ラフィネポップタウン住道オペラパーク店のブログ ~長い名前でやってます~

リラクゼーションスペース、ラフィネ ポップタウン住道オペラパーク店のブログです。在籍スタッフがネタのあるまま気の向くままに、不定期で更新しております。

「ラフィネポップタウン住道オペラパーク」は

大東市にあります「ポップタウン住道オペラパーク」内で

営業いたしております。

3F中央エスカレーター北側、

「Right-on」さんのお隣です。


ハンサム店長Y田を筆頭に、

チョコ(N)西、

変人画伯改めキューティマドンナY元、

ニューカマーのオトナ女子M田、

そしてこのブログで我が物顔のK村の

総勢5人のスタッフが

皆様のお越しをお待ち申し上げております。


「ポップタウン住道オペラパーク」公式サイト

こちらにも当店の情報が掲載されております。

是非ご参考に。


コメントは承認制とさせていただきます。

ブログ担当者の確認後に掲載となりますので、

タイムラグが生じることもございます。

悪しからずご了承くださいませ。


テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(全体の流れはまた改めて)が
担当しております。

表題としては、
チョコ(N)西といく「カッフェーめぐり。」の
カテゴリに入るのでしょうが。

なかなか楽しい経験でしたので
そこだけピックアップした記事を
まず書かせていただきます。

先日、ちょっと久々に
チョコ(N)西とお休みが合いましたので、
今まで一緒に行った事のない
京都に行くことになりました。

そしてさらに未知の体験を、
ということで
「中村藤吉」 さんというお茶のお店で
「挽き茶体験」なるものをすることに。

石臼で抹茶を挽いたあとに、
茶室に移動してお茶菓子をいただき、
濃茶と薄茶をいただくというもので。

挽き茶体験に参加しないと
入れないエリアに入れていただけるのですよ。

今回は我々と、
たまたま一緒になった別の組の
計5名で参加。

まずは畳のお部屋に上がり、
勝海舟直筆の書を拝見しました。
これはこの体験に参加しないと
見られない特典ということで
撮影NGです。

奥のお座敷で
石臼をかこんで
お抹茶を挽きます。

石臼を動かすのが
なかなかしんどい上に
ちょっと気を使う部分がありましてね。

ぐりぐり早くまわしますと
臼が熱を持ってしまうので
お茶の風味がとんでしまうし、
かといってゆっくりだとなかなか挽けないし、と。

挽けた分が次にいただく
薄茶となりますので、
皆がんばって石臼を回しましたよ。



じんわり汗をかいてきます…

夏は冷房の入った部屋でするそうですが
最初は「えらい寒いな」とおっしゃるお客様が、
石臼を挽いた後は
「もうちょっと温度下げられない?」となるそうです。

ある程度挽けたら
お茶をいただくために茶室に移動。
普通はかがまないと入れないくらい
小さい入り口なのが普通だと思いますが、
こちらの茶室はそのまま入れるので
珍しいのだそうです。

お茶室の広さは4畳半くらい?
ちゃんと床の間もありました。
(撮影NGでした)

まず生茶ゼリーをいただきました。
胃に何か入れておかないと、
お茶の先生曰く
「劇薬」
なので胃を荒らしてしまうのだそうで。

昔はお薬として飲まれていた、
だから「一服」というのだ、と。
なるほど。

濃茶を入れていただいて、
その場にいた5人で回し飲み。
(ちゃんと飲んだところを拭き取ります)

K村、初めてこの濃茶なるものを飲みましたが…
見た目がすごいんですよ、
なんか藻みたいな濃い緑で
なおかつどろっとねばりのあるような液体で。
ぐっと飲み込まないと流れていかない感じ。

先生に「五分の一ずつ飲んでください」と言われましたが
最初の方に回ってきた我々は
それだけも飲めなかった気が…

最後に薄茶をいただきました。
これが普通にお茶席で出るようなお茶ですね。

濃茶がものすごかったので
薄茶は飲みやすく感じました。

お茶室の中は自然光のみなので、
3時前でももうすでに薄暗い感じ。
「冬になったら真っ暗になるんじゃ?」と質問したら
そのときは和ろうそくを立てるのだそうです。
想像するだけでもステキな感じ…

