杉並区議会議員 小林ゆみブログ

最年少の杉並区議会議員、小林ゆみのブログです。
元信託銀行総合職行員、元予備校講師という経済・教育分野における経験と知識を区政に活かし、杉並区をもっと住みよい街にすべく、日々奮闘中!


テーマ:
皆様、こんにちは!
小林ゆみです。


今年の決算特別委員会は、昨日(10月12日(木))で終了しました。
意見開陳では、我が会派の岩田いくま委員が、杉並区の前年度決算について、論理的で鋭い意見を開陳しました。

岩田さんの意見開陳の時、議場にいる皆が固唾を飲んで聞き入りました。
普段仏の如く優しく、且つこの上なく明哲な方の忌諱に触れると、怖いです…!

杉並区は、前年度保育緊急事態宣言の名のもとに、待機児童ゼロを必ず達成させる!と意気込み、複数の公園を潰して保育園を作りました。
それなのに結局、今年度始め、待機児童はゼロにはなりませんでした。
また、保育園が存在する地域に偏りがあり、それが解消されていない状況で、結果として地域同士の対立を生んでしまいました。

それにもかかわらず、最近、保育課が保育園整備に関して区長から表彰されており…。
待機児童となってしまったご家庭への配慮が為されていません。

待機児童を無くすための取り組み自体は勿論必要ですが、やり方が強引すぎました。
しかも、表彰という形で自画自賛。
いみじくあさまし。

その他にも、本庁舎建て替えなどの経費が近い将来必ずかかることが明確であるにもかかわらず、財政状況は悪くなるばかり…。
区が自分で定めた財政目標値は、28年度も守られませんでした。

財政を引き締めねばならないのに、生活保護費の焦げ付き(取り立て損ねた金額)は年々増えており、更に生活保護受給者に塾代上乗せはし続ける。
これでは、未来の杉並区財政は不安でしかありません。

我が会派は今後も、健全財政を目指し、区に対して論理的に冷静に提言をして参ります。


本日(10月13日(金))は、第三回定例会で提出され、これまで各委員会において審議されてきた議案について、議決をしました。

明日以降、今回の第三回定例会の総括として、またブログを書こうと思います。


さて、表題の10月10日(火)は、決算特別委員会にて教育費や都市整備費について審議する日でした。
小林ゆみは教育費に関し、補習授業支援について、部活動について質問しました。

↑小林は、10月10日の「その1」の、53分05秒からです。
10月16日(月)以降は、「その1」、「その2」…という分け方ではなく、委員ごとに分かれていると思います。

{207FC224-97E1-4080-A5CF-8EDEC203E00D}

杉並区は、夏、秋、冬に「パワーアップ教室」という補習授業を行っています。
夏は自分の通う学校で、秋、冬はセシオン杉並などで開催しています。

学校の先生のほかに、外部の講師の方や、ボランティアの講師の方も指導にあたっているとのことです。
地域の方の協力があるのは有難いことですね。
ボランティアの方だけでも、平成28年の夏季パワーアップ教室には39名いらっしゃったことが質疑において判り、嬉しい驚きでした。

また、秋、冬のパワーアップ教室(休日パワーアップ教室)は応募者が年々増えており、会場をより広い場所に変えるなどしていることから、区の取り組みが生徒さんたちに支持されつつあると判りました。

その一方で、杉並区では、平成25年から生活保護受給世帯に対し、区ならではの援助をしており、その中に「塾代上乗せ助成」も含まれています。

塾での指導は確かに素晴らしいものかもしれませんが、区が塾代上乗せ助成を率先してやってしまったら、自らの公立学校での教育の質を否定することになってしまい、公教育の質の向上についての諦念が見られます。

{0C6E3452-6B8D-49CA-9D9D-8901E8A4A9D3}

また、(恥ずかしながら、昔の私のように)貧しいけれども生活保護を受給しておらず、我慢して塾に行かなかった、行けなかった子は、学校での授業と家庭での自習で頑張るしかありません。
だからこそ頑張れた、ということもあると身をもって感じられますが、そういった生活保護ギリギリアウトの子供が一番苦労する、というのは問題だと感じます。

生活保護を敢えて受給せず、頑張っている家庭の子は塾に行けないけれど、生活保護受給世帯は塾代も、修学旅行代も、お風呂代も出る。
これは本当の意味での平等な施策なのでしょうか。

兎も角、杉並区は公教育の質の向上に向かって直向きに努力すべきであり、塾代上乗せ助成のような施策は、最終手段として取っておくべきです。

区はパワーアップ教室のより良い在り方を模索するとともに、学校での通常授業について、もっと質を上げられるような具体策を打ち出す時に来ています。

質疑において、そのような公教育の現場での指導をもっと拡充させるよう求めました。
今後も公教育の質について、提言していきます。

{5BA73716-7E3C-4874-8517-51CF95EA6FEF}

二つ目の質問項目は、部活動についてです。
先日、杉並区内の公立中学校に伺った際、生徒さんたちとお話をしていると、彼らのうちの大半が部活動についての不満を持っているということを聞きました。

聞くと、部活動に来ない先生が多過ぎる、先生が部活動で行っているスポーツや活動に精通していない、先生と外部人材の方との指導方針が違い、対立している…
などなど、生の学生さんならではの視点で語ってくれました。

これらの問題を、前年度決算数値の分析から入り、どのように解決できるかを確認しました。
その結果、外部人材を更に活用して、事態の改善を図るとのこと。

教員の方のワークライフバランスの問題も叫ばれる昨今、外部人材の更なる活用は私も賛成です。
地域の活性化にも繋がるため、外部人材には地元学校の部活動に積極的に協力して頂き、子供たちの部活動における悩みが軽減されると良いと思います。

以上、10月10日の決算審議の報告でした。
少しでも来年度の予算編成に意見が反映され、区民生活の向上に資することを願います。


本日で今年3回目の議会は終わりですが、区役所本庁舎は衆議院議員選挙の期日前投票で賑わっています。

自分の都合の良い時に投票できる制度は素晴らしいですね。
是非皆様も、日本にとって本当に良い政策を打ち出す候補を見極め、投票に行ってくださいね。

因みに本庁舎では、現在「なみすけフェア」も行なっております。

{60E9A696-A21C-49B6-9945-2B7CF03D400A}

杉並区のゆるキャラ、なみすけの新作グッズが一階のコミュかるショップに並んでいます!

{3718A1E5-C2ED-4946-B7A6-9EC840BA7B6C}

山ガール・山ボーイになれそうなパーカー!

{53C91B8C-86C7-424B-A388-C6E2B386FDC8}

赤ちゃんも安心してヨダレを垂らせる(!?)スタイ!

{7BC768FF-8A56-4DC4-A6E6-DE182A253D12}

エリカ議員も興味津々(^-^)

皆様も是非、杉並区本庁舎に寄ってみてくださいね。
お読み頂きありがとうございました。


小林ゆみ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。