1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年10月02日

映画「ビューティー・インサイド」

テーマ:海外ドラマ・映画

ビューティー・インサイド

http://spotlight-scoop.com/

 

2016年1月公開。

 

原案はカンヌ国際広告祭グランプリを受賞し

話題となったソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」。

 

インテルと東芝の合作で制作された40分あまりの物語を、

韓国のCM界を代表するペク監督が映画化。

 

主演のハン・ヒョジュ。

 

眠りから覚めると外見が変わってしまう主人公の

恋愛を描いた韓国製ファンタジックラブストーリー。

 

男性の主人公が、男性、女性、年齢国籍問わず、

目が覚めるたびに外見が変わるという設定のため

なかなか飲み込むのに時間がかかる。

日本人になった時には、言葉は日本語。

韓国語は理解はできるけど話せないという

ややこしい役どころ。

 

毎日顔が変わるため、人に会わない仕事をしている。

そんな主人公が恋に落ちる。

デートに誘うが、最初の顔で逢えるのは

寝ないで過ごせるだけの時間しかない。

 

翌日には知らない外見になっている人を

愛していくことができるか…といった

深い意味を込めたラブロマンス映画とのこと。

 

主演のハン・ヒョジュが好きで

この映画を選んだ。

整形顔でもないし、控え目な印象のところが

リアル感があっていい。

彼女は日本人と絡むことが非常に多いと思う。

日本にもなじみやすい顔、というか雰囲気が

いいんだと思う。

日本語もお上手だし。

 

どんなに中身が「運命の人」だと思っても

翌日には女性になっていたり

ある日は子供になったり。

そんな人を愛してたら

精神的に不安にもなるよね。

 

せめてなぁ。性別だけは…と

真剣に考える自分がいたので(笑)

映画を見た意味はあったかも。

 

以上、映画メモでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年09月24日

「シン・ゴジラ」

テーマ:海外ドラマ・映画

あれほど

「リアルが大事」

とか、

「リアルさのないアニメとかSFとか

興味がない」

とか、

三日に一回ぐらい文句言っているこの私が

 

なぜか、ここ最近観たいといっていたのが

シン・ゴジラ」と

「君の名は。」

 

ちなみに、君の名…に関しては

6月から言ってたんだから

流行りの?予測?っつーの?

…なワケですよ。(…な、って?)

 

シン・ゴジラについては

「私=リアル信者」の完全な負け(?)であって

映画の宣伝がメディアに入りだしたころ、

「なんか地味な主役でやってまんな…」

ぐらいにしか思ってなかった。

 

その地味なリストに

私の好きな俳優、高橋一生さんが出ていると

気づいた時から俄然興味がわいてきた…という勝手。

 

ということで、

一時期の爆発的な混みようを避けた某週末に

独り映画館へと向かったのです。

やっぱりね、ゴジラは迫力確認のためにも

映画館で観たいじゃない?

 

「君の名は。」も、まだ観たい欲があるんだけど

中年女子のおひとり様はツラくない?って

まぁアニメだし?DVDでもいいかぁーと

舐め腐った感じでいます。はい。

 

で。感想は、というと

 

…時間が経つのを忘れてた。

正確に言うと「時間が気にならない」という

気は持っていたけど(笑)、夢中になって観てた。

 

「本気でゴジラが来ちゃったら逃げようがないな…」とか

「高台?地下?どこに行けばいい?」とか

真剣にドキドキしてた。

 

人間を描いている部分が

とても皮肉めいてもいて

今の日本の嫌なところとかイイ感じに描かれて

そこでリアルを感じ取れたんですよね。

そこからは脳が騙されたかのように(笑)

受け入れができるようになって行くのです。

まぁ、うまくできてますわ。

 

そして次から次へと出てくる

中堅からなんやからの出演者の多さね。

いったい、いくら掛けてんだよぉおお…と

心配になるぐらいのキャスティング力。

 

