QLOOKアクセス解析
最近作った代表作


ももクロの制作物の一覧はこちらへ

過去動画制作裏話はこちらへ

<オススメカテゴリー>
ももクロ関連記事はコチラ
ももクロに関する考察、ウンチクを語った記事はコチラ
ももクロのCD、DVD、書籍など関連商品のレビューはコチラ
ももクロのライブ、LV、イベントに参加した時の感想はコチラ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27 22:54:41

7周年に新たな夢

テーマ:ももいろクローバーz
昨日は杏果がももいろクローバーZに加入して7年がたちましたクラッカー

だからというわけではないと思いますが、彼女が各所で記事になってましたね~。


初のソロライブを開催! ももクロ・有安杏果が公式パンフに込めた思いとは?
ダ・ヴィンチニュース



高城れに&有安杏果「ももクロChan」に感謝 | ニュースウォーカー

ダ・ヴィンチのはバイラルメディア(ユーザーが記事を投稿するニュースサイト)なので、

彼女のももクロデビュー当時の話に触れてたり、おそらくは熱烈な杏果推しの方の投稿でしょう。

ライブそのものではなくパンフレットに注目するところがマニアックで良いですね合格

それからニュースウォーカーのももクロChanに関する記事は、推され隊推しとしてニヤニヤですニコニコ

ももクロChanの数々の迷場面を語り、番組のハチャメチャな楽しさを伝えることができてると思いますね。

あと写真がめっちゃカワイイですラブラブ!



それから、こちらは高さんが写真&インタビューがメインの「HUSTLE PRESS」の記事。


ももっと、高城れに(ももいろクローバーZ)①

写真美しすぎじゃ恋の矢

こちらではなんと、杏果のソロコンについて触れつつ、

推され隊の新曲を有安杏果作曲、高城れに作詞で作るという夢のプランまでビックリマーク

前から2人の新曲が欲しいとは言っていたので、てっきり前山田さんにでも頼むと思ってましたが、

推され隊推しなのにこんな凄い事ちっとも思いつかんかったえっ

考えてみたら高さんもソロ曲「しょこららいおん」の作詞に関わってるし、

彼女は百田夏菜子と並ぶほど名言を連発する人なので素晴らしいものが出来そう。

これは是非実現して、いつの日か披露して欲しいと思いますキラキラ



そしてもう一つ、杏果のソロミニアルバム収録曲が、

7月31日よりカラオケのJOYSOUNDで配信されるニュースも入りました。


有安杏果のソロ楽曲『心の旋律』『Another Story』『裸』『Drive Drive』
7/31よりJOYSOUNDでカラオケ配信決定! : ももクロ侍


すでに「feel a heartbeet」の配信は始まってましたが、収録曲全ての配信は嬉しいですねにひひ

そしてこれによって、彼女が幼いころに描いたもう一つの夢が叶おうとしているのですDASH!

それがこちら。
「私は、歌とダンスでデビューして、印税生活したいです」


彼女は「feel a heartbeet」は作詞作曲、「Another story」と「心の旋律」は作詞をしているので、

楽曲の売上だけではなく、カラオケの使用料でも印税が直接入ってくることになる¥

これは夢の印税生活への第一歩と言って過言ではないでしょう得意げ

とは言っても、堅実な彼女のことだからしっかりと貯金をしたり、

自身の音楽活動の幅を広げるために自己投資して行きそうな気がしますね。

なにせ音楽は深くやればやるほどお金がかかる底なし沼ですから困った

という訳でモノノフの皆さん、カラオケに行ったら是非彼女の曲を歌いまくりましょう音譜




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-25 23:00:27

新シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」

テーマ:ももいろクローバーz
本日、9月7日に発売されるニューシングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」のアー写が公開。


