

転調しまくる事を良しとする現代のJ-POPはあまり好きではないので、

あまりももクロの曲などには刺さらないタイプの人。

なのですが、エンターテイメント業界に携わってるので前から興味はあるらしく、

「チケット手に入ると思うけど行く?」と聴いたら二つ返事でOK。

そんな訳で初めてプライベートの友達を連れてくことになりました。

とりあえず初心者でも安心して楽しめる着席指定席をAE先行で抑えておきましたグッド!

着席指定席のススメ!
過去に書いた記事

今のところ着席指定席は必ず1Fスタンドになるのですが、今回も1Fスタンド北側。

全体の動きがハッキリ見渡せるし、サブステージほぼ正面でメンバーも結構近くで見えましたね~。



さて、それでは個人的なライブの感想。

正に桃神祭だな~という夏らしい雰囲気と演出でしたし、

セットリストもニューアルバム曲を中心に夏らしいものを取り揃えて、バランス良かったと思います。

聴きたい曲は他にも沢山あるけれど、私としては好みドンピシャでしたねニコニコ

微妙に予想ニアピンしてた得意げ

新しい演出としてはサブステージのウォータースクリーンが素晴らしかったです。


ほぼ正面だったので曲に合わせて制御される水柱と、ももクロちゃんのコラボが美しすぎたラブラブ

特にロックザボートのサビでは、移動しながらスクリーンの裏側まで回ったりして面白かったですね。

結構水が落ちる音がするので、すぐ近くのアリーナの人にはうるさいかもなぁとは思ったけど、

映像になったらかなり映える演出じゃないかなと思いました。

あと、仏桑花の時にウォータースクリーンの水が風で煽られサブステが水浸しになり、

続く怪盗少女の時に水たまりを蹴っ飛ばし、メンバー同士で掛け合いっ子してたのが可愛かったなぁにひひ

ああいう遊び心がももクロの楽しさですね~。



それから夏好例の水撒きがパワーアップしてましたね~。

ウォーターキャノンは私の席には直撃しなかったものの、

本当に2階席まで届いて、凄い時間差で霧状の水しぶきが風にのってきましたw

また労働讃歌の時には、夏菜子がサブステでウォーターガンで水撒きしてて、


サムライロックオーケストラの人に直撃させていたりしてめちゃ楽しかったきゃー

この他にもサムライロックオーケストラはココ☆ナツの時にセグウェイに乗って登場。

逆立ちで乗りこなしたりしただけではなく、夏菜子とサブステでココナツサークルを形成してて、

流石ももクロライブの常連らしく大いに楽しませてくれたと思います音譜



あとは今回、レーザー光線を使った演出も凄く綺麗でした。

2階席スタンドの縁へ光線が飛ぶことで、平面ではなく立体的な美しさがありました。

これはすり鉢状ではない、日産スタジアムならではの演出になってたかなと。

ただ、総合的にみてまだまだあの大きさを活かせきれてない気もします。

やはりスタジアムならエコパくらいのサイズの方がやりやすいのかもしれませんね~。



新曲については「ザ・ゴールデン・ヒストリー」はノリノリで踊れてコールもし易い、

彼女たちが言うようにこれからライブの定番として育って行きそうな曲ですね~。

そして何と言っても「Hanabiga」が個人的に大ヒット。

伝七捕物帳などのショートバージョンでは良さがいまいちわからなかったのですが、

変態的な変拍子が面白いし、全員の歌もしっとりと聴かせながら、

美しいダンスも魅せるというももクロならではのパフォーマンスで凄くよい。

あと高さんのソロパートが素晴らしいのが推され隊推しとしてポイント高いですアップ

9月7日の発売日が益々楽しみになりましたね~。



最後にメンバーのコンディションはやはりあーりんの喉は今ひとつだったかなと。

それでも最後までカバーしながら見事に歌いきっていたと思います。

あと「JUMP!!!!!」の時、メインステージまで凄い距離があったのですが、

豆粒大にしか見えないのに彼女のジャンプが可愛すぎて、流石佐々木プロと改めて魅了されましたラブラブ!

