三連休のラストは、お台場で新島の美味しいモノの無料試食会はいかがでしょうか♪

世界最香峰「 新島のくさや 試食会inお台場」では、くさや、アメリカ芋、島焼酎など

新島の美味しいものが無料でバンバン振る舞われています~!!



すっかり新島ファンのワタクシ、昨日(11月23日)参戦して

久しぶりに食べるくさやをひと口かじり、海に向かってガッツポーズ!!


「クサいけど、うま~~い」


試食会場は、お台場海浜公園のマリンハウスのあたり。

デックス東京への連絡通路から、オレンジの「新島くさや」の幟が目印になります。



当然、くさやは、あの匂いが特徴!!


地図がなくても、香りで場所がわかるかと思いきや、、、

実際くさやを焼いているのは、ちょっと離れた潮風公園なのだそう。


というわけで、相当近寄らないと、匂いはしてきませんでした笑笑


周囲では、ビーチバレー大会が開催されていたり

のんびりわんこのお散歩や、水上バスを待っている観光客も沢山!!



イベントの詳細が知りたい方は、この写真でリンクしています。

これ↓↓クリックこれ↓

NewImage


くさやが大好きだけど、自宅で焼けない!

本場のくさやを、一度食べてみたい!

焼き立てのくさやが食べたい!


という方達の中には、すでに美味しさを知ってて進んで近寄ってくる人や

匂いにビビりながら、恐る恐る近寄ってくるふとまでさまざまな様子笑





私は、すすんで、ミス新島から、試食のくさやをゲット!!!


次々と焼き立てが運ばれてくるくさやは、試食サイズなんて可愛いサイズではなく

小さな魚は、景気よくまるごと渡されるの~♪


ちゃんと、ファストフードのように、食べやすいペーパーに包んで渡されます。



最初にいただいた 青むろアジの小さなサイズは

骨ごとバリバリいけて、んま~いドキドキ


写真は撮り忘れたけど、島の特産品、アメリカ芋を使った焼酎なども振る舞われるので

一緒にいただくと、これがまた最高のマリアージュ!!





他にも、秋刀魚やトビウオなど、珍しいくさやがいろいろあるので

数人で行って食べ比べるのも楽しいですよ~^^


同行者も、最初に食べたトビウオの、淡泊だけど噛みしめると旨味いっぱいの味が気に入り

いつの間にか、焼酎、お替りしているしwww




美味しく試食していたら、次の焼き立てが届いたので

さらにもうひとつ、1枚目の写真に登場した、青むろアジの大をいただきました。


大きいので、半分にカットした尻尾がわ。

肉厚でジューシーで、めちゃくちゃ食べ応えある~~アップ



実は私が新島で初めてくさやを食べ、くさや好きになったのは

この青むろを最初に食べたからかもしれません!!

試食にあったら、ぜひトライしてみてね~



タイミングが良ければ、新島特産のアメリカ芋もいただけます。

※お芋は、焼くのに時間がかかるので、タイミングが合えばぜひぜひ!



これがまた、どくとくのねっとり感でうま~~♪




というわけで、特産品販売コーナーで

青むろのくさやと、アメリカ芋をゲットしました!!!


自宅でくさやを焼くのが不安な方には、焼いてほぐした商品もありますよ^^





新島水産加工業協同組合の組合長さんによると

2日間で、約2000枚のくさやを、無料でふるまう予定だそうです。


今日の予定がまだ決まっていない方、

そして今日、お台場周辺にお出かけ予定の方

ぜひぜひ、海浜公園で、新島のくさやを味わってみてくださいね~!!




新島くさや試食会inお台場 ⇒ リンク ★



AD

自宅で揚げたて!!!

新島名物・青ムロアジのすり身(たたき)揚げ」が美味しすぎるぅ~~~

ふわっふわの熱々で魚の旨みがいっぱい♪ご飯もお酒もススみまくり~!!!