「あ、今の誰だっけ…」と役者の名前を

思い出そうとしている合間に

その人の出演シーンは終わってしまうんだ…

贅沢な使い方してるなぁぁ、って。

 

それに加えて、「俺が上だ」とか

役者同志のヒエラルキー争いがなさそうな布陣で

そこも良かったなぁ。

実際はあったのかも知れないけど(笑)。

 

もっと、日本のエンタメの監督クラスの方々は

埋もれた名優がたくさんいることを

この映画で再確認したほうがいい、と

思ったりしたもんさ。ええ。

 

内容の細かなことは書きませんが

いい映画でした。

もう一度ぐらいなら観たいもん。

 

 

 

 

 

雑記的なメモ。

映画中、流れていた曲に聞き覚えがあり

「こんな映画でもサントラがオリジナルじゃなくて

使いまわしたりするのかな?」と

思ったけど、よくよく考えたら

たぶん、昔のゴジラのサントラ音楽なんだな、って。

そりゃそうだよね(笑)

 

あと、昔、小さな劇場で観て

「つまんないなー」と思っていた芸人さんが

セリフもあるなかなかインパクトある場面に

俳優として立派に出演されてて

「よかったねぇ~」と思ってました。

名前思い出すまで大変でした(笑)。

 

帰りに寄り道。

“おふくろの味”パキーマオ。

 

 

帰りにナンのお土産まで頂いちゃった(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年03月07日

CSI

テーマ:海外ドラマ・映画

見たいドラマリストが尽きてしまい

CSI初期のものを見返しているんだけど

みんなキャストが若くて驚く。

グリッソムとか超若いし。


いや、そんな前ではないはずなのに…


そんなことないか、だいぶ前か…?


この人とこの人ってこんな険悪に

尖ってたんだーとか。


アカデミー賞の助演女優とった

パトリシア・アークエットは

そんなにミディアムの頃から変わっていないのに…


ミディアムは2005年からか。

CSIは2000年からだもんなぁ…



月日の経過がおかしくなってくー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年02月15日

おとなの恋には嘘がある

テーマ:海外ドラマ・映画

そういえば、

高校時代

洋画の原題と日本公開時のタイトルを

比較するの好きだったなーと

思い出したのがこの作品。


おとなの恋には嘘がある[DVD]【D2014/9/3発売】



「Enough Said」が原題なのである。


確かに日本語直訳すると

「もうわかったから」とか

「もう言わんでもええ」(勝手に関西弁)

みたいな意味になるから

仕方ないのだろうけども。



………。



あー、そういえば

信頼している占い師さんに

「あなたは、デブな男が大嫌い」と

なんども言われているのだけど

そうなのかなぁ…と

この映画を初めて認める気になったから不思議(笑)。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年02月14日

映画を初日に観に行くなんて「味園ユニバース」

テーマ:海外ドラマ・映画

映画「味園ユニバース」

主演:渋谷すばる



すばるさん贔屓で

観に行ったのは打ち明けますが

今まで観た関ジャニ関連の

映画のどれよりも気に入りました。


大阪が舞台に描かれているのですが

まだこんな風景があるんや!!と思いつつ

あるわなぁ…、となり。


こんなバンドがあるのか!!と思いつつ

(「赤犬」さんというバンドが出てます)

いやいや、おるんよねぇ…となり。


癖があると言われて

好き嫌いの分かれる渋谷すばるの歌声が

純化してて、しっかりとポチ男の歌声になり。


技術と感情のバランスが程よく

引き算がちゃんとできている映画のように感じました。



この映画を「すばるのPV」と言っている声もあるそうですが

今までさんざ、PVと化した映画なら数多く見てきて(笑)

これは少し違うんじゃないかな、と私は思います。



あー、楽しかった。


帰り、映画館の出口で

ぴあの初日調査を受けました。


なんか貢献できてよかった(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。