玉さんと高さんも喉が温まるまでに少し時間がかかってたけど、後半は凄く良かったです。

そんな中でもドラマ撮影で忙しいはずの夏菜子の仕上がりが抜群でビックリしました。

やはり本番での勝負強さでこの子には叶わないな~と唸らされる。

そしてソロコンを乗り越えた杏果は、最早盤石すぎて何の心配もいらないといった感じでした合格

全体的にみて、5人での久々のライブを全力で楽しんでる感じが伝わってきて、

モノノフとしては見ていて本当に嬉しかったですキラキラ




さて個人的感想はこんな感じで、本当に楽しいライブでした。

来年復活する夏の馬鹿騒ぎもめちゃくちゃ楽しみですね得意げ

そして終演後はモノノフ仲間とは特に合わず、地元まで引き返して友人と飲みながら感想を聴いてました。

これがなかなか面白かったので書こうとしたのですが、思いの外長くなりそうなので次回のお楽しみに!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-13 00:38:11

楽しみすぎる桃神祭

テーマ:ももいろクローバーz
いよいよ今日から2日間「桃神祭2016 鬼ヶ島」の開催ですクラッカー


いや~、なんかいまいち実感がわかないのですが楽しみですね~。

今回は今までの集大成と宣言しているのでかつて無いスケールのライブになりそうですし、

総合演出の佐々木敦規氏は事あるごとに「日産スタジアムにリベンジしたい」と言ってました。

日産を使うのも3度目ということで、あの巨大な空間をいかに制するのか注目したい所ですね~。

ちなみに私はこんな予想を立ててみたにひひ


それから何と言っても、今回注目すべきは有安杏果その人であるビックリマーク

先日のGF16では、ソロコンサートを乗り越えた彼女の大きな成長が見て取れました。

誕生、小さな怪物

フェス形式ではなくももクロ単独ライブはソロコン以降では初めてで、

ソロコンの経験がどの様に活かされるのか楽しみですキラキラ

さらにももクロ単独ライブとしては、4月29日に行われたチャリティーライブから久々という事になります。

実はこの状況、凄く"あの時"に似ている。

それは前回日産スタジアムで2014年に行われた初めての桃神祭。

2ヶ月ぶりのももクロとしてのライブに、彼女はかつて無い輝きを放ち我々を驚かせました。

有安杏果はなぜ桃神祭で輝いたのか?

