汽車&バスで旅する北海道

 
広~い大地を車なしでも自由に旅したい! 北海道と鉄道旅を愛する私の旅の記録です。

旅行記の他、北海道・鉄道・旅に関する事を綴ります。


テーマ:

もし営業していたら立ち寄りたいと思っていたカフェは、やはりお休みでした。この時期は冬季休業に入っているお店も多く、冬の訪れが近いことを実感します。


■四季彩の丘


夏には観光客で溢れる四季彩の丘も、今はとても静か。咲く花は少なく華やかさには欠けますが、何よりここから見渡せる丘の風景が、秋の ”彩”


ここでも 「ロールちゃん」 が迎えてくれました。



十勝岳連峰がうっすらと。



”北あかり” のコロッケ。四季彩の丘の農場でとれたじゃが芋で作られています。サクサク&ホクホク、この景色の中でいただくと、また格別に美味しい♪


■深山峠


美馬牛駅を起点としたお散歩コース。四季彩の丘から美馬牛駅に戻るショートコースでも十分楽しめますが、今日はまだまだ歩きます。


観覧車(未だ健在なんですね)を見ながら坂を下り、踏切を渡ると今度は上り坂。国道237号(富良野国道)に出た所が深山峠です。


国道から東側の眺め。


国道を渡り(交通量が多いので注意!)、広大な畑の間の道に入ります。以前冬に歩いたとき、スケールの大きさに圧倒され、季節を変えてもう一度歩きたいと思っていた道です。夕日でオレンジ色に染まる丘を、うねうねとアップダウンを繰り返しながら上っていきます。



振り返ると、国道が谷の底になって見えません。



■ジェットコースターの路


国道から歩いてきた道が 「北34号道路」。それと交差する 「西11線道路」 がこちら↓


有名な 「ジェットコースターの路」 あのてっぺんの向こう側もぐわ~んと急な下り坂になっています。まさにジェットコースター。


美馬牛駅方面。この道を歩いていきます。


畑の中に横一列に火が灯っているようなものが見えて、何だろう?と近くまで行ってみると、ビニールハウスに反射する夕日でした。


それにしても、美瑛の丘の夕暮れはいつも美しすぎる・・・ 何とも表現のしようのない空の色、ポプラの木のシルエット、彗星のように流れる飛行機雲。





再び国道237号(富良野国道)を渡り、道なりに進むと美馬牛駅です。振り返ると、歩いてきたジェットコースターの路が空に向かって延びているのがよく見えます。


日が落ちると昼間の暖かさがウソのよう。心細くなって早く駅に辿り着きたいのに、残照に包まれる丘の美しさについつい足を止めてしまいます。




■美馬牛駅~帰り道


濃いブルーに包まれる美馬牛駅。ホッとする小さな駅舎の灯り。


待合室のストーブに火は入っていませんでしたが、手作りの座布団の温もりに心が和みます。





ほんのりと残っていた残照が闇に変わる頃、ヘッドライトを灯した汽車がやってきました。


行きはそれほど感じないですが、片道4時間半、帰りは長く感じます。富良野・滝川で乗り換えてようやく札幌に到着すると、隣りのホームに 「急行 はまなす」 が。美瑛・富良野から帰ってくるといつも見ていたこの光景も、今では幻となってしまいました・・・




長い冬の眠りにつく前の輝きを見せてくれた美瑛の丘。訪れる度に 「この季節が一番きれい」 と思わせてくれるし、何度訪れても飽きることがないどころか、美しさがどんどん増しているように感じます。


100年以上かけて、土地の人々が生活のために苦労して作ってきた美瑛の景観。敬意と感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。



今年もまた、美瑛の丘が黄金色に染まる季節がやってきます。



紅葉旅2015 ~黄葉の美瑛さんぽ~ END

AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。