なかなかに得がたい体験でした。

内容としてはこんな感じでしたが、
細かいオモシロエピソードはいろいろありましてね。

案内してくださったお茶の先生(男性)が
なかなかにいいキャラをしてまして。

石臼で挽いたお抹茶は
水鳥の羽で集めるのですが、
それを見た別グループの若い男性が思わず
「抹茶みたいや」とつぶやいてしまい
「いやこれこそが抹茶なんですけどね」と
先生からツッコミが入ったとか。

案内するときはずっとしゃべってはるのですが
お茶を入れるときは無言になるので、
以前いらしたお客様は
別の人がやってきたのだと思っていたとか。

手にお抹茶がついてしまったときに
懐の中の懐紙で指をぬぐうのですが、
適当に着物で拭いてしまうことがあり
着物をハンガーにかけるときに
「なんでこんなところにお茶の粉が」ということがあるとか。

それを聞いた別グループの男性が
「ハンガー使うんですね」と聞くと
「西洋のものもいろいろ使いますよ」と
しれっと答えていたとか。

「この体験会はいつも担当してはるんですか?」と聞かれ
「もう一人ここのちゃんとした社員の女性が担当しています。
 いや俺がちゃんとしてないということではなく」
と妙な弁解をしていたとか。

ああ、他にもいろいろあったと思うのに、
うまくエピソードとして思い出せないのがもどかしい…



挽き茶体験は定員がありますので
もし確実にご利用になりたいのであれば
ご予約がオススメです。
特にこれから紅葉がいい季節ですから
込み合う可能性が大ですので。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(お知らせを兼ねまして)が
担当しております。

この夏に
住道店に配属になったばかりの
オトナ女子M田ですが、
雇用形態が変更になったというのもありまして
残念ながら異動が決定いたしました。

11月からは、
まだオープンしたての
阿倍野店に所属となります。
ただ、それもいつまでかはわかりません。

いろいろとややこしくて
申し訳ございません。

ずっとバタバタしていたので
なかなかうまく時間も合わせられず、
歓迎会が出来ないまま
送別会も兼ねてしまうことに…

あとついでといっちゃなんですが
M田のお誕生日会も兼ねました。
会場は最近定番の「豪腕」さんです。



なにかたくらんでいる風の3人…
(まったくもって意味はない)




お刺身。
(目に線を入れたほうがよかったのか?)

今回は鍋がメインでした。
一応写真も撮ったのですが
なんだかよくわからない出来になったので
ボツに(笑)。

最初座る席を決めるとき、
キューティマドンナY元が
「では一番愛されている私が真ん中に」
などと発言したもんで
他のスタッフ全員から総ツッコミが。

確かに愛されているかもしれませんが…
…いじられ要員として。

結局適当に座った結果が以下。



隣のテーブルが空いてましたので
セルフタイマーで撮影。

お料理を堪能いたしました。

オトナ女子M田に
プレゼントやらいろいろ渡して終了。





というわけで、
来月からまた4人体制です。

他のお店にヘルプコールをしてはいますが
どうしても人員不足になる部分がありますので、
ご希望の時間にご利用いただけるように
事前のご予約をオススメいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(家に帰って引きこもり)が
担当しております。

先日の台風ですが、
皆様の状況はいかがでしたでしょうか。
住道店は2時にクローズとなり、
ご迷惑をおかけいたしましたこと
お詫び申し上げます。

ポップタウンそのものがクローズとなり
スタッフは各々すぐに帰宅の途につきましたが
住道店から一番遠いところに
自宅がございますK村、
最寄り駅に着きましたときには
結構な雨風が…

というわけで自宅の自室で
ひたすらひきこもっておりました。

大阪に上陸したのは10年ぶりだそうですね。

「どうせまた避けていくんだろう」と
思っていたらこんなことに。

そして急に気温が下がり
一気に肌寒くなりましたよ。

急激な気温変化で
体調が不安定になりやすい今日この頃。
リラックスして
自律神経の調子を整えるのも大事。

というわけで、
こんなコースの組み合わせはいかがでしょう?




