硬派な年金講座

皆様ご訪問頂きありがとうございます。皆様のお役に立てるブログを心掛けております。

ご訪問頂いたご縁に感謝致します



福島県の特定社会保険労務士の管野泰寛と申します



現在は障害年金をメイン業務として扱わせて頂いております



このブログでは年金の内容をメインとして綴らせて頂き、自らの研鑽とともに皆様に役立てるブログとなれば幸いです




業務内容等ホームページの内容を改定させて頂きました。



クラールハイト社会保険労務士事務所





ご訪問を心からお待ち致しております。





NEW !
テーマ:
皆様こんにちは。

今回も老齢年金請求について触れていきたいと思います。


年金の基本権と支分権の考え方については前回触れた通りであり、支分権は時効の援用対象となっています。

つまり、給付を受ける権利そのものは時効の援用はなくても、各支払期ごとに給付を受ける権利は時効で消滅することになります。


言い換えると、受給権発生時点から5年を経過していない場合には、加給年金や雇用保険等が絡んで請求が複雑になることはあっても、支分権が時効消滅しない以上、遡及請求だったとしても年金の給付は遡って全額支給されることになります。

【補足事項】

支分権は5年で時効にかかるわけですが、実際にどの時点で消滅するかについての時効の起算日は支払月の翌月の初日となります。

例えば5年前の2月に受給権が発生し支給開始が3月である場合には実際の支給月が4月となりますので、支分権の消滅時効が成立するのは、5年後の5月1日となります。

※受給権発生後の支給開始は受給権発生月の翌月分から
⇒その後各偶数月に支給

つまり、消滅するのは実際に5年後の5月1日に到達したときに時効消滅となるのであり、受給権発生時から5年後ではありませんので、それまでに請求した場合には消滅時効にはかからないことになりますので注意が必要です。

なお、時効消滅するのは5年を経過した部分についてのみとなります。


次回も老齢年金請求について触れていきたいと思います。

押して頂ける全ての方に感謝を
 
皆様にとって本日も良き1日でありますように

本日もお読み頂きありがとうございました (^-^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。