YD2と隼の合体

その名も「虎隼」と書いてとらぶさ。

 

虎隼はYD2をベースにコンバートする「虎隼Y」

隼ベースの「虎隼H」の2種類があります。

 

まずはYD2ベースの「虎隼Y」

 

 

YD2のギヤボックス周りと足回りを流用し、

隼と共通のメインシャーシ専用のアッパーデッキ

組み合わせています。

 

 

ギヤボックスは、底面にギヤマウントと呼ばれるプレートを

取付けることで隼のメインシャーシに搭載可能としました。

 

 

アッパーデッキとリヤブレースを支えるバルクホルダー

専用品で、モーター冷却にスムーズな風を送り込むと見せかけて

ホントはデザイン重視のファンネル形状となってます。

ん~カッケー♡

(いや、整流効果もありますゼッタイ!)

下部の切欠きはモーター配線を通す為のもので、

配線スッキリ派には嬉しい形状です。

(配線太さは一般的な12Gまで)

 

 

さらに、カッケーファンネルを隠すことにはなりますが

市販の30mmファンも取付け可能です。

もっと欲張りなあなた、ヨコモオプションの

クーリングファン付きアルミブレース(Y2-303RBF)

を取付けるとダブルファンにもなります。

これでも足りないあなた、おでこにつけて

一旦頭を冷やしてください。

(バルクホルダーには写真上側のハイパークーリングファン等

30mmを超えるファンは取付できません)

 

 

フロントセクションは最大の武器となる

湾曲型スライドラックシステムに換装。

これによりセッティングの自由度が大幅にUP!

アッパーアーム、ロアアームを含めた足回りは

YD2を流用します。

当然ですが、隼とは違う部品構成となりますので

専用のデータ取りを重ね、ベースとなるセッティングを

割り出しております。

まずは取説通りのセッティングでお試しください。

 

どうですか?

走らないわけがないでしょ。

これでうまく走れなかったら・・・

 

あなたのせいです(-。-)y-゜゜゜ ナンチャッテ

 

 

続きましては隼ベースの「虎隼H」

 

対応車種:隼V1~V2、隼RR

 

ベース車両が違うだけで、組上りはYD2ベースの

虎隼Yと同じ構成となります。

 

違う点は前後の足回りです。

虎隼YはYD2の足回り、虎隼Hは隼の足回りを流用します。

 

隼のリヤ足はお好みのものが搭載されていると思いますが

それをそのまま流用して下さい。

 

隼を所有されている方はご存知と思いますが、

メインシャーシにはタミヤ、ヨコモYD、BD系、ドリパケの

サスマウントが取り付け可能ですので色んな足回りが

取付けできます。

 

主な構成部品

虎隼Y
・カーボン製メインシャーシ、アッパーデッキ
・湾曲型スライドラックシステム一式
・隼に採用のフロントアッパーアームブロック
・YD2ギヤボックスを隼メインシャーシに

 搭載させるためのギヤマウント
・ファンネル形状のバルクホルダー
・その他組立に必要なビス、スペーサー類

 

虎隼H

・カーボン製アッパーデッキ
・YD2用ギヤボックスAssy一式
・YD2ギヤボックスを隼メインシャーシに

 搭載させるためのギヤマウント
・ファンネル形状のバルクホルダー
・その他組立に必要なビス、スペーサー類

 

価格

虎隼Y:24,800円(税別)

虎隼H:20,800円(税別)

 

発売予定:4月20日

 

4月14日(金) 20時より予約受付開始します。

 

少数生産となりますのでご予約、ご購入は

お早目にお願いします。

 

少数生産しか出来ず、

いつもご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

 

↓ご予約、ご購入はこちらからお願いします↓

虎隼Y(YD2ベース)

虎隼H(隼ベース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る