ももクロ、ニューシングルは「ザ・ゴールデン・ヒストリー」 - 音楽ナタリー

黄金の富士と麦と金閣寺をバックに自撮りする5人。

衣装はいつものようなド派手で奇抜なものではなく色分けされたスカジャンっぽいはてなマーク


ペプシの「見たことないよ~♪」のCM思い出した

しかし青春賦のようなタイアップでもなさそうなのにあまりに普段着すぎる。

であるが故に逆にももクロのアー写にしてはとてつもなく異色に見えてしまいます。

これは果たしてどんな意味が込められてるのか、正直わからんです。

ただ、あくまでアー写と言うことなので、ジャケ写になったらまた違うのかもしれません。

実際「AMARANTHUS」&「白金の夜明け」も先に公開されたアー写と、

後に公開されたジャケ写では奇抜さが段違いでした。

ももクロ新アー写は2種類! - 音楽ナタリー

ももクロ「AMARANTHUS」ジャケットで鮮やかドクロメイク - 音楽ナタリー

ももクロ「白金の夜明け」ジャケットは奇抜な“顔写真” - 音楽ナタリー

とりあえずその真相は続報を待つ他ないでしょうね~。



新曲と言えば先日のももクロちゃんが出演した「伝七捕物帳」を見ていて思ったのですが、

カップリングの「HANABI」の歌詞がまんま2話のストーリー、

お鈴と文治、さらには竹蔵の3人にそれぞれにあててイメージしている気がしました。

こちらはガッツリとタイアップすること前提で作られた曲なんだなと思いました。



ちなみに新たに判明した曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」「DECORATION」は、

MVのメイキングも公開されるようですから、おそらくはタイアップが今のところない曲なのでしょう。
(PUSH、サラバなどタイアップ曲は、過去にメイキング映像が公開されていないことから)

どの様な曲になっているのか、今から楽しみにしたいと思いますニコニコ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-24 15:22:56

あんみつ捕物帳

テーマ:ももいろクローバーz
週末も上海でライブがあったり、AbemaTVのバラエティチャンネル24時間ジャックと、

相変わらず話題に事欠かないももいろクローバーZでありやす音譜


中国のモノノフさんのツイート

イベントはニコニコ動画のパクrを参考にした中国の動画サイトBiliBili動画のものらしく、

ネットで生配信されて21万人もの人が見たという事。

ロスのアニメエキスポとは違い3曲のみの披露ではありましたが、

これだけの人に見てもらえて、ももクロの良さをアピール出来ただけでも、

かなり意義のあった遠征だったと言って過言ではないでしょうニコニコ



それから金曜日にはももクロちゃんがゲスト出演したBS時代劇「伝七捕物帳」が放送されました。


ももクロ5人が日本髪を結って着物で、静々と歩く姿が美しかったですねラブラブ!


所作の先生に習ったと思われる、夏菜子が座るまでの一連の動きも凄く綺麗でしたキラキラ

お話も仇討ちに人情話、人知れぬ叶わぬ恋、捕物殺陣に御白州で大岡裁きと、

まさに時代劇の面白さをギュッと詰め込んだ大江戸エンターテイメントでした合格

中村梅雀さんの演技が本当に良くて、おっさん思わず涙ですよ感動

それにしても夏菜子演じるお鈴は予告編の時点でメインに絡むのはわかってましたが、

奥女中No.2が杏果演じるお初さんで、出番やセリフがかなりあるとは思いませんでした。

他3人はセリフもなくてちょっぴり残念ではありましたけど、

番組プロデューサーが「幕が上がる」の高橋&中西コンビが好きなのかもしれません得意げ

二人とも本格的に江戸言葉を学んだわけではないので、

少々セリフが浮き気味に感じる部分はありましたが、とても良かったと思いますグッド!