生のすり身は、新宿駅西口広場で開催された「東京愛らんどフェア2014」でゲット。

伊豆諸島・小笠原諸島の美味しいものやお土産品、名物が一同に集まったイベント

真っ先に目指したのは、新島の「元祖くさや」販売コーナーです。


新島でお土産に買って帰った「青むろあじのすり身」の味が忘れられず

イベントの前に、製造元に連絡して、予約販売していただきました。



くさやコーナーに置いてあった、新島の新商品「生とうがらし」も気になったので一緒に♪♪



私が買った「青むろあじのすり身」は、

新島で創業100年のくさや製造・加工・販売の菊孫商店 の商品です。


菊孫商店

東京都新島村本村3-1-2  電話04992-5-0052

くさや、すり身、新島特産品の販売 ⇒菊孫商店オンラインショップ



ここは、昨年、公益財団法人 東京都島しょ振興公社 の企画で出かけた

「女子だけの新島・式根島ツアー」で、最後にお土産を買ったお店。

<余談ですが、『ほこ×たて』で、くさやVS 脱臭機 の対決に勝利したのは

新島水産加工業協同組合の組合長でもある、菊孫商店の藤井さんだそうです>


新島が元祖だと言われる くさや は、新鮮な魚を“くさや液”と呼ばれる

独特な風味の魚醤のようなものに漬けて作られます。

江戸時代から献上品とされていた長い歴史のあるくさやは

ビタミン、アミノ酸などが非常に豊富に含まれていて、抗菌作用もあり

最近は、身体に良い食べ物としても注目されています。



新島水産加工業協同組合の「くさやの里」も見学させていただきました。

各製造業者さんの家宝「くさや液」は、それぞれの家で塩加減なども違い

代々大切に受け継がれているそうです。


ここで作られたくさやは、そのまま真空パックされたり

食べやすく焼いてほぐした商品などに加工されたりしています。




匂いはすごかったけど、、、、、、、、

見学後、組合長さん達が焼いてくださったくさやがめちゃくちゃ美味しくてアップ

女子旅参加者は、匂いを忘れて食べまくり!!!!!!


初めて食べたけど、本当に美味しくてクセになるわ~ビール



というわけで、島を後にする日、満場一致で、くさやを買いに出かけた女子6人。

「みんなで焼けば怖くない!」とご近所の分も買いこんだメンバーもいれば
自宅で、くさやを焼く勇気が無いと、焼いてほぐした加工品を購入するメンバーやら

けっこうみんな、大量に買い込んでいましたよ。笑




で、その時何気に買ったのが、忘れられない味になった「すり身」です。



今回は、イベントで3パック買って、さっそくその夜に1パックいただきました。

作り方は、超簡単♪

パックから出したすり身を、ボールの中でなめらかにもう一度練り

お好みで野菜などを加えたら、揚げたり、鍋物にしたりいろいろ。




私は、粗目にみじん切りしたネギと混ぜ混ぜして

大さじ1杯ずつ、油の中に広げて、きつね色になるまで揚げました。



途中、ふわ~っと、油に入れた時の約2倍大きさに膨らみ、次第に落ち着いてきます。


揚げたてをハフハフしながらいただくと、超ふわふわで香ばしくてうま~もぐもぐ

少し落ち着いてくると、締まった食感になり、もちろん冷めても美味しいです。



薬味がわりにと、新島の「生とうがらし」にもトライ!!

新島村の青唐辛子と、青ヶ島の塩で作られた万能調味料は

ふたを開けると、むせかえるほどの唐辛子の香りが~~



ラベルを見ると、新島で有名な、ソムリエ田崎真也さんもお気に入りの

島唐辛子や唐辛子オリーブオイルなどを製造する「みやがわ農園」のものでした。



もちろん、熱々のすり身(タタキ)揚げにも合う~~~

お刺身や麺料理、鍋物など何でも合いそう♪


これはもう、辛いモノ好きな人には、ぜひチャレンジしてほしいです。


さわあこのラジオ日記


いっけん、さつま揚げのように見えるけど、食感は全然違う新島の郷土料理

青むろあじのすり身(たたき)は、新島のくさや屋さんなどで手に入ります。

(島特有のレシピがあるようで、自宅ではこの味と食感が出せないの・・・)


なかなか新島まで行けない人は、アンテナショップや観光イベント

そして、オンラインショップなどでチェックしてみてね~



ブログランキング・にほんブログ村へ


新島・式根島の旅の様子 ⇒ 女子だけで行く!東京島旅ブロガーツアー


東京の島旅情報満載 ⇒ 公益財団法人 東京都島しょ振興公社

東京竹芝で、東京都の島の情報や物産が手に入ります!

                    ⇒  アンテナショップ「東京愛らんど」

新島に行きたい方、まずはここをチェック

                    ⇒ 東京都新島村役場



AD

伊豆諸島・小笠原諸島の郷土料理、島寿司ってご存知ですか?

魚をタレに漬け込み、ちょっと甘めの酢飯で握り、わさびの代わりに辛子を使います。

醤油ダレに漬けたお刺身の色から、べっこう寿司と呼ばれる事もあるんですって。




これがもう、一度食べたらハマってしまう美味しさ♪

普段いただくお寿司とは違った味わいで、ときどき無性に恋しくなります。



この島寿司は、公益財団法人 東京都島しょ振興公社 の方にご案内いただき

9月に訪れた新島の栄寿司でいただいたもの。


栄寿司

東京都新島村本村5丁目2-9   ☎04992-5-1539


お寿司屋さんと言っても、島の男!

日焼けして、粋なスタイルで握る大将が、カッコいい~



空き時間は、奥様と海に出て、サーフィンをするのだそうです。



いただいた島寿司の盛り合わせは、メダイ、カンパチ、マダイの3種。



魚によって、プリプリだったり、ねっとりしたりの味の差に

ピリッとくる洋ガラシが絶妙なアクセントになって美味しい~^^


そして、島でとれる岩のりと、名物のあしたばの天ぷら入りのお吸い物。



これがまた、うま~いもぐもぐ



思い出すと、食べたくなっちゃうよー!


そんな時、立ち寄るのが、伊豆七島への玄関口でもある竹芝桟橋にある

アンテナショップ「東京愛らんど」です。





店内には、東京都の島々のご飯がいただけるカフェや

観光パンフレットやお土産などもいっぱい!





例えば、くさやや岩のりを使ったピザとか・・・・




スイーツもあります。




島のご飯に興味のある方は、今週の土曜日(2014年1月11日)、

東京愛らんど No.1&Only1イベント~11島にしかない味がある~ 

というイベントに注目!

都内で、島の味を堪能できますよアップ



「伊豆諸島・小笠原諸島11島にしかないうまいもの」をテーマにした

特別ランチ島1(シマワン)ランチ/1000円」が、限定販売されます。




・島寿司(4貫)
・島サザエのつぼ焼き
・神津島の塩辛冷や奴
・明日葉のおひたし
・海藻サラダ~鮮魚のカルパッチョを添えて~
  (利島の椿油と青ヶ島ひんぎゃの塩・八丈島菊池レモンを使用したカルパッチョ、赤とさかのり使用)
・三宅島のてっぱつ漬け
・伊勢エビ出汁の味噌汁(実際は、身が入っていて殻は入っていません)

・新島のくさや



島料理プラス、千葉県のいすみ市・きゃらぶき普及会協力で

台風被害にあった「伊豆大島復興への願いを込めた椿の花柄太巻き寿司」も参加。
このお寿司は、御蔵島の水で炊いたいすみ米が使われるんですって。


なかなか食べられない島の郷土料理を少しずつ色々いただいたり

“くさや”をちょっとだけ試してみたい方には、いいラインナップですよね~^^



私も、食べに行きたいな!

そして、新島と式根島にも、また絶対行きたいな~音譜




旅行記、気長に次回に続く・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ


東京の島旅情報満載 ⇒ 公益財団法人 東京都島しょ振興公社

東京竹芝で、東京都の島の情報や物産が手に入ります!

                    ⇒  アンテナショップ「東京愛らんど」


新島に行きたい方、まずはここをチェック

                    ⇒ 東京都新島村役場





AD

島の東側は、白い砂浜の美しい海岸が約6.5㎞続きます。

青い空と白い雲、ミルキーブルーの海と白い海岸♪


さっきまで都内にいたのに、ここは本当に日本なのかしら・・・ハテナsei

なんて考える、まだ朝10時前の東京都新島です海


さわあこのラジオ日記


というわけで、先日行ってきた≪東京島旅♪新島・式根島 ≫の旅行記。

前記事で、朝8時半に調布飛行場からセスナで飛び立ち、

9時過ぎに新島に降り立った私たちは、まず、今夜の宿にチェックイン♪



さわあこのラジオ日記

カフェ+宿 saro(サロー) 。

お部屋の中にハンモックがある~~♪

出されたハーブティーは、フルーツフレーバーで美味しい~♪

<お部屋の様子やお食事は、また別記事にUP予定>


というわけで、荷物をお部屋に預かってもらって、新島探検に出発!!



さわあこのラジオ日記


宿の前にあったマンホールも、新島仕様で可愛いな^^



公益財団法人 東京都島しょ振興公社 の方にご案内頂き

地元のガイドさんと最初に訪れたのは、絶景ビューの 羽伏浦(はぶしうら)展望台



さわあこのラジオ日記

この展望台から見えたのが、今日の一枚目の写真の景色です。


今度は、新東京百景 新島羽伏浦(はぶしうら)海岸 の看板越しに、

同じ場所のスマホ写真を一枚。


さわあこのラジオ日記



この展望台、正面を見ても、左手を見ても、どこまでも続く青い海が広がります。


さわあこのラジオ日記

新島に行ったら、羽伏浦(はぶしうら)展望台からの景色は、要チェックですよポイントポイント



次に向かったのは、その展望台から見えていた羽伏浦(はぶしうら)海岸

ここは、サーフィンやボディボードの世界チャンピオンを決めるツアーも開催され

世界的にも有名な最高の波が打ち寄せる海岸です。


白い建物は、羽伏浦(はぶしうら)海岸のメインゲート

大会の時などは、ジャッジがこの上から審査する場所にもなるそうです。


さわあこのラジオ日記

この日は、台風明けで、さすがにいつもより波が高いらしい!

地元ガイドさんは、「この風景、あまり写真に撮ってほしくないんですが・・・」との事。

本来は、もう少し波が穏やかで、海水浴もできるビーチだそうです。


でも、初めて見た私たちは、逆に感動スゴイキャッ*m

水しぶきを浴びながら、シャッター切りました。



さわあこのラジオ日記


この後は、少し移動して、サーフィンの「シークレットポイント」へ続く道。


「ええええ?ここ通るんですかあせる

と、不安になりながらガイドさんについていくと・・・突然美しい景色が!!!



さわあこのラジオ日記


急な階段を降りると、そこは真っ白な海岸。


さわあこのラジオ日記

うわ~~、来て良かった~~ラブラブ






近づいてみると、キラキラした宝石のような砂の粒がきれい~宝石白
さわあこのラジオ日記


うっかり、スマホを砂の上に落としたら、こんな事になりました。ええ!!ハッ


さわあこのラジオ日記

昔は、新島でも砂鉄を採っていたそうで、白い砂に混ざった砂鉄が

スマホの上で、こんな模様になったんですね~^^



右を見ても左をみても、白い砂に白い壁。


さわあこのラジオ日記

降りてきた階段も、こんなにきれいです。



さわあこのラジオ日記


まるで、日本ではないみたいな新島の海岸に圧倒され、感動の女子6人。


新島って、本当に素敵な島だよ~~~アップ



新島旅行記、次回に続く・・・


今日の台風、伊豆七島・大島でも大変な被害があるようで、心配です。

皆様も、十分お気を付けください。

ブログランキング・にほんブログ村へ


東京の島旅情報満載 ⇒ 公益財団法人 東京都島しょ振興公社


東京竹芝で、東京都の島の情報や物産が手に入ります!

                    ⇒  アンテナショップ「東京愛らんど」


新島に行きたい方、まずはここをチェック

                    ⇒ 東京都新島村役場




夕焼けを眺めながら、ゆったりと過ごす露天風呂。

このまま、陽が落ちれば、空には満天の星が輝きます月夜


さわあこのラジオ日記

同じ場所から、昼間の景色はこちら♪

青い空に、透明度抜群の海を眺めながらの温泉、最高!!!



