今のところ、アメンバー募集の予定はありません。
申請されても対応しかねますので、ご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月23日

カルテットの夫婦問題の件

テーマ:本・映画・音楽・テレビ
視聴率が悪いのに
ものすごく話題になるドラマ「カルテット」。
 
第6話で描かれたのは
「夫婦がどうしてすれ違ったのか」
男と女のすれ違い。軽くて重いです。
 
ふとしたきっかけで知り合った
広告代理店に勤める男とバイオリン奏者の女。
バイオリン奏者でミステリアスなイメージの女が
謎めいてて魅力的に映った。
一目ぼれに近い感じで二人は交際し
やがて結婚。
 
何一つ不自由のない結婚生活に見えたが
長い時間を過ごすにつれ、
徐々に気持ちがかみ合わなくなってくる…
という物語が描かれる。
 
たとえば、から揚げ。
妻はよかれと思って、夫に聞くこともなく
から揚げにレモンをかける。
本当はレモンは嫌いなのに…と思いながら
何も言わずに「地球一美味しい」といって食べる夫。
 
夫のオススメの映画を二人で観だすと
妻は「この人悪い人?いい人?」「これは?」
「なんでこうなったの?」と質問をする。
夫が感動して泣いている映画の終盤では
妻はもう眠りのなか……
 
結婚前にプレゼントした思い出の本は
いつまでも読み進んでいないまま
同じページにしおりが挟まっている。
気が付けば、鍋敷きに使われていた。
 
休日に近くのカフェに行こうと誘う夫に
「寒いし、家にコーヒーあるし淹れるよ」と
特価で買ってきたコーヒーを淹れだす妻。
 
またバイオリンを弾いたら?と
妻もしたいことをする生活を送れば?と提案すれば
家事をし家にいることがしたいことだという妻。
 
妻の日常の世界の狭さ。
「彼女の世界は狭いから話題は大抵テレビの話で。 
俺が聞いてあげなきゃ」と夫。
これが一番、グサッときたという人多数。
 
夫は、やがて妻に抱いていた幻想が消え
「この人も普通なんだな…」と思い始める。
 
自分の欲求を勝手に抑えて
我慢の限界に達する。
男の勝手ともいえる。
いや、言う。
 
妻は妻で、明るく相手を喜ばせようと
明るく振舞っていただけ。
 
ずっと恋人同士のようにいたかった夫と
家族という形に憧れて、
ただそばにいたかった妻。
 
はぁぁぁ。うん、わかるよ、なんか。
私の場合は、
変わらないで居たい、という想い(夫)と
変わっていく周囲(妻)と。
 
ミコン者、それもベテランのミコン者の私は
夫側の気持ちになって考えてしまう。
私はいつまでも友達でいたいのに…
周りが変わって、耐えきれなくて逃げてしまう。
あー。しみるぜ。いたいぜ。
 
このドラマは観終わったあと、
ネットでの視聴者の感想を検索しまくる、とこまでが
鑑賞の楽しみなのだけど
今回は特に「つらい」という声が。
どちらが悪いではないんだもん。
 
視聴率悪いのに番組を大切にするあまり
丁寧に繰り返しみたいから
みんな録画してみちゃうという残念さと、
「今からでもいいから見て」と
オススメできない
ちゃんと見てほしいタイプのドラマという
貴重感のソースを添えて…
 
はい。以上、ひとりごとでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年02月21日

そば 俺のだし GINZA5

テーマ:グルメ・レシピ

身辺整理の途中、

銀座に寄る用事があったので

ついでに、おそば食べにいきました。

 

最近、じわじわとそばブーム、来てる…。

 

そば 俺のだし

食べログ評価3.54 となかなか高評価。

 

俺のシリーズ店舗、初体験。

ランチ利用。

 

並びなし。立ち食いなので回転はいいです。先払い。

評判によると、システムが分かり辛いとあったけど

店員さんがちゃんと説明してくれたので

迷わず購入できました。

ただ、店内が狭くて、通行が難儀で

それも器を持って…だから、なかなかにスリル。

席を確保してから…とかはだめみたいで

みんな荷物を持ったまま、そばを買い運ぶので…

危険ですよね。

 

イチオシされていた「鶏そば(700円)」をちょいす。

温つけそば、なんですが

まぁ…そばのボリュームが半端ない。

あれ?大盛り頼んだっけ?と思うぐらい。

 

そばがどどーん、海苔がどどーん、

ごまがどどどーん。

テーブルにあった大好きな揚げ玉を、

ソソッ…と少量で乗っけたくなるぐらい

元々のトッピングがボリューミー。

 

そばは、そばの味がしない。

大変硬めにこしらえてある。

私はなんでも固めが好きだからいいけど

入れ歯とかだったら、ゴマといい

この麺の硬さといい…OUTだな、って感じでした。

これが田舎そばだと言われれば、それまで(笑)

 

レジのところで、ラー油大丈夫っすか?

