1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月14日

「関ジャニ’sエイターテイメント」京セラドーム3日目 

テーマ:舞台・ライブ記録

冬場の大阪旅行も何年目だろう…

今年も大阪に無事来られたことを感謝です。

 

珍しく4連で入らせていただいたので、

友達が作った2連うちわを持ってみる。

緊張~気合いピスケ

 

360°ステージから伸びた4本花道の

ステージ構成。

1.NOROSHI
登場場面(バクステ付近)は見えない位置だったけれど、

一塁側組の歩きは近く(丸ちゃんは三塁側へ)

一塁側に来た錦戸亮ちゃんの後頭部を鑑賞。

丸みがすごい。
さすがは大阪だからか、モモコさんやリンゴさんへの

反響の声が大きい。
丸ちゃんは耳かけ。

もう~可愛すぎて世界観にあってないけど(笑)

ファンの評判に寄せてこようとする気遣いなところも好き。

…にしても、ヤクザが似合う。

 

補足:前々日の公演で錦戸さんからバラされた事実。

この耳かけ髪型は、ネットで一位の人気ということから

始めたそうで…「やめてぇ…」と大照れしていたそうです。

心配になるほどの超エゴサアイドル……

いいんだよぉ…時々やってくれれば…


2.ブリュレ

3.RAGE

4.浮世踊リビト
やっぱり何度でも言う。この曲、好き。

【挨拶】
安田→錦戸→渋谷→大倉→丸山→横山→村上。

二番手・錦戸。ドラムの音付で元気(笑)。
「僕の名前は錦戸亮だ!!(じゃーん)」×数回。

胸をはるポーズで。
何回か目で、すばるさんに近づいていき、

目の前ですばさん専用のように「錦戸亮だ!!!」を繰り返す。
その圧力に引き気味な顔で目をそらし、

身をのけぞらせて、避けようとするすばるさん。
それを見てきゃーきゃーな観客。


名前を連呼する、というだけの挨拶のまま退場する錦戸さん。
胸に手をあてて、びっくりした顔のままのすばるさん。

渋谷「すごかったよ…近くの錦戸亮でした…」

大倉「大倉忠義です!からの~…たっちょんです!(きゃー)

気持ちいい!!みんなも一緒に気持ち良くなりましょう!

俺の名前呼んでくれ!!」
客「たっちょぉぉぉんん!!」
正解は「たっちょーん」なんだけど、私的には「大倉~」顔5
なんかごめん。

前日にサンシャイン丸山(参考資料)が出てきたと

聞いてはいたんだけど…本日も出てきた!!
生で見られてよかったーカナヘイハート

「空前絶後の超絶怒涛のギャグアイドル!!

ギャグを愛し!ギャグに愛される男!!
ギャグ!一発ギャグ!創作ギャグ!

全てのギャグの産みの親ァ!そう!我こそはァ!!

身長175cm!!体重64kg!!今朝のサタデープラスで

木村拓哉さんに失言してしまい反省しています!
今優しくされたらぁ!誰かについて行ってしまうかもしれない!!
もう一度言います!!!今がチャンスです!!!

今優しくされたら!!誰かについて行ってしまいます!!
そう!全てをさらけ出したこの俺はぁ!!!

サンシャイン!!!!丸!!!ボゥッ!!山!!!

イェェェェイ!!ジャスティス!!!」

 

この全文を思い起こすため、多くの人々の

記憶を参考にさせていただきました。

誠にありがとうございました。

前回も体重発表があったとかで、

ファンの人たちは、一斉に「◎キロ増えたな…」と

計算しておりました。

初日から2キロ増、最終日は63キロ。

すべてをさらけ出すアイドルですぐっじょぶ

 

(ちなみに前日は「みなさん僕に意地悪をしてください。

きょう僕をできる限りいじめてください。」だったそうで。

全変態対応型アイドルでもあります)

横山「丸、今日も素敵やったよ」
立ち止まって笑顔で、ただ頷く丸ちゃん。
横山「(優しくしたのに)…全然ついてこんねんけど」

錦戸さんと同じく、

バンドの音付で動き出したのは、村上さん。

シンゴジラみたい。信五ズィラ。

キッズダンサー呼び込み。呼び込みの間、

安くんが小声で意味の分かんない(笑)歌を

ずっと口ずさんでいたのが気になる。

村上さんによるいつもの煽り(出席意欲確認)。

村上「土曜日だから、元気やと思います。

声聞かせてください!家族エイター!」
メンバーがざわざわ…(笑)
渋谷「土曜日やからってなんなん?

土曜日やから疲れ溜まってるんとちゃうん?」
村上「土曜日やと元気ちゃうんかい!

俺のリズムを崩すなよ!!始めからやり直しや」
渋谷「どういうことやねん」

理解できずザワザワがおさまらないメンバー。
珍しくメンバーから総ツッコミを受けて、

ペースを崩される村上さん。

村上「おい!そこ!くすくす笑うなよ!!」
横山「お前が笑えるようなことすんなよ」
村上「なんや!ほな、お前やるか!!もうやらんぞ!」
渋谷「土曜日やのに怒ってる…」

みんなクスクス笑ってる笑
錦戸「明日なんて言うんやろ…(笑)」
渋谷「喧嘩すな!!!土曜日やのに喧嘩すな!」
村上「喋んなって怒る

年上組(赤・黒)がやいのやいの言って

村上さんが弄られていて、

それを周りがケラケラ笑っている。平和の象徴。
ダンサーの子たちが、なんとも言えない顔してたけど(*´∀`*)

