1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 18:00:27

ギタリスト石井清貫くん追悼イベント

テーマ:とっておきの日常
さて。


石井くんを送るライブの、詳細が決まりました。

ハモンドオルガン奏者、フルスイングの山口さんが、ほんとうにあれこれ動いて下さり、実現の運びとなりました。

山口さんとはずいぶん前から知り合いで、私も憧れていたので、自分のイベントに出演していただいたりしていましたが、とにかくハモンドオルガンのプレイが格好良すぎて、勝手に近寄りがたいと思って、ゆっくり話したりすることはこれまで全くありませんでした。

そこを、人なつこい石井くんはすーっと懐に入って仲良くなり、レコーディングに呼んでいただいたり、飲み仲間になったり、あげく、一緒にニューヨークに旅行に行ったりしていました。

どこに行っても弟キャラの石井くん、山口さんにもご迷惑をおかけしたと思いますが、彼の人徳か、山口さんの優しさか、石井くんの入院時も本当に気にかけてくださいました。

山口さんと初めて飲んだのは、あれはこの6月だったか。

「石井くんに寄せ書きを贈りたい」と発案してくださって、あちこち駆け巡って、反応は難しくてもまだ耳は聞こえていたであろう石井くんに声に出して聞かせるために、みんなの声を寄せ書きで集めてくださっていたときでした。

サシで飲んで語りまくりました。

初めて飲んで、こんなに話しやすい方だったのか!と長年の一方的な憧れを惜しく思いました。でも、山口さんとのなかをつないでくれたのも石井くん。感謝。

そして、クヨクヨしている連中の中でしっかり段取って、このイベントを実現してくださった山口さんにはアタマが上がりません。心から感謝。



以下、イベントの趣旨です。

○石井君を送りたい方、歓迎です。

○下記メンツの中には、久々ライブの方も何組かいます。それを観たい!という方も歓迎。

○あべと最近知り合ったけど、どうやら音楽やってたとか言ってる。なんぼのもんじゃい、という方も歓迎です。

○賑やかなことの好きな石井くんだったので、とにかくみんなみんな歓迎です。

○しみじみした会にはなるべくせずに、明るく、朗らかに送りたいと思います。

○お子様連れ、歓迎です。(後方にスペースをご用意する予定ですが、人数が読めないため、譲り合ってご利用ください)

○場内禁煙です。喫煙の方は恐縮ですが一度外に出ていただくよう、お願いします。

○再入場可です。(出入り自由)

○予約の必要はありません。

○ランチタイムライブです。オーダーもできます(フィッシュ&チップス、ドライカレー、チョリソー、チリコンカンディップ、「スパムにぎり」などあります。)。美味しいです。

○会場の深いご配慮で、チャージは無料です。(ドリンク代のみ)

{2AF62D8D-0A8F-4250-85FE-3BBD983D5726:01}

{A89F7A4C-54B4-4CEB-8198-A7E661D2946D:01}


【ギタリスト石井清貫くん追悼イベント】

日時 10/2(日)OPEN/START11:00 
(15:00終了)

場所 下北沢 Live bar 440

料金 ノーチャージ2ドリンク 1200円

出演
○うぐいすパーク (Vo、スティールパン)

○山口ゆきのりSESSION (ハモンドオルガン、ギター、ドラム)

○niceness(ハモンドオルガン、ギター、パーカッション)

Saltie+TSUNTA(Vo、ピアノ、ドラム)

○Love Attack Eve(Voアコースティックギター、ベース、ドラム)

○ツチヤナナミSESSION(Vo、サックス、ベース、キーボード、ドラム)

○racoustik(Voアコースティックギター、サックス、スティールパン、ベース、キーボード、ドラム、パーカッション)

以上です。

お待ちしてます!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 06:41:30

10月にライブを 追加情報②

テーマ:とっておきの日常
昨夜、久々にスタジオに入りました。
メンバーは、ドラム今成さん、ベース樽木くん、サックス田中UJ。
 
くしくも、2年半前、ちょっとしたクローズドなライブで石井くんと生前最後に演奏したライブで、生前最後に一緒に入ったスタジオの同じ部屋でした。
 
その時は、ボーカルもアコースティックギターも生音で、あとはパーカッションおきょんさんと石井くんの3人編成でした。
 
とあるフランス料理屋さんで行われたパーティに演奏で呼ばれたのだったなあ。
 
あれが最後になるとはなあ。
 
さて。4年ぶりのオフィシャルライブ、
も少し追加情報です。
 
 

