おみ♪てお(旧「おみちょり♪通信」)

ブログの説明を入力します。

セキセイインコなのにこんなに声域が広い(低い声が出る)なんて!

証拠動画は【こちら(Click)】

テーマ:
その日は平日だったので、上り線は割りとすいています。
いつものように小菅JCを右折してすぐ千住新橋を降ります。
日光街道の橋を渡り、いつもの場所にいるたくさんの白バイを横目に、南千住駅前のモールに向かいます。
モール周囲は大勢の人が歩いていて、阿見や大洗のアウトレットがかわいそうなくらい!

プレオープンなので駐車場はなんと無料でした!すでに得した気分です。
エレベーターを降りてフロアをみた私は仰天しました。

…でかっ!!

イーアスのコジマの倍はありそうです。
これだけではどこに何があるのかさっぱり分かりません。
思わず近くの店員さんに聞いてみました。

根「小鳥はどこになりますか」
店「奥の扉のコーナーの中にいますよ」

グッズ売り場の山をかき分け、対角線上にあるコーナーに急ぎます。

いました、いました!

たしかに7~8匹づつ入っているケージが数個ありました。
それが、すごいんです!
この子たち、人間に対してとっても積極的なんです!

普通、ヒナを見せてもらいに行くと、真ん中のエサ入れのあたりに寄り集まっていて、
あまりこちらに寄ってきてくれる子は多くないんです。
とくに中年のおじさんな訳ですから、なおさらですorz

守谷のジョイホンや鳥信、ドキドキペットくんもそうでした。

それが、ここの子達は、人が寄るといっせいに美予美予(ビヨビヨ)と手のほうに集まってきます。ある種、感動的ですらありました。
(この積極性は、何なんだろう?)
うれしい疑問です。

店員さんが近づいてきました。
どうやらエサやりの時間のようです。
注射器のシリンジのようなフードポンプにすり餌を練ったものを入れて、一匹一匹、ヒナの口に注入していきます。
どのヒナも、ビヨビヨと店員さんにすり寄って行きます。
親だと思ってるのかな?カワイイ!

店員さんにたのんで、ひとつのケージを開けてもらいました。

個性的なヒナたちが、集まってきます。
その中でも、ある一匹がわれ先にと寄ってきました。どうやらその子がケージの中を仕切っているようです。
もう一匹、デザイン的にかわいいのが寄ってきましたが、その仕切り屋と争いになって、手のほうに来させてもらえません。
そのかわいい子とよく似た子が、ケージの奥のほうにいておとなしくしています。
そして、何だか頭が寝グセがついて、ちょっぴり羽衣っぽい感じになっている子も元気でした。
おそらく頭にフンが付いてしまったんでしょうが、少し体格も大き目でよく目立ちます。
彼のややスクエアな「ヘアスタイル」と体格を見ていたら、大統領選のトランプ候補を思い出しました。

おっと、こんどは、仕切り屋さんにブロックされていたかわいい子が、やり返しているようです。
バトルというほどではないですが、スパーリングといったところでしょうか
どうやら、仕切り屋さんを押し出して、こちらに寄ってくることに成功したようでした。

店員さんに聞いてみたら、この子達とトランプに似ている子はやはり男の子で、
やり返した子に似てるおとなしい子はメスだそうです。

 仕切り屋
 やり返し
 トランプ
 似たメス
 もう数匹

みんな仲良さそうなメンツです。
たぶん兄弟なんだろうなあ・・・

仕切り屋さんをみて、店員さんが言いました
「この子、噛むなあ・・・」
えっ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
テ オ「…何だか、新入りのキイロイトリばっか可愛がってね?
インチョー「お、何いじけてるよ?一応平等に接してるつもりだぞ」

テ オ「…だって、さ…
インチョー「やー、今ぽやぽやとは時間分けてるからさ。ごめんよ」
テ オ「…でも、さ…(プイ)