5.パノラマ
出だしの決めポーズで

丸ちゃんに後ろから抱きつく大倉。

大型犬が二匹……あざとい。けどやっぱ可愛い。

6.T.W.L
大阪のキッズは、東京に比べて成長後…。

東京の、どう見ても小さい子たちが可愛かったけどなぁ。

丸ちゃんの顔をタオルで隠す横山さん。

丸ちゃんが隠されまいと別なほう向くけど

それを追っかけて顔を隠し続ける横山さん。

【エイトレンジャー映像】
【エイトレンジャーコント】

(細かい説明は東京のライブレポで書くつもり。つもり)
コントやトークになると、客席が座ったりするんですが

その立ったり座ったりのタイミングが、

もう完璧ですね…オーラス直前ともなると。

今日の廻るエイト寿司(高速回転ステージ)では、

オレンジ&グリーンの大型犬コンビが

PERFECT HUMANダンスを披露してイチャイチャしてる。
そこにブラックが近づいてきて、

オレンジに巻き込まれそうになるけど、逃げ切るブラック。
その後もブラックに絡むオレンジ。
大型犬(三回目)が飼い主に絡む感じが平和です。

ブラックにチョップしながら、
オレンジ「何してたか?って聞いてんの」
ブラック「触るな」
オレンジ「俺に触れたら、ヤケドするぞ、ってかにやり。
強いハートのオレンジ…。
「何もしてへん」というブラックに、
体を鍛えているのに嘘をついている。と攻め寄るオレンジ。
なぜ鍛えているのか、と尋ねると
ブラック「太りやすいんで。締めとかんと」
オレンジ「世界の平和のためやろ?照れんなって」
変なリズムを取りながら、踊る丸ちゃん。

踊り続け……
オレンジ「止めてよ!!」……果てしなくウザ可愛い。

身体が動かず、溺れかけるナスに対し、レッドのひとこと。
レッド「お前なんやコラァ」

出ました、関西のおっさん。

ブラック串刺しの場面。
東京公演の時点でこれは使える…と思っていた

「いや、さっきさっき」のセリフが天丼で4回ぐらい披露された。
ブルー、グリーン、イエローが、レッドのネタ振りに

振り回されてて可愛い。

扉の仕掛け。イエローのドアを開けるタイミングが少し遅く

「なんかタイミングおかしなかった?」と戸惑うグリーン。
素直に謝るイエロー。寝室の場面は、
レッド「やだやだ~。熱烈キッスでお出迎えハート
イエロー、即刻閉める。

7.王様クリニック
席がバクステに近かったこともあって、

ツアー史上最真面目に見た(笑)。

今回のペンラの色は、自分で切り替えられるようになっていて

ツアー始まったばかりの頃は自担一色だったのを

歌う人に合わせてチェンジするようになっていった。

あくまで客の判断なので、なかなか揃わなかったが

楽日前日とあって、この曲では、ほぼ紫色に。
そろそろメンバーも気づいて、ペンラ芸について

誰か切出すかなぁと思ったけど、

村上さん自身がサングラスしてるから色判んないか(笑)

 

会場が紫に染まる中、目につくのは緑色。

緑色は目立つ、という理由もありますが

色替えしない人、多いんですよねぇ(笑)。

8.The light
「心洗われる」という表現がピタッと来る曲。

The Light 歌い終わりに、ステージでマイクを通さず

声を張り上げる安くん。届いていますよ。


9. 罪と夏

真冬のツアーだろうが関係ねーぜっ、って

この曲を歌う「罪」について、

時間ある時に考えてみたい。

10. がむしゃら行進曲

隣のベテラン丸ちゃんファンの友人は

ダンスの覚えが完璧でよく踊っているのだけど

本家(丸ちゃん)の影響を受けすぎてて

それもまた完璧で、すごい…と感心していた(笑)。

11.イッツマイソウル

12.なぐりガキBEAT
聞きなれてくると、つい体が反応して

一緒に踊りたくなる。覚えてないから踊れないけど。
いつもは丸ちゃんが湧いてくるところで、

体の大きな大倉さんが湧いてきた(笑)

【MC】(順不同。箇条書き)

◎この日のサタプラでの木村拓哉インタビューの話。
村上「今朝のサタプラ、見させて頂きました」
横山「おれも見た」
村上「VTRは勿論、スタジオでも、

まだ緊張されてませんでした?」

丸ちゃん「木村さんの目に俺が映ってる…」…と緊張。

エスコートがうまくできず、木村さんのボケをスルーしたり
二回目も取材来てという誘いを、謙遜のつもりで

「緑山遠いですし」とか、的外れなことを言ってしまったと反省。

大倉「次は、ボケられたらツッコめるようにしとかなあかんな」
丸山「村上くん、指導してな!」
大倉「保護者か(笑)」
丸山「村上塾ふふん

◎村上さんが、昔コンビニで木村さんに間違われ、

握手をしてほしいと言われたので

「かまへん」と言った鉄板話。

◎昔、SMAPの大阪ドーム公演を観に行った村上・大倉・丸山。
木村さんに腕をつかまれ、舞台(トロッコ)にあげもらった話。

マイクがなく、ひたすらペコペコお辞儀をしていたという大倉と
うわぁ…うわぁ…言っている丸山。

最後には、木村さんが背中をぽんぽんしてくれたそう。

◎街にいる長瀬智也の話。
錦戸さんが車で友人を待っていたら、右側の窓が

コンコンされて、見たらイカつい長瀬さんがいた。
錦戸「“何してるんすか!?”言うたら

“(超長瀬くんっぽい)似てると思ったから”って、

そのまま行って。すぐ追いかけて挨拶したら、

でっかいバイク乗って、ブォーーーン…って走っていった」
村上「あの人、たまに日本をLAと勘違いしてはるよね」

家電量販店でも見かけたことがあるという村上。
錦戸「家電量販店、行くん?」
村上「うん」
錦戸「えぇぇ……」

生活臭を時々漂わす先輩に対し

戸惑いを出す錦戸さん(笑)。


大倉さんも街中で

ベンチに座っている長瀬くんを見たことがあるという。
錦戸「めっちゃ会うよな」
大倉「普通におる」
横山「おれもある。長瀬くん、何人かおるんちゃうん?」

村上「でも(城島)リーダーは何人もおれへんよな」
錦戸「俺こないだ会ったで!友達とラーメン行ったら

『亮、あれリーダーちゃう?』言われて見たら
一人でラーメン食ってて。

『何やってるんすかぁ!?』って。

ラーメン食うてんねんって言ってた」
大倉「研究してたんちゃう?ダシの」

◎城島さんと昔ごはん食べに行ったときの話。

リーダーは後輩を先に帰そうとしてくれたが、

捌けた方向が間違ってモソモソしていた…という

先輩の優しさの話。

◎リハ時、みんなを見ながら歌っていたらしい安田さんが

気持ち悪かった件を説明をしようとして、

MCで象を歌うというネタバレをしてしまう錦戸さん。
錦戸「ヤスってたまに、キショイよな。

リハでも象の時………あっ!象やるっていっちゃった」
大倉「なんか変な替え歌してなかった?」
安田「…サーカスの子像って言ってたんです」
錦戸「あ、そっちの子像?小僧じゃなくて」
村上「俺らがびっくりするねんから、