それにしてもドラマ見ていたらお初さんが可愛いったらありやせんねぇ。


殆ど笑ったりしない凛とした役だったんですけど、隠し切れない可愛らしさ。

見ていてこりゃ完全に実写版あんみつ姫だと思いましたあんみつ


ほらそっくりですやん

昭和生まれじゃないと馴染みないでしょうけど、

あんみつ姫は、まだ戦後の雰囲気が色濃く残る時代に、少女たちの間で大人気になった少女漫画。

その後何度も映画化され、小泉今日子や井上真央主演でドラマ化もされています。

1986年に先程のアニメになり、サザエさんの前枠なのもあって人気作品になりました。

私の年代だとこのアニメ版の印象が強いので、

今回の杏果の日本髪に結った姿をみて、真っ先に連想してしまったのでした。

このドラマを見たどこかのお偉いさんが、杏果主演で新たにドラマ化とか企画してくれないかなぁ…。

あ、あんみつ姫の母上、しぶ茶様の役はぜひ永作博美さんでお願いしやすにひひ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21 00:15:15

有安杏果ソロコン観戦記vol.4

テーマ:ももクロイベントレポート
前回の続きです。




「Kiss YOU」の後はP-Aの歌である「約束」。

ありがとうの”約束”

これについては以前詳しく書いたのでこちらを御覧くださいませ。

彼女のこの歌に込めた想いに感動しながら聴いていましたね~。

そこから絢香さんの「Jewelry day」をカバー。


こちらは彼女がP-A解散を告げられた後、事務所内オーディションで歌った曲。

これこそ彼女とももクロをつなぐ架け橋となった曲ですから、

杏果の過去を振り返るこのコーナーで歌われるのにふさわしい曲と言えるでしょう。

かつての恋人との幸せな日々を懐かしみつつ、感謝する大人な歌。

当時の彼女には歌詞的にも、歌唱難易度的にも難しかったであろうこの曲を、

今はしっとりと大人の女性として歌いあげられていたと思います。



ここまでで彼女がももクロになる前の歴史をたどりました。

本当は彼女が初めて出演した連続ドラマ「がきんちょ〜リターン・キッズ〜」で歌った、

ぱれっとの「世界は僕らを待っている」も歌って欲しかったのですが、

ドラマの版権やコンサートの構成的にセトリには入れられなかったのかなはてなマーク


10秒くらいから。ちなみにドラマ本編ではもっと長く歌ってます。

ちなみにこれを歌ってたら多分、ヒロシさんはこの時点で死んでたと思うにひひ

何にしても、会場にいる皆さんの中には彼女の過去を詳しく知らなかった人もいたと思うので、

「ココロノセンリツvol.0」の序盤を飾るコーナーとして素晴らしいアイディアだったと言えるでしょう合格



さて、3曲続けて少ししっとりとした曲が続いてお客さんも落ち着いたかと思いきや、

横浜アリーナに一万人が叫ぶ杏果七連コールが轟きました。

なぜなら次の曲は、彼女がももクロに参加した初期の頃にカバーした「words of the mind」。

当時のアイドルグループが歌うのは珍しいテクノ調のダンスナンバー。

これをももクロが取り入れられたのは、本格的にダンスを学んだ有安杏果の加入があってこそ。

ももクロの歴史において大きな転機を迎えることになった曲と言っても過言ではありません。

これをももクロになってからの1曲目に持ってくる、彼女のセンスは流石だと思いましたね~得意げ

またモノノフにとってはコールなどがめちゃくちゃ盛り上がり、

彼女のダンスも堪能でき、手袋を投げたりするアトラクション的な要素もあるので、

3時間近い長丁場となるこのライブ前半の、とても良いアクセントになっていたと思います。



そこからZになってからの曲で、彼女が大好きだと語っていた「コノウタ」。

そして私がももクロの曲の中で1番好きな曲でもあります。