足裏とふくらはぎをほぐして
末端にたまったものを流し、
全身満遍なく筋肉をほぐして
身体全体の調子を整え、
目の周りや耳をほぐすことで
PCなどで生じた緊張をゆるめて
脳の血流も良くするという
ゼイタクコース。

1ヶ月タイプのバリュアブルカードを
一気に使い切ることで
チョイス100分コースと同じ価格で
110分ご利用いただけるということになります。

是非一度お試しくださいませ。



ブラックボードの下のほうに、
なにやら怪しい生き物がひそんでおりますが…

このブラックボードを書きましたのは
K村なのですが、
ひととおり書きました後に
下のほうに微妙な余白が出来てしまったのを
いかに埋めるかに悩んでおりましてね。

「この微妙な空き、どうしようか…」
とキューティマドンナY元に聞きましたら、

口パクで何かを言っています。

「…」
「…」



『さっぴぃ』

彼女の口は確かにそう動いていた…

「なんでやねん」と言ったものの、
結局何もいい案が浮かばなかったので、
キューティマドンナY元に

「じゃあここに半身で描いて」

と投げてしまったのでした…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(19号接近中)が
担当しております。

JR西日本から
「お昼2時過ぎから
 運転本数を減らし、
 夕方4時には全線運休」

という発表がありました。

それに伴い、
ポップタウン住道オペラパークより
「1Fのダイエーグルメシティ以外、
 お昼2時で全館閉店」

という通達がありました。

なので住道店も
お昼2時で閉店
となります。

ご利用をお考えのお客様には
大変申し訳ございませんが、
雨も風も強くなり危険ですので
本日はご自宅でゆっくりお過ごしいただき
また改めてのご来店をよろしくお願いいたします。


ちなみにダイエーグルメシティは
夜10時まで営業です。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(人生とは奇異なるものなり)が
担当しております。

それで台風の近づいてくる沖縄から
無事戻ってこれてから数日後。

お土産を片手に
なんばの地へ踏み込んだK村。

お休みをかためてとった分
お仕事もまとめてすることとなり、
疲れもピークに達していたので
彼の力を借りようと考えたのです。

そう、
ナイスガイN藤でございます。

彼にお土産を託すと、
ひとり、声をかけてきたスタッフさんが。

「沖縄のどちらに行かれてたんですか?」

K村「渡嘉敷です」

「えー、私も渡嘉敷に行ってたんですよ、
 阿嘉島から渡嘉敷に渡って。
 先週行ってました、
 渡嘉敷にいたのは1日だけですけど」

K村「…先週って私とかぶってません?」

よくよく聞いてみると、
見事にK村とまったく同じ日程。

「宿に泊まらずにキャンプしてました」

K村「まさか
阿波連(あはれん)ですか」

阿波連です」

K村「…私…テント見ました…」


そう、K村が夜に星空の写真を撮ろうと
四苦八苦していたときに、



(後で調べてみたらこんなだった)

ビーチに張ってあったテントを見て、
K村妹と
「キャンプしてるんかねぇ」
などと話をしていたのですよ。



まさかの…

ラフィネスタッフが
中にいたとは…

それも後で聞いたところによると、
なんばウォーク店のスタッフさんも
いたとのこと。

沖縄の、
さらに離島の、
同じビーチに、
大阪のラフィネスタッフ3人…



なんという偶然…!!
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(載せ忘れていた写真があったので)が
担当しております。

今までUPしてきた写真は、
すべてデジカメで撮影したものですが、
スマホでも撮っているものがありましてね。

デジカメはダイビングで使っていて
水滴がついてたりするので
そっちにピントが合ってしまって
残念写真になることがあったもので…

(デジカメには防水ケースをつけています)