さわあこのラジオ日記

そんな贅沢な時間が過ごせるこの『湯の浜露天温泉』<水着着用>は、

なんと24時間無料で、しかも年中無休、365日いつでも自由に楽しめる温泉です♪



しかも、ここは、なんと東京都!!!!!

走っている車は、『品川ナンバー』だ~~~!!!!!


さわあこのラジオ日記

というわけで、先日行ってきた≪東京島旅♪新島・式根島 ≫の旅行記

ボチボチ、スタートしていきます海フォト♪


私が公益財団法人 東京都島しょ振興公社 の方にご案内いただき

新島を訪れたのは、2013年9月27日~29日。


2泊3日の女子旅企画で集まったメンバーは、

初めましての人ともすぐ友達になれる、本当に楽しい体験満載の旅でした。


さわあこのラジオ日記

新島のお隣、式根島を案内してくくださった地元ガイドさんと一緒にパチリはい、チーズ!


行く先々で、日本とは思えない美しい空と海の絶景に出会い

地元の方と触れ合い、日常を忘れてのんびり過ごせる・・・

それが新島の一番の魅力ですアップ



そんな、東京都新島村は、東京から南へ150㎞、伊豆下田から南東へ36㎞。

新島とお隣の式根島は、有人島で、ビーチや温泉、観光などが盛んな島です。


島へのアクセスは、飛行機と船。

日帰りだってできちゃう飛行機は、調布飛行場から片道35分

高速船だと、2時間20分と、意外に近くてサクッと行けることに驚きます。


(大型客船で、東京を夜出て、新島に朝着という、ゆっくりコースもありますまったり



さわあこのラジオ日記

というわけで、行きは、調布飛行場から、飛行機でひとっ飛び飛行機


セスナの後ろに見えるのは、サッカーファンにはお馴染みの「味スタ」です~



小さな飛行機なので、左右のバランスをとるため、乗る前に手荷物も含めて

しっかり計量されますよ~~

体重も、自己申告するシステムに、ちょっとあせるあせるあせる



さわあこのラジオ日記

座席は、左右に一列ずつの、可愛らしい飛行機ですが

思ったより音も小さく、乗り心地も良い感じ~~


時刻通り、出発!!



さわあこのラジオ日記

羽についているプロペラが真横でクルクル回って、頑張っています。



さわあこのラジオ日記

眼下に見える調布の町。

飛行機って、何回乗ってもテンションあがって、写真撮りまくってしまうわ~笑



しばらく飛ぶと、並々ならぬオーラを醸し出す大きな山が・・・


さわあこのラジオ日記


おおお!富士山だ~~~


さわあこのラジオ日記


海に出ました~

右の窓も、左の窓も、きれいな青い海♪



さわあこのラジオ日記


太陽の位置で、右側と左側の海の色が違うのが印象的です。


さわあこのラジオ日記

伊豆大島の上空通過!!


小さな飛行機だからなのか、下の景色も、なんだか近くに見えるのがイイ♪



そして、いよいよ新島が見えてきました~


さわあこのラジオ日記

早い!!!


あっという間に、新島に着いちゃったよ~~



さわあこのラジオ日記


前日まで、仕事で忙しく、朝5時起きで荷物をまとめて飛行場に駆けつけたワタシ。


絶対、飛行機の中で熟睡だと思ったのに、楽しくて、35分があっという間すぎて

まったく眠る間もなく、新島到着音譜



ちなみに、新島の気候は、夏は比較的涼しく、冬は比較的暖かいという

まさに、リゾートにぴったりの場所なんですって。


楽しい旅行記、ひとまず今日はここまで・・・

次回に続く・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ


東京の島旅情報満載 ⇒ 公益財団法人 東京都島しょ振興公社


東京竹芝で、東京都の島の情報や物産が手に入ります!

                    ⇒  アンテナショップ「東京愛らんど」


新島に行きたい方、まずはここをチェック

                    ⇒ 東京都新島村役場