1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月04日

start、restart

テーマ:お出かけ記録
初詣の代わりに
毎年行っている「誕生日」詣のため
朝早くから江の島へ。
 
 
江ノ島を楽しむなら、
午前10時までには現地についておきたい。
電車の混雑も巻き込まれないで済むし、
ゆっくりと参拝できるし、
富士山も綺麗に拝める。
 
 
 
辺津宮も並ばずにお参り。
多少、変な女、という目で見られるが
混雑し出してきてからのほうが
もっと痛く刺さるので、このぐらいがやっぱりいい。
 
今回は御朱印も頂いてきた。
これだけ来てるにもかかわらず、
一度ももらったことがなかった。
写真には撮り忘れたが、なんとなく
「可愛い」感じの御朱印だった。
 
おみくじは、箱の中から引くより
やはり人の手を介したものがいい。
バイトであろうお兄さんから「31」番の札を受け取る。
 
「吉」だったけど
教えの言葉が、なんとなく
自分にはまった。
 
 
てっぺん付近の道からも富士山が見えた。
ここはいつも、たこせんを買い求める人で
向こう側の景色を見るようなこともなかったけど
ここからも見えるんだなぁ。
 
道行く途中、
河津桜が満開だった。
 
 
年寄りは、花の写真をすぐ撮りがち……とか
からかわれそうだけど
これだけ見事に咲いていたら
さすがに撮っちゃうでしょう!!というぐらいの咲きっぷりだった。
 
 
近くにいたお母さんが
「これだけ咲いていたら、大吉だよ!
こりゃ~、大吉だね!!」
と、連れのお父さんに大声で話しかけてた。
 
多分、私と同じく、おみくじは大吉で
なかったのだろう(笑)。
 
 
春はもうすぐ。
 
朝早いゆえに、
続くキツい階段の休憩所となる、誘惑の店たちは
まだ開店前。
 
ただ黙々と参拝する…。
 
奥津宮まで来たぜっ。
奥津宮まで来ると、もう誰もいないぜっ。
 
友達との待ち合わせまでの間、
ファーストキッチンでお茶……じゃなく
朝ビールを決め込む。
 
周囲には地元の高校生と思しき
朝練帰り軍団が、朝飯中。
なんか、ごめん。な気分(笑)。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
午後になり、友達の子供に
半年ぶりぐらいに会った。
 
以前は、伝い歩きがやっとだった子が
今じゃ一人でとことこ歩く。
 
自分の子供もいなければ、
妹弟と育った記憶もなく、
稀に子供のいる友達がいても
私のような要注意人物にはなかなか
会わせてもらえない人生だったので(笑)
子供のそういったしぐさを見るのは
何から何までも目新しい。
 
人はいつから言葉を話し
熱いスープをひっくり返さなくなり(笑)、
アンパンマンを卒業するのだろう…
と、他人事ながら、いや、他人事だからこそ?
その子の成長が楽しくなってくるのである。
 
自分の記憶なんてもうとっくにないけど
こんな風だったのかなぁ、と思ったり。
 
以前あった時には、名前で呼んでいたのが
「パパ」「ママ」になっていた友人の変化にも
すごーいってなったし。
 
家族のない私には、全てが新鮮!!
そうだ、こんな時があったんだ、多分。
 
Yちゃんは、人見知りもせず
比較的大人しくて
でも時々、当たり前だけど赤ちゃんらしく泣く。
 
お父さんの肩付近に頭をうずめて
すーっ、と泣きやむ。
 
その頭のうずめ方が天才的な角度で(笑)
あー、こんな風に甘えられたら
男の人(この場合、父だけど)はたまんないだろうなー。
 
私がその位置に頭をうずめるとなると
相手は身長いくつ必要?
ってか、おばさん泣いても可愛くないし
怖いだけだろうな………
 
と、つまらぬことを考えてたことを
ここに謝罪します(笑)。
 
眠いときに寝て、
遊びたい時に遊んで
やりたいことをする。
泣きたきゃ泣いて
笑いたければ笑って
甘えるだけ甘える。
 
やっぱり、子供は羨ましいぜっ。
とりあえず私も
泣きたいときには泣けるようになりたい!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年01月15日