5年前の極楽門で「コノウタキミに届け まだちょっとつたないんだけど」と歌っていた少女が、

横浜アリーナで今、たった一人で堂々と、ほとんど拙さのなくなったコノウタを歌いあげる。

これを感動せずにはいられない。

正直気持ちが入りすぎて、この日の「コノウタ」を私はあまり覚えていなかったりします。

ただ1つだけ言えるのは、西武ドームの時とは違い、泣かずにひたすら笑顔で聴いていた気がする。

彼女がこの場所でコノウタを歌っているのが、なんだか嬉しくて嬉しくて仕方なかったですね。

その後にはこれまた私の大好きな「白い風」が歌われたのですが、

コノウタで完全に逝ってしまっていた私には、やはり殆ど記憶に残っていなかったのでした困った

聴き直したいので、早くソフト化して発売してくれないかなぁ…。


<つづく>




なんかブログランキングへ更新が反映されなくなったあせる

ももいろクローバーZ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-18 23:22:48

2016 FNSうたの夏祭り

テーマ:ももいろクローバーz
本日は毎年恒例、「FNSうたの夏祭り」でした。


2年前に瞬間最高視聴率を記録した高さんの尻再び

FNSうたの夏まつり2014感想

今回もアイドルが総勢130名以上登場でコラボしたりと凄くゴージャスな番組でした。

やはり前回の「FNS歌謡祭 THE LIVE」でのコラボが大好評だったからかなはてなマーク

センター・オブ・ザ・センター

ただ前回は、出場したアイドルの中には全く歌わせてもらえず、ファンの人達には不満も残ったのですが、

今回は11時間という長丁場もあってか、全てのアイドルが歌えて良かったと思います合格

エビ中ちゃんも持ち歌含め3曲披露出来て良かった良かった音譜


モーニングクローバーZ。のセンターに杏果が立つ

去年のFNSうたの夏祭りも、杏果が推されていた気がするぎょうざ

夏・夏・夏・夏・夏祭り♪

さらにはプールサイドパーティーコーナーのトリをももクロが任されて見事なパフォーマンス、

現在のアイドル界のトップランナーであることを証明してみせました。

持ち歌のマホロバケーションを始めカバーも合わせて4曲も披露出来て、

やはりFNSには推されているなと改めて思いましたね~得意げ



それから相変わらずずっとTwitterに貼り付いて見ていたのですが、

以前に比べて「ももクロの歌が下手」という人が随分と減っていますね~。

むしろファン以外でも上手くなったという人が増えてきていて、

着実にボイストレーニングや、ももいろフォーク村などでの経験が生きてきてるなと感じました。

この調子で更なる高みを目指して欲しいですねキラキラ




<おまけ>


YouTubeにて生中継されていたダイノジ大谷さんの裏実況にももクロちゃんも登場。

多分見られなかった人もいると思うので貼っときます。


2週間で消えるらしい

大谷さんが℃-uteの大ファンなので、それをネタにイジったりイジられたり、

武部聡志音楽監督が登場してももクロ大好きアピールをしまくったり面白すぎたにひひ

ももクロとのトークの相性が絶妙なので、またラジオとかで共演して欲しいなぁ~。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-15 00:05:32

有安杏果ソロコン観戦記vol.3

テーマ:ももクロイベントレポート
前回の続きです。




有安杏果の過去を振り返るコーナーの2曲目は、EXILEさんの「Kiss you」。

曲前のMCでは、彼女がこの曲のキッズダンサーとして、

横浜アリーナの上手の花道で踊ったエピソードを語っていましたね。

しかしこの事は前にもこのブログでも取り上げた通り、

彼女にとって「今までで1番悔しかった」と言わしめたエピソードだったりします。

有安杏果の"挫折"

