アルバム「monsoon jam」の1曲目を飾るのは、インストナンバー「6:00am」。




もともとは「monsoon jam」というタイトルでインストを作ろうってことで用意された曲だったんじゃないかな。


tomo-kunがクロマチックハーモニカを購入して、それを前面に押し出す形で1曲やろうってことになって、かっつんがメロディーラインを作った。

※訂正 詳しく聞いたら、曲が先に出来たらしい。「このメロディーラインを活かすのはクロマチックハーモニカだろう」と、かっつんがtomo-kunに購入を勧めたようだ。




アレンジが進むにつれて、鳥のさえずりを入れようって話になった。


たしか言い出したのがかっつんで、この曲をレコーディングする2日前くらいだったかな(笑)




リズム隊とアコギが順調に録り終わって、クロマチックハーモニカもなんとか録り終えた。


その後、BOVAが用意してきた笛なんかを、たむとBOVAと俺で録音。




聴いた方には、鳥の鳴き声のサンプリングか?と聞かれることが多いけど、あれは全部笛等で録った生音です。小川の音や、風で木々が触れ合う音なんかもすべて、パーカッションのBOVAのアレンジ。楽器の音です。


それをバランスよく振り分けたりして、今の形になってます。ちなみに一番最後の笛の音は、天高く舞うトンビの鳴き声をイメージしてる。




この段階で、曲全体が森の中のイメージになってきて、「monsoon jam」ってタイトルじゃ変じゃないか?って話しになって(これもたぶん言い出したのはかっつん)、スタジオの中でみんなで曲のタイトルを決めはじめた。




あまりピンとくるタイトルが出なくて、2,3日かかったような気がする。ある日かっつんが「6:00amは?」と言ってきて、俺が気に入って、みんなもそれでいいって話になって、「6;00am」になった。




目をつぶって聴くと、深い森の中に朝日が差し込み始め、小鳥達がいっせいに目覚めるような光景が浮かぶ。太陽の匂いがして、緑の中で「さぁはじまるよ」と木々が唄うんだ。




アルバムのオープニングにふさわしい、インストナンバーだと思う。




●雨奇風好●rainman_daisuke border=

AD