スタッフもっとびっくりしてるで」

◎丸ちゃんより安田の方が、実は変だという話。
村上「意外と、丸よりヤスのほうが変なんですよ」

渋谷「安に比べたら、丸なんて普通やで」
丸山「そう!」

村上「この数分間、丸の気配ゼロやで」
錦戸「丸は、変な人であろうと努めてるタイプ」
丸山「ずっと、みんなの、期待に応えてやってる…(真剣)」
大倉「丸ちゃん、変な顔やって!」
丸山「ぬーーーん!!(変顔顔)」
大倉「ありがとう」

◎安田さんの舞台「俺節」告知。
一回目。普通に言ったところ、淡々として

早口だったと指摘され、ゆっくりバージョンを披露する。
村上「声のチャンネルが、アホやったけど」
次は、かっこよく。
安田「5月28日!俺節!是非見に来いや!」
続けて今度は、可愛く。にゃん付で(笑)

ここから突如、メンバーそれぞれバージョンをやることに。
村上バージョン。
鼻ほじりながら早口で「俺節、よろしくお願いしますー」
横山「ゴリラやん」

錦戸バージョン。
安田「そうっすね!そうすっね、えー、5月に

舞台やりますんで、そうっすね!よろしくお願いします!
そうっすね、ウイッスウイッス」

錦戸「俺、そんなんちゃうし!」
「そうっすね」と「えー」は想像付きますよね(笑)

すばるさんバージョン。
安田(体を斜めにして気だるそうに)

「舞台やるんで、よろしくお願いします…」
渋谷「感じ悪っ苦笑…ええ方では無いけども…」 

横山さんバージョン。

手がテーブルを拭いているかのように忙しなく動く。
横山さんは難しい、という安田。
安田「手をめっちゃ動かすんですよ」
横山「そんなんしてる?」
大倉「してる!」

全員分のが観たかったけれど、ここで遮られ、

なぜか出産直前の妊婦バージョンと餅バージョンを披露。

伸びるとか膨らむとかでくるかと思いきや、餅をつきだした安。
安田「やっちまったな!」
サンシャインといい…ナベプロ祭りかよ(笑)

◎破門宣伝。濱ちゃん押しの宣伝。
横山「濵ちゃんも出てるから」
大倉「濵ちゃん!」
横山「アクションシーンも体当たりしてるから、

めっちゃかっこいいよ」
丸山「濵ちゃん、身体能力高いから」
横山「是非見てあげてください…。

ってか、俺も出てんねんけど(笑)」
後々判ったことですが、客席にWESTさんが来てたんだね。

優しい先輩たち。

【セッション映像】
粉もん(ジャニーズWEST)。

丸ちゃん好きな私としては嬉しかったけど、

セッションカメラが基本、丸ちゃん中心(笑)。

丸ちゃんバージョンの替え歌モード。
大阪来て、丸ちゃんのY字バランスや

M字開脚が観れるとは思わなかった(笑)

13.≪日替わりアコースティックコーナー≫CANDY MY LOVE

あれ?バンド後ろ向き?こんなに大倉さんの座り方や、

横山さんの立ち姿の背中とか鑑賞出来てたっけ?
…と、一瞬考えましたが、大阪仕様なのね。そうだよなぁ…

あんな、お座りしたゴールデンレトリバーみたいな

大倉さんの記憶ないもん…(犬比喩多すぎ)

冒頭の「あなたに~♪」から渋谷さん、

一旦止まって何事もなかったように歌い直し。
錦戸「コード間違えました」

自分のパートを低めの声で歌いあげる錦戸さん。
大倉「めっちゃダンディ」
歌い終わってから、高音で歌ってみるも
錦戸「高い声出ないねん。私のぉぉぉおお~♪」かすかす。
安田「…しのぉぉぉぉぉーー♪(高音)」
見事な高音安田さんだけど、シノさん呼んだね(笑)。

中尾彬さん出てくるよ。

大倉「キャンジャニちゃんたち、1年くらい登場してないよね?」
村上「年々、しんどなる」
大倉「今のうちしか出来んよ」
錦戸「もう、無理やろ」

(客席から「えー」の声)
丸山「ファンデが、シワの間に入る」(客席笑い)
安田「40でも50でもいけるでしょ」
村上「こう、シワ書いてな」
丸山「canいうから出来るやろ」
そうだよ。倉子にお別れ出来てないんだし、

責任もって(笑)務めあげてほしい。

14.言ったじゃないスカ
大倉「大倉くんの金髪の方が好きって、言ったじゃないスカ!」

16.ハダカ
相当変態的な格好なのに、ちゃんと魅せるから

すごいなぁと思う。手拍子のところが好きでした。

17.steal your love
東京公演から大阪公演までの間に、

この曲が屋良くん振付と聞いて、

大阪ではその辺に注目してみました。
途中、大倉さんが声が出なくなったようで、

胸元を押さえて歌詞を飛ばす場面も。
風邪であろうと大倉さんの体調管理には、

ちょっと神経質に構えちゃうよねぇ…
何事もなかったようでいいんだけど。

18.Black of night
ラビリンス~♪の振付が好き、っていうのもあるんですけど

双眼鏡で自担を覗き見ると
まぁ、、色気もあって堪らないっす。

嵐とかのように、動きに個性を敢えてつけて

目を引くダンスを魅せる人もいるなかで、

さほど…なんですよね、関ジャニは。

でも、大きい人たち(大倉・丸山)はやっぱり目を引く。

19.キングオブ男

20.前向きスクリーム
お隣さんが振りのベテランさんだったので、

これぐらいは踊りに参加しようと頑張ってみた。

21.TOKYOholic
いやぁ、素晴らしい出来。入りの映像からして。
最初聞いたときは詞の癖が強くて、飲み込むのに

ためらいがあったけど、自分がそのメロディーラインを

覚えたあとは楽しかったなぁ~。一番好きかも。

 