そう、この曲をこの場所で歌うということは、彼女にとって10年越しのリベンジであるとも言えるのだ。

かつてキッズダンサーとして元気よく踊っていた彼女は、

この日は大人っぽい雰囲気で、しっとりと「Kiss you」を歌い上げました。

さらにこの曲の中で素晴らしかったのは間奏部分で踊られたダンス。

かつてのEXPG時代の恩師に新たに振り付けしてもらったというそれは、

本家EXILEさん仕込みなだけあってめちゃくちゃ格好良くて、体が自然と動いてしまいましたビックリマーク

10年前はメインステージから外され、踊ることが出来なかった間奏のダンス。

これをたった一人でステージを独占して踊れたことで、

彼女の「今までで1番悔しかった出来事」は完全に払拭されたと言って良いでしょう。

それからももクロを見慣れているモノノフは忘れがちですが、

EXILEの場合はボーカルとパフォーマーは、それぞれのクオリティを高めるために別々。

しかし杏果はそれを一人でやっていたのですから、改めて彼女の体力は凄いなと感じましたね合格



ちなみにEXPG時代の彼女は中学生になってから、大人と一緒に練習するようになりました。

それまではキッズダンサーとして、踊る時に楽しくて満面の笑顔でいたのですが、

クールに格好良く踊る事が求められるようになり、違和感を覚えたそうです。

そんなこともあって現在のスターダストに移籍した彼女は、アイドルとして別の道を歩み始めました。

しかしこの日の彼女のダンスは、紛れも無くクールで格好良い、大人のダンスで観客を魅了していました。

歌手としてだけではなく、パフォーマーとしても大きく成長出来た姿を、

10年前に悔しくて泣いていた自分に示すことが出来たのかもしれませんねキラキラ


<つづく>




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-14 00:08:53

高城れにの覚醒続き!

テーマ:ももいろクローバーz
昨日の「川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし」を見ていたら、

高さんが「最近歌うのが大好きで暇さえあればカラオケに行く」といった話をしていました。


「川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし」♯52

登場した時も「ももクロの歌姫」と紹介されて謙遜するどころか、

MISIAさんの「Everything」をノリノリで歌いながら登場してましたねニコニコ

もしかしたら彼女の中で、歌うことの楽しさに改めて目覚めたのかもしれません。

先月放送された「ももいろフォーク村NEXT」の時に、私はブログで彼女の歌を絶賛しましたが、

高城れにの覚醒

歌のスキルが上がったことで、彼女が今まで出来なかったこと、表現したかった事を形に出来るようになった。

そうなると歌うことへの余裕も生まれるので、今まで以上に楽しく感じるようになったのかなと妄想しました得意げ

個人的な見解ですが、歌って訓練を始めると、ある程度は順調に上手くなっていく。

しかし一定のレベルに達すると、急に壁に当たってなかなか伸びなくなる。

そこを越えるきっかけを掴むまでに凄く時間がかかって苦しむのだけれども、

一旦越えてしまえばメキメキと上達するなんてこともあったりします。

停滞の壁を乗り越え、更なる歌の楽しさを覚えた彼女なら、

これから歌手としてますます伸びて行けるかもしれませんねキラキラ

この夏はガールズファクトリー、フォーク村DX、更には桃神祭と久々のライブラッシュがあるので、

進化した彼女の歌にも注目してみたいと思います目




<おまけ>

大喜料理ほんとヤバイにひひ


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-12 23:41:50

夏菜子爆誕御目出度う

テーマ:ももいろクローバーz
今日は我らがリーダー百田夏菜子の誕生日ということで各所でお祝いの雰囲気クラッカー


最近大人っぽくなったけど可愛らしさそのまま合格

そんななか先ほど上げられた芳根京子ちゃんのブロブの破壊力が反則的ビックリマーク先ほどのLoGiRLに電話で繋いだ時は、ロケバス内で周りに気を使って、いつもと違う雰囲気でしたが、

こうやって見ると現場が楽しそうで何よりですニコニコ

それにしても毎日では無いだろうけど、10月は朝からこの2人を並んで見られるなんて素敵すぎるなぁラブラブ!

22歳はアイドルとしてだけでなく、女優としても大きく飛躍出来ると良いですね飛行機

そこで得たものが、桃神祭で爆発する事を期待していますDASH!