ソロとしてのコンサートやフェスでのライブは行っているとはいえ、

ももクロの5人でガッツリ魅せるライブは3ヶ月半ぶりなのですから、

彼女の中にふつふつと"ライブ欲"がマグマのように煮えたぎっているでしょうメラメラ

それが一気に噴出した時、有安杏果という怪物は更なる輝きを発するのではないか、

そんなふうに私は期待しているのでした得意げ



1つだけ、あーりんの喉だけは心配な部分はありますが、

去年は高さんが骨折し、踊れないハンデがあるにも関わらず、

4万人の観客を満足させるパフォーマンスを披露していました。

どんな困難が待ち受けていようと、チームももクロのサポートがあればきっと大丈夫合格

必ず最高のライブにしてくれることでしょう。

という訳でみなさん、この夏1番熱いお祭り騒ぎを楽しみましょうねニコニコ




ちなみに私は資金の都合上、チケットをとっているのは2日目のみ。

1日目はてしまじまランドを冷やかしつつ、知り合いの皆さんに挨拶しに行きたいと思います。

グッズもちょい買い足したいけど、チケットない人は開演してからなので在庫あるか少々不安だ困った


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-10 23:32:07

有安杏果ソロコン観戦記vol.5

テーマ:ももクロイベントレポート
随分と遅くなりましたが前回の続きです。




杏果の歴史を振り返り、ももクロになってからのてっぱん曲を披露してから、

再びこのコンサートのために作った新曲コーナーへ。

ここで披露されたのが表題曲にもなっているバラード「心の旋律」でした。

しかし、まだコンサートの中盤とも言えるこのタイミングでこれを披露したのが意外でした。

なぜならこの曲はミニアルバムとコンサートの表題曲と言えるものであり、

ミニアルバムでもラストを飾るように構成されています。

なのでてっきりコンサートのクライマックスに持ってくると思っていた私は、とても意外に思ったのです。



しかし後々考えてみると、この曲をこのタイミングに入れてきた意味がしっくり感じられました。

この曲は彼女が小6の時、喉の手術のため入院した際に書いた日記を元にした曲。

「あの子にはかなわない あの夢もかなわない」

0歳の頃から芸能界で仕事を始め、子役として一定の成功を収めた彼女。

しかし芸能界は彼女よりも才能あふれる子達が沢山いる世界。

演技にダンス、歌、どんなに努力しても縮められない才能の壁に、

彼女が打ちひしがれてきた回数は我々には想像もつかないと思います。

チャンスを掴んだと思っても、再びどん底にたたきつけられることもある厳しすぎる現実。

しかしそれでも彼女はあきらめず、ももクロというチャンスを掴んでここまでたどり着きました。

この歌には彼女がここまで来る間に、人知れず胸に秘めていた想い全てが詰まっている。

なので彼女の過去を振り返り、自分がももクロとして成功してからの代表曲を披露した直後に、

この歌を選んだのはベストなタイミングだったのではないかと思いました。



それからこの歌の1番の歌詞に「切なさ募った恋しい日には、誰かの元に届けたい」とあります。

「誰か」というのが果たして誰なのかと考えると様々な想像出来ると思いますが、

彼女がこのコンサートで「10年前の自分」への手紙を書いてることからも、

未来が見えずもがき苦しんでいた、過去の自分自身へなのではないかなと、私は感じたのでした。



といった考察はコンサートが終わり、落ち着いてこれを書いている現在思い至った訳で、

当日には何も考えられず、ただただ彼女の歌に酔いしれていましたね…。

まだ夏は始まったばかりなのに、初秋のピンク色に染まる夕暮れを思い浮かべて切なくなりました。

「でも変えられる 自分と未来は」

その言葉通り自らを錬磨し、多くの人々の協力の元で勝ち取った有安杏果の未来。

しかし更なる未来へ続くスタートライン、彼女のソロコンサートはまだまだ続くのでした。


<つづく>




いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2016-08-08 23:57:20

ジャケ買い不可避

テーマ:ももいろクローバーz
本日、ももクロニューシングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」の、

ジャケ写と店舗別特典カードが全て公開になりました。



むむむむ、私はMVのBlu-rayがついてくる初回限定盤A初回限定盤Bだけ買おうと思ってましたが、

最後に公開された通常版のジャケットが凄い好みで欲しくなってます音譜



【早期購入特典あり】ザ・ゴールデン・ヒストリー【通常盤】


ブレイクダンスっぽいポーズしてるももクロちゃんがめっちゃ格好良いラブラブ!

ももクロにしては被り物とかしてなくてかなり普通な感じの衣装なのだけど、

アイドルらしからぬCOOLさと躍動感、そして可愛さが融合して凄く良いと思いますグッド!

Aのスカジャン、Bのシルクガウンといった感じから、HIPHOPを意識したビジュアルなのかなはてなマーク



それから公開された店舗別特典カードは新星堂と楽天ブックスの2枚がめちゃ可愛くて好みラブラブ


これとamazonの全員集合版を合わせて買おうかなぁ…ちと予算と相談ですね¥

ビジュアルが発表になってますます発売日が楽しみになりました得意げ




<おまけ>


ガリガリ君コラボ、全部のシール揃えようとしたらライブ中にお腹壊すなぁ困った

それにしても川上さんのイラストがまんますぎるw



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-06 23:58:05

誕生、小さな怪物

テーマ:ももクロ論
なんかブログサボってる間にフォーク村DXとかTIFにあーりん降臨とか、

色々と話題のつきないももクロですが、前回の予告通りGF16を振り返ります。



先日の「GIRLS' FACTORY 16 DAY3」に参戦した夜、

時間的に感想戦行ったら始発帰りだな~と思って居たのですが、

その場にいたおっさん達7人でアドレナリン出まくった妙なテンションのまま、

深夜にやってる「シン・ゴジラ」を見て電車まちすることになりましたw

ちなみ私を含め4人が2度目の視聴とかアホであるべーっだ!


2度目も最高であった!

もうね、平成ガメラ3の渋谷蹂躙を超えるものが見られるとは思ってなかった。

とんでもない怪物を庵野秀明x樋口真嗣は蘇らせてくれたなと感動しました。

これまでのゴジラはこうあるべきというイメージをぶち壊し、

それでいて初代ゴジラの根塊を失わずに新しいものを作り出す姿勢に拍手です。

ってこれって凄くももクロ的な作り方だなぁとか、勝手に思ってしまうおっさんノフなのであった得意げ



さて、とんでもない怪物といえば、今回のGF16にも出現しておりました。

それこそが"ももクロの小さな巨人"有安杏果その人である。


この日の彼女はイベントの中盤、杏子さんとのデュエットで「泣いたままでlisten to me」を歌ってから、

ラストの「Chai maxx」までの18曲をぶっ通しでステージに立ち続けている。

しかもその18曲の中身が普通じゃない。

「泣いたままでlisten to me」は杏子さん独特のスカートをひるがえすダンスを共に踊りながら熱唱。

そこからソロで「心の旋律」、ユニットで「みんな空の下」「Puzzle」「永遠のトリニティー(三位一体)」と、

いずれもボーカルとして彼女への負担がとても大きい曲ばかりである。

てんかすの2曲に至ってはダンスも高難易度で体力も相当使います。

そこからovertureを挟んでももクロの超ハード高カロリー消費セットリストで13曲。

この日は時間が押していたのもあってMC等で息を整える暇が殆どないまま、彼女は歌いきりました。

しかも物議を醸したGF14の時のように、途中でスタミナ切れを起こして失速することも全くなし。

自身のソロコンのために体力づくりに力を注いできたとはいえ、

彼女の驚異的ともいえるスタミナに私は驚愕したのでした。



しかもただスタミナがあったというだけではなく、歌のクオリティも本当に素晴らしかった。

特にソロコン以来、2度目の披露となった「心の旋律」は、

それまでの楽しくノリノリな空間だった代々木第一体育館の空気を一変。

映像では伝わりきらないかもしれませんが、完全に彼女の歌の世界に引きこまれ、

まるで彼女の歌と、武部聡志さんのピアノ以外の音が存在しないかのように静まり返り、

会場の空気が隅々までピーンと張り詰めていました。

個人的には横アリでの初披露よりも良かった気がします。

そこからのチーム四葉の「みんな空の下」は、彼女の作り上げた空気をそのまま引き継ぎ、

4人の情感がにじみ出て素晴らしいカルテットになっていました。

特に杏果&ぁぃぁぃのユニゾンとフェイクの掛け合いは聴き応えがありましたね。

それから安本彩花さんがあんなに歌える子になってるとは知らずにビックリ。

失礼ながらあまり歌が上手い子だとは思ってなかったので完全に侮ってましたあせる

ハルちゃんも凄く良かったし、みんな杏果のソロに感化された部分もあったのかなと感じたのでした。

代々木第一体育館という巨大な空間を完全に掌握し、ライブの流れにまで影響を与える歌唱力、

さらにハードなセットリストにも動じない持久力を身につけられたのは、

単独で満員の横浜アリーナでのライブを成功させたという経験が大きかったに違いないと思いました。



またソロコンを成功させたことにより技術面や体力面だけではなく、

精神面でも彼女を大きく成長させるきっかけになったのではないかと感じました。以前はアッコさんと共演すると、緊張で涙まで流していた杏果。

それが今回は「緊張よりも楽しみの方が大きかった」と言い切れる豪胆さである。

アッコさんとの共演だけではなく、他の出番でも緊張した様子は殆ど見られず、

day1のMC代役でも、オロオロするようなシーンはありませんでした。

やはりソロコンを成し遂げた大きな自信が、彼女をこれまで以上に強くしていると言えるでしょう。



心技体、すべての面で驚異的な成長を見せた有安杏果。

ソロコンを経て「小さな巨人」は「小さな怪物」へと進化したと言って過言ではない。

a-nationの3日間を通じて、そんな風に私は感じたのでした。

これからも更に成長していく彼女の姿を、楽しみにしたいと思います。




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-08-02 23:37:18