たぶんダイビングで
船で移動中に撮ったものだと思うのですが、
細かいシチュエーションを忘れてしまいましたよ。

撮影した時間と日にちを見るに、
3日目のハナレビーチ前に潜る前だと思われます。



↓こちらはたぶん
そこから戻ってきたときに撮ったものですね。
例のビーチに向かって撮ってます。
丘の上に展望台がありますね。



海の色がキレイだ…


しかしですよ。
前回の記事にも書きましたように
じわじわ台風が近づいてきてましてね。




最終日の朝に撮ったものですが、
朝焼けが…

ちょっと重ための雲も出てきています。

10時発の船で那覇に戻ることにしてまして、
9時10分に車が出ますので
それまでに朝食とチェックアウトを済ませて
車が来るまで待機してましたところ。

ザーッと勢いよく雨が。

とうとう降ってきたか…

渡嘉敷港に着き、
海のほうを見てみると
かなり白い波がたっていました。

これはヤバいぞと
あわてて酔い止めを飲むK村とその妹。

相当揺れましたね…
船室の窓にどーんと波しぶきが
何度もかかりました。

渡嘉敷に行くときは、
デッキにあった席にも座れたのですが、
最初から立ち入り禁止になっていたようでして。

波をかぶったのか
そこらじゅうびしょびしょになっていました。

無事に那覇に戻りまして、
重たい荷物を配送してもらう手続きをとり、
お土産を買いに国際通りへ。

去年は時間が無くて
お土産を満足に買えずに
後悔しきりだったのですが、
今年はまだ余裕がありましたので
見たいと思っていたところは見て回れました。

我々としてのノルマであった、
ブルーシールアイスも
タコライスも
沖縄そばも食べられましたしね。

(一度にじゃないですよ)


というわけで。

毎年(勝手に)恒例の
K村の「ブログを私物化して南の島旅行記」を
シメさせていただk




…いただこうかと


思ったのですが…


実はちょっとだけ後日談がありまして…



(すみませんもう1回だけ続きます)
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(たぶんこれ含めてあと2回)が
担当しております。

前の記事の最後に、
お出かけすると書きました。

どこに行ったかというと。

この↓写真でいうと真ん中から少し右の、
小高い丘の上にあります、



展望台へ。

とりあえずそちらに向かって
ビーチをてくてく歩きます。

一番端っこは
こんな感じでした。



岩のアーチをくぐりまして…



階段をひいひい言いながら上りますと…

(そこの写真はありません)

今までとはまったく違う景色が。




展望台の向こう側(北側)は
こんな感じになってました。

奥のほうに青く見えるのは
座間味島だと思われます。

展望台の西側は
こんな感じ。




そしてK村が何回も写真を撮っていた
ビーチがこちら。



ちなみに、
この旅行の一番最初の記事 に載せた写真とは
違うものです。

(細かい)

雲の位置が違いますね。
太陽が雲に隠れているので
海の色合いがちょっと違うのですよ。

ほんの少しの差で
表情が変わるものですね。

この日は蒸し暑くて、
展望台まで上がって降りただけで
めちゃくちゃ汗だくになりました…

ダイビングの後に
シャワーもあびて
着替えなおしたのに意味なし。



そして夜になり。

晩御飯のときに
お刺身の盛り合わせを頼んでみましたよ。



お魚はすべて
渡嘉敷島周辺で獲れたものだそうです。
タコとマグロと、

ナントカアジ。

(お店の人が本当にそう言った)

いや、最初はちゃんと
沖縄の方言でのお魚の名前を言わはったのですが
正式名称を忘れたらしく(笑い)

結局不明なまま
食べ終わってしまいましたよ。


(たぶん次で最後)
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(サブタイトルめちゃくちゃ)が
担当しております。

いやあの、
この2本目のダイブが
K村にとってはもうすばらしいものだったもので、
写真の数が結構なものになってしまったんですよ…

3日目自体の写真は、
このダイビング以外にも
まだまだありますので。

(予告)

2本目は11時くらいに出発。
ポイントは「ハナレビーチ前」。
ここは白い砂地にサンゴの根がポツポツあって、
「いかにも沖縄!!」「これぞ沖縄!!」という感じの
ステキポイントなのですよ。




エントリーしてすぐに撮った写真。
水と空のあいまいさがいいかなと。
もちろん水中から撮ったのですけど。



海の青さと白い砂地、
戯れる小さい魚…



ああ…



楽園は…



ここに…



あったのです…



ね…





どーん。


ここでも40分くらいでしたかね。
最後に浮上する前に、
見上げると小指くらいの小さな魚がキラキラしていて
「まあ写らないだろうな…」とは思いながらも
撮らずにいられませんでした。



以上で今回のダイビングは
すべて終了となりました。

お昼から時間が出来ましたので、
K村と妹は出かけることにしたのです。


(まだまだ続きます)
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(日にちの区切りもあやふやに)が
担当しております。

