raffine-LIVING スタッフブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

 

こんにちは音譜

 

ラフィネリビングの野口でございます。

 

9月後半に入ってなお、ぐずついたお天気が続いていますね・・・あせる

9月24日の時点で、9月に入って雨の降っていない日は、2日しかなかったそうですガーン雨

そんな中、本日9月25日は久しぶりの晴れ間となりました!!

カラッといいお天気晴れ!!・・・とはなりませんが、やはり気持ちのいいものですアップアップ

 

さて、気持ちを入れ替えて、オーダーソファの施工事例をご紹介させていただきますチョキ

 

今回は総幅1800mm以内でのカウチタイプをご希望との事で製作いたしました。

以前にご紹介させていただいた、カウチタイプのソファと同様に、全体のサイズ感の中で、シートのサイズをどのように確保していくかがポイントとなりました

 

 

今回のご依頼は、全体のサイズ感の中で奥行き方向の寸法がポイントとなっています。

これはカウチソファだけにとどまらず、通常のⅠ型ソファの製作をする際にもポイントとなりますので、ソファご検討の方はご参考いただければと思います。

一般的に、背にクッションを置くタイプのソファは人体寸法から考慮すると、奥行850mmあたりが平均的な寸法となります。

お客様のご希望として奥行を700~800mmあたりで納めたいとのことでした。

先程お話をしたように、平均的数値が850mm程度となりますため、どこの部分を削って希望の数値に近づけていくのかがポイントです。

 

単純に座の奥行だけ削ってしまうと、座面の有効奥行が削られるだけになってしまいます。

そのため、座面だけを削るのではなく、背クッションのマチを少し細くしていくことによって、座面の有効奥行を出来る限りキープするのがポイントとなります。

しかしながら、マチの部分を削るとはいったものの、どの程度削るのかも重要になってまいります。今回は、もともと100mm程度のマチから70mm程度まで削りました。そうすることによって、座面の有効奥行を少しでも確保する事が出来ました。

(参考のために、どこをどの程度変えたのかを側面から比べてみました。)

このように数字を削りましたが、1点ご注意いただきたいポイントとして、背クッションマチ部分を削るといっても、やたらめったに削って良いものでもありません。

背のクッション性を保つためには、やはりある程度の厚みを保たなければいけなくなります。

そのためには、今回の70mm程度のマチを残すのは、最低限必要になってまいります。

 

お客様のご要望のサイズに調整したソファ完成品がこちら

 

今回のように、お客様のお部屋に合った寸法のサイズにオーダーをすることも可能でございます。

どの程度の寸法にしたらいいかわからない・・・とお困りの方は、是非お気軽にご相談くださいませ。

 

オーダーソファに関するお問い合わせはこちらから

 

お問い合わせ、心よりお待ち申し上げます。

 

=============================

ラフィネリビング 青山店

 

担当: 野口

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは音譜


ラフィネリビングの野口でございます。


ここ最近は台風の接近など不安定なお天気がつづいていますねあせる


しかしながら、残暑も厳しくジメジメしています・・・

もう少し経つと暑さも落ち着き過ごしやすくなるのでしょうか?体調管理怠らないように気を付けましょうにひひひらめき電球


さて、今回は特注で製作したソファをご紹介したいと思います。

弊社オリジナルデザインのご用意もございますが、今回はお客様のご要望により形状はシンプルなものとなりました。


しかしながら特徴的なのは、この配置です。平面プランをご参考ください。


このように、サイズのばらけた一人掛けとオットマンの組み合わせにより、室内のどこからでもアクセスができるモジュラーソファになっております。

組み合わせとしては、一人掛けが2ピースとオットマンが3ピース。全てサイズが違って使用方法も様々になります。必ずしもリビング用としてでなくとも、一方はリビング側として使用し、もう片側をダイニング用として使用する、というパターンも可能です。


お部屋のサイズ感がある程度必要となりますが、お部屋の雰囲気がグッとお洒落に見えますね!

配置するパーツが多い分、それぞれのデザインは極力シンプルにして、組み合わせによって楽しむタイプとなりました。


お部屋の設置画像ではなく製作時の画像となりますが、仕上りがごちら。









それぞれのサイズのバラつきにより、変化を楽しめる形状になりました。


普通に座ること以外にも、足を伸ばして座ったり横になったりも問題ないので、非常に使い勝手の良いものと思われます。

モジュラー式なので、配置を変えることにより、また雰囲気も変わって見えてくることでしょう。


このように、ラフィネリビングではイメージしたソファを形としていくこともできます。構造上の問題などについての細かな部分は弊社スタッフが対応させていただきます。


みなさまも、イメージしたソファをつくってみませんか?