おやおや、仰向けにねてしまいました。
手がチンチンで、カワイイ

じつは、目下テオとぽやぽやは遊びの時間を分けています。

おみちょりの場合は、彼の方が1年先輩であったことや、テオがそれこそスリッパよりも小さな子犬のころから部屋の中を縦横無尽に飛び回っていて、テオでもちょっと手が出ない感じでした。

しかし、ぽやぽやの場合は、今度はテオが1年先輩になります。すでに体格的には成犬といっても過言ではありません。
また、最近布製のフリスビーを投げたものをたまに空中でキャッチできるようになりました。動くモノに対する興味は以前よりも増しているかもしれません。

いっぽう、ぽやぽやは少し飛ぶのも慣れましたが、まだまだおみちょりの韋駄天ぶりに比べたら原チャリとチャリくらいの差はあります。

ですので、現状において、以前のように同時に出した場合、万一のインシデントを否定しきれません。ヒヤリハットなんて言っている場合ではありません。
そこは飼い主が責任を持って自制すべきです。

…おっといつのまに、心霊写真のようになってしまいました。
黄昏れてんじゃねえよ

そうだ、お前、少しむさくるしいからネガティブなことばかり考えるんだろ。
もっとさっぱりしたら少しは変わるんじゃないのwww

山新に行って買ってきました。ワハハハハ

トリミングに行くと、きれいに仕上がりますが、少し毛が残ります。
これから気温が30度を超す真夏日の季節です。
一度やってみようと思っていたのですが、全身ツルッパの丸坊主にして、ミニチュアピンシャーっぽくしてみようと思います。

以前、トリマーの方も「まだ子犬の毛なので、一回思い切ってカットした方が、強めに巻きが入って、よりプードルっぽくなる」とおっしゃっていました。

よし、ヤルぞwww

風呂の湯を抜いて、蓋をした上に新聞紙を敷いて、いざスタート!
と思いきや、
バリカンカバーが全く使えません。
10mm20mm30mm40mmのスライドカバーをつけると、全く歯が立ちません。1mmの直(じか)ぞり安全カバーも、着けると全く毛が切れません。この2つのカバーは無用の長物でした。チクショー

3mm6mmの着脱式カバーだけが唯一まともに使えます。

ザクザク
ザクザクザクザクザクザク
 ザクザクザクザクザクザクザクザク
  ザクザクザクザクザクザクザクザク
   …
まるでオーストラリアの羊の毛を刈っているようです。
(この毛が売り物になるなら、どれだけいいことか)

気がついたら、全身3mmになっていました。
時折「
伽殷(きゃいん)!」などという悲鳴のようなものも聞かれましたが、あまり気にせずにすすめます。

テオ殿、あたら申し訳ない。。。

2時間が経過しました。
すっきりした自分の体よりも大きな毛の山を始末して、残るは足の指です。
指の間の水かきは、神経が鈍いせいか、あまり
伽殷伽殷ということにはなっていません。

最後に、全身シャンプーして拭いて、終わりです。
けっこう疲れたかも。
おなか側の剃毛が、意外と苦労しました。
また、わきの下や鼠蹊部は、小帯(しょうたい)と呼ばれる、皮膚が筋ばった部分ができます。その周囲が、何か所か赤くなって擦り傷になっていました。

テオ殿、まことに申し訳ない。。。

また、風呂の蓋の新聞紙の上に、さらにピアノのイスを置いて、その上にテオを乗せてやればもっと腰が楽だったかなと、これは今後の課題です。
じゃじゃーん

どうですか。
りりしくなったでしょw

おっと、うれしそうですねぇ

どうしたのでしょうか?感動に打ち震えてるのかな?

歓びのあまり身振りまで躍動的になってきましたね
しっぽはなぜかこの間山新で見たデグーそっくりにorz

インチョー「どうだテオ、さっぱりしただろw」
テ オ「…あの、さ…(どうしてくれんだよ、コノヤロー)

p.s.
そのあいだ、ぽやぽやと言えば、書物に親しんだり

陣内智則の笑いを堪能したり

有意義な時間を過ごしましたとさ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間は空振りだったなぁ…

空のおみちょりのケージを見ながら、ふと思いました。
(まだ俺には鳥のお迎えは時期尚早だってことなのかなぁ?)

そんなある朝、どこかのTVのニュースに目が釘付けになりました。
それは、南千住の巨大なホームセンター(ロイヤルホームセンター)が開店になり、そこの3階に国内最大級のペットショップフロア『アニマルシティ』ができるという報道です。
現地レポーターは思いっきりイッヌの所ではしゃいでいます。
珍しいワンちゃんやネコちゃんも大勢いるのでぜひお越しくださいとのことでした。
ニュースでは、オープンはまだ翌日で、今のところプレオープンだそうです。

ちょうど仕事が休みの日です。気になります。
あらためて電話してみました。
根「今日テレビで見たんですけど、セキセイインコとか小鳥はいますか?」
店「いますよ。ヒナから中ビナで15~6匹づつくらいですかね」
おっと、そちょうどいいですね!家内と相談して、のぞきに行くことにしました。

常磐道~首都高6号線を上っていき、途中で八潮PAに寄りました。
家内と話をします。

 名前何にするの?もう決めたの?
 うーん、「△◇ー」とかどうかなぁ?
 「△◇ー」、どうもねえ、微妙
 そうだなぁ、長生きを願ってと思ったんだけど、犬っぽいよね、コレ。
 そうだね。
 あと、「☆○◎」とか。。
 …
 まぁ、あまり深く考えないで、音感で「▽□○」とかぽやぽやとか…
 あっ、ぽやぽやいいじゃん、カワイイ
 そう?ぽ、ぽやぽや…いいかな?
 いいよいいよ、ぽやぽや気に入った

こんな感じで、到着前なのに、ほぼ名前が決定してしまいました。
ぽやぽやとは、厳密にはおみちょりのような「音」感ではなく、首や背中などのふわふわで温かい「触」感「視」覚「温」感ですが、私がインコを見て愛でたりしているときには必ず頭の中に出てくる擬態語です。

あっという間に、名前がぽやぽやになりました。

今日は、かわいいぽやぽやは、いるかな…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(以下、何回かにわたって、1カ月ほど前からの経緯を述べていきますが、タイムラグも少ないので「現在形」扱いとします)

おみちょりを失った私は、茫然自失の中日々をすごしておりました。
ご案内のように霊能者に観てもらったりもしました。
とはいっても、心の空洞はそんなに簡単に癒えるものではありません。
ケージの暖房をはずして、水のみ、ミラー等を少しづつ掃除して、最後に四十九日に相当する日に、しまえずにまた組み立ててしまったのは自然の流れだったかもしれません。
空のケージを眺めながら日々をすごして来ました。

これを片付けてしまう気には、とてもなれませんでした。
それだけはやっちゃいけないような気がしました。

近くを通ると、空気の動きや対流で、ケージ内のミラーが少し揺れたりします。
空気の仕業だと分かっていても、何だかおみちょりがそこにいるような気持ちがしていました。

でも彼から私は見えるのかもしれませんが、私からは見えません。
何となく、セキセイインコの匂いやさえずり、表情が恋しくなります。
なかでも、スパングルやケンソン、ファローのような黒模様が薄い系のものに惹かれます。

休日など、何となくペットショップを見て回る日が続きました。
(この子達はおみちょりではない)
分かってはいるのですが・・・

守谷のジョイフルホンダは、おみちょりを売ってくれたときのベテラン店員の石井さんの顔を見なくなってから少し寂しい感じがしていました。
一匹かわいい子がいたのですが、ちょうど売約済みでした。

有名な北千住の「鳥信」も行きました。

大勢の中から、おっ、と思うかわいい子が2羽いました。1羽はシナモンで、もう1羽は、おみちょりとほぼ同じようなスパングルでした。
やっぱり、自分自身おみちょりの面影を少し引きずっていたのかもしれません。
しかしそのときは他店も見たかったので、スマホで撮影だけして店を後にしました。

王子の「ドキドキペットくん」というところにも遠征しました。
Google画像検索をかけたらおみちょりに似た色の子が出てきたので、見に行ってきました。
ここは本体価格以外に、お迎え前検診などの費用が別にかかります。
けっこう本格的な感じがしました。
しかし、お目当ての子は写真よりもずいぶん立派になっていました。
ケージの扉を開けたとたんにその子が飛び立ってしまい、捕まえるのに苦労しました。
あやうくお店の方にご迷惑をかけるところでした。
(ちょっと育ちすぎだな)

ヒナの卒業時期は、1日1日で刻々と成長し、変わります。
一人エサがはじまると、そうは思うようにいかないところもあります。

なかなかよい縁というのはそうそうないものです。
しかし数打たないとよい縁にもめぐり合えません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
謹啓

時下ますますご清祥のことと大慶に存じます。
改めまして、今日は新しい子を紹介したいと思います。

ポヤポヤ
 
はじめまして、『ぽやぽや』です!
 ぼくは、おとこのこです。
 みんなもそういっているので、そんなきがするよ!
 たんじょうびは、(2016年)4がつ15にちごろです。
 おひっこしは5がつ25にちでした。
 すきなたべものは、けいてぃーのごはんです。
 あと、にんげんのゆびをはむはむするのがすきです。
 これから、いろいろあったこととかをおはなしするので、よろしくね!

おっ、ぽやぽやも上手に自己紹介できたようですね。
おやおや、指を公公するのが好きですか・・・お手柔らかにね!
私からもこれからも補足的に記事をアップしていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


(これらの写真は、お迎え当日の5月25日の撮影です)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうだ?向こうでは元気かな?
この間、先生に聞いた感じでは大丈夫そうだってことで理解してるよ。
何でも、ネットで調べたら、あっちではお前たち小鳥の面倒を見る専門の係の人や獣医さんもたくさんいるらしいから、その辺は安心していいのかな。

ところで、お前には本当に申し訳ないことばかりだったな。
お迎えした日のことはよく覚えてるよ。
小学校のころの記憶や無念な思い出もあるんで、その辺何とかなりそうかなって軽く考えてたらさ、高いのか安いのか、慣れてるのか慣れてないのか、色が珍しいとか、最近のトレンドとかetc
結局最初は俺もセキセイインコのことなんか何も分かってなかったみたいだな。

で、家族が勧めるままに見てみたら、俺までほだされちゃったさ。
それがお前だったんだよ。

それなのに、翌日から引っ張り出して写真を撮ったり、

IKEAの家具を組み立てているところに出してみたり、
部屋の中に一日放鳥で出しっぱなしにしたり、
脇の下(羽の下?!)の匂いを無理やり嗅いだり
「犬…ゴルァ!」とか変な言葉ばかり教えたり、
犬の散歩のときに気がつかないで肩に乗せたまま玄関を出ちゃったり
ふすまやレースのカーテンを閉めないで放鳥して怪我させたり
人間の食べるプレーンクラッカーを食べたがるからと食べさせたり
・・・
うん、ろくな飼い主じゃなかったよな。

何だか、なんでも人間に当てはめて考えていて、自分がそうだからって「自由がいい」に違いないと思って放鳥しすぎたのはミスだったかもな。
そうだよ、ティッシュを丸めてメスに見立てて遊んでるのを見た時にはびっくりしたけど、ちょっぴり申し訳ない気持ちになったよ。
お前も男だもんな。
俺も男だから、やめろとは言いにくくて、悩んだよ…

