今のところ、アメンバー募集の予定はありません。
申請されても対応しかねますので、ご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月02日

ひなたぼっこ

テーマ:ブログ
最近、眠くて眠くて。
睡眠薬飲んでるし
挙句にここんところ
眠気が出るアレルギー薬も飲んでるから
当然っちゃー当然だけど起きれない。

秋口頃までは
一日4時間睡眠とかで
「やべぇな…」と思いつつも
昼になれば眠気が消えた。

今は、9時間眠ってもまだ眠い。

睡眠薬止めれば?って思うと思うけど
寝つけないのでそれはそのまま(笑)。

日中外出していると
「おまえら死ね」「ぶっ殺す」と
心の中でつぶやき続けるほど
世間のことに対してイライラする。
どうりで流行語大賞に
「日本死ね」がノミネートされるわけだ。

帰宅して珍しく
チョコレートを食べたりする。
普段は甘すぎるものは食べないのだが
どーしてもキットカットが食べたい!!と
買ってきてしまった……

という、ここ最近の一連の流れがあるのだが
ネットで見てみてると、
おしゃれな言葉で言うと「冬型うつ」
簡単に言うと「冬眠」らしい。

え?冬眠??

ってなったけど

その対策として
「ひなたぼっこ」があって、納得。
自覚もある。

最近、全然日に当たってない。

駅直結の建物に職場がかわって
地下鉄から一歩も外に出ないまま
社内に入る。

昼はごはんを外に買いに行く余裕もなく
建物内で購入をして
気が付けば夜…。

そりゃな。そりゃな。
そりゃ、ひなたぼっこ大事だわ。


みなさんも日光浴、大切ですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年11月29日

舞台「メトロポリス」

テーマ:舞台・ライブ記録
「難しいと思っていたのは、私だけじゃなかった」
それが一日明けた感想。

舞台「メトロポリス」 シアターコクーン



以下、ネタばれ大きく含みます。
個人判断で回避を。



元々はドイツで製作された1927年公開の
モノクロサイレント映画。
今流行りの言葉で言うなら
「レガシー」な映画。

若い方々にしたら、モノクロ映画は理解できても
サイレントはなかなか「は?」なのではないか。
そんな要らない心配をしてみたものの、
そこまで事前勉強してくる若い客もいないか、と
一人解決。

この映画が89年前である。
当時描かれた「未来」はもはや、「今」なのだ。
新たな未来を描いた舞台、と解釈していい。
…んだと思う。

演出:串田和美

出演:
松たか子(労働者階級の娘)
森山未來(支配的権力者の息子・フレーダー)
飴屋法水
佐野岳
大石継太
さとうこうじ
内田紳一郎
真那胡敬二
大森博史
大方斐紗子
串田和美
伊藤壮太郎
島田惇平
浅沼圭
坂梨磨弥
高原伸子
摩耶リサ
安澤千草

なにせ、普段バカ笑いか皮肉で終わるような
舞台ばかり見ているし
SF映画も見たことがない。
スターウォーズもハリーポッターも
一作も見たことないんだからド素人だ。
SF界の幼稚園児だ。いや、保育園児だ。
どっちでもいい。

ちゃんとしたこの「演劇」的なこの舞台の世界に
頭を染めてげあていくのに時間がかかった。
最後まで???だった。
簡単に言うと、冒頭の言葉に戻る。
「難しかった」。



念のため、大枠の中身はっとくねぇー。
(公式を参考引用にいたしました)

メトロポリスの主であるフレーデルセンの息子フレーダーは、
労働者階級の娘マリアと出会い、恋に落ちる。
彼女を追って地下へと向かい、そこでメトロポリスを動かす巨大な機械と、
過酷な労働を強いられる労働者を初めて見たフレーダーは、
社会の矛盾に気付く。