オーダーメイドのご相談はこちらから


是非お気軽にご相談くださいませ。お問い合わせお待ち申し上げます音譜



=============================

ラフィネリビング 青山店


    担当: 野口




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


ラフィネリビング青山店の植松です。

今日は、雨が降ったり、やんだりであまり天気が良くないですね。いかがお過ごしでしょうか?
 

本日は、オーダーソファの施工例をご紹介させて頂きます。

当店では形の基本となるベースのソファをお選び頂き、サイズオーダーをしていくセミオーダーと形・仕様などを一から決めて製作していくフルオーダーがございます。今回は、セミオーダーのソファの事例を紹介させて頂きます。


まずはデザインですが、当店のクラウドソファをベースにしました。


<クラウドソファ>

2P    :巾1700×奥行920×高さ650・座高380㎜

参考価格:¥147,000(税抜)〜
※メーターあたり¥4,000の布地の場合。


ボリューム感のある肘と本体が特徴的なローソファ。座面奥行を広く設計してあり、ゆったりとルーズに座ったり横なったり寝たりするのにちょうど良いソファです。セミオーダーで両肘タイプやカウチスタイルに変更ができます。


今回のセミオーダーは、肘置きを雑誌などが収納できる肘置きBOXにしました。当店のソファでボックスローソファを参考にしています。

<ボックスローソファの肘置き>




そして完成品がこちらになります。





サイズ>

2.5P 

巾1800×奥行920×高さ650・座高380mm


クラウドソファの台輪(布張り)は、お部屋にある家具の色(緑色)を入れツートンカラーで張りました。肘置きBOXは、ナラ材の突板仕様で木目を板目で製作をしました。あわせてマチ付のクッションを背あてクッションとして1つ製作しました。


参考価格:¥270,000~


お部屋のスペースや自分の好みのスタイルにあわせてソファを製作できる点がオーダーソファの魅力です。


オーダーソファのご相談・お見積りは無料ですので

お気軽ご相談ください。


オーダーソファについてはこちら


それではまた

お問い合わせ先

ラフィネリビング青山店 担当:植松

TEL 03-6408-7079

FAX 03-6408-7089

MAIL info@raffine-living.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 こんにちは!!


ラフィネリビング青山店の野口でございます。

お盆に入り、8月ももう半ば。毎日暑い日が続いてますね汗汗


ここ最近は、オリンピックの盛り上がりと共に寝不足気味な毎日が続いていますが、日本勢の奮闘ぶりが観られるのであれば、やむをえないのかとも思いますニコニコ


みなさんも最後まで応援しましょーグッド!べーっだ!



さて、オリンピックの話題で終わってしまいそうなので、本題に戻させて頂きますあせる


今回は、特注で製作したソファセットのご紹介をさせていただきます。


全体の寸法として、総幅1800㎜×総奥行1800㎜と少しコンパクトにおさめたソファセットです。

お客様のご要望としては、



①間取り上、幅を広くとってしまうと動線が確保できなくなってしまうのもあり、総幅1800㎜でおさめたいとのこと。


②総幅1800㎜の中に両肘を設けたいとの事。


③足を伸ばしてリラックスできるカウチタイプにしたいとのご要望。



こちらのポイントをメインとして製作いたしました。

当店のオリジナルでざいんの中から、今回はカーロソファ をベースに製作いたしました。


ご要望①の総幅1800㎜という数字を念頭に、ご要望②の両肘を設ける場合、太さで迷われることが多い傾向がございます。

構造上、最薄でも80㎜以上となりますが、太くしすぎるとシートの幅が少なくなっていく・・・

実際に使用してみて、肘が細く感じ過ぎず、太くてスペースを取りすぎないようにとなると、およそ150㎜あたりが程良い数字になってまいります。今回は、その肘巾150㎜と設定して製作。


次にご要望③として挙げた、カウチタイプについてです。今回の場合、奥行き方向に細かな制限があるわけではありませんでしたので、ご主人様でもゆったりと足を伸ばしていただけるように、総奥行1800㎜と設定いたしました。既製品等でのカウチタイプのソファに比べると20~30cm程ゆったりとしています。シートの幅は標準的な数値の600㎜として、残りの数字は1.5Pソファのシートにあてました。