チューニングタイム?的な時間。
安くんがギターを鳴らしだし、大倉さんを見て目で合図して。
少し笑顔をこぼしながら、激しくドラムを打ち鳴らす大倉さんの流れ…

超カッコよかったんですけど!!
こんなにも腕を上げていたの?と。

バンド技術の向上は毎回思っていたけど…ひゃー。

すばるさんも熱く盛り上がって、煽りだして…これはいい。

ここだけリピートして何度も見たい。

今すぐ元バンドマンで家族エイターを持つ男性の先輩を

このライブにお誘いしたい!!
村上さんは「え?」みたいな顔をしていたけど(笑)

それはそれで可愛い。

21.象
大阪の舞台上のカメラさんが上手くて。

いいカット抜いてくれるのぉ~(*'∀`*)v
大倉さんのドラム?のところに、

なんか丸みを帯びた文字が大きく書かれてた。

日付?

大倉さんが息を切らせながら挨拶

「思わぬ所で、安田くんに乗せられてしまいました。
素晴らしいですね。一人一人そうですけど

大きいドームを包み込むパワーを持ってるし、エネルギーもあります。
この人達と同じステージに立てて幸せです。

僕もその中の一員として頑張って行かなきゃいけない。
ドームで出来る事は当たり前ではないです。

インタビューで売れてますねって言われるけど、

僕らは口を揃えてそんなことないって言います。
皆さんにこの景色を見せて頂いてるんです。

新しいことをすると賛否両論あるけど(中略)

そういう新しい事、色んな事、僕らは全部いい事だと思って

つくり上げていくので。また、遊びに来て下さい」

22.NOROSHI
ここの丸ちゃんヤバかった~怒

足元から見上げたカメラアングル決めてくれて、

本当に技術スタッフ様ありがとうございました。
それにクールで挑戦的に微笑む丸ちゃん…

この夜、同じ丸担同志でこの場面について

語り合った瞬間、乙女になったもんね。

 

挨拶。

23.【アンコール】ズッコケ男道(気球)
24.【アンコール】急☆上☆show(気球)
25.【アンコール】無責任ヒーロー(気球途中下車)
26.【アンコール】オモイダマ

 

締めの手つなぎに繋がるご挨拶。

村上くんの拍手のくだりで、

「今日、初めてかもしれない大事なー」

「ずっとずっと支えてくれてる大事なー」

エイターに大きな拍手を。

 

最後、横山さんが関ジャニ∞って叫ぶ時、

横山さんの手首を握った大倉さんが

横山さんの手の甲を指先で撫で、笑ってしまう横山さん。

 

銀テ、欲のないまま手を伸ばしたら

友達の欲しがっていた紫がキャッチでき

そのまま友へと。キャッチ&リリース。

 

銀テープ発射後、バクステ方面に歩いてくる大倉さん。

ベンチ席で見学している後輩のところにやってきて

カメラを誘導する。

木村さんがかつて、自分たちを舞台に引っ張り上げたように、

恩返しがしたかったのかしら。
安田「ジャニーズWESTに大きな拍手を!」

WESTくんたちやらなにやら一杯いて、

カメラにアピールのタイミングとか難しいよね(笑)
重岡くんも出てきて、背中のくちびる君のマークを

見せびらかしていたら
錦戸「重岡ぁぁああ!!調子のんな!!!おまえ!!!」

「しげぇぇええ!!しげーー!バイバーイ!重、いつもありがとう!」

 

この流れの中、安田さん→丸ちゃんに対し、

重岡のマネを、との指示があったそうなんだけど、
それらは歓声にかき消されて、気が付けば、

重岡くん本人が歯を見せてアピール。

(重岡くんは歯が多い、とよくいじられている後輩ちゃん)
思わず「歯多い」って、小声でツッコんでみた。

貴重な体験をありがとう。

 

と、いった流れで、

今年のツアーは終わりました。

 

最後まで7人で揃って舞台に立てて

よかったよかった。

 

この後、雪の降りだした心斎橋へと流れ

夜が更けるまで友達と飲みましたとさ。おーしまい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月31日

ジャニーズカウントダウン2016-2017 年に一度!ジャニーズ大集合!

テーマ:舞台・ライブ記録

今回もチケットは激戦。

10周年を迎えるHey! Say! JUMP FCが

有利だったとの噂が出ましたね。

 

違法なチケットの転売も価格が下がることなく最後まで強気売り。

金額のふっかけ方も強気ならば高値で売っておきながらの

「今後も仲良くできる方」だの「本気を見せてください」(ガキか)

「手渡しで」だの、少なくともいい歳した私のようなおばちゃんには(笑)

理解できない強気。怖いもの知らずというか。

 

≪出演≫

TOKIO 
KinKi Kids 
V6 
嵐 
タッキー&翼 
NEWS 
関ジャニ∞ 
Hey! Say! JUMP 
Kis-My-Ft2 
Sexy Zone 
A.B.C-Z 
ジャニーズWEST 

東山紀之 
岡本健一 
佐藤アツヒロ 
山下智久 
中山優馬 
内博貴 
屋良朝幸 
ジャニーズJr.  他

 

確かに客席ついてみると平年よりも年齢層が低め、かも。

双子コーデやら、安い刺激臭の強めな香水の大量振りかけ異臭騒ぎとか、

場内撮影禁止だって何度も注意されながら

5分に一回ぐらいのベースで何度も自撮りをする若い子とかね……

そんな5分ぐらいで顔、変わんないし、たいして可愛くな(略。

 

ライブ開始15分前ぐらいに

バクステ付近にキスマイが登場。なに撮ってたのかな?