俺もインコのかわいがり方ってのをよく理解してなかったんだな。
ヒナのうちからむやみと追い掛け回したりしただもんだから、お前は逆に走力も飛行能力もえらく発達しちゃってさ。
ぜんぜん捕まんなかったもんな。
まるでドローンみたいに器用に飛行方向を変えたり、ハチドリのように空中静止したり、自由自在だったよ。参った!スゲーよホント。
ひところは真剣に虫取り網の購入を検討したこともあったなぁ。
そんなお前を確実に捕まえるには、もう、部屋の電気を消すくらいしかなくてさ…
鳥目で回りが見えなくなって、そーっと捕まえるときにいつも一声「…ジッ!」って鳴いてたよな。

「インチョーずるいぞ!」って思ってたんだよな…な。

その割には、毎朝の体重測定のときには割と協力的だったりして。分かってたのかなあ。

だから、いつでもおみちょりは運動神経抜群、俊敏性抜群のスピードマスターなんだと思ってたさ。
逆にむしろ、俺がそのことに甘えちゃったのかな。
捕まえるのは大変だったけど、これは俺が鍛えてやったおかげだ、位な大きな勘違いもしてさ。
だから、逆にいつもこっちが安心してたんだよ。
お前ほどのインコならのろまな俺のことなんか完璧に避け切ってくれるって。

そうそう、本当に俺の肩が好きだったよな。
床からまっすぐに飛び上がってきたと思ったら、野球でいう西本のシュートみたいな軌跡で、
空中でピピッと曲がって左肩だったよな。
その、飛ぶときったら、いかにも興味がありそうな目で「飛ぶぞ、飛ぶぞ」みたいな
雰囲気をかもし出してから、やっぱり我慢できずに飛ぶ、みたいなあの表情、かわいかったよ!
肩でも何処でもいいけど、少しでも好きな部分があってくれて本当にありがとう!!
俺も大好きだよ!!お前はいつまでも俺の心の中に生きてるからな。




ところでさ、ひとつお願いがあるんだ。




おみちょりさぁ




…あのさぁ




ケージちょっと使わしてもらえないかなぁ?




お気に入りのケージだと思うから、申し訳ないんだけど。
ブログでも書いたんだけど、いろいろあって、新しい子の面倒を見ることになったんだ。
お前のことは心から感謝してるけど、やっぱ、今回こんな結末になっちゃったでしょ。

どうしても自分の中に強い強い後悔の気持ちがあってさ。
それは飼い主のワガママだって言われちゃうかもしれないけど、

もっとああしとけばよかった、とか
こんなことしなければよかった、とか
もっと大事にしてやれなかったか、とか
もっと安全にしてやれなかったか、とか
こっちが無理やり匂いを嗅いだりばっかりしないで
もっとインコ本位にできなかったか、とか
etc

本当はもっとおみちょりのことをていねいに面倒を見てあげられればよかったんだけど今考えると、こりゃ絶対俺の方がお前に甘えてたんだよ…
仕事から帰ってきて疲れて、酒も入った状態でイタズラしたりetc
俺も勝手な奴だったよ。もっと教訓として学ぶべき部分も多いな。

これからは、常にお前に見られてるつもりで、恥ずかしくないように、逆に安心してもらえる(かどうかは分からないけどそれに近づける)ように、くらいのつもりで飼育して、できる限り長生きさせてあげたいと思ってる。

もし今度の新しい子が長生きできるとしたら、それは、誰をおいても、おみちょり、お前のおかげなんだよ!

だから、新しい子のためにも、お前のためにも、俺はもう一度、最善を尽くしたい。
それが、俺が示せる精一杯の誠意だと思う。



だから、悪いね、おみちょり



ケージ、借りるよ。



おみちょり






今日で、2月29日からちょうど100日だな。
人間の世界では、百日忌のことを「卒哭忌」といって、いつまでもめそめそしてるのはやめましょう、って意味なんだって。
インチョージイジの百日忌のときにお坊さんがそう言ってたよ。
もしかしたら、お前も天国でインチョージイジから教わったかもしれないな。

今まで、毎朝お墓に、お前にあげる分だったエサを少しづつお供えしてきたんだ。
でさ、友達のスズメとかツバメとかとも仲良く分けっこしてくれたと思う。
このエサを見ると、やっぱりお前を飼ってたころのことを少し思い出してさ。

何の偶然だか、今日の百日忌でちょうどぴったりの量だったよ!