細かな数字を挙げてわかりにくくなってしまったかもしれませんので、その際の平面図を乗せさせていただきますのでご参考ください。




これで全体の平面プランはきまりました。

高さ方向についての大きな変更はなく、1点背のクッションを50㎜程高くして製作。これにヘッドレストを使用することによって、頭をしっかり支えられるようにいたしました。


使用した生地は白の合皮。シンコール社のエーデルスムース(¥6800/m)という生地を使用して製作いたしました。


前置きが長くなりましたが、仕上がったソファのお写真はこちらになります。




フローリングの白にもマッチした清潔感のあるソファに仕上がりました音譜


お部屋でのサイズにある程度の縛りがあるなかでも、オーダーメイドであればその寸法に合わせて製作も可能です。お悩みの方は、是非お気軽にご相談くださいませ。



オーダーのご相談はこちらから。


お問い合わせ、お待ち申し上げますニコニコ


=============================

ラフィネリビング 青山店


    担当: 野口

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


ラフィネリビング青山店の植松です。


よいよ、オリンピックがはじまりましたね。今日は、暑いので自宅でオリンピック観戦の方も多いと思いますが、一日、天気が良いので是非、お出掛けしてみてはいかがでしょうか?

 

 さて本日は、オーダーソファの施工例をご紹介させて頂きます。


当店では形の基本となるベースのソファをお選び頂き、サイズオーダーをしていくセミオーダーと形・仕様などを一から決めて製作していくフルオーダーがございます。今回は、デザインや座り心地などフルオーダーソファの事例を紹介させて頂きます。


 まずはデザインですが、肘と背もたれの高さが同じで、全体的にスクエアなシンプルなデザインをご希望を頂きました。こちらは以前、当社で製作をしたソファでソファのデザインの参考にしました。

背もたれと肘は四角デザインで背クッションは、マチなしのクッションを何個か置くイメージです。

奥行は1050㎜(特大)をご希望を頂きました。


 ソファの構造ですが奥行が1m以上のため強度を考え、座下のバネは、耐久力がある”連結コイルバネ”を使用させて頂きました。

連結コイルバネ


 座クッションについては、お店のサンプルをお試し頂き、やわらかめの座り心地の”フェザーシート+ウレタン”の2層構造のクッションをお選び頂きました。
 
座クッション(フェザーシート+ウレタン)


 そして完成品がこちらになります。




 

サイズ>

3P (※搬入のため2Pと1Pで分割)

巾2590×奥行1050×高さ640・座高450mm

OT

巾930×奥行730×高さ450㎜

 
横幅と奥行が大きいため、横になって寝転んでも十分なサイズがあります。背クッションはマチなしで500角、400角のサイズ違いで作りました。ソファ本体のフレーム高が650㎜のため全体的な高さは、低めのデザインでになり、サイズが大きいですが、圧迫感のないソファに仕上がりました。

参考価格:¥700,000~


お部屋のスペースや自分の好みのスタイルにあわせてソファを製作できる点がオーダーソファの魅力です。


オーダーソファのご相談・お見積りは無料ですので

お気軽ご相談ください。


オーダーソファについてはこちら


それではまた

お問い合わせ先

ラフィネリビング青山店 担当:植松

TEL 03-6408-7079

FAX 03-6408-7089

MAIL info@raffine-living.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


ラフィネリビング青山店の植松です。


今日も暑いですね。午後から天気が悪くなるそうですので早めに出かけたいですね。

 さて本日は、オーダーソファの施工例をご紹介させて頂きます。


当店では形の基本となるベースのソファをお選び頂き、サイズオーダーを

していくセミオーダーと形・仕様などを一から決めて製作していくフルオーダーがございます。


今回は、デュークソファをサイズ変更したセミオーダーの事例を紹介させて頂きます。


まずはこちらがベースとなるデュークソファです。

デュークソファ 2P+カウチ

サイズ:巾2220×奥行1430×高さ560・座高300mm

価格:¥202,000~。※メーターあたり¥4,000の布地の場合。


  
カバーがすべて取り外しができるフルカバーリングのローソファ。2P側の肘は横になったときに邪魔にならないように座面の高さに近い低めデザインにしました。

本革・合皮の場合はカバーが取り外しができない張り込み仕様になります。


今回の施工事例がこちらです。

特注デュークソファ 2P+カウチ




お部屋のスペースのあわせて横幅を通常サイズより220㎜小さく製作をしました。横幅は、2000㎜でカウチソファとしてはコンパクトサイズになります。座面の硬さは、お客様のご要望により硬めで製作をしました。