 

開演23時~生放送開始23時45分まで。

 

トップはジャニーズWEST。

 

one chance(ジャニーズWEST)
パリピポアンセム(ジャニーズWEST)
ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~(ジャニーズWEST)

 

うわぁ。カメラの抜かれ回数的に、藤井くん、桐山くん、濱田くん…と
なるほどぉ。藤井くんが青みがかった髪色になり、神ちゃんが普通の色。
桐山君が髪が短くなって、脂ぎってた。愛らしい。

一時期はライブにもいってみたいと思うぐらいに応援していたけど

いつからだろう…こんな冷めた目でみるようになったのは…

 

Take a "5" Train(A.B.C-Z)
Fly a Flag(A.B.C-Z)
屋良くん登場6人で踊る。
Finally Over(A.B.C-Z)

 

すべらんなぁ~なノリで、「売れへんなぁ~」

それぞれいい個性あって、そこそこにイケメンなんだけど…ねぇ。

花道途中の階段を全段飛ばしてスパーンと飛び降りたり
服を脱ぎかけ肌を見せて「だめー」という塚ちゃん。
塚ちゃんもアイドルなんだな…そうだよな。

 

now and forever(屋良朝幸+宇宙six)、塚田僚一

Feeling Me Softly(中山優馬+ふぉ~ゆ~)
YOLO moment(中山優馬+屋良朝幸)

 

え?そうか、ここも出るの?ってびっくり。

舞台を中心に活躍されている面々。技術力も高く

見ていて安心する……けど、こんな尺とる?(笑)

嫌いじゃないよ、嫌いじゃないけど……時間がない…から…

 

勝利の日まで(Sexy Zone)
BAD BOYS(Sexy Zone)
Celebration!(Sexy Zone)

 

BAD BOYSで超ロックに決め込んだあとの次の曲で
風磨くんが「このギャップがいいよねぇ」と歌中に自らアピール。
かわいいなぁ…と思わせるずる賢さよ(笑)。

聡ちゃん、どんどん男前になっていくね!!

 

ここで例年通り、フジテレビアナウンサーが出てくるのですが

今年は誰だ?と思っていたら、生田竜聖アナ。おおっ。身内感。

彼は控えめなところがいいんですよ。

 

生田「皆さん、ご存知のこととは思いますが

私の兄が生田斗真と申しまして…」
客席から「ふぅ~~」と歓声(笑)。

本日は実家にいてこちらには出ないとのこと。

今からでも呼んでいいよぉ。


数日前に、嵐コンサートに行ったという生田さん。

うちわの文字の見え方に反応して、関心を示す生田アナ。可愛い。

…こんなダンナを放って浮気するとかいう嫁どこー?ビンタしたる。

 

生田「お聞きしたいことが。

めざまし派だという方?ZIP派の方ー?」

はーい、ZIPでーす。

 

TOKIO兄さん登場。

国分「俺はZIP派」

こんなに大きくなっちゃって、とか

実家にいる兄にお伝えください、と言われ、生田さん退場。

 

まもなく本番開始の雰囲気(特に何も言わないけど)。

あとで車で通るから手を振って、慣れてないから、と

客席にお願い。車?オープンカーとか?(笑)

「テレビは慣れてるけど、ライブは慣れてない」

この田舎の親戚感なんだろ…

 

もうすぐ中継スタート、とTOKIOさんから案内のあと、

NEWSが登場。花道に散らばってスタンバイ。

ところがそっちがキャーキャーと騒ぎになり

TOKIOさんから、「出てくるのが早いよー。しゃがんでて」

「手越、もっとダサい格好で待ってて!」とクレームが相次ぎ

座る手越さんとシゲアキさん(私のいる位置からこの二人がよく見えた)
小さくなって膝を抱え込んだシゲアキ先生が可愛くて可愛くて。

想い出の小箱にそっとしまっておきたい。
隣りの手越さんも座ったんだけど、金髪だし派手な衣装だし隠せてない。


放送開始。

 

【一年の感謝を込めて本人選曲 ジャニーズサンキューメドレー】

愛! wanna be with you...(2016年)TOKIO
フルスィング(2012年)NEWS

手越の目が青い…がそんなことにも気付かず、シゲさんばかり見てた…
ウィークエンダー(2014年)Hey! Say! JUMP

八乙女くんメガネ!!黒縁メガネ!!
マイガール【VTR】(2009年)嵐
Za ABC?5stars?(2012年)A.B.C-Z
夢物語(2003年)タッキー&翼

ある意味、TOKIO兄さんより落ち着いた渋み…
抱いてセニョリータ(2006年)山下智久

「何にサンキューなんだよ」と友達が毒づいた一言がツボ。
Sexy zone(2011年)Sexy zone

半分VTR。マリウスがまだ参加できないからね。

4人はバクステで→マリウスを迎えに行く例年パターン。
ええじゃないか(2014年)ジャニーズWEST

“やる気”の安定感は素晴らしい。
NOROSHI(2016年)関ジャニ∞

和装で楽器なし。スースーしそうで心配(笑)
村上さんここから雑な投げキス開始。

すばるさんの前髪の安定のおかげで男前度が半端ないです。

 

ここらの関ジャニさん、花道をずーっと歩いていくわけですが
丸山さんがファンサマシーンになっていて…年の瀬までエライなぁ…。
双眼鏡で覗いて、可愛くウサギみたいなポーズをするのとか眺めてました。


Thank youじゃん!(2014年)Kis-My-Ft2

ローラー有り。
愛のかたまり【VTR】(2001年)KinKi Kids
Beautiful World(2016年)V6

 

城島リーダーからまもなく年越しのご挨拶あり。

カウントダウン開始。

すばるさんが前をはだけさせて年跨ぎの瞬間、

乳首ドリルしてて橋本くんや戸塚くんに止められていたことに

気を取られて他を見過ごした(笑)。

 

NHKのホール内からの嵐(4人)中継。

音割れするぐらいの大騒ぎ→車に乗り込む。

 

【ジャニーズシャッフルメドレー】

LOVE YOU ONLY(1994年)
北山、山下、河合、岡田、小山、安田、高木

「このチームは可愛い。…いや、一人可愛くないのがいる」

という友達(NEWS担)の言葉が印象的でした(笑)

 

勇気100%(1993年)
佐藤アツヒロ、手越、城島、横尾、菊池、八乙女、国分

こんなに長年歌い継がれている曲でも

歌詞をうろ覚えで口パクミスする城島くんに衝撃。

 

Darling(2003年)
優馬、勝利、村上、山口、錦戸、薮、桐山

暴れて踊る村上さんの姿を横に、戸惑う勝利くん、

ひたすら「すいません」と謝り続ける亮ちゃんが可愛かったです。

それを叱って頭をペチッとする山口さんまでがセットです。

 

オリジナル スマイル(1994年)
松島、滝沢、重岡、シゲアキ、長瀬、大倉、伊野尾、森田、千賀

ここ急に人数増えてない?