GF16 day3の簡易感想

テーマ:ももクロイベントレポート
昨日は知り合いからチケット譲って頂けたので、GIRLS'FACTORY16に急遽参戦してきました。


ももクロ出演『GIRLS'FACTORY16 DAY3 “七色のスターダスト祭”』実況まとめ
ももクロ侍

セットリストもコラボも良かったし凄く楽しめました音譜

あとつい最近Tynamite!!のBlu-ray見たので、後輩ちゃん達の歌唱力の成長も凄くて驚きましたえっ

この年代の子供達の成長って本当に凄いですね~。

とりあえず今回のイベントで個人的に気になったパートについてレポしていきたいと思います。



・清竜人25
期待通りめっちゃのれて楽しかった。竜人君の動きがかっこ良すぎるw
もうちょい小さい箱で見てみたいと思った。

・3Bjr
もうダウンタウンももクロバンドの演奏だけでニヤニヤ。
「ひとつよろしくどうぞ」のベース含めオケがエグくて格好良いw
「勇気のシルエット」はやはいrメンバーキラキラしてて、グッとくる良い曲。
間奏の西川さんのギターソロが変態すぎてめっちゃ上がったにひひ

・エビ中
柏木ひなたと元JUDY AND MARYの男性メンバーによる「チームOrange Sunshine」
やはりスタダアイドルの中で1番ソロ歌手として才能あると個人的に思った。
後半きつそうな部分もあったけど、歌も立ち振舞いもカッコ可愛かった。
そこからエビ中メンバー、DTMCバンドも加わって「ハイタテキ」が凄く格好良い。
去年のGF15の時はまだバンド演奏には慣れてない感があったのだけど、
今回のはバッチリはまってスイングしていたと思う。
実は初めてエビ中のパフォーマンスを生では初めて見たのだけど、
メンバーのパフォーマンス力も高くて、スタダアイドル2番手は伊達ではないと改めて思う。
これだけ出来るならもっと人気でておかしくないはず。

・華原朋美x百田夏菜子x咲良菜緒
たしか「スカパー音楽祭」の時はあまり出来が良くなかったのだけど、
この日の菜緒ちゃんは凄く良くなっててびっくりした。
夏菜子も女優モードのまま参戦してるのか、表情がいつも以上に輝いて見える。
あと最後のハモリが3人とも完璧に決まってて素晴らしかった。

・シングルベッドはせまいのです
「そもそも玉井、社会人でしょ」が「そもそも玉井、若大将でしょ」に変わってたw

・チームわたあめ(仮)
やはりあーりんソロ曲は盛り上がる。
反抗期はモニターに星名、彩木と文字が出たので凄くコールしやすかった。
逆にだてありはパート割りわからなくてコールしにくかったのが改善点かな。
てか、あーりん色が強すぎる曲なので、ユニット向きではない気がした。

・しょこららいおん
前々回の放送から高さんの確変は継続中で安心して聴いていられた。
これと後で披露された「希望の向こうへ」での高さんの声にはグッとさせられました。
なかなか生で歌ってくれる機会は少ないと思うので、聴けて本当に良かった。

・ももクロ全体
セットリストがもう好きな曲ばかりで最高音譜
もうGOUNNが始まった時点でめちゃ叫んでたw
そっからピエール中野のドラムでマホロバケーションなんてぶち上がらざるを得ない。
客席が狂喜乱舞していたと思う。
「希望の向こうへ」で夏菜子が調子良かったのもあってか、
私の好きなCD音源に近い歌い方してて凄くよかった。
お座敷はぁぃぁぃの車掌さんのおかげで更に楽しい曲に進化。
そして清竜人を加えてのデモンストレーション&イマジネーションが最高。
ただでさえアルバムで好きな曲上位の2曲を連続で聴けてノリまくってました。
ここでも格好良く、スケコマシキャラ貫く竜人君に笑ったw
そこからMCで横山克曲を全曲やると聴いて「バカじゃねーの!?」と思わず呟く。
横山曲と言えば「Chaimaxx」「ChaimaxxZERO」「上球物語」など高カロリー消費曲が続く、
ここまでも既にめちゃくちゃハードなセットリストなのに、
時間が押してるからか殆どMCもなしなのを考えれば無茶苦茶である。
しかしここから7曲、クオリティを落とさずやり遂げてしまうから今のももクロは凄まじいです合格
それにしても白金、D'、上球、空カー、JUMP、チャイマシリーズと、
改めて横山曲は歌唱が難解で、しかしながら好きな曲ばかりだな~と思いました。