サイズ>

2P+カウチ

巾2000×奥行1470×高さ560・座高300mm

※2Pの奥行は900㎜。


参考価格:¥190,000~


お部屋のスペースや自分の好みのスタイルにあわせてソファを製作できる点がオーダーソファの魅力です。


オーダーソファのご相談・お見積りは無料ですので

お気軽ご相談ください。


オーダーソファについてはこちら


それではまた

お問い合わせ先

ラフィネリビング青山店 担当:植松

TEL 03-6408-7079

FAX 03-6408-7089

MAIL info@raffine-living.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


ラフィネリビング青山店の植松です。


午前中は天気があまり良くないですが、気温が下がり過ごしやすいですね。今日は、冷房はいらないですね。


 さて本日は、オーダーソファの施工例をご紹介させて頂きます。


当店では形の基本となるベースのソファをお選び頂き、サイズオーダーを

していくセミオーダーと形・仕様などを一から決めて製作していく

フルオーダーがございます。


今回の事例は、セミオーダーの特注ソファの事例を紹介させて頂きます。


まずはソファの背もたれですが、お客様よりクッションタイプだとずれるのであまり好みではないとご要望を頂きました。


一般的なソファの背もたれがクッションタイプの場合。


今回は以下の写真のように張り込みタイプで製作をしました。

背もたれの参考は当店のクラウドソファ高さが出ずすっきりとした印象になります。



座面については、クッションが取り外しが可能な置きクッションタイプを選択しました

メリットはクッションの中身を選べるので座り心地をいろいろ選べること、取り外しが可能なのでメンテナンスが容易な点があります。

※カバーを外して洗える。カバー傷んだときに部分修理が可能。
こちらがイメージです。当店のカーロソファを参考にしました。
 
このように座面だけ取り外しができます。



上記の点を組み合わせたソファが今回の施工事例になります。

こちらです。





  
お部屋のスペースにあわせて2P+カウチ+OTを製作しました。背もたれは張り込み式のデザインですのですっきり見えますね。座面の構造は、座クッションは、ポケットコイルバネが内蔵されているクッション、本体は木枠+ウェービングで沈み込みが少ない構造にしました。ベッドのような硬めのしっかりとした座り心地になります。オットマンもセットで製作しました。


サイズ>

2P+カウチ

巾2500×奥行1700×高さ690・座高390mm

※2Pの奥行は920㎜。


OT

巾700×奥行700×高さ390mm


参考価格:¥400,000~


お部屋のスペースや自分の好みのスタイルにあわせてソファを製作できる点がオーダーソファの魅力です。


オーダーソファのご相談・お見積りは無料ですので

お気軽ご相談ください。


オーダーソファについてはこちら


それではまた

お問い合わせ先

ラフィネリビング青山店 担当:植松

TEL 03-6408-7079

FAX 03-6408-7089

MAIL info@raffine-living.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

度々、こんにちは!!あせる


ラフィネリビング青山店の野口でございます。


前2回に引き続き、特注クッションの製作事例をご紹介させていただきたいと思います。


最後は、リビングのご紹介をさせていただきたいと思います。


全体のレイアウトとして、通常のI型やL型と違い、今回はコの字型でのレイアウトとなっていました。


大きなお部屋のため、全景を一枚におさめられませんでしたので、今回は2枚。







キッチン側にはコーナーソファを設け、バルコニー側にはデイベッド仕様でクッションを配置、中央のメインにはメインとなる3シートを設置となりました。


リビングとダイニングの境には階段が設けられており、ダウンフロアーとなっていました。そのため、バルコニー側の窓の配置は、リビングのフロアより少し高い位置になります。



キッチンダイニング側のコーナーソファは、リビングとダイニングを分ける位置に配置してあります。


そのため、背のクッションは視界を遮らないように少し低めに製作をしました。これにより、空間のつながりを妨げることがないようにしました。





次に中央へ来る、3シートになります。  


この3シートの背面部には間接照明があるため、背のクッションを少し高めに製作し、造作家具本体部分を隠す役割にもなっています。そしてハイバックになるため、背もたれはかなりゆったりとくつろぐこともできます。



この3シートと、バルコニー側とでは1段高さがずれています。


この段差によって高さの統一感の見映えを損なわないように、3シートと同じ高さには、共生地で作った幕板をはりました。

これによって、よりソファ感が出ましたねキラキラ





最後に、バルコニー側を正面から見ると...