下位置にいたシゲ・長瀬・大倉が麗しい。

黒タキシードの長瀬くん、着物姿の大倉くんは高身長だし、

シゲは異国の王様みたいな恰好で…
この横のジュニアの列に混ざり、踊る謎の男…それが丸山。

 

A・RA・SHI(1999年)
有岡、三宅、戸塚、松岡、玉森、増田、丸山

丸ちゃんが激しく踊り、隣にいた増田さんは

見ないフリをしているようだったんだけど
最後はすこし乗っかってくれて…すいません(笑)

 

TIME ZONE(1989年)
酉年イレブン。岡本健一・圭人親子、渋谷横山

翼、山田、知念、裕翔、流星、橋本、神山

頭につけた鶏冠がシュール。

 

仮面舞踏会(1985年)
長野、東山、井ノ原、坂本

最後、6段分ぐらいの階段をバク宙で降りてきてねぇ…

素晴らしい身体能力です。

 

アンダルシアに憧れて(1989年・近藤版)
東山、健人、藤ヶ谷、小瀧、濱田、屋良、五関、中間、内、二階堂

あぁ、一人キレのいい人がいるなぁ…五…いや、違う屋良くんか!!
踊っているとまったく違う!!

アンダルシア聞かないと年が越えた気がしないもんね。恒例。

選抜メンバーが毎度気になるけど、今年は比較的若返った?

 

【ジャニーズグループチェンジメドレー】

Everybody Go(2011年)Kis-My-Ft2→関ジャニ∞

画面に映し出された瞬間。ピンクの偽玉森が!!ってなって。

覗いていた双眼鏡が笑って震えちゃうわけですよ。

数年に及ぶ「あの玉森の衣裳って正解なの?」という

私の疑問がここにきて……(笑)

「無理すなっ!!」という温かいツッコミ、そしてヨコヒナ夫婦愛…

美しい団体スケート芸ね!!素晴らしい。

 

センステからバクステにトロッコで移動。

村上さんのローラーをエイッって脱がせる亮ちゃん。あー、可愛い。

横が履いていたローラーを受け取る亮ちゃん。あー可愛い。

ノールックで渡す先輩風吹かす横山さんもかわいい。

 

ということで、次のNEWSさん、全然見てなかった(笑)。

Cha-Cha-Cha チャンピオン(2015年)Sexy Zone→NEWS
Moonlight walker(2015年)A.B.C-Z→Sexy Zone

彼らのほうが年下なんだけど、色気はあるというね…
×~ダメ~(2007年)タッキー&翼→ジャニーズWEST

うわさのキッス(1995年)TOKIO→タッキー&翼
ズンドコ パラダイス(2015年)ジャニーズWEST→TOKIO

しっかり長瀬節。国分さんはパパになってもカメラ芸で遊んでらっしゃる。

ちなみにこの時も、城島さんは歌詞うろ覚えで口パクをカメラに抜かれる(笑)。

MADE IN JAPAN(1996年)V6→A.B.C-Z
前向きスクリーム!(2015年)関ジャニ∞→V6

一緒に踊りたい気持ちは山々でしたが、バクステにいる

関ジャニさんが気になってしまうのですよ。

袖の紐で遊ぶひなくらもかわいいし…。

チャンカパーナ(2012年)NEWS→Kis-My-Ft2
丸ちゃんがチャンカパしてて可愛かったのー。←キスマイ見てない。

 

嵐との中継。まだ高速道路との報告。

嵐出ないんじゃなかったの?

 

バクステに移動中、丸山さんのあとに

翼くんが来て、翼くんと丸ちゃん抱合う。微笑む。

 

(CM中)
嵐との中継の合間のCM中に

長瀬「そこにメリーさんいない?」みたいなことから始まって
松岡「さっき、サンチェ見たけど太ってた!」
「サンチェの弟子は、ヨンチェ」

「何チェまでいるの?」などTOKIO兄さん暴走。

客席の層もサンチェさんに反応薄く(半分ぐらい(笑))
村上さんが「笑ってるの、俺らだけですよ」と突っ込む。
すばるさんを中心に爆笑してた。

ずーっとマイクを口元にスタンバイしている村上さん、仕事人。

※サンチェさんは古くから有名な強面の振付師の方です。

 

再び嵐中継。一般道に降りたとの報告。

「90秒後、いよいよ嵐、東京ドームに到着」と

テロップ入りでCMに。

だったら一般道云々の中継省いて、もっと曲紹介しろっ。

フジテレビの悪い所出てる。

 

後々わかったことですが、フジテレビのシチュエーションでは

絶対に間に合う想定とされていたそうですが、

元々の出番となっていた時間に間に合いそうにないと

判断した嵐の面々は、松潤の「降りるぞ」の一言で

一般道を走るという大胆な行動に出たそうで。

「間に合わないよー」といい匂いをさせながら

ダッシュで走っていた嵐の目撃情報が可愛すぎて。

好き、まつじゅん。いいね。やる気があって。

 

(CM中)

俺らを尊敬してる後輩はいる?みたいなMCで
長瀬「雑誌でよく、好きな先輩とかあるけどTOKIOないもんね」

TOKIO「俺らに憧れてる?」

渋谷「憧れてま…すかね?」

 

Hey! Say! JUMP10周年
Ultra Music Power(2007年)
Come On A My House(2013年)
Give Me Love(2016年)

 

山田くんがあまりに完璧な(一般的目線で)アイドルしてて

他の子たちが逆に気の毒になってしまうよ…

 

宙船(2006年)TOKIO
関風ファイティング(2006年)関ジャニ∞
weeeek(2007年)NEWS

小山さんから春のツアーのお知らせ!!

みんな一気に頭が忙しくなるよねっ。
永遠のBLOODS(2003年)KinKi Kids

 

キスマイさんがサザエさんのオープニングみたいに

メインステから移動。
宮田くんが後ろ向いてメンバーを誘導しながら

引き連れて歩く。背後を気にする宮田くん。
NEWSとすれ違う瞬間、NEWSにぺこり。

「ちっす、先輩っ。すいません!!」というようなノリ(笑)

 

アイノビート(2012年)Kis-My-Ft2

Venus(2006年)タッキー&翼

ふとタキツバはどれぐらいシングルを出していないのかと

思ったたら、2015年以来なんだね。

2015年が山手線……だから、正統派としては……
TAKE ME HIGHER(1996年)V6

ワイルド アット ハ―ト(2012年)嵐

ここで間に合うように計算されていたんですね。

バクステ側から登場。相葉さん以外の4人が背中に

相葉ちゃんの顔と名前がデカデカと書かれた衣装で登場。

 

さっそくで紅白の結果と、感極まって泣いた相葉さんの様子を

嬉々として伝える二宮さん。

 

例年通り、放送終了後、挨拶をしてはけていくんですが

今年はいのっち辺りが周囲に確認してて

はけるかと思ったら、はけず。

 

関ジャニに今年の抱負を振るTOKIO兄さん。

さっと丸ちゃんを押し出すメンバー。
 

丸「関ジャニ∞、調子を整えて成長していきたいと思いますので

よろしくお願いします。新年1発目のギャグを…まぁ~る!(高い声)」

見事な初すべり。本人の擁護のために言うと、このネタは

岡田師匠(ますおか)さんからの頂き物(笑)。

ギャグの不調に自ら、二発目。

丸『水平線の向こう側スーイスイスイ。水瓶座!』

TOKIO兄さん『それ以外のやつで(笑)』

丸『おっとっとっと(前にコケながら)コケコッコー!!』

村上『誰か止めて!!』村上お父さんが丸ちゃん回収に(笑)。

 

JUMP・高木くんもここで出番。

クオリティ高めの金八先生を持ってきた。

 

それに闘志を燃やしたのか、キスマイ・宮田くん登場。

宮「『こんなEverybodyGoは嫌だ』。

この時代のチャンピョン~ぴよよよ~ん!ぴよよよ~ん!」
対抗して丸ちゃんも再び。(村上さんがそっとマイク渡す)

宮田くんも負け時と

宮田「ホイホイホイホイ、頭がパッカーン、コケコッコー」

丸ちゃんの心の強さに
宮田「今年弟子入りさせてください」

もっと早くから弟子入りくると思ってたよ(笑)

いろいろと派閥もね…あれになったしね…

 

次に勝利君の挨拶ぐらいから、すばる・村上が丸ちゃんにこっそり

タイミングをせっつく。結果、健人くんに一発ギャグの要求が入り、

健人「君ってケッコーかわいいねコケコッコー!」←心折れて恥じらう。

割り込むように「水平線の…」とまたしても割り込む丸ちゃん。

 

関西勢も黙ってらんない。

キスマイに振られたあたりからメンバー会議がされていた(笑)

WESTちゃんは神ちゃんを投入。まさかの金八かぶり。

でも、高木くんと神ちゃんの金八絡みが観れてお得でしたね。

 

やっとこ落ち着いた頃、

岡本健一さんが、

これ、放送されてないよね?…サンキューSMAPーー!!」

超かっこいい。大人。

(こんな粋なふりだし方されていたのに、

ワイドショーでガンガン使われていて引いたけど)

その後、V6・いのっち、翼くんが

「サンキューSMAP!!」と。

これ言っても怒られない(怒られても気にしない)ラインは

どこまでなんだろう…とおもって見てました(笑)。

 

全員挨拶終わりには、長瀬くんが

「最後に…SMAPに拍手を贈ろう! 」「もっと! もっと!」

しばらく拍手だけの空間がありました。
 

そんな温かい雰囲気の中、出演者が続々と退場。

最後の最後、「水平線の水の中から…」と

ギャグをぶちこむハートの強い(笑)丸ちゃんに、

今年もついていこうと思ったのでした。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月18日

「関ジャニ'sエイターテインメント」東京ドーム4日間

テーマ:舞台・ライブ記録

公演中のため

詳細は後日更新予定。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日

プロ観客

テーマ:舞台・ライブ記録
ある方のお誘いで
小さなライブハウスに行ってきた。

いろんな年齢層の素人さんが集まって
定期的にライブをやっているらしい。

大手企業を退職した偉い方、
元々音楽をバリバリされていた方、
30代と思しきパパ世代の方、
大学生のような若者たち…
どうやって集まったの?というようなメンツだった。

観客は推定40代~60代が20人ぐらい。

上の世代の方々は、
30年前ぐらいにガッツリ
バンドに傾倒していたと思われ
楽器も慣れたもので
そこに年齢が加わり、いい意味で
まったりしてホッコリする。
なにより、私より年上の方々が
積極的に趣味活動しているのは
とても素晴らしいことだと思う。

中間層の男性陣は人が好さそうで(笑)
一人とても上手な子もいた。
一曲目から彼の歌い方が
誰かにすごく似てるんだよなぁと
気になっていたら、そうだ、コブクロじゃん。
膝をバウンドさせて歌う彼は
きっとコブクロが好きに違いない。

若い女性陣になった。
こちらは…ん?あれ?
見た目で音大生かなって最初にレベル高めに
勝手に判断してごめん。
声優的な声の出し方と
頻繁に外れる音階…
「女子大生によるカラオケ会」の様相。
それも、アニソン縛り…

あー、やっぱりライブっていうのは
自腹で入って、遠慮することなく
感想を自由にほざきたい!!(笑)

私はここでも何度も言うように
アンチアニメ派な人間なので
特に、なのですが
「愛」や「夢」や「希望」を盛りに盛り込んだ
アニソンのメドレーに
アラ○○中心の観客全員が
きょとんワールドに突入。

そんな中、一番
飲酒もなさっていたと思われる
お客の男性が「いぇ~い!!」と声援。

もうね。この瞬間、どんな形でもいい
この空気を破ってくれたこの男性に拍手を!!
の気持ちになったよ。わかる?