夏菜子のソロダンスは笑ったw



そんな訳で、音声さんのミスでマイクに雑音が入ったり、スイッチングミスなどもあったけれど、

イベント全体としての満足度は文句なしに高いもので楽しめましたニコニコ

やはり5人そろったももクロちゃんは本当に楽しそうにパフォーマンスしていたし、

ますます桃神祭への期待値が高まったのでした。


ちなみに今回、杏果のソロなどのパートには触れていませんが、

それはまた一杯書きたいので次回に回すのでお楽しみにビックリマーク



<おまけ>

GOUNNであーりんやすだけ、スカートの裾を掴むの覚えてたのかと思ったけど、

この衣装の右側が長いのあーりんやすだけだからかしらはてなマーク


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-27 22:54:41

7周年に新たな夢

テーマ:ももいろクローバーz
昨日は杏果がももいろクローバーZに加入して7年がたちましたクラッカー

だからというわけではないと思いますが、彼女が各所で記事になってましたね~。


初のソロライブを開催! ももクロ・有安杏果が公式パンフに込めた思いとは?
ダ・ヴィンチニュース



高城れに&有安杏果「ももクロChan」に感謝 | ニュースウォーカー

ダ・ヴィンチのはバイラルメディア(ユーザーが記事を投稿するニュースサイト)なので、

彼女のももクロデビュー当時の話に触れてたり、おそらくは熱烈な杏果推しの方の投稿でしょう。

ライブそのものではなくパンフレットに注目するところがマニアックで良いですね合格

それからニュースウォーカーのももクロChanに関する記事は、推され隊推しとしてニヤニヤですニコニコ

ももクロChanの数々の迷場面を語り、番組のハチャメチャな楽しさを伝えることができてると思いますね。

あと写真がめっちゃカワイイですラブラブ!



それから、こちらは高さんが写真&インタビューがメインの「HUSTLE PRESS」の記事。


ももっと、高城れに(ももいろクローバーZ)①

写真美しすぎじゃ恋の矢

こちらではなんと、杏果のソロコンについて触れつつ、

推され隊の新曲を有安杏果作曲、高城れに作詞で作るという夢のプランまでビックリマーク

前から2人の新曲が欲しいとは言っていたので、てっきり前山田さんにでも頼むと思ってましたが、

推され隊推しなのにこんな凄い事ちっとも思いつかんかったえっ

考えてみたら高さんもソロ曲「しょこららいおん」の作詞に関わってるし、

彼女は百田夏菜子と並ぶほど名言を連発する人なので素晴らしいものが出来そう。

これは是非実現して、いつの日か披露して欲しいと思いますキラキラ



そしてもう一つ、杏果のソロミニアルバム収録曲が、

7月31日よりカラオケのJOYSOUNDで配信されるニュースも入りました。


有安杏果のソロ楽曲『心の旋律』『Another Story』『裸』『Drive Drive』
7/31よりJOYSOUNDでカラオケ配信決定! : ももクロ侍


すでに「feel a heartbeet」の配信は始まってましたが、収録曲全ての配信は嬉しいですねにひひ

そしてこれによって、彼女が幼いころに描いたもう一つの夢が叶おうとしているのですDASH!

それがこちら。
「私は、歌とダンスでデビューして、印税生活したいです」


彼女は「feel a heartbeet」は作詞作曲、「Another story」と「心の旋律」は作詞をしているので、

楽曲の売上だけではなく、カラオケの使用料でも印税が直接入ってくることになる¥

これは夢の印税生活への第一歩と言って過言ではないでしょう得意げ

とは言っても、堅実な彼女のことだからしっかりと貯金をしたり、

自身の音楽活動の幅を広げるために自己投資して行きそうな気がしますね。

なにせ音楽は深くやればやるほどお金がかかる底なし沼ですから困った

という訳でモノノフの皆さん、カラオケに行ったら是非彼女の曲を歌いまくりましょう音譜




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。