こちらはバルコニーへのアクセスの妨げにならないように、背もたれなしの仕様としました。

シートを分割することにより、メンテナンスもしやすくなっています。


このリビング全体の座クッションも他の2部屋と同様に、ウレタンチップだけでなくポケットコイルバネを使用しております。

ただ単にバネで柔らかさを出すだけでなく、クッションのヘタりを軽減してくれるのも大きな魅力ですねアップ


普段使用するのであれば、やはり見映えだけでなく耐久性も大きなポイントの一つビックリマーク


構造や耐久性については、店頭にサンプルのご用意もありますので、詳しくご説明させて頂きますグッド!


ご相談の際は、図面やイメージなどをお持ちいただければ、それをもとにお話をさせていただきます。

自分だけのお部屋を作りたい!とご希望の方は、お気軽にご相談くださいませ。



オーダーでのご相談はこちらから


お問い合わせ、お待ち申し上げますニコニコ


=============================

ラフィネリビング 青山店


    担当: 野口

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!!


ラフィネリビング青山店の野口でございます。


前回に引き続き、特注クッションの製作事例をご紹介させていただきたいと思います。


今回は、奥様のお部屋のご紹介させていただきたいと思います。


こちらのお部屋のポイントとしては、ソファとしての利用目的とは少し異なり、デイベッドとしていの目的を主に置いて製作をいたしました。


全体のお写真はこちら



背面側はバルコニーへのアクセスとなりますので、そこは塞がずに両サイドにデイベッドとして使用するための肘(背柱)を設けての製作。





向かって左側は、すぐ脇に造作家具がきているため、背柱と造作家具の寸法を合わせて、スッポリをおさめました。


背クッションが一応置かれていますが、背柱にダイレクトにもたれかかれるように、内部のウレタンを厚めして製作。感触もソフトになりました音譜





向かって反対側の肘も同様の形状にすることにより、シンメトリーな形状となり、なおかつ使い方も自由が利くというメリットも!

お部屋でゆったりと出来る時間が楽しみなりますねニコニコ




奥様のお部屋は、女性らしい少し光沢感のある生地をチョイスキラキラ

お部屋が明るい雰囲気になりつつも、うっすらパープルの入ったグレー色で大人な印象です音譜


奥様のお部屋も、ご主人様のお部屋と同様に座クッション内にポケットコイルバネを使用。デイベッドとして使用するため、身体に負担もなく程よい硬さになっております。


このように、デイベッドとしての製作も承っております。

特注での製作をご希望の際は、是非お気軽にご相談くださいませ。


オーダーでのご相談はこちらから


次回は、リビングをご紹介させていただきたいと思います。


それでは、また次回~音譜


=============================

ラフィネリビング 青山店

   担当:  野口


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!!


ラフィネリビング青山店の野口でございます。


かなり久しぶりに更新の記事を書かせていただくことになりましたあせる


今回は、ある個人邸様の造作クッションを製作した事例をご紹介させていただきたいと思います。

製作したお部屋は3部屋。


①ご主人様のお部屋

②奥様のお部屋

③リビング


いままでの通常のオーダーソファとは少し違いますため、各お部屋ごとにご紹介いたしますひらめき電球



まず、今回はご主人様のお部屋です。

今回のオーダーの経緯として、土台となる造作家具を大工さんが製作するので、上物の背や座を特注で製作したいとのご要望からスタートしたものです。

製作内容としては、背クッションと座クッション、上の画像では隠れていますが背クッションを支える背柱の製作です。


室内奥側と、手前フローリング側の床レベルが違うため、下台にクッションを乗せた際に奥側の床レベルと合わせる。ここがポイントとなりました。



座のクッションと、背クッションを支える背柱。この二つは共に、造作の台輪とマジックテープで固定をし、ズレを防止しております。



座クッションの厚みはしっかりとしていますが、単にウレタンチップのみだと、かなりハードな硬さになりますので、内部にはポケットコイルバネを使用しています。

ソファ製作の際にも使用できますので、ご用命の際は是非ご相談くださいませ。


生地はシックな色合いの生地をセレクトいただき、まさに男性好みのお部屋になりました。

お部屋でのリラックススペースとして活躍してくれるのではないかと思いますニコニコ



特注でクッション等の製作も可能でございます。あらたに製作をご検討のお客様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談くださいませ。


オーダーでのご相談はこちらから


次回は奥様のお部屋をご紹介させていただきます。


それでは、また次回~音譜


==========================

ラフィネリビング 青山店


    担当: 野口


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。