だからこれでとりあえずこっちの世界の毎朝のエサはおしまいだな。
でもこれからも、テオとの散歩の帰りとか、裏庭に出たときとか、1日1回は顔を出したいと思ってるから、お前も心配するなよ。

珍しいものとか、新しい子のおやつとか入手したときとか、
そういったときは、ちゃんとお供えするから、大丈夫だから。

じゃあな、とりあえず。
今度の誕生日とか、来年の3月1日(≒2月29日)の祥月命日とか、そのときにまた改めてお前に手紙を書こうかな。
安らかにな、おみちょり!

合掌

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前掲稿において、やや時期尚早かとは考えつつも新たなセキセイインコのヒナを一羽お迎えした経緯につきまして、時間をさかのぼって説明させていただきます。 

じつは私事ですが、2月下旬に、家庭環境の大きな変化がありました。
奇しくもほぼ同じ時期、私たち夫婦は新しい命を授かったことを知りました。
大きな喜びの直後にこのような大きな悲しみを経て、当然ながら私は強い混乱に陥り、心情的な複雑さや葛藤にも悩まされました。
その中で、まずはしっかりとおみちょりを弔うことを最優先に考えました。 

もうひとつ、私の心の中に強い思いがありました。 

それは、ブログでも何度も書きましたが、私の幼少時の経緯も踏まえて今回はインコを長生きさせてあげたいと願っていたことや、それにもかかわらず叶わなかったことに対する強い自責の念です。
後になって振り返れば、自身の動物に対する扱いの稚拙さやリスクコントロールの甘さも多々見受けられ、そのひとつひとつに悔いが残ります。
とにかく、インコを長生きさせるには何が必要か。
これを何よりも優先的に考えることにしました。 

将来のことを考えますと、子供がある程度物心がついて成長するまでは、数年程度飼育を自粛すべきかもしれないとも考えました。まだ子供も幼少時のうちは、突発的に予期せぬ動きや行動に出たりすることも想定されます。そんなときに鳥の方がまだヨチヨチ歩きであったり、少し飛べても上手にコントロールできないような状態だと、偶発的なアクシデントの確率も上昇するでしょう。 

逆に、子供の物心の付くころには、犬も鳥も大人になっていて落ち着いて家族の一員として自然に存在する状態を仮定してみますと、こちらのほうが、お互い違和感なく接することができるだけに、かえって偶発的なリスクも下がるでしょう。

いずれにせよ、対ペットということですので、不慮のアクシデントとは常に隣り合わせです。しかし万が一そのようなことが起こってしまったら…小学校の頃の私も、ある種のトラウマというか、非常につらく胸の痛む思いをしました。
昔の自分と同じようなショックや後悔を我が子にも持たせてしまうことは親心として絶対に避けてあげたい。このように強く願います。

さまざまな観点から検討をした結果、もっともインコにとってローリスクで妥当性の高い方法は、現段階で可能な限り早めに新しい子をお迎えすることだという結論に達しました。

あさっての6月7日(火)は、いわば百日忌に当たります。またの名を卒哭忌(そっこくき)とも言います。これは、いつまでもめそめそしているのはやめましょう、という意味ですよ、と、父の百日忌のときにご住職から説法がありました。
ですからひとつの区切りとも言えます。また、現段階においてはまだまだおみちょりと過ごした記憶が鮮明に残っております。 

これらを踏まえても、やはり、今回のお迎えは心情的にも時期尚早さを否めない部分は否定できません。
ただ、今回は初めて、後ろ髪をひかれるような、不思議な強い感覚を経験しました。
おみちょり亡き後、それまでもたまにはペットショップなどでインコのヒナを見て回ったりはしていました。おみちょりは別にしても、やはり何となくセキセイインコの形や匂いに触れたくなるものです。しかし、今回のような感情の経験はありませんでした。 