今日は完全に手抜き困った
頼んだけどうちにはこなかった~。まぁ欲しかったタイナマイト買えたので良しとする。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-11 00:50:18

有安杏果ソロコン観戦記vol.2

テーマ:ももクロイベントレポート
前回の続きです。

今回はちょっと個人的思い入れ話が入っているので、純粋な感想ではないかもしれません…。




3曲目が終わるとMCが挟まれ、この日を迎えることが出来た喜びを語る杏果。

そしてここに至るまでの長い道のりを彼女は歌で紡ぎ始めました。

その1曲目に披露されたのが、彼女が子役時代にMVに出演した林明日香さんの「小さきもの」です。


曲紹介で「MVの中で、私が歌手になりたいというセリフを言っている」と、

自らの夢と役柄が重なっていることを彼女は語りました。

それを聴きながら、私の心は急激にざわつき始めたのです。

なぜなら以前、私が作った動画「有安杏果19th生誕祭」の子役時代パートのクライマックスは、

まさにこのシーンを使って構成されていたからでした。


5:00辺りから

このMVを初めて見た時に、彼女の人生とあまりにもシンクロしすぎていて、

私は絶対に動画の中で良い感じに使おうと考えていました。

そして動画を編集している際には上手く収まるよう何度もリテイクを繰り返していたのですが、

自分で作っているにも関わらずそのたびに涙し、泣き過ぎて頭が痛くなるほどでした。

私にはそれくらい思い入れのあるMVの歌が、まさかこのソロコンで聴けるとは思っておらず、

私は歌が始まる前から興奮と感動で身震いをしていたのでした。



やがて、彼女はしっとりと「小さきもの」を歌い始めました。

更にはメインステージの大きなスクリーンには、彼女が出演したMVが流れる。

それだけでも私にとっては反則とも言える演出で、涙せざるを得ない。

しかし私をそこまで感動させたのは、紛れも無く彼女の「歌」の力でした。

子供の頃から自己流で歌い続けてガラガラ声になり、しまいには声が出なくなってしまった彼女。

それでも手術を受け、デリケートな喉をかばいながら、歌手としての道を歩んできました。

そんな彼女がこれほどにまで難しい歌を堂々と、美しく生まれ変わった声で歌いあげている。

サビの高音域でのロングトーンは特に素晴らしく、

かつてのガラガラ声の少女の姿はそこにはありませんでした。

おそらくはMARICO先生とのマンツーマンレッスンで習得した、

口を縦に開けて、腹筋で支えながら、脳天から音を飛ばす発声を鍛え上げた成果でしょう。


「白金の夜明け」のドキュメンタリーでひたすら練習してたアレ

例え彼女の過去や、ももクロとしての現在などを全く知らない者が聞いたとしても、

横浜アリーナというステージに立つ歌手として申し分のない歌声であると、私は思ったのでした。



そんな訳で私は、ペンライトを点灯したまま振ることもなく、

棒立ちで聴き入りながら、ただひたすら涙を流していたのでした。

歌が終わった時にはもう無我夢中で拍手していたような覚えがあります。

彼女はソロコンサートのvol.1からは、全編オリジナル曲で構成するつもりでいるようですから、

この曲を生で歌うのを聴くチャンスは、おそらくこれが最初で最後でしょう。

これを聴けただけで、私がこの場所に来られた意義があった。

まだコンサートも始まったばかりだと言うのに、私の胸は張り裂けんばかりに一杯になっていたのでした。


<つづく>vol.3




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-07-08 23:01:40

有安杏果ソロコン観戦記vol.1

テーマ:ももクロイベントレポート
さて今回から数回に渡ってももいろクローバーZの緑担当、

有安杏果さん初のソロコンサートへ参戦した感想を書きたいと思います。

もうまとめて書いたら大変な量になるので小出しで、回数も特に決めずにダラダラ書き綴ろうと思います。

