フクモト珈琲さんから、自家焙煎スペシャルティコーヒー豆が届きました。

我が家では毎朝、ハンドドリップで珈琲を淹れています。
子供が小さくても、ゆったりと朝の美味しい一杯を淹れて飲むのが
私の大切なリラックスタイムです。

頂いたのはカメルーンジャバロングベリー200gです。
$福ちゃんの笑門来福

スペシャルティコーヒーという言葉、今回初めて聞きました。
何やら、全部のコーヒー豆のうち5%しか出回っていない貴重な豆らしいです。
その定義については、フクモトさんのHPに詳しく載っているのですが『養殖ではない天然物のコーヒー』なんだそうです!!

早速淹れてみようと、さらにフクモトさんのHPで美味しい淹れ方を確認。
 
頑固親父(失礼あせる)のうんちくの詰まったHPは,面白くて読み応え十分。
でも、珈琲探訪No.3を見て、「がーん叫び
無漂白のペーパーフィルターがいいのかと思って使ってました。
在庫が終わったら漂白のフィルターを買います。
いやあ、勉強になります。

気を取り直して、豆を見てみるとかなりの粗挽きビックリマーク
色も明るいです。
$福ちゃんの笑門来福

ちなみにウチが普段飲んでいる豆はこちら。
全然違う!
$福ちゃんの笑門来福

珈琲探訪No.2のコーヒーの抽出についてで「荒挽きのマイルドなコーヒー」を目指していると書いてあった意味が分かりました。

粗挽きで上手く淹れられるか不安でしたが、
「適正に焙煎された良質のコーヒー豆を使用していれば必ずそれなりの味はでます。」
の言葉に後押しされて、淹れてみました。
$福ちゃんの笑門来福

出来上がりは、確かにマイルド。
飲みやすくて美味しいです。
$福ちゃんの笑門来福

でもね、この”カメルーン ジャバ・ロングベリー”は、『ブルーマウンテンとの品種との繋がりもあってか、まるで、ブルマンそのものの風味に、キリマンジェロなどにも代表されるようなアフリカ産コーヒー豆独特の深い酸味も兼ね揃えた、「いいトコ取り」なコーヒー』なはずなんです。

私には、フクモトさんが職人技で挽いたジャバ・ロングベリーの良さをまだまだ出し切れてないしょぼん

そう思って,一番身近なコーヒーを淹れるのが上手い人に淹れてもらいました。

実はウチの母は、かつて喫茶店をしていたことがあるんです。


母が長年愛用しているポットです。
ペーパーフィルターも白いわぁ。
$福ちゃんの笑門来福


そしてお味は。。。
$福ちゃんの笑門来福

やっぱり,全然違うショック!
苦みの後に酸味がしっかりありました。

母は、コーヒーを淹れる時の愛情が足りないんじゃないと言っていましたが、
ホント、まだまだ修行が必要です。

これで、200g960円はかなりリーズナブルです!!

今月のお買い得セットや、モニター募集の載ったフクモトさんのHPはこちらです。

とっても美味しかったですラブラブ!
どうもありがとうございました。

AD