求ム、関西弁。~大阪旅行パート2~

テーマ:お出かけ記録

昨夜から続く、半年に一度ぐらいの

友達とのコミュニケーション祭りですが、

日常が、仕事場と孤独な独身生活の繰り返しなもので

その影響でか言葉がスムーズに出て来なく、

滑舌もダメダメだし…

完全に言語に障害が出てる…やばい…。

 

昔のように、一人ラジオごっこして

(それもどうなの?)

リハビリをしなければ……

2017年の目標ができました(低い)。

 

チェックアウト時間まで

二時間の余裕を持たせながら

ホテルを出て、なんば方面へ。

 

ここでまた、物知りな信頼できる友人から

(特に食べ物の味に関する信頼は抜群)

梅田にいいお土産があるよ、と情報が。

予定を少しだけ組み替えて、お昼は梅田にしました。

 

 

とりあえずは、午前の予定から。

ここはもう、聖地みたいなもんなんで照れ写真だけ。

日差しが強くて、顔反射しちゃうじゃーん。

 

 

 

前回の大阪旅行で

「朝から一人たこ焼きを食す女」に関する

恥じらいを取り払うことに成功したため

今回も朝からたこやき。

それも、ハイカロリーな天かす乗せ。

店員のコテコテ関西弁のお兄ちゃんと

会話できるのも楽しい。

 

あのね、天かすがソースの水分を

吸っちゃうのね(笑)。次回からは別のにする!!

 

前夜の飲み会で、話が面白すぎた関係で

食べるのを忘れてておなかが空いてたの(笑)。

怖いわ、デブの習性って。

 

そして、次に向かったのが……

 

 

 

…え?

って、お思いになられました?

 

「そんなに貢いでもしょうがないのに。

通い詰めたって、キャバ嬢なんて

なんもしてくれないよ?」

そうなのよ!!

キャバ嬢に貢ぎまくるおっさんたちに

何度そんなことをいって説教したことか。

 

まさか、自分が犬キャバで…2日連続だなんて…

それも旅行先で……

他に観光するところ、あるだろうが…

 

 

でも、可愛いんだもん。

プティ、可愛いんだもん。

そっけないけど、可愛いんだもん。

 

 

生まれて初めて接した犬が

マルチーズだったこともあって

マルチーズには特別な思いがあるんですねぇ。

 

はー、かわいい。

 

こちらは、こむぎくん。

同じくマルチーズ。

 

 

昨日はなかなか写真に収めにくかったつくねちゃんも

全身撮影に成功しました。

 

今回は「おやつ」チャンスもあったので

お気に入りの子にあげようと手に持った途端…

犬に飛びつかれるの巻。

 

特に、このチャイニーズ・クレステッドの

ななちゃんは、食欲旺盛なのか

ものすごい力強く爪をひっかけてくるのですよ。

おとなしそうな顔をしているのにぃ。

 

つくねおいで!!

(ななちゃんのおねだり足蹴り)

プティおいで!!

(ななちゃんの激しい求エサ)

 

他の犬も加わっての激戦の中

つくねにもエサを…と思って

つくねの顔の前にエサを出すんだけど

キャッチが遅い(笑)

他の子に奪われちゃうよぉ。

 

……って、そんなところも可愛い。

 

ころっと寝ている、ぴめちゃん。

 

手が(脚が)可愛い~。語彙なぁい…

 

 

と、大阪滞在の大半を、この犬キャバで過ごしたのでした。

 

ちなみに、この話を男性にしたところ

「あはは。でもキャバじゃないよ。

だって下心ないでしょ?」といわれて

とても納得がいったのでした。

 

 

さ。大阪ラスト飯!!