と聞かれたけど、なるほど…かなり、辛い。

ヒリヒリ辛い、というより、しょっぱいという意味の辛さ。

これだけの分量のそばを食べるには、適度と言えば

適度なのかもしれないけど、うーん。

ラー油と醤油っぽさだけ際立って、肝心のだしは……

あと、胡椒ね。

 

疲れたサラリーマンには

ちょうどいいパンチなのかも。

ボリュームも値段も。

 

夜も座れるなら来てみたい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月20日

じむに悩む

テーマ:ブログ

どうも、ジムジプシーです。

 

およそ、1年近く通ったジムを

退会しました。

 

職場の路線が変わり

クラスに間に合わなくなったことと

激混みで予約が取れない、というのが

その理由。

 

本当は、新規別店舗への移店を考えていましたが

私の利用したい時間帯というのが、ちょっと特殊で、

旧店舗にはあるけど

新店舗にはなかったの。

それで已む無く。

 

月会費の払い込みタイムラグがあるので

あと一月は、以前のところに通います。

 

先日の健康診断で、

血圧が上が160超えてて(下も高い)

血圧薬デビューはいやだーっていうことで

健康思考になっているので

頻度を上げて(その分、体に負担がないように)

次は職場近くにしよう~なんて

徒歩圏内のところを物色中。

 

時間帯と混雑ぶりを考えると

ここがいいけど…

でも、クラスの中身はこっちがよくて……

と、なかなか決心がつかず。

 

まずは体験かな、と

思っております。

 

まずは食事改善から、ですね……

(ちなみに薬の副作用が強く出てる+疲労っぽい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月18日

映画「リリーのすべて」

テーマ:本・映画・音楽・テレビ

リリーのすべて

原題「The Danish Girl」

 

 

※ 個人の感想です。

 

世界で初めて性別適合手術を受けた

リリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。

1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、

肖像画家の妻ゲルダに頼まれて

女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、

自身の内側に潜む女性の存在を意識する。

それ以来「リリー」という名の女性として

過ごす時間が増えていくアイナーは、

心と身体が一致しない現実に葛藤する。

 

ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、

次第にリリーに対する理解を深めていく。

 

第88回アカデミー賞で主演男優賞、助演女優賞など

4部門でノミネートを受け、ゲルダを演じた

アリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞。

 

世の中にある様々な病気は

自分自身が罹ってみないと

その苦しみや辛さが分からないものだと思う。

どんなに想像したところで、

体験したことがなければ、

その想像はあくまでも想像にすぎない。

 

痛みや苦しみの共感、理解が

難解な病気のひとつが

性同一性障害、だと思う。

 

今でこそ理解が広まってきてはいるけど

最初にこの病気だと気付いた人は

どうしたのかなぁ?

やっぱり大変だっただろうなぁ…

なんて、ザックリ思ったことはあったけど

その辺りを描いた作品を見て…

 

やっぱり病気そのものの理解は難しい、と感じた。

 

命を懸けてまで、とも思うし

自分のことしか考えてないじゃん、とも思うし

生命の誕生に関する…なんだろ…

信仰心みたいなもの?を否定するような

気にもなってきちゃうし、いやでも

苦しんでいる人は多くいるのだから…と

自分の中でのせめぎ合いが…。

 

複雑。

 

あと、少し、

エディ・レッドメインのお芝居がtoo much。

主演男優賞を獲らなかった意味が少しわかる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月17日

ロケ地探訪?長生庵

テーマ:グルメ・レシピ
築地に出かけたついでに
「そういえば、松潤、築地の蕎麦屋で
ロケしてた番組があったなぁ…」と思い出しました。
 
渡部さんが紹介していたんですね。
 
入口は本当にわかりにくいところにありましたが、
奇跡的に道路の反対側から見えてしまう
自分の眼力の素晴らしさよ…(笑)。
 
長生庵さんです。
初めましてのお蕎麦屋さんで、
定番商品ではなく
いきなりの変わり種から入るのもどうかなーと
思ったんですが、
一年に一回しか来ない地ですし、
せっかくなら松潤と同じメニューに…と
考えるのがオタク心ってものです。
 
 
キムチカレーそば(つけ)を注文いたしました。
 
たまたま女性のおひとり様客さんと相席になりましたが
一人でがっつりビールを飲んでらっしゃって
あまりの格好よさに得した気分になりましたとさ。
 
友達にこの写真を見せたところ
「そば、すくなっ」と言ってましたが、同感です(笑)
粋に食べられない哀しさよ……
(健康診断で空腹だったんだもん)
 
味は間違いなかったので
ぜひ次回(来年)は、定番モノで行きたいと思います。
 
 
 
食べ物ついでに。
 
先日の仕事に向かう途中でのこと。
下北沢に自転車を止めたところで
同世代?と思しき女性から声をかけられて
「この辺に、アボガド料理の専門店ありますか?」と
訊ねられました。
 
はて。
 
アボガド?
 
なんとなく聞いた覚えはある。
下北沢新聞で読んだのかもしれない。
 
でも、興味なかったから場所覚えてな……
 
なんて考えると同時に、
私の脳のコンピューターが
視覚データを読み込んで、再生を始めました。
 
緑色の丸いモノが映った看板……
 
あった(脳内に)。
 
「多分…ですが、この道の一本先の左側にあります」
と答える私。
 
 
そのまま出社した後、調べてみると
やっぱりそこで合ってました。
 
一度も行ったこともないし
看板ちゃんと見たこともないけど
店の雰囲気と看板の色合いだけ
視覚データに残っていました。
 
ちょっと、自分褒めたい気持ちに(笑)。
昔とった杵柄、というアレですね。
視覚探偵になれるんじゃないですか?
ドラマ見てないから視覚探偵って
何者だかよくわかってませんけど…
 
ちなみに、視覚以外はものすごい鈍いので、
人の名前とかはすぐ忘れちゃう(笑)。
毎日、会っている人の名前ですら
毎日、後輩に聞くから、気持ち悪がられます。
 
「ほら…あれ、なんていう人だっけ?
いつも、十字架のネックレスしててさ、
この前、髪切って…○○のスマホケースでさ…」
「そんなところまで見てないのでわかりませんが
多分、▽△さんじゃないですか?」と
不審者がられます(笑)。
 
ちなみに、それはこちらのお店です。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。