2009-07-20 11:32:26

燃料センサー交換 『ケーニッヒ300CE』 90年式

テーマ:整備日誌
メルセデスベンツ『300CEケーニッヒ』90年式

ケーニッヒ・・・
1974年にウィリー・ケーニッヒによって創業した
ドイツのチューニングメーカー。
ヨーロッパ車のチューニング&ドレスアップを生業とし、
ブリスターフェンダー等による大迫力のボディメイクが特徴的で、レースやチューニングの世界でも高い評価を得ていた。

レーシングサービス整備日記

その迫力の外観により、バブル絶頂期には人気も絶頂!
その300CEモデルがこれ。
非常に整備が行き届いて美しい個体。

今回、燃料ゲージが反応しないということで入庫。
オーナーさん『今、満タンにしてきた所なんだけど』
確かにフューエルゲージは無反応だ。

本来であれば、センダーユニット(燃料センサー)を外して
点検したいところだけど、センダーユニットはタンクの後ろ側。

レーシングサービス整備日記

満タンになっているガソリンが
もったいないので、配線図を元にゲージ線をボディーアースして
様子を見る。なるほど、ちゃんと燃料系が動いた。
と言うことは、センダーユニットの不良である。

オドメーターで100kmほど走って燃料を消費してもらってから
あらかじめ注文しておいたセンダーユニットを交換する。
(少しでも、燃料を無駄にしたくないからね)

レーシングサービス整備日記


当然、交換したら完治。
お大事に・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

レーシングサービスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。