 

梅田に移って、教えてもらったお土産をGET。

大阪来ても、あんまり梅田には来たことないんだけど…

東梅田?まで駅構内を迷うことなく移動。すごいじゃん、私。

 

踊るうどん 梅田店です。

一人の気恥ずかしさから、写真を慌てて撮ったので

なんか美味しそうに見えませんけど…

「肉まいたけ天温玉ぶっかけ」です。

なにを思ったか間違えて、冷たいうどんで頼んでしまいましたが

美味しかったです。店員さんの対応もとてもキビキビしてて

 

おばさんの(失礼)関西弁が聞けてうれしかったです。

 

 

帰りの新幹線。

新大阪発、ということで

出発自体は遅れないとのこと。

 

東京までは、29分の遅れでした。

 

雪~。

 

また、大阪、来たいな。

 

プティとつくねに会いに……叫び

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月14日

スペシャリストたちとの大阪の夜

テーマ:お出かけ記録

今日これから書くことは

私の周囲の方々のことなので

周囲の方々勝手に語ってごめん、とだけ

先に謝っておきます。

 

冬の大阪に旅してきました。

前日から、太平洋側でも大雪の可能性!!と

散々脅されてて、

無事にたどり着けるのか不安に思いながら

雪対策の格好で自宅を出ました。

傘は忘れたけど。

 

東京駅に向かう途中、

現地で落ち合うことになっていた友人から連絡が。

雪の影響を考えて、時間を早めて

私と同じのにしようと思っている。

なんだったら、せっかくだし

近くの席を取ろうかと思って、とのこと。

 

私の席番を伝えて、数分。

「隣の席、押えました」……

すごいし、早いし。

私がもし会社経営者なら

秘書として雇いたいぐらいです。

 

いつもその友人とは、バラバラで目的地まで向い

現地で落ち合うんですね。

今回は東京駅からスタート。

いやぁ、ドキドキワクワクですよ。

 

合流したのち、程よき朝食の店を教えてもらい

おにぎりとお漬物を購入。

このお漬物が美味しい。

東京駅を知り尽くす友人のおかげで、

朝からご機嫌です。

 

途中、雪が激しくなってきたころ、

車内からぱしゃり。

 

心配していた新幹線新幹線

15分程度の遅れで済みました。

 

 

傘を持たない私(コピーライトシゲアキ先生)は

大阪で傘を買うことも考えていましたが

大阪は晴天…?の様子。

「傘、いらなくね?」と、友達に何度も確認して

一発屋のギャグぐらいには、二人の間で

流行った始末です。

 

取り急ぎ、旅の第二の目的地に向うため

ここで友達と一旦解散。

 

ずっと行ってみたかったんですよぉ…

友達を置いて行くのも心苦しいですが

誘うのはもっと心苦しい趣味の世界で…

 

 

 

じゃん。気合いピスケカナヘイびっくり

 

 

犬キャバ~。

 

 

私、「犬キャバ」って自分発信の言葉かとニヤリ

思っていたんですけど

ここの店長さんも、犬キャバと言ってらして。

あ、この気持ちをわかってくれる人がいるんだ…と。

予てから、一度訪ねてみたかったんです。

 

基本長時間滞在仕様のようで、

一番短くても、50分~。超ロングは300分。

長い時間にすると、おやつがもらえて

犬たちの視線とおねだりを独り占めできるという(笑)

サービスもあるそうで。

 

この話を、友人にしたら

「誰のおやつ、って話ですよね?」と言われましたが

そう、もちろん犬用です(笑)。

 

分単位にすれば、東京よりはるかに安い。

ちなみに、飲み物はしっかりと付きます。

私の常連店は飲み物なしでの値段なので

それを考えるとお安いです。

海外旅行客で超混雑…ということもないし

落ち着いた年代の常連さんが多くいたのが特徴的でした。

 

おやつ+常連さんでは、

イチゲンさんは、適いっこなく、なかなかの試練…

…というのもキャバ的ですよねとびだすうさぎ2

 