ダラダラなのでいつもみたいな読みやすさは心がけないので、あまり期待せず御覧ください。




とりあえずグッズ買ったりなんなりの個人的なのはあまり面白くないので置いとく。

今回は貴重なチケットを譲って頂いたわけですが、引いて頂いた席が本当に素晴らしかった。

アリーナ席A10列目の真ん中あたり。センターサブステのど真ん前ビックリマーク

メインステージから、外周まで殆ど死角がなく観やすかったです。



開演は17:30分だったのですが少しだけ遅れてスタート。

オープニング映像が流れ、客席にも置いてあった12歳の杏果が20歳の杏果に宛てた手紙が映し出される。

武道館や横浜アリーナで歌う夢、変わらず頑張っているかといった不安が綴られたそれは、

正にこの日、この場所に立つ有安杏果そのものを表していた。

横浜アリーナ全体からすすり泣く声が響く。私ももちろん少し泣きましたよ感動

その手紙の最後は「では8年後に…」という言葉で締められていた。

そしてその答えは9年後、1万の観衆に埋め尽くされたこのステージで花開く。



横浜アリーナが暗転し、オリジナル曲「feel a heartbeat」が流れ始めると、

メインステージに張られた白幕の中に有安杏果のシルエットが現れる。


本当にこんな感じ

前奏が終わり、バンドサウンドが華やかにかき鳴らされると、

白幕が落とされ有安杏果その人が降臨しました天使

いつものももクロのライブとは違いovertureもPRIDEのテーマもないのに、

その興奮と歓声は一瞬にして最高潮に達っする。

杏果の声はやはり物凄く緊張しているとは感じましたけど、調子は良さそうでホッとする。

ここの所、肝心なときに肉体的トラブルに見舞われていたので、実は少々心配はしていました。

また目は少し潤んではいるものの、彼女は泣かないという約束を見事果たして歌いました。

その堂々たる姿はソロ曲を歌う1人のアイドルではなく、まさに独り立ちしたプロの歌手。

やはりソロコンということで、気持ちの入り方を凄く感じた気がしますね。

そしてこの「feal a heartbeat」という曲は、コンサートの始まりを告げるのにピッタリ。

更には夢を叶える瞬間にこれ以上ない歌だと思いましたキラキラ

ギターをかき鳴らす杏果の笑顔も晴れやかで、お客さんも乗せられて手拍子しました。

そう、この曲を含め、披露されたオリジナル曲では殆どももクロ曲のようなノリがなかった。

私はこの曲でウリャオイや杏果八文字などをぶっ込んで来るオタクもいるかなと思ってたのですが、

少なくとも私の周辺からはそのようなコールは聞こえず、

この日集まったお客さんがこのコンサートの意義を良く理解しているなと感心したのを覚えています。



そこから「Catch Up」「Another story」と、オリジナル曲の中でもノリのよい2曲を連続で披露。

この頃には杏果の緊張も軽くなったのか声がだんだん伸びやかに、

更にギターを置いてマイク1本、体を曲に委ねてノリノリになりながら歌いました。

この姿がライブ中のaikoさんの動きにめちゃくちゃそっくりにひひ

私は以前、wowowで浜崎あゆみのライブを見て以来、

あーりんのライブでの立ち振舞や煽りなどの格好良さはここがルーツと確信したことがあります。

そしてこの日の杏果のこの動きを見たことで、

やはり好きなアーティストのステージングには影響を受けるのだなと改めて思いました。

ただ杏果の場合は、元からある小動物的な可愛さがそこかしこににじみ出るのがオリジナル。

間奏で手拍子をせかす時に、頭上で手を叩きながらぴょんぴょん跳びはねる姿や、

時々片足を伸ばしたままビヨーンと上げる姿がめちゃくちゃかわいかったですね~ラブラブ!



オリジナル3曲の後にMCが挟まれ、この場所でコンサートが行われる喜びと意義が語られる。

そして歌で彼女のルーツを探っていくコーナーへ。

この後歌われる歌が、色々な意味で私の心を揺さぶることになったのです。


<つづく> vol.2



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。