タイミング的な問題も含めて、いろいろ悩みましたが、思い切って連れて帰ることに決めました。今後、落ち着いた段階で、新しい子のことについてもいろいろご紹介していければと考えています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログをごらんの皆様や、動物たちを愛して下さる皆様に、突然ではありますが、ひとつご報告があります。

過日からのおみちょりの一件は皆様ご案内の通りであり、私も今日まで深い悲しみや罪悪感、フラッシュバックする記憶 に取り紛れる中においても、生前の姿を偲びながら今日まで過ごしてまいりました。 

ただ、家族の間では、いずれの日にかは、またインコをお迎えできればという話は常にありました。もちろんその時期については確定には程遠く、漠然とまだ先々だろうとは思ってはおりました。

そのような中、今般、やや時期尚早のきらいは否めないところではありますが、偶然にご縁がありまして、新しいヒナを一羽お迎えする運びとなりました。

その経緯の詳細等につきましては、稿を改めてご説明したいと考えております。
先ずは取り急ぎご報告まで。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「4オクターブインコ」

考えてみれば、どこか海外の某歌手のような大層な名前です。
といっても、何が4オクターブなのか分かりにくいですね。

そこで、 絶対 大体音感の持ち主の私が特技のソルフェージュを駆使して楽譜(ピアノ譜)にしてみることにしました。
多少は分かりやすいかと思います。

「鍵穴のド」といわれる音があります。いわゆる真ん中のドです
国際式表記でC4(ヤマハ式だとC3)とも書きます。
この「鍵穴のド」を中心として上下に2オクターブづつ。これがおみちょりの声域です

 ♪~(高)オミチョリ、オミチョリ
   ~(低)おーみーちょーりーおーみーちょーりー

例のお得意の奴です。
高い方がC6(以下、国際式)、低い方がC2

どうですか!
実際に音だししてみると、いかに広い声域かわかるでしょう!

しかし、こんなおみちょりでも出しにくい音域があるんです。
C5~G5あたりの音です
下の楽譜で赤い帯で書いたエリアです。

このあたりの音程で発生しようとすると、単音ではなく二重音のようになってしまうんです。
いわば、モンゴルの伝統芸能『ホーミー』のような声。

個体のクセなのかもしれなませんが・・・

♪~ホーホケキョ(口笛)

これはとても時間がかかりました。
とくに最初の「ホ~ホ」の部分が、赤枠の中に入ってしまうので、とても言い出しにくい言葉だったようです。
その割にはすぐに忘れてしまって、再び覚えるまでに1年近くかかりました。
本人も嫌いだったみたいですね!

しかし、それよりも下や上であれば、かなり正確な音程が出せるんですよ。

そして、洋画に出てくるようなセクシーな女性が耳でささやくような、変に妖艶な響きになる音域もあるんです。
C4~G4(とくにG4近辺)あたりの音です
下の楽譜で青い帯で書いたエリアです。

最初にこれを発見した時には、大変驚きました。
(これはいけない!やめさせないと変態インコだ)

すぐに特訓してしまいました。
徹底的にG4(「鍵穴のド」のすぐ右のソ)で

♪~いーんーちょーー、いーんーちょーー、

この辺の音がいちばん官能的に出ます
当時まだ禁酒していなかった私は、缶チューハイをチビチビやりながら、こんな声をきいて疲れを一気に吹っ飛ばしていたものです。

ただ、この辺の音程も、仕込まれる本人はあまり好きではないようで、通常しゃべる言葉は、もっと高い音や低い音のものが中心でした。



以前、あるショップの店員さんからこんな風に言われたことがあります。
「高い声の方がよく覚えるよ、女性とか子供の声位の」

忘れていましたが、うちのに限って言えば、そんなことはあまりありませんでした。
一方、先ほどの苦手な音程の部分が覚えにくかったのはご案内の通りです。



「インコのおしゃべりを聞くと、飼い主が男性か女性かわかる」
これも家内に以前言われたことがありました。
最初のうちは、わざと上の音符のようにようにめちゃくちゃ高い声とめちゃくちゃ低い声で言葉を教えるようにしていたのですが、すぐに私にとって普通の音域の言葉もたくさん覚え始めました。

この「ありがと!」は、C3~G3の範囲、通常の一般的な女性の声域よりも半分~1オクターブ下の音程です。
この辺を聞くと(ああ、飼い主は男性だな)とは容易に想像がつきます。



そして、気がつくと、勝手に

 【原 典】おーみーちょーりー
   ↓
 【変則1】おーみーちょーりーちょーりー
 【変則2】おーみーちーりー
 【変則3】みーちょーりー
 【変則4】みーみーちょーりー
 【変則5】みーみーちょーりーちょーりー

のように、自ら言葉を変えて発音したりするんです。
これは他の家のインコでもしばしばあることではないでしょうか。

この地鳴りのようなC2の低い声は気に入っていたようで、頻繁に何かしら唸っていました。

また、何となく雰囲気で、日本語でもフランス語でも、何語でもないんだけど何となく日本語のような「ぺちゃくちゃしたつぶやき」をツイートするんです。

上の動画でも、途中聞き取りにくい所がありますが、これは聞き取りにくいのではなくてインコが勝手に新言語を創作して発音しているので、日本人にはわからないだけです。



 ♪~(高)オミチョリ、オミチョリ
   ~(低)おーみーちょーりーおーみーちょーりー

今でも、スクーターや車に一人で乗っているときに、おみちょりを思い出しながら、彼のおしゃべりのような声をわざと出してみたりすることもあります。

ほんのり、ほろっとした気分になります。

そう、この無理やりな4オクターブは、もとは私が聞かせて教えたものなんです。
でも今になってみると、思い出のスイッチにもなったんですね。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回まで力を入れて書きました、ツバメの夫婦の巣作りですが、18日(水)朝にまことに残念ながら、何者かに落とされてしまっているのが発見されました。

前年は、巣の上部のみが崩されていた感じでしたが、今回は巣の大部分が剥がされてしまいました。
この力技は、スズメには無理だと思うので、おそらく犯人はカラスでしょう。

その日は仕事が休みの日でしたが、用事があり、職場に行ってきました。
昼に帰宅したとき、まだ電線の周りには2匹のツバメが飛んでおり、玄関を入ろうとした私のそばまで飛んで来たりしていました。

 仮説A(犯人はお前か?)
 仮説B(おい、助けてくれよ~)

彼らは何を思っていたんでしょうか?

その日の夜は、壊れた巣の上に一匹だけいました。
巣が壊れたから、奥さんに逃げられちゃったのかな…
さみしそうに寝ていました。



そう、月曜日は雨風が強い一日でした。
たまたまかどうかは分かりませんが、その日の夜には、2匹ともいませんでした。
火曜日の夜、一匹は戻ってきました。
もう一匹はどうしたのだろう?気になりました。

そんなことがありました。


落ちた巣の残骸は、掃除するのも少し残念だったのでまだそのままにしておきました。
木曜日の夜、見てみたら、もうツバメはいませんでした。

今回はとても残念でしたが、前年と今年の両方とも、トラブルに見舞われてしまったので、何かネットを張るなど少し対策を立てた方がいいと思いました。

また、今回は産卵前だったことは不幸中の幸いかもしれません。

前回は卵が2つくらい落ちていて、非常にショックでした。
それを考えると、まだツバメの夫婦にチャンスが残っていない訳ではない状況ですから、どこかで頑張ってほしいものです。

ここはおみちょりが命のロスをうまくかわしてくれたのかな…
そこは良しとしなければと思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。