一方、マリアは密かに集会を開き、労働者たちに忍耐と希望を説く。
「頭脳(支配者)と手(労働者)を仲介するのは心でなくてはいけない。
仲介者は必ず現れる」と。

それを知ったフレーデルセンは、旧知の科学者にマリアを誘拐し、
製作中のアンドロイドをマリアの顔にして、労働階級に送り込み、
彼らを混乱させろと命じる。
アンドロイドは見事にその役割を果たし、労働者は暴徒と化して
機械を破壊、メトロポリスも音を立てて崩れ始める。
そのために労働者が住む地下の町は洪水に見舞われて…。





行けなくなった友人から
譲り受けて入った大切なチケットだ。
理解しようとずーっと頑張った(笑)

ストーリーは、事前勉強のおかげもあり
あらすじは半分3/5ぐらい理解できた。
ダンスは「美しいなぁ~。すごいなぁ~」
歌声は「美しいなぁ~。うまいなぁ~」

以上!!!

いやいや、友人に申し訳がない。
機械と人間、
労働者と支配者、
このあたりは身近なテーマとして
共感も湧きかけた…(かけた止まりかーい)

だから、難しいんだって。
考えて、感じろ!!と言わんばかりの演出の波に
労働者(勝手に自分を配役)は
ブクブクと演出の洪水に溺れるのである…

時空の場面転換もカットだしね。
飴屋法水のラッパー的な存在も
衝撃的だったし。
私の頭は思ったより硬い。

ただね。
森山くんの圧倒的な動きのキレと
松さんの歌声には惚れ惚れした。
松さんの発する言葉は
とても耳に心地が良かった。
あと、大方斐紗子さんも
優しい声で素晴らしい歌声だった。

あまりに心地よい歌声なので
寝ていた多くのお客さんは
鬼のような睡魔に絶え間なく脳を刺激されて
大変だっただろうな…


そうだ。一番驚いたのは、佐野くん。
こういうお仕事もしていたんだ!!
身体能力が高いのは知っていたけど
磨きがかかっている感じがした。
劇場の柱を蹴って高く飛んだのは
びっくりしたし(笑)。


いやぁ~
勉強不足をひたすら感じ
頭の柔軟性の欠落を嘆いた。

脳を鍛えなければ。
支配者にはなれんぞ(笑)。

ちょっと改めて映画をちゃんと見て
復習したい。

二時間。休憩なし。



追記。
シアターコクーンの座席の堅さに尻が痛くなる。
都内の劇場ホール老朽化問題が身に迫る。
なんとかしてくれ。
あと、昔っから思っていたけど、
なんで劇場ってあんなに乾燥してるんだろね?
季節が季節だし、あの人数で感染症モノやばいよね。
潤して~。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月29日

言われてうれしい言葉

テーマ:ブログ
言われてうれしい言葉、変化球編。

「感想聞きたいなぁ」


たとえば、流行りの映画で。
「○○さん(私)の感想を聞いてみたい」

嬉しい反面、
プレッシャーもあるけどね(笑)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月28日

おひとりさま増

テーマ:ブログ
後輩女子たちと焼肉屋へ行った。

新規オープンのお店で清潔感はあるのだが
消防法大丈夫?というぐらいキツキツに
客席が仕切られている。

1人席も4人座れるとはいえぎゅうぎゅう。
焼肉だけに。牛牛。

しかし、このお店。
とても混んでいる。
よくよく見ると、その「こじんまり」とした
客席には、おひとり様の姿が多かった。

「焼肉、おひとりさまってハードル高くない?」
の時代はどこへ?

私も一人焼肉はたまにするが
少数派だとばかり思っていた。

焼き物の場合、待っている間が辛いというが
今では、イヤホンをしてスマホをいじっていれば
時間は過ごせるものらしい。

おひとりさま化が止まらない!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月24日

バチあたり

テーマ:ブログ
白いフード付のかわいいコートきて
アッシュゴールドに染めあげた髪を
こうクルッとうまいことまとめ髪にして
メイクもバッチリにした女の子がいてね。

その子が、バスで
自分の食べ残しのゴミを
そのまま残して降りていくわけですね。


汚いなぁ、ってな。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。