おじさん偉いよぉぉ(多分同世代)
優しいよぉぉ。

知ったこっちゃねぇ!!みたいな歌(笑)に
一生懸命掛け声かけて盛り上げて。
大向こうの鏡!! ←なんか使い方が違う。
客のプロだよ!!

店内のこの空気をものともせずに
目を瞑って陶酔して歌い切った女子たちの
ハートの強さね。

そんな頑丈なハート、私も持ちたい!!
…見習わ…なきゃ…。

こうして、一生分のアニソンを
おなかいっぱい聞いたおかげで
胸焼け&酸欠になって会場を後にした夜。

チケット代をおごってくれた上に
こんな汚れた感想を聞いてくれた(笑)
友人には大感謝。

そして、「ジャニーズ内にいるアニヲタを思い出し
場をやり過ごせ」とアドバイスをくれた
別の友人にも感謝の言葉を(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月29日

舞台「メトロポリス」

テーマ:舞台・ライブ記録
「難しいと思っていたのは、私だけじゃなかった」
それが一日明けた感想。

舞台「メトロポリス」 シアターコクーン



以下、ネタばれ大きく含みます。
個人判断で回避を。



元々はドイツで製作された1927年公開の
モノクロサイレント映画。
今流行りの言葉で言うなら
「レガシー」な映画。

若い方々にしたら、モノクロ映画は理解できても
サイレントはなかなか「は?」なのではないか。
そんな要らない心配をしてみたものの、
そこまで事前勉強してくる若い客もいないか、と
一人解決。

この映画が89年前である。
当時描かれた「未来」はもはや、「今」なのだ。
新たな未来を描いた舞台、と解釈していい。
…んだと思う。

演出:串田和美

出演:
松たか子(労働者階級の娘)
森山未來(支配的権力者の息子・フレーダー)
飴屋法水
佐野岳
大石継太
さとうこうじ
内田紳一郎
真那胡敬二
大森博史
大方斐紗子
串田和美
伊藤壮太郎
島田惇平
浅沼圭
坂梨磨弥
高原伸子
摩耶リサ
安澤千草

なにせ、普段バカ笑いか皮肉で終わるような
舞台ばかり見ているし
SF映画も見たことがない。
スターウォーズもハリーポッターも
一作も見たことないんだからド素人だ。
SF界の幼稚園児だ。いや、保育園児だ。
どっちでもいい。

ちゃんとしたこの「演劇」的なこの舞台の世界に
頭を染めてげあていくのに時間がかかった。
最後まで???だった。
簡単に言うと、冒頭の言葉に戻る。
「難しかった」。



念のため、大枠の中身はっとくねぇー。
(公式を参考引用にいたしました)

メトロポリスの主であるフレーデルセンの息子フレーダーは、
労働者階級の娘マリアと出会い、恋に落ちる。
彼女を追って地下へと向かい、そこでメトロポリスを動かす巨大な機械と、
過酷な労働を強いられる労働者を初めて見たフレーダーは、
社会の矛盾に気付く。

一方、マリアは密かに集会を開き、労働者たちに忍耐と希望を説く。
「頭脳(支配者)と手(労働者)を仲介するのは心でなくてはいけない。
仲介者は必ず現れる」と。

それを知ったフレーデルセンは、旧知の科学者にマリアを誘拐し、
製作中のアンドロイドをマリアの顔にして、労働階級に送り込み、
彼らを混乱させろと命じる。
アンドロイドは見事にその役割を果たし、労働者は暴徒と化して
機械を破壊、メトロポリスも音を立てて崩れ始める。
そのために労働者が住む地下の町は洪水に見舞われて…。





行けなくなった友人から
譲り受けて入った大切なチケットだ。
理解しようとずーっと頑張った(笑)

ストーリーは、事前勉強のおかげもあり
あらすじは半分3/5ぐらい理解できた。
ダンスは「美しいなぁ~。すごいなぁ~」
歌声は「美しいなぁ~。うまいなぁ~」

以上!!!

いやいや、友人に申し訳がない。
機械と人間、
労働者と支配者、
このあたりは身近なテーマとして
共感も湧きかけた…(かけた止まりかーい)

だから、難しいんだって。
考えて、感じろ!!と言わんばかりの演出の波に
労働者(勝手に自分を配役)は
ブクブクと演出の洪水に溺れるのである…

時空の場面転換もカットだしね。
飴屋法水のラッパー的な存在も
衝撃的だったし。
私の頭は思ったより硬い。

ただね。
森山くんの圧倒的な動きのキレと
松さんの歌声には惚れ惚れした。
松さんの発する言葉は
とても耳に心地が良かった。
あと、大方斐紗子さんも
優しい声で素晴らしい歌声だった。

あまりに心地よい歌声なので
寝ていた多くのお客さんは
鬼のような睡魔に絶え間なく脳を刺激されて
大変だっただろうな…


そうだ。一番驚いたのは、佐野くん。
こういうお仕事もしていたんだ!!
身体能力が高いのは知っていたけど
磨きがかかっている感じがした。
劇場の柱を蹴って高く飛んだのは
びっくりしたし(笑)。


いやぁ~
勉強不足をひたすら感じ
頭の柔軟性の欠落を嘆いた。

脳を鍛えなければ。
支配者にはなれんぞ(笑)。

ちょっと改めて映画をちゃんと見て
復習したい。

二時間。休憩なし。



追記。
シアターコクーンの座席の堅さに尻が痛くなる。
都内の劇場ホール老朽化問題が身に迫る。
なんとかしてくれ。
あと、昔っから思っていたけど、
なんで劇場ってあんなに乾燥してるんだろね?
季節が季節だし、あの人数で感染症モノやばいよね。
潤して~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。