あと、東京のソレと違って、

元気な子たちが多いというか…

なかなか触らせてくれないショックなうさぎ

 

ちょっと猫カフェの気分。そんなそっけなさ。

 

犬にスルーされる時間が過ぎていき…

時々、大人のわんこさんたちが

気を遣って(笑)私の元に来てくれる。

 

そんなところもキャバっぽい…

本物のキャバには行ったことないけど…

 

 

気の強そうな(笑)シーズーのあいちゃん。

顔を近づけると噛む時もある、と聞いて

ドキドキしながら触らせてもらってましたが

大丈夫でした~。

ずっと、ペロペロと私の手を舐めてて……

なんか味でもするかなぁ?豚足的な?出汁とか?

消毒した後だけど…

 

 

↓この子に会いに行ったといっても

過言ではない、つくねちゃん。

 

足が早いんだ~あんぐりうさぎ

 

 

…かわいいカナヘイハート かわいいラブラブ……

 

でもね、開店と同時に入り込む予定が

新幹線遅れちゃったじゃないですか。

お店の混雑に重なっちゃって

「待ち時間」が出ちゃったために、

予定が大幅に狂い出して…

 

超ショート滞在……

 

ひとりだし、初めてだし、緊張したし!!

もっと構って!! わんこたち!!

 

…で。

大急ぎで友達のところに戻るわけです。

なんばから心斎橋まで。

競歩みたいな女性を見かけた方、それ、私です。

 

先ほどの旅のパートナー含め

各地から集まった友人たちと合流して昼食。

 

 

さすがだなぁ…と思うのは

いつも頂くこの、「手土産」セット。

ここの友人関係だけに限らず、

女性たちの集まりって、なんかこう…頂く(笑)。

 

私なんかは、こうバランス取るのが下手なので

服装で言うところの「黒ワンピース、小物も全部黒!!」

みたいなものを贈りがちなんですが、

他の方々はね、アクセサリーとか靴とか

スカートとかブラウスも全部うまくバランスとって、

全身コーデしているような、そういうお土産品をくださるので。

開くのが楽しみなんですよ。

 

なんで食べ物の土産を服に例えてるのかって?

私にもわかりませんよ真顔

 

自宅に帰ってから開いたのがコレ。

大阪に行って、福岡と名古屋と岡山の土産をGETピカチュウピカチュウのシッポ

 

女子力高いお友達の皆様、

毎度毎度ありがとうございます。

大事に大事にお酒ビールの肴に頂いてまいります。

 

 

そして…こちら、京セラドームへ。

 

昨年暮れから続いたエイターテイメントも

きょうで見納め。これは後日詳しくまとめる予定(予定)×3。

今回は珍しい、というか

初の女性4人で並んで入らせて頂いたんですが

今までの公演でのメンバーの動線を分析して、

それぞれの目当てのメンバーが見やすい席順に

考えに考え抜いて配席してくれたようで

そういう手配もできるのもすごいと思うし、

全員分の金銭の流れをエクセル?でまとめてきた

別の友達もすごいと思うんです。

何度も言うけど、会社経営者なら絶対秘(以下略)

その見やすい4連のチケットを当ててくれた友人も神だし…

いやぁ、本当にすごい友人に恵まれています。

ありがとう。

 

夜は、その日岡山まで帰るという友人と

女性4人で飲み会~。

調子にのって飲みすぎてしまい即謝罪(笑)。

その時間のころには、大阪にも白い雪が

セツナサヒラヒラ舞っていて

私の黒いコートを白く染めていくので(しゃれおつ)

「ダルメシアンみたい」とか言われて

ひょーひょーと浮かれていたせい。

そういうことにしよう。

 

ホテルに一人で戻り、半分記憶にないけど

しっかりフロントの人ともやりとりしたみたい。

バスタオルもう一枚と、延長コードを借りたらしいし。

ちゃんとメイクも落としたみたいだし。うん。

 

引かれる長さになりつつあるので

ここまでで一旦区切って、投稿することにしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月24日

突発的仙台旅行

テーマ:お出かけ記録

サンタさんが、

仙台旅行をプレゼントしてくれた。

 

前日に行くと決めた強行旅行だったけど(笑)。

 

何年ぶりだろう…

仙台に帰ったのは、2011年の暮れ以来。

ゆったりと観光や墓参り…となると

いつぶりかしら。

 

ホームにて

 

緊張感が隠し切れず、

旅行らしい写真は一切ないままの朝。

 

なんとか電光掲示板だけを撮る。

 

私が仙台に足繁く帰らなくなってから

新幹線はさらに早まったようで

「大宮の次が仙台」という事実に

いささか戸惑いを感じる。

 

仙台駅について、早々に仏花を買う。

花屋の店員さんが

素朴な東北弁を匂わしていて可愛い。

 

以前も、店員さんに止められたが

故人が好きだったものなので、と

バラの花を一本だけ混ぜ込んだ。

本当はいけないらしいけど…。

 

友人が優しいことに

レンタカーまで借りてくれたおかげで

なんなく、墓場まで着。

 

前日にいい線香を買いに出かけたり

親戚に墓の場所を確認したりしたかいあって

迷うことなく(少し迷った)墓に到達した。

 

あれ?こんなに新品だったっけ?というような

綺麗なお墓。

私もいつかは、こちらに入れてもらえるのだろうか。

(ダメって説があるんだけど、大丈夫よね?)

 

風が強い。線香に火がつかない!!

そして、激寒い。

 

案の定で、水が止められていて

東京からこんな時のために用意していた

ペットボトルの水でなんとか済ます。

 

私にしては、なかなか優秀な滑り出し。

墓参りに優秀もなにもないけど(笑)。

 

とにかく墓場には一人で入ったので

いくら天気がいいとはいえ

ちょっぴり怖い…

 

ずーっと独り言を大きめの声で話してた(笑)。

 

で。無事、数年ぶりの墓参りは完了。

ご心配をかけた叔母さま、すいませんでした。

 

その後、青葉城址に立ち寄る。

雲はあるものの、いい天気。

寒さが気持ちいい。

 

私の暑がりは、やはり

東北生まれの気質がしみ込んだゆえだったのか。

もちろん寒いんだけど、この気温が心地よい。

 

仙台市

 

 

伊達正宗

 

 

子供のころ、夕飯を終えたあと

祖母と母と私で、よく散歩に来ていた。

 

↓これ見て思い出したけど

 

怖い鳥

この鳥の形をした像が昔から怖かったなぁ(笑)。

その頃から、鳥が苦手だったんだと思う。

 

城址でおみくじ?とも思ったが

一応、おみくじを引いたら中吉とか

微妙なのが出たので(笑)

結び付けに行くと…

 

おみくじ

 

干支ごとに結ぶようになっていた。

犬が可愛い。そーきゅーと。

 

ちょっと間違ってたら

酉年だったことを考えると……

よかったよぉ、犬で。

 

珍しく、仙台+レンタカーで自由…

という気分も相まって、あんまり考えもせず

松島行きを企てた結果。

滞在時間があまりなくなってしまった。

 

松島

松島~。

 

五大堂にわたる。

 

松島2

手前の透かし橋(足元から海が覗ける。犬なら落ちる)が

結構怖くて、一人できゃーきゃー騒いでいた。

 

連れの友人は「落ちても、死なない(高さ)じゃん」と

スッスッ…と行くし……

 

この橋のインパクトがすごくて、ちゃんとお参りしなかったが

今調べてみると、縁結びの橋だったとか。

あー、やっちまったぁぁぁ……

 

この後、私の中学高校時代の友人の酒店に立ち寄り

20年以上ぶりに再会を果たした。

 

これ、墓参りの次に

デカい課題だったのですよ。

 

母が亡くなった時、

友人だけでなくご家族にも

とてもお世話になったので

ちゃんと挨拶しなきゃなぁ……と思ってて。

 

行くまでの決心。緊張。…いろいろ…。

 

行って良かった。

 

私が下の名前で生きてなかった頃の話。

ネットを始めてから、下の名前を使うようになったけど

当時の友達は下の名前をあまり知らない(笑)。

 

息子さんが大学4年生ですって。

ひゃー。

 

定禅寺2

 

 

定禅寺

 

最後には、光のページェントを鑑賞。

 

久々に見ておいてなんだけど

これ、昔のように駅前からやったほうがいいよね。

募金によって成り立っているようだけど…

観光客を呼ぶに……あ、うるさい?(笑)

 

地下鉄の工事によるけやき伐採も関係あるんだとか。

ぜひ、また青葉通りにも「ヒカペ」をともしてほしい。

 

仙台しぼり

 

帰りの新幹線の一枚。

キリンのづくりシリーズは

こういうお土産感覚で飲めるから楽しいね。

味の違いはわかんないけど(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

…とにかく、緊張してた。

墓参りが終わった時点で

憑き物が落ちたようにフワッってなってた。

 

こんなに重かったの?って感じ。

 

そんな年の瀬の一日でした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月20日

K沢からS北沢までの冒険の旅

テーマ:お出かけ記録
半年ほど前から気になっていた
あるお店へ行ってきた。

その店は、ほぼほぼ
オンラインショップが中心の店で
全商品が手にとれる実店舗は
全国で一店舗しかない。

そういうお店だから
繁華街に店があるというわけでもなく
事務所兼ショールーム的な感じで
普通の住宅地にポツンとある。

サイズ感を確かめたいという思いと
でも遠いしなぁ…という思いとを
半年の間も悶々とさせた結果
「今年の思いは今年のうちに」と
やっと腰を上げたのである。

某ターミナル駅からバスで出発。
たどり着いてみたら、うん…
全然わかんない(笑)。

なんとか道を行ったり来たりして
看板も出ていない店にたどり着けた。

結果として言うならば、
店の方はとてもいい人で
私の探究心と物欲は満たされ
満足した…のだが。

さて。我が家への帰り道問題。
経路案内によると、バスを乗り換えれば
比較的近いことがわかった。
途中までは、往路で利用したバスで戻り
途中でバスを乗り継ぐ。

某バス停までは順調についた。

さて、ここからT社からO社のバスに
乗り換えなければいけないのだが……
O社のバス停どこ?

都会の高いビルたちと
狭く暗い見通しの悪い歩道である。
車の往来は激しいけど、人はそんなにいない。
道を訊ねやすい雰囲気の店もない。
あるけどあるけど、バス停がない…。

バス停って…こんなに見つけづらいもの?

地図アプリとか使えばいいじゃん?って?
調べましたよ。

バス会社のOが悪いのか、
地図のNAVI会社が悪いのか知りませんけど
一番交通量の激しい交差点のど真ん中に
「ココ!!」って。

…へぇ。
この道路って、地下に
秘密のバスターミナルがあるのね…
入口はどこ?………って、あるかー!!
馬鹿っ!!

…全然役に立たない。

少し歩いて探してみたら
一個バス停を見つけたんだけど
それはT社のバス停なわけ。

O社のバス停どこよ?

方向音痴なりに
バスの進行方向とか必死で推測して
こっちからバスが来る…という方向を判断、
そちらに向かって歩くことおよそ10分…

自分が乗りたいと思っていたバス停より
一つ前のバス停にたどり着いちゃった。

歩くことによって、
ビルが少し捌けていったのと
道が広くなって見通しがよくなったから、
バス停が見つけやすくなってたのね…

……ったく、O社はね
本数少ないし、いっつも大幅に遅れてくるし
やる気ないし、大混雑しているし
バス停分かり辛いし、車内も狭いし!!!

ちょっとは、T急見習らってよ!!

…と、プンプコして帰ったのでした。

都会に20年住んでても
コレなんだから
本当…大変よねぇ…
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。