というのはですね。

去年もトライしたのですが、
「この美しい星空を写真に残してみたい…」
のがありまして。

ただ、まだ半月程度だったのですが、
周囲が暗い渡嘉敷島では
月明かりが相当まぶしくて、
かなり空全体が白く感じてしまうという…

デジカメの「星空撮影モード」を
使った結果。





縮小画像ではよくわかりませんが…
なんしか白くぼーっとしてるのですよ。

(よろしければPCの方は拡大画像をご覧ください)

そういうわけなので、
月が沈む時間を調べて
日付が変わった頃にもう一度トライした結果。






余計わかりませんね…



そして3日目。

この日も朝9時に集合。
ショップのスタッフさんに、
「いつお帰りですか?」と聞かれましたので
「3日に帰ります」と言うと
そのまま話が終わったのですが、
別の人が「4日に戻る」と話しましたところ、
「船が出なくなるから3日に引き上げた方が良い」
とのこと。

そう、台風が近づいてきていたのですよ。

まだ空は晴れていたので
そんな風には全然思えなかったのですが、
スタッフさん曰く
「3日の午後は確実に欠航になる」と。

実際、すでにうねりが出始めてまして、
この日の1本目はポイントを変更にしたそうです。

「ユヒナ浜」というポイントでした。
渡嘉敷ではなくお隣の座間味島のポイントで、
ダイバーには有名な、「男岩」の近くです。
(実際、「男岩」周辺には何隻も船があった)

ずっと片側がガケのようになっていて、
行きはやや深めを、
帰りは浅めを移動してくる、といった感じで潜りました。

深めのときにあまりいい写真が撮れなかったので
浅めのときのものを。

そういえばカメもいたんですけど
遠すぎて全然写真が撮れなかった…

光の差す感じがキレイ。



青く写っているのは
「ハナゴイ」という魚です。



一斉にぶわっと移動してました。



浅めのところなので
色鮮やかですね。



クマノミ。

クマノミにもいろいろ種類があるのですが
これは何クマノミだったかな…

2日目の2本目はお昼過ぎだったのですが、
波の関係もあるのか
30分ほど港で休憩した後に
すぐ2本目に出発しました。

(まだまだ続きます)
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
皆様こんにちは。
本日もK村(さらに写真多目)が
担当しております。

そしてダイビング2本目。
お昼過ぎに集合して、
船で「灯台下」というポイントに移動。

少し話は変わりますが、
ダイビングをした後には
「ログブック」というものをつけます。

内容は、
いつどこのポイントに潜ったか、
天気や気温、海の状況はどんなだったか、
何時から何時まで、何分潜ったか、
そのときの装備はどんなだったか、
(タンクの種類、ウエイトの重さ、ウエットスーツの厚み)
どんな魚を見たのか、
…などなど。

ダイビングの熟練度は年数ではなく
「今まで何本潜ったか」で判断するので、
その証拠となるログブックは
大事なものとなるわけですね。

それで、何年か前にK村は
この「灯台下」で潜ったとログブックに書いてたのですが
まったく記憶に無くてですね…
というか、今までテキトーにしか書いてなかったので
後から読み返してもつまらないことこの上ない内容ばかりで…
せっかくの記録なので
ちゃんと書かないとダメですねぇ。

話をもとに戻しまして。
この「灯台下」は洞窟になってまして、
天気のよい日は
洞窟の中から外を見たときのコントラストや
上からの光の差込が非常に美しいのですよ。




光がゆらゆら揺れて、
本当に神秘的でしたよ。



まぶしい…



洞窟を抜けるとこんな感じ。



岩の上にハゼがいましたよ。



ここでも40分くらい潜りました。

部屋に戻って着替えたら
やっぱり疲れていたようで
数時間横になって動けず。

夕方6時前くらいに、
「そういえば6時過ぎが日没の時間だった!」と
ビーチに向かいました。

本当は展望台にまで行くつもりだったのですが
間に合いそうも無かったので…



ビーチでひたすら夕日を撮影。

望遠を駆使してみました。



ああ、沈んでしまう…





あっという間の出来事でした…


(まだ続きます)
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード