おみ♪てお(旧「おみちょり♪通信」)

ブログの説明を入力します。

セキセイインコなのにこんなに声域が広い(低い声が出る)なんて!

証拠動画は【こちら(Click)】

テーマ:
テオを里親さんにお任せして、その前後で急に変わったことがいくつかありました。
また、急に変わったことで、今まで気がつかなかった、飼育による人間側の影響や効果などにも改めて見直すきっかけになりました。

◆ 部屋が広がりました。

まず変わったのは、リビングが一気に広くなったことです。
とくにケージ周辺が急にがらんどうになり、感じが変です。

棚などを移動して、場所を均等化したら、部屋全体が広くなりました。

考えてみれば、テオのためにいろいろ物を買いました。

ケージ、クレート、トイレ、エサ、この辺は基本的なところですが、おむつ、散歩紙(ウンチをつかむ紙)、消臭スプレー、鋏、鋤き剪、爪切り、おもちゃの骨や円盤、服、珍しいところでは口輪(人間に甘がみしたり舐めないように)、携帯用シリコン製トイレ、etc

とにかくペットシーツがかさむことかさむこと!
推奨は1回おしっこしたら交換、ということでしたが、気がついたら2~3回おしっこしていたりしたこともありました。
カラーボックスのほとんどをペットシーツが占めていたのが実態です。

その専用のカラーボックスとケージが、結構高さがあったせいか、
なくなると一気に圧迫感から開放されたような感じです。

それがそのままテオの存在感だったんですね。

◆ 土地勘が磨かれました。

もうひとつですが、散歩のおかげで近所の道路にかなり詳しくなったのも事実です。
今は団地の中に住んでいるのですが、道路付けが迷路や袋小路のようになったりして結構分かりにくい所です。この一帯はニュータウンと呼ばれる地区で、自宅のあるエリアは縦長の街区が並び、隣エリアは横長の街区が並び、さらに、エリアとエリアの間は歩道のみで結ばれている、などのようなところもあり、土地を知らない人は車では迷いやすい団地です。

しかし「犬の散歩は毎日コースや時間を変えて行うように」と指摘するネットの記事が多く、そのようにしていたおかげで、かなりあちこち近所の道を覚え、土地勘が磨かれました。

2箇所ほど、公園に水洗トイレがある場所があり、そこではテオのウンチが散々お世話になりました。

また、散歩中にポケットにしまった鍵を何度か落とし、そのたびに家に入れなくなってしまって
テオにしんどい思いをさせたこともありました。
そんなときは決まって、さっき走った公園の芝生に戻ると鍵が落ちていました。
全力疾走をしたりしていると、ついつい鍵が落ちたことにも気がつかないものです。

何度か懲りて、最近はかならず家内にもらったメッセンジャーバッグに鍵を入れることにしました。

◆ 時間がかなり余裕ができました。

今までは、だいたい午前午後の7時ごろにエサをあげて、その前後に散歩を1回~2回、
帰ってきて足をシャワーで流したり、暇なときに簡単な芸を教えたりしていたので、
1時間くらいはかかっていました。
その合間にぽやぽやのケージのお手入れや放鳥をしていた感じです。
朝6時におきても、気がつくともう3時間くらい過ぎていたりします。
それが、いなくなって次の日に、いつまでたっても朝の時間が過ぎないのに驚きました。
あまりにもぽやぽやとの時間が長く、少々手持ち無沙汰な感覚すら覚えました。

やはりこれも、テオの存在感だったんだと思います。

◆ 部屋の匂いが、一気に変わりました。

ぽやぽやをお迎えした今年5月ごろは、部屋の匂いが一気にインコのヒナの匂い(=「インコ臭」)に変わったような気がしていました。
そこから時間がたつに従い、インコ臭が薄れてきたのか、
また汗やおしっこのような、独特の犬臭さに戻っていっていたようです。
毎日そこで生活していると、なかなか気がつかないものです。

またいっぺんに鳥の匂いでいっぱいの部屋に戻りました。

嗅覚というのは、五感の中でもっとも本能に近い感覚だそうですが、私の記憶もいっぺんに少しまき戻されたような感覚を覚えました。


主にこの4つが強く感じた点です。

ふと気がつくと、私の部屋の中で、おみちょりもテオも、思い出になっていました。


「おみ・てお」

さすがに近くブログのタイトルを少し変えた方がよさそうな気がしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
翌日、前回の最後に書いた通り、お預けしていた誕生ケーキを食したテオのかわいらしい写メが届きました。
しかも、誕生日記念ということでトリミングまでしてもらって、かなりの美少年になってしまっていたんです!

なんと犬思いの方なんでしょう!よかったなテオ!

そのときにケージの止め具など若干の忘れ物があり、こちらからお届けにあがる旨連絡しようと思っていたのですが、先づは感謝のご挨拶がてら、返信しました。

数日後、忘れ物と菓子折りを届けるためにMさん宅の玄関先にお邪魔させていただきました。
向かって左側にペットフェンスがあり、開けた途端にまず先住犬のパピヨンがキャンキャン鳴きながら飛び出してきました。

続いて、すっかりMさんの家の子になってしまったテオが、頭にリボンをつけて、元気そうに出てきました。

「おう、テオ!」
呼んだら、気がついたみたいで、こっちに向かって飛びついてきて、顔をペロペロなめてきました。
(そうだ、子犬の頃はこんなだったな…)
テオに顔をなめられたのは久しぶりでした。
ここのところは、近寄ってきたら飛びついたり顔をなめたりせず、横にオスワリをするようにしつけている途中でした。

でもすぐ、続いてやってきた白いネコちゃんと楽しそうにじゃれあい始めました。
Mさんの話では、月齢が近いので仲が良いそうです。

「お友達ができてよかったな、テオ!」

つくづくそう思いました。
あと、トリミングしたばかりというのもあるんだと思いますが、今までよりも若干リラックスした表情に見えます。
私がお別れするときに、テオが若干こちらに来そうな感じもあったのですが、Mさんが軽く手で制していました。

(…うん、これでいいんだ)

先住のワンちゃんネコちゃんの友達に囲まれた室内フリーのこの環境は、我が家では到底味あわせてあげることができなかった環境です。
不本意ではありますが、飼い主は犬の幸せを第一に考えないといけません。

自分に言い聞かせるように、Mさん宅を後にしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
くだんの市内の愛犬家Mさん(仮名)とは、仕事が休みの水曜日の午後にアポイントを取りました。
コンパクトカー(車種は失礼します)に乗ってMさんはやってきました。
50代くらいのざっくばらんな主婦の方です。
服装もジーンズにポロシャツと、動きやすそうな格好です。
「ここに来る前に、いとこの所のビションフリーゼと遊んできたから匂いがついているかも」とMさん。

中にお通しすると、テオは一瞬ひるみましたが、敵ではないと確認すると、大喜び。
もともと犬よりも人に行くタイプの子なので、新しい人がうれしかったのでしょう。
リビングと和室を往復ダッシュしまくって大ハッスルです。

「ああ、うれしいんだね、うれしいんだね!」
Mさんがくりかえし声をかけます。
一見して、非常に犬に慣れている様子が伺えます。

私は一瞬焦りました。テオが混乱してパニックになって、Mさんがあわてて必死になだめているようにも見えました。
でも、そうではなく、これは犬がとてもうれしくて遊びに誘っているときにする行動だというのを、後で知りました。
Mさんがひざを突いて座りテオをだっこすると、すごい勢いでMさんの顔をべろべろなめます。
しっぽはそれこそ目にも止まらぬ速さでぶん回しています。

テオが人間の顔をべろべろなめるのは、本当に久しぶりのことです。
まれに食糞もしましたし、雑菌も多いし、あまり顔をなめさせるのはよくないと思ってやめさせていたからです。
テオもストレスがたまっていたのでしょう。
本当は私も、顔をなめさせても良いのならなめさせたいところではありますが、そこまで思い切れません。

もうテオは私や家族のことなどほぼ忘れて、すっかりMさんと意気投合しています。
あっというまに話はとんとん拍子に進んで、トライアル(お試し期間)を1ヶ月くらい設ける算段になりました。

もしかしたら、この環境のままではテオにストレスがかかってよくない、とMさんが感じたのかも知れません。
そのへんは、かなりテンポよく話が進みました。

「とにかく、そちらでいらなければ、すべて備品はお預かりいたします」

ケージもフードもペットシーツもおもちゃも服も、何もかもあっというまに自分の車に積み込んでしまいました。
コンパクトカーなのによく全部入るなあ!
そのスピードというか手際の良さには私もさすがにびっくりしました。

「すいません、犬にリードをつけてください」

Mさんの声が玄関から聞こえます。
もうクレートもトイレもないリビングで、首輪をテオにつけます。
まるで散歩に行く直前のような感じです。

はーい、と返事して、テオに首輪をつけているときに、驚くことがおこりました。
なんと、とてつもない量のおしっこを「ジャーッ!」と床にやらかしたのです!
量としては朝一のおしっこと同じくらいの大量です。
それもおしゃがみもせずに。

(Mさんもいるから怒っちゃいけない)

衝動を抑えながら、淡々とリードを首につないでMさんに渡します。

こいつめ、お迎え当日にもドッカーンとやらかしやがって!

でお別れのときもドッカーンかい。。。orz

粗相の始末が終わったら、もうMさんはテオを連れて車に乗り込んでいます。
最後に血統書や鑑札・(駐車)済票、書類一式を渡しに、車の所にいきました。

テオといったらもうMさんのひざの上に乗っかってハンドルに手を乗っけて前を見ています。
「テオ、じゃあな」
軽く口元に手をやったら、ちょこっと2~3回なめられましたが、目は合ってなかったと思います。
車が発進したらもう前向いて、すっかりMさんっちの子になっていました。
運転手気分なんでしょうか、どうなんでしょうか。

よく、犬が飼い主との別れを名残惜しむ、なんてドラマであるじゃないですか。
そんなことは一切ありませんでした。
すがすがしいほどあっさり、Mさんの子になってしまいました。

もしかしたら、リードをつけるときに大量の粗相をしたりした時点では、もう心は完全に我が家から離れていたんでしょう。

何の因果か、翌日はテオの1歳の誕生日でした。
本当は誕生日くらいは家で祝ってやろうと、小さい誕生ケーキを買っておいたのですが、この流れだったので、Mさんに「明日与えてください」と言伝がてらお預けすることにしました。

今だから申し上げますが、少し前に投稿した
テオ1歳の誕生日、おめでとう!の中の写真は、じつはその翌日にMさんから送られてきたものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは里親希望者を探さなければなりません。

最初は地元の譲渡会などをネットで検索してみました。
しかし、保健所や野良犬などの保護犬が主で、飼い犬の里親という選択肢はなかなか見つかりませんでした。
その中でいくつか見つけたのが。


です。

里親マーケットがどのような感じになっているのかは全く分かりませんが、里親募集サイトを見てまず気になったのは「里親詐欺」「悪質利用者」などという単語が紹介されていたことです。
こんな悪い人がいる、あんな悪い人がいる、などと強く注意を促す文章を見ると、緊張が高まります。

たとえば、温厚な家族を装って接近し、虐待目的で引き取っていじめたり、やはり愛犬家を装って接近し、製薬会社や研究所などへの転売目的で引き取って売り飛ばしたりする、などという
行為を繰り返している者たちがいるようです。

もしテオがそのような悪者の犠牲になってしまうようなことがあってはたまりません。
恐怖心がつのります。

でも、思い切って掲載することにしました。

今までお世話になった動物病院や、トリマーさんの顔も思いつきます。
近所のお知り合いの方の顔も思い浮かびます。
(テオが里親に出されたと聞いたら、さみしい思いをさせてしまうだろう)

しかし、事ここに至っては、なるべく多くの引き合いがあったほうがいいと思いましたので、トリマーさんがカットした直後で一番イケメンに取れている写真をサムネイルに使用しました。

 一件も引き合いがなかったら、最悪保健所になってしまう。
 それだけは避けたい。

その一心でした。
今の我が家よりは犬にとって過ごしやすいところばかりだろう。

はたして、とんでもない数の募集が来ることになります。

おそるおそる出した里親募集。
一日で何と30通以上の引き合いがありました。
どの方も、怪しそうな感じはなく、誠実そうに見えました。

その中になんと、私と同市内の愛犬家の方がいました!
掲載後それこそ数時間ではないでしょうか。
何かのご縁を感じました。おそらく子犬が欲しくてアンテナを張っていたのでしょう。

ふと「里親詐欺」等の単語が心配になりましたが、そもそも犬を転売したり虐待しようとしている人が、そんな近くの方から犬を手に入れようとは考えないと思います。

また、このような里親で犬を飼いたい方は、犬になれている可能性が高いとも考えられます。
ドイツやスイスのように、ティアハイムが充実していて初心者はそこから犬を譲り受けて飼うことが多い、というような文化が日本にはないので、初心者はたいていペットショップの子犬から飼おうとします。
もちろん私もそうでした。
そこでトイレのしつけ、社会化その他でたいへんな苦労を重ねることになります。

逆に里親希望の方は、その辺は慣れているというか、犬が落ち着いていることを見越して里親に応募されると思うので、少なくとも私よりはベテランさんぞろいだと思われます。

(この人はいい人かもしれない)

しかし、そんな風に思っているうちに、次から次へと引きもきらずにメッセージが届きます。
もう個人の処理能力を大幅に超えています。
うれしい悲鳴ではありますが、まず県外の方をお断りして、その後で結局県内のご新規の方もお断りして、みたいな感じで、まずは一番近距離の、市内の方に連絡を取り、見に来ていただくことにいたしました。

もちろん常陽リビングも、すぐ取り下げました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここで突然ではありますが、読者の皆様に不本意なご報告をしなければなりません。
このたび、まことに遺憾ながら、テオを里子に出すことになりました。

内容やいきさつなどについては5回に分けて書きますが、同時の投稿になります。
たまたま同じ市内で良い方がいらして、先般、数週間のトライアルを経て、正式に里親としてお任せすることになりましたので、ここにご報告させていただくことにしました。

里親さんを探すことになった主な原因は、家族に強いアレルギーが出てしまったことです。

手放すか飼い続けるかで何度も話し合い、もめたこともありました。
もちろん当初は終生飼育のつもりでお迎えしたわけですし、テオを手放すということは、何だか自分自身の負けのような気もして、選択肢として意識できませんでした。

しかし、犬と触れるたびに家内に強い痒みが出てしまうのでは、そもそも共存が不能です。
しかも現在は妊娠後期に差し掛かる段階であり、産婦人科の保健指導でも犬と新生児は隔離したほうがいいという指導も受けました。

その状況で新生児が生まれたら、人間がみんなそちらにかかりきりになってしまい、一人テオが別室で隔離されることが今から予想されます。
今と違って、基本的に外に出るのは散歩のときだけ…
それでなくても犬は猫と違って群れの中で生きたい動物です。
これではあまりにもテオかわいそうすぎます。

よくYouTubeでは新生児を犬がなめてかわいがったりしている動画が散見されますが、
そんな微笑ましい動画のようなわけにはいきません。

私も初心者なりに一生懸命、テオと向き合って飼育してきたつもりです。
(あんあこともした、こんなこともあった)
さまざまなことが思い出されます。あの頃はもちろん前向きでした。
しかし、現状の我が家で提供できる内容には限界があるのもまた事実です。

これからの生涯も長いテオにとっての、より有意義で充実した生活を送れる可能性も考慮して考えに考えた挙句、このたび里親さんを探すという結論に至りました。次回分以降に、その経緯をご紹介していきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(ついに2ヶ月遅れになってしまいましたが、一生懸命UPしています) 
ぽやぽやを見ていて、どうも思うことがあります。お迎えした当初からなのですが、

「フンがでかい!」

だいたい手に乗せていて、よそを見ていても、「コロン」という感触で、
服の上からでもフンをされたのが分かるほどです。

はっきりは覚えていないのですが、おみちょりをお迎えしたばかりのころに、こんなにフンが大きかった記憶はありませんでした。
少なくとも服の上からでもフンをされたのが分かるなんてことはありませんでした。

ぽやぽやの奴はけっこうフンキリアミにぼてぼてとくっついています。
これは子供のうちだからなのだろうか?

最初は正直、もしかしたら何らかの先天疾患とかじゃないか、とかもちらっと脳裏をよぎりました。
「大糞症」
みたいな単語がGoogleで引っかかったらどうしよう…

ということでおそるおそる検索してみました。

幸いそんなものはありませんでした。
メスが産卵期に「ためフン」といって、何センチもあるようなすごいフンをするというのが
Google画像検索で出てきて、びっくりしました。
こんなすごいのじゃないから、よかったよかった(^^)

そこで、体重を測ることにしました。

おみちょりのときには毎朝無理やり捕まえて、しかも測定の後に強引に脇の下や下腹部の匂いを嗅いだりしていました。
もうそんなことはしないし、できません。
そーっと、なだめながら、体重計の上に連れて行きます。
おっ、ぽやぽやが、ぴょんっと体重計の上に乗りました。

数値は…おお、34.0gもあります!

すでにおみちょりよりも上に行ってしまいました。。
やっぱりペレットとネクトンSなので、栄養状態がいいのかな。。

がんばれ、ぽやぽや!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(もう7/29なのに、6/3のことを書いています。。)
先日から、ひとり餌に移行するために、挿し餌を1日3回から2回に減らしていました。

せっかく挿し餌のやり方のコツをつかんできたところなので、昼もやりたくて仕方なかったんですが、そこはガマンガマン…

2回になってからは、おなかがすくといけないので、同じKEYTEE(ケイティー)社のインコ用ペレットも餌入れにいれておきました。
これならスムーズに移行するはずと店員さんも言っていた奴です。

まだシードのおいしさに触れていないぽやぽや。
特に嫌がる様子もなく、ペレットにかじりついています。

ある朝、いつものように、挿し餌をしようと、シリンジの先を口に入れようとしたときでした。
ぽやぽやが、それまでとは打って変わったように、シリンジのことを嫌がります。

「…Je(ジュッ)JeJeJeJeJe!」
「ジジジジジジ!」

お、これは相当イヤそうです。決して「自由」な感じではありません。
ちょっとこれ以上やると、逆に虐待になってしまいそうな感じです。

(いよいよ、このときが来たか)

どうやら、今日が挿し餌卒業の日のようです。
私は、素直にシリンジを片付けました。

大変だったけど今日まで私も一生懸命でした。
口腔咽頭とはいえ、鳥類は専門外なので、素人同然です。
見よう見まねでやったことのない挿し餌を頑張ってきました。

ふと気が付くと、ぽやぽやの鳴き方も、ヒナ特有の「ビュルルル、ビュルルル」という鳴き方ではなく、たまにそんな鳴き方をすることがあるものの、普段は「ピュルピュル(おみちょりおみちょり)」とか「ジッ、ジッ、」とか、すでに少し大人びた鳴き方をするように変わってきていました。

(これで少し手がかからなくなるな)

まるで子供が成長したときに思うような心持ちでした。

でも、手のひらにはまだ乗ってくれます。
ふたを開けて、手をかざすと、まだ手のひらに向かって飛んできてくれます。

「だんだんベタベタには寄ってきてくれなくなるわよ」
家内が言います。
鳥にも親離れとかあるんでしょうか。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
テオへ

おめでとう!
おみちょりのことも祝えたけど、お前のことも祝えて幸せだ。

生まれてからこれまで、いろいろ大変だったと思う。
テオに初めて会ったのは、山新の玄関前の出店だったな。

バンザイして、こてっとひっくり返っちゃったテオに一目ぼれしたっけ。

スリッパよりも小さくて、モコモコフワフワの天使のような身形をしてさっそく俺のベッドの上で小と大を1回づつやりやがったよな。

それから、トイレだけは苦労したよ、正直。
まぁ、それは今は言わないことにしよう。

でさ、テオ。
本当は犬をこういう風にかわいがりたい、ってイメージが結構あったんだ。

 だっこして寝たり
 ひざに乗っけたり
 頬ずりしたり
 顔をペロペロなめさせたり
 etc

人間って、かわいいものを見るとだいたいこういうことを考えるんだよ。
で、飼ってネットとかを見ていると、「そういうことをするな」と出てくる。
で、がっかりするだよ。

なんでもネットの情報によると、犬って面倒くさくて、民主的とか和とか平等とかといった概念がなくて、一本道のような上下関係しかなくて、まるで封建時代の中国や韓国(朝鮮王朝)みたいな儒教的な感じらしいんだって?
だから、人間がそういうかわいがりのようなことをすると、犬が人間を下に見るようになって
しつけとか言うことを聞かなくなるんだって?

だからだっこして寝たりするのも、ひざに乗っけるのも、頬ずりも、顔をペロペロなめさせるのも、本当はとってもたくさんしてほしかったけど、途中で泣く泣くやめさせざるを得なかったんだ。
ソファに乗せるのも途中でやめて、オットマンに限定しちゃったのも悪かったな。

俺だってそういう対応は疎外感を感じて寂しかったんだぞ。
でもしつけのためだからって、仕方なかったんだ。
ほんと、寂しい思いやつまらない思いばかりさせたよな。

でもお前はえらかった!

無駄吠えもぜんぜんしないし、車酔いもほとんどしないし、家の中の家具や書類とかを片っ端からかじって台無しとかもなかったし(服関係はいくつかやられたけど)、散歩も引っ張らないようになってきたし、そういう問題行動的なものはなかったな。

あとどうも、お前は留守番がちで、ひとりぼっちの時間が長かったよな。
おみちょりがいなくなってからぽやぽやをお迎えするまでは、実際本当に一人だったし。
「犬HK」のテレビをつけてたとしても、やっぱり実際の人や動物の方がいいよな。

あとな、ママがやっぱり、テオを抱っこしたり触れたりすると、すぐにアレルギーが出て痒くなっちゃうんだ。
今は妊娠中で赤ちゃんが秋に生まれる予定だってのもあるけど、不本意だけど今は基本的に義実家にいるから、テオも遊んでもらえなくてさみしいよな、やっぱり・・・
これから、どうしたらお前がもう少しリラックスして楽しくできるか、俺も考えるよ。

まだまだ寿命は長いから、これからも健康で長生きしてくれよ、テオ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いっぽう、テオは「通法に従い」朝早くの出発でした。

守谷SA上りのドッグランで、たまりにたまったウンチを大成功!
あとはしばらくほっとできます。
しかし今回は海老名も足柄も混雑していて、入れませんでした。
今回は港北PAと鮎沢PAで出しました。
写真は、鮎沢PAで出して散歩させたときのものです。

いけないんだと思いますが、柵の少し外に出て用足ししてしまいました。
大はしませんでしたが、茂みの中で小を少ししました。
こっそり帰ろうとすると、なんと「熊出没注意!」の立て札が!!

じゃなくって、あわてて記念写真。

やばいやばい、車に戻らないと
wwwwwwwww

大和トンネル入り口以外ではそれほどの渋滞も見られず、あとはすんなりの実家までたどり着きました。
さっそく木でできた三輪車のおもちゃに無理やり乗せられます。

べろを出してたから、少し暑かったのかな。


夜は、母が最近嵌っているギターの練習です。
まだ始めて1年もたたないので、コードとかの概念ではなくメロディラインだけですが、何か普通に音が出ています。
GWの頃に見たときよりも明らかに上達しています。すげ!!

…おっと、テオ!
 お前にはまだ音楽は難しいか…

そんなにぐったりするなよ

実家ではテオも楽しそうにしていましたが、どうもケージ(兼トイレ)の位置が掴みにくいせいか、何と大を1回失敗してしまいましたorz
久しぶりにテオの大の失敗を見ました。
気がついたらケージの手前に置いてありました。
普段と部屋のロケーションが違うので、迷ってトイレに戻りきれなくて途中で出てしまったようです。。

でも、食べられちゃうよりは、いいか…
怒らない、怒らない(トホホ)

この写真は、メロンのネットをかぶったら泥棒のようになってしまったテオです。
何も悪いことをしてないのに(いやさっき粗相を1回…)

帰りは御殿場~大和トンネルまでの55km渋滞を回避すべく、国1に回りましたが、箱根新道でまさかの大渋滞!
そんなのネットに乗ってなかったぞ
(後で見たら、箱根~小田原荻窪ICは「足柄幹線林道」というのがよいとあった。トホホ でもこれも相当くねくね)

小田原からも、慎重に小田原厚木を避けて西湘バイパスに回り、茅ヶ崎から小田原厚木に上がりました。
もちろん西湘PAでテオはしっかり散歩させました。オムツをしていたので、がっつりおしっこしていましたが、傍目にはポーズだけでした(犬を飼ってる人とか分かってる人から見たら「ぷ」とか言われそう)

厚木西~厚木~大和トンネルのところだけは覚悟していました。
厚木西~横浜町田まで246も考えたんですが(後で、これはやらないほうが良いという記事をたくさん見ました)
知らない道で迷うのも怖かったのでそのまま上で行きました。
それで正解だったようです。

ところで本当に大和トンネルって、何なんでしょう?
国民を愚弄しているのでしょうか?
あの薄っぺらな屋根はさっさと取っ払って、横断する道だけにすればいいのに、といつも思います。


でもウチのテオは気丈にも無駄吠えも嘔吐もせず、しっかり自宅までがんばってくれました。


大和トンネル出口といったら、まさに先導のセーフティーカーが引っ込んだ瞬間のF1みたいな様相を呈しています。
「渋滞終了」という電光掲示板がでかでかと出ているのを見ると、先ほどまでの苦行が思い出されて、かえって無性に腹立たしいです
(みなさんもそうですよね!)
4車線化も結構ですが、あの薄っぺらな屋根を取れ屋根をw

そこから矢田部までは本当に何もなく(~C2~6号~常磐道)一瞬でした。
テオがおなかをすかせてしまったので、途中守谷の下りSAに立ち寄り、食事と水を済ませました。

まだまだウンチは出ないようだったので、そのまま自宅まで急行。
ケージに戻し、その足でぽやぽやのお迎えに上がった次第です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたのお住まいの地域のお盆は何月ですか?
私の実家の伊豆地方ではお盆は7月です。
これは明治時代に太陰暦から太陽暦に移行したことが元になっているようで、
旧暦の7月15日がすなわち現在の8月15日前後になります。
都市部などでは、「7月15日の名目」のまま太陽暦にあわせて、現在の7月盆として行うようになりましたが、田舎では農繁期でもあり、その時期を避けて、旧暦の7月15日=「7月15日の実質」すなわち現在の8月15日前後のままでお盆を行うようになったようです。

だからといって、一概に7月盆は都会の証拠、8月盆は田舎の証拠、というわけでもないようです。
東京・神奈川・静岡・愛知などの東海道沿い、一部東北、北海道(函館近辺)、北陸(金沢近辺)などが代表的な7月盆の地域であり、その他大部分の地域は8月盆だそうです。

ちなみに今までは父の実家の北茨城のほうでお盆を扱っており、そちらは8月盆でしたが、
地元では7月盆で、7月15日前後に灯篭流しを行うのが地域の慣わしになっています。

ことしは7月16日(土)でしたが、残念ながら仕事で都合が合わなかったので、その後の連休にお邪魔して、部屋の片づけを手伝ったり、おご馳走に預かったりしました。

その間、ぽやぽやは義実家に預けることになりました。

義実家では、ありし日のおみちょりも、大変お世話になりました。
チョコちゃん(レインボー)とイチゴちゃん(アルビノ)のお二人。
ぽやぽやからしたらもう、ジイジとバアバだな
(おっと失礼。私からしたらお坊ちゃんとお嬢ちゃんです)。

前日にケージに入れてインコをもって行きます。

おやおや、この間はぽやぽやはチョコちゃんの足元をつつきまわしていたのに、今日はイチゴちゃんと仲良くなって、チョコちゃんを省いちゃってます。

何という自民党都連チックなぽやぽや…


おーやべー、調子に乗りやがって、何失礼なことを
まるで親玉の内田と子分のノビンテルンみてーじゃん、最悪
何勝手に押し出してんだよ、ダメじゃんそれじゃw

すでに、チョコちゃんのシードは食べ放題状態で、散々あらされてしまっています。
ちなみにチョコちゃんやイチゴちゃんは、小松菜やチンゲン菜は食べないようなので置いてありませんでしたが、ぽやぽやはおみちょり以上に葉っぱ大好きインコなので、あったら大変でした…

そして何と、実家から帰ってきて、お迎えに上がったときでした。
ぽやぽやったら、何と空中高くからチョコちゃんのところに急降下して、背中に飛び乗ろうとしています!

チョコちゃん、かなり狼狽しています。
映画「永遠のゼロ」みたい。。。
おいおい、この年でもう特攻かよ?でもさすがに靖国には祀ってもらえないぞ。
中年のオジサンインコにあんまりびっくりさせるなよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。