日時:10/2(日) 11:00-15:00(予定)ランチタイムライブです。

 

会場:下北沢LIVE BAR 440 http://440.tokyo/

 

出演:石井君にゆかりのある凄腕の友人たちが数組出演してくださります。

 

僕らは、

 

あべ ボーカル・アコースティックギター

今成さん ドラム

樽木くん ベース

シーナさん 鍵盤

おきょんさん パーカッション

田中UJ サックス

青木くん スチールパン 

 

の7人編成です。

 

皆さん2曲くらいの演奏が多い中、我々はトリで、5、6曲をやらせていただくことになりました。ありがたや。

 

この編成は、青山のCAYでワンマンをやった時に似ているけれど、少し違う、初めての顔合わせ。あの時は、シーナさんが出られなかった。

 

そして、石井くんがいた。

 

鍵盤、スチールパン、パーカッション、サックスという、音階楽器、リズム楽器でそれぞれ役割が重複しているところをいかに活かし合うかが、アレンジのカギです。

 

石井くんの唯一無二の存在を、他の人で楽しく補い合う。

 

スタジオでも、どうしても石井くんの思い出話ばかりが出てしまいます。

 

亡くなると、こんな風に色々、愛情をもって暴露されちゃうんだなー。笑

 

生きているウチの行いは気をつけよう。

 

僕はといえば、4年ぶりに、改めてしっかりと自分の曲に向かい合い直し、身体の自然な反応を待って、メンテナンスしているところ。思ったほど、絶望的には錆び付いていなかった。しかし、全身のあちこちが筋肉痛。心地よい疲労で昨日は熟睡でした。

 

客観的に見てみると、それにしてもなんと僕の歌詞の中には「窓」の登場の多いことか。

 

だいたい、どの曲も家の窓から外を眺め、妄想ばかりしている。

 

「世界のどこか遠い国で ひび割れた大地を濡らす 野蛮な雨のリズム」

 

とか

 

「夜は いつの間にか 理由から離れ 遠くの街まで晴れ渡る」

 

だとか言っているが、だいたいどれも部屋に座って窓の外を眺めて、妄想をしている。

 

インドアな男である。

 

曲調とか、ビジュアルイメージでアウトドアな雰囲気を醸し出していて、ほとんど詐欺ではないか!(写真参照)

 

 

{0414F237-0271-474E-86E9-E890487156B9:01}
 
これは発売当時のビジュアルイメージ
 
{4849C301-A013-4512-B0D9-58D8451CC77D:01}
 
新宿タワーレコードでコーナー展開していただいたときのポップ。
 
「この夏最高のサーフミュージック」?
なんとまあ。そう見えてたのか。このインドアオトコが…。

 

 

まあ、本当は木々の中に出かけることは好きで、実際よく出かけましたが、そういう、気分が良くて外にいる日は曲は作らない。笑

 

少し落ち込んだりして、内省的な気分になって妄想が始まると、曲ができる。

 

石井くんは、そんな内省的な僕に15年くらい連れ添ってギターを弾いてくれました。

 

石井くんを送るために、

 

あとの2週間くらいで、弾いて歌える身体コンディションをつくり(とくにインナーマッスル)、そこに内実が伴うように注入していきます。まだまだ、客観的。音楽に没入していかなければ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-01 23:14:59

10月にライブを。追加情報①

テーマ:とっておきの日常

前回のライブ情報投稿、とんでもないアクセス数をいただきました。

 

びっくり。ありがとうございます。

 

今日、ライブのリハーサル日程を参加メンバーとやりとりしているときに、

 

「あれ?あて名から石井君もれてるな」と思い、

 

そして、

 

「ああ、これは石井君を送るライブだったんじゃないか」

 

と我に返ってしまう。そんな心境で少しずつ準備しています。

 

 

アホなことや賑やかなことが大好きだった石井君、

 

当日はしんみりせず、楽しく優しく朗らかに送りたいと思います。

 

ニューオリンズのセカンドラインのようなお祭り騒ぎで。

 

ライブ追加情報です。

 

日時:10/2(日) 11:00-15:00(予定)ランチタイムライブです。

 

会場:下北沢LIVE BAR 440 http://440.tokyo/

 

出演:石井君にゆかりのある凄腕の友人たちが数組出演してくださります。

 

編成:我々は、この組み合わせでは初めての(それぞれとはある)

    豪華7人編成を考えています。

 

僕がTWELLVEを抜けて、racoustikを立ち上げたのが2007年。

 

いつのまにか、もう約10年がたちます。

 

その間にお父さん、お母さんになった方たちもたくさん。

 

音楽はきっとにぎやかだけど、そんな雰囲気が好きなお子さんなら、

 

一緒に来られるようなライブにしたいなあ。(個人的に)

 

440は、会場が縦にすごく長いですからね。

 

少しずつ、いろいろな意味での、心の準備を整えていく。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-28 23:15:55

10月にライブを。

テーマ:とっておきの日常
最後にCDを出したのは、2012年。
(ユニバーサルにまだ担当の方がいるにもかかわらず)
こちらの思いで公の場でのライブひと段落したのも、同じ年。
 
それから4年の月日を経て、
どこにも、何にも、露出していないのに、
 
いまだに、わずかながらですが、
どこかで誰かが、新しく、
僕らの音楽に出会って下さっている
ことを、奇跡のように感じます。
 
{6D723D03-BB7B-4DB2-ADC8-2D9F9709E5A9:01}

 
さて。
 
誠に不本意な因果ではありますが、
ギター石井くんを失う、という
耐えがたい現実によって、
 
僕らは「彼を送る」というカタチで、
久々に公の場でライブをやることに
なりました。
 
石井くんのお母さんも、ミュージシャン。
 
「音楽で送ってほしい」という言葉が、
 
休んでいた心にめらめらとしたものを。
 
熱くて優しい音楽で送りたい。
 
日付は10/2日(日)のランチライブ。
都内某所です。
 
詳細は追ってまた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-16 01:46:59

沢山アップしてしまった。

テーマ:とっておきの日常
今夜の、石井君思い出話としては最後に。

僕が昔書いてた、ブログです。

僕と彼は、お互い初めての本格的バンド、
TWELLVEというグループを結成して、表舞台での活動を始めました。

数年がむしゃらにやって、僕は自分の音楽に挑戦しようと思い至り、
そのバンドを脱退します。

その後数ヶ月して、彼も彼なりに思うところがあったのか、バンドを脱退。

それでも、お互いに一緒にやろう、という感じにはなりませんでした。

それぞれ頑張ろう、と肩を叩き合い。

僕は、色々なギタリストにセッションに参加してもらい、
ライブを重ねながら試行錯誤してました。5人くらい参加してもらったかな。

それから、半年ほどして、僕の新しいプロジェクトである
racoustikのライブをいつも見に来てくれていた石井君に、
三軒茶屋の焼き鳥屋さんに呼び出されます。

夕方に呼び出しておいて、全然本題に入らない。今思えば、そこが彼らしいですが。笑

バカ話やら真面目な芸術論だとか話して、そのまま終電、閉店に。

そして、駅までの道のりを2人でとぼとぼ歩いていて、流石にあきれた僕は、切り出します。

「今日呼び出しておいて、なんか話あるんじゃないの?」

「えっと、あのあの。こないだライブみてて思ったんだけど、
俺の方がしっくりくるギター弾けると思うんだよね。
とくに“たわんだ大気圧”っていう新曲。もうフレーズ浮かんでるんだ…」

シャイな女子高生か‼︎

呼び出されて、何となく要件が想像ついていた僕は、心の中でそう突っ込みました。

それでまあ、それなら改めて、新しい面子と、
音合わせをしてみようか、とスタジオに入ることになります。

それが、ちょうど下のブログ記事ですね。

結局彼は固定メンバーとしてずっと活躍してくれるのですが、

当時、事務所の庇護からも離れ、必死こいて活動をしていた僕は
“仲がいい”という理由では一緒にやりたくなかったのでした。

奇しくも、ブログのなかで断言している、

「彼と僕が、結局、将来は一緒に音楽をやっていく関係なのだろうな、
ということに、僕は勝手に何の疑いも持っておりません。」

ということは、叶わなくなってしまいました。

http://s.ameblo.jp/racoustik/entry-10048175879.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。