九州横断道路で パン工房 を開く事を


ずっと思い続けていた
パン焼く 時・感

だが 冬になれば営業が出来ないとか?

ここのは不動産屋が無い為?

ここぞと言う 物件が乏しいとか?

観光地だから 色んな意味で

難題も多くあると

私は考える

以前は役場に物件を問い合わせたこともある



パン焼く 時・感


いつも やまなみハイウエーに来る度に

胸騒ぎがする



かに座かに座



おきゃくさ~ま・・・

テーマ:


時々 来られる不思議なおきゃくさ~ま・・・

「あのーカタイ いちじく パンありますか?」と聞く 


ここにあります と 言うと


「そう・・・と言っても 見もしないで  いつも クリームパンを買い


 「今度は いつ 焼きますか」と


いつも 帰りぎわに聞いてくる



おきゃくさ~ま・・・いちじくパンは・・・


カゼ

アンチィークな手作りチーズ

テーマ:

パン焼く 時・感


やはり この手作りチーズ工房もパンと


同じミュージアムで見ることが出来る



パン焼く 時・感

地元(スイス)ではシーズン中は 山中の工房で


パン焼く 時・感

スイスの家庭でチーズフォンジュをいただきました

白ワインがたっぷり入り 食べ終える頃

ほろ酔いになりました

パン焼く 時・感

薪を焚いてチーズを作るので 部屋がすすで汚れています


パン焼く 時・感


ここには 年代モノのミキサーとパン生地の分割機で

今も生地をこねている


パン焼く 時・感


スイスの田舎町をドライブ中 湖に近くに 古い民家や


昔の工房などが立ち並ぶミュージアムに立ち寄った


ヨーロッパの各国で作られているパンの見本がウィンドーに


展示されている


パン焼く 時・感

使いこなした古い石窯オーブンでパン焼く職人


火加減を見ながら 


1つずつ発酵したパン生地を木の板にのせて窯の奥へと

部屋の中は パンの香ばしい匂いでいっぱい


残念ながら 食べなかったが


今でも このスタイルでパンを焼いているパン屋があるそうだ





パン焼く人

テーマ:

時々 パン工房に パンやケーキを趣味で 


作る人が来ては


自分の色んな体験談を話て 帰りますが


生き生き していて 楽